サンクスギビングデー2018とは⁉︎アメリカ・カナダ料理は一体?

「サンクスギビングデー」と聞いて日本の大半の方は何?と疑問に思われてると思います。

日本ではあまり知られていないサンクスギビングデーでは「収穫感謝日」と呼ばれているそうです。

主にサンクスギビングデーはアメリカとカナダで行われているみたいです。

そんなサンクスギビングデーの歴史や意味、どのようなことをするのかみていきたいと思います。

また、2018年のサンクスギビングデーはいつ開催されるのかもみていきましょう。

スポンサーリンク




サンクスギビングデーとは⁉︎

それでは早速、サンクスギビングデーについて意味や・歴史をみていきましょう。

〈サンクスギビングデーとは?〉

サンクスギビングデーとは、アメリカ・カナダの祝日の一つのことです。

サンクスギビングデーはThanksgiving(サンクスギビング)と略されたり、七面鳥の日(Turkey Day)と呼ばれたりもしています。

〈サンクスギビングデー:歴史〉

起源は今から約400年前(1621年)と言われているサンクスギビングデー。

1621年に「ピルグリム・ファーザーズ」と呼ばれた清教徒がイギリスからアメリカに渡りました。

彼らは自分たちの船でなんとかイギリスに流れ着きました。

しかし、その年の冬は寒さが厳しく食料もありませんでした。

寒さと食料不足からたくさんの仲間が命を落としてしまいました。

その時に彼らに手を差し伸べたのが、近隣に住んでいた「ワンパノアグ・インディアン」。アメリカ先住民たちでした。

ワンパノアグはピルグリムに自らのトウモロコシの種を分け与えると、農業の技術を教えました。更に漁のやり方なども教えたワンパノアグ。

翌年になると、かなりの作物を収穫することができたピルグリム。

そのピルグリムは餓死の危機から逃れることができました。

このことに感謝したプルグリムが、技術を教わったワンパノアグの人たちと一緒に収穫を祝いました。

それが現在の「サンクスギビングデー(感謝祭)」の起源となっています。

以上がサンクスギビングデーの意味と歴史になります。

サンクスギビングデーは約400年の歴史があり、人と人との助け合いがきっかけとなっていたんですね。

サンクスギビングデーとブラックフライデー⁉︎

上記でサンクスギビングデーについて意味や歴史をみてきました。

日本ではあまり知られていないサンクスギビングデーですが、ブラックフライデーというものもアメリカには存在します。

その、ブラックフライデーとはサンクスギビングデーの翌日の金曜日のことをブラックフライデーと呼んでいます。

ブラックフライデーは年に一度の大セールの日になります。

そのため早朝からデパートやショッピングモールには開店を待つ人の長蛇の列ができています。

「ブラックフライデー」という名がつけられた理由としては

「この大セールでお店の経営が一気に黒字(=ブラック)になる」

という理由からサンクスギビングデーの翌日の金曜日はブラックフライデーという名がつけられました。

カナダの方もアメリカのブラックフライデーに買い物に来る人は多いみたいです。

サンクスギビングデー2018アメリカ・カナダはいつ?

次に2018年度のアメリカ・カナダのサンクスギビングデーの日にちをみていきたいと思います。

〈アメリカ〉

アメリカのサンクスギビングデーは毎年11月の第4木曜日に行われます。

2018年は11月22日(木)がサンクスギビングデーになります。

木曜日が祝日で休みだと中途半端になりますね。

しかし、この翌日金曜日も休みにして4連休にする会社や学校が多いみたいです。

政府の機関でさえ閉まっているようです。

それほどサンクスギビングデーは大切なイベントであることがわかります。

〈カナダ〉

カナダのサンクスギビングデーは毎年10月の第2月曜日に行われています。

アメリカに比べると1ヶ月以上も早くに開催されていますね。

2018年のサンクスギビングデーは10月8日(月)に開催となりました。

カナダのサンクスギビングデーは月曜日のため当然のことながら3連休になります。

しかし、アメリカのように金曜日を1日休みにして4連休とはなりません。

少し残念な気持ちにはなりますね。

カナダでもアメリカと同様に政府機関・学校・会社・お店などは全て休みになっています。

カナダでは地区によっては紅葉と重なるサンクスギビングデーもあるみたいですね。

このようにアメリカとカナダでは毎年11月と10月にサンクスギビングデーが行われています。

日本のサンクスギビングデーに近いものはお正月になるみたいです。

数日前からスーパーで買い出しに行き、当日は家族・友人と自宅でゆっくりするそうです。

このサンクスギビングデー当日にアメリカやハワイなどを訪れると観光やショッピングなどほとんど出来ないみたいです。

ちなみにサンクスギビングデーに観光客を受け入れてくれるのは「オワフ島」と「ワイキキ」だけみたいです。

ハワイの雰囲気を感じたい方はサンクスギビングデーの日にちを把握しておかなければいけないですね。

計画を立てられている方は要チェックです。

サンクスギビングデーの料理とは⁉︎

最後にサンクスギビングデーに食べられている料理をみていきたいと思います。

アメリカ・カナダでほとんどの家庭がメイン料理として食べるのが「七面鳥(ターキー)」です。

ターキーは丸々一羽を使った料理でありサンクスギビングデーにか欠かせない一品です。

以下がメインである七面鳥を一緒に食べられているものになります。

〈付け合わせ〉

  • スタッフィング
  • クランベリーソース
  • グレービーソース

〈欠かせない一品料理〉

  • マッシュポテト
  • ポテトスタック
  • にんじんのグラッセ
  • マッシュルームローズマリー炒め
  • マカロニグラタン
  • トウモロコシのスコーン

〈デザート〉

  • アップルパイ
  • パンプキンパイ

家庭によって料理には違いがあるとは思いますが、上記の料理が定番の料理になります。

クランベリーソースやグレービーソースは七面鳥やマッシュポテトに添えて食べられています。

海外でクランベリーソースは赤みの牛や味の濃いソーセージやハムなどと一緒に食べられます。

グレービーソースはローストビーフやご飯にかけても美味しいソースです。

このように旬の食材を使って作られているサンクスギビングデーの料理。

日本でも七面鳥(ターキー)以外であればシンプルなので作れると思います。

サンクスギビングデーに食べられている料理をご家庭で味わってみませんか⁉︎

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする