箱根駅伝コース距離!地図から検証往路復路高低差と優勝回数とは⁉︎

スポーツ

第95回という記念すべき大会を迎える箱根駅伝。

毎年多くの方が楽しみにされている新年一大イベント一つですね。

そこで今回は箱根駅伝のコースと距離をみていくと同時に往路・復路の高低差を地図から検証していきたいと思います。

テレビで中継を観る方、現地に足を運ばれる方がいらっしゃると思います。

観戦する際のちょっとした楽しみとして読んでいただければ幸いです。

 

関連記事 → 箱根駅伝区間エントリー2019発表!出場校一覧と注目選手とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー城西大学2019!注目選手と歴代成績とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果復路2019!復路の通過順位・区間賞と総合成績は⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果往路2019!往路の通過順位と区間賞はどの選手が⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー日本大学2019!注目選手とアンパンマンカー

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー帝京大学2019!注目選手と2018結果

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー順天堂大学2019!注目選手と出場校決め方

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー青学2019!注目選手と歴代優勝校連覇校は?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー早稲田大学2019!注目選手と解説ゲストは?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー法政大学2019!注目選手と展望とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー東海・東洋2019!優勝候補の注目選手とは?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダーと予想順位2019!注目選手はこの選手!

関連記事 → 箱根駅伝エントリー選手発表2019!コース通過時間と注目選手一覧

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝予想中央大学!エントリー予想と出場校偏差値

関連記事 → 箱根駅伝2019結果!出場校・コース距離は?予選会の結果まで

関連記事 → 箱根駅伝2019予想優勝候補は拓殖大学!注目選手・コース高低差

関連記事 → 箱根駅伝結果!歴代往路・復路・総合優勝校は?区間賞選手一覧

関連記事 → 箱根駅伝2019出場校優勝予想は駒澤大学!気になる注目選手は?

関連記事 → 箱根駅伝通過予想時間往路2019!通過コース・ポイントとは?

関連記事 → 箱根駅伝通過予想時間復路2019!通過コース・ポイントとは?

関連記事 → 箱根駅伝出場校2019!予選会結果個人記録とは⁉︎歴代記録も

関連記事 → 箱根駅伝予想2019!シード校と予選会通過校からみる優勝校は?

関連記事 → 箱根駅伝予選会2018結果!出場校一覧と予選会2018通過校!

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝校予想注目選手は⁉︎優勝は青学か?東洋大か?

関連記事 → 箱根駅伝予想2019!優勝予想神奈川大学の注目選手は誰だ

関連記事 → 箱根駅伝コースや距離2019!コースや距離からみる応援場所

関連記事 → 箱根駅伝予選会2019通過校予想!ルールとテレビ放送の詳細まで

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝校予想は早稲田大学!コース紹介と出場校一覧

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝校予想は東海大学!ライバル出場校も

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝校予想は東洋大学!ライバル出場校も

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝校予想は青山学院大学!ライバル出場校も!

関連記事 → 箱根駅伝出場校2019シード校!コースからみる予想通過時間は⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝2019出場校優勝予想は日本体育大学!注目選手は誰?

 




箱根駅伝コース距離!往路の高低差とは⁉︎

では早速、箱根駅伝のコースと距離をみていき、箱根駅伝の魅力の一つでもある高低差をみていきましょう。

最初に「往路」のコース・距離をみていき、地図から高低差を検証していきます。

 

1月2日:往路〉

【第1区】

  • 総距離:21.4km〈大手町読売新聞本社前~鶴見中継所〉

大手町読売新聞本社(0km)標高:1.3m

増上寺山門前(3.7km)標高:2.9m

八ツ山橋(7.8km)標高:7.2m

蒲田(15.3km)標高:3.0m

六郷橋(18.0km)標高:2.8m

鶴見中継所(21.4km)標高:1.5m

 

特徴)

レースの展開を大きく左右する第1区間。

第1区間ではチーム1のスピードランナーによるレースが展開されます。

ライバルとの慎重な駆け引きや花の2区への襷リレーも注目です。

高低差では八ツ山橋まで登りますがそこを過ぎると緩やかな下りコースです。

 

【第2区】

  • 総距離:23.2km〈鶴見中継所~戸塚中継所〉

鶴見中継所(0km)標高:1.5m

生麦駅前(3.0km)標高:2.9m

横浜駅前(8.3km)標高:4.1m

保土ヶ谷駅前(11.7km)標高:40.6m

権田橋(19.3km)標高:54.7m

戸塚中継所(23.2km)標高:51.8m

 

(特徴)

各大学のエースランナーが揃う花の2区。

距離が長く終盤にはアップダウンが待ち受けているのが特徴。

体力・精神力が必要となり、ごぼう抜きも多くみられる区間。

高低差では中盤から戸塚中継所までのアップダウンが特徴ですね。

 

【第3区】

  • 総距離:21.5km〈戸塚中継所~平塚中継所〉

戸塚中継所(0km)標高:51.8m

原宿交差点(2.0km)標高:55.5m

遊行寺坂(5.4km)標高:7.8m

浜須賀(12.0km)標高:5.4m

茅ヶ崎(14.5km)標高:5.9m

湘南大橋(17.9km)標高:4.7m

平塚中継所(21.5km)標高:2.8m

 

(特徴)

今後のレース展開に大きな差を生む第3区。

11km過ぎの134号線では正面に富士山・左側には相模湾と箱根駅伝で一番の絶景ポイント。

しかし、天候が荒れると強烈な向かい風が選手を苦しめる区間です。

高低差では、原宿交差点からの下り坂が大きなポイントになりそうです。

 

【第4区】

  • 総距離:21.3km〈平塚中継所~小田原中継所〉

平塚中継所(0km)標高:2.8m

大磯駅口(1.4km)標高:39.4m

二宮駅前(7.2km)標高:61.0m

二宮(9.1km)標高:19.7m

国府津駅前(11.8km)標高:49.8m

酒匂橋(15.4km)標高:6.6m

旧・小田原中継所(18.5km)標高:9.7m

小田原中継所(21.3km)標高:115.8m

 

(特徴)

平地の区間においては一番短い区間。

2017年より距離が延長したこともあり選手にとってはアップダウンもあり辛い区間です。

この第4区あたりから先頭・後続のランナーとの差が開いたりする区間になってきます。

高低差では最後の登りが明暗を分けそうですね。

もっとも重要な区間になります。

 

【第5区】

  • 総距離:20.8km〈小田原中継所~箱根・芦ノ湖〉

小田原中継所(0km)115.8m

箱根湯本(2.7km)標高:96.0m

函嶺洞門バイパス(3.7km)標高:96.0m

大平台(7.0km)標高:341.7m

宮ノ下(9.0km)標高:425.5m

小涌園前(11.7km)標高:541.0m

恵明学園前(12.9km)標高:541.0m

足之湯(15.7km)標高:847.5m

元箱根(19.0km)標高:727.9m

箱根・芦ノ湖(20.8km)標高:727.9m

 

(特徴)

箱根駅伝最大の難所である山上り。

国道1号線標高874mを一気に駆け上がり最高地点をすぎるとゴールである箱根神社大鳥居に下っていく過酷なコース。

2日目のスタート順・時間差がここで決まるためどれだけ後続との差を開けるかも注目です。

高低差では前半から続く上りと最高地点までの更なる上りがポイントとなりそうです。

 

箱根駅伝コース距離!復路の高低差とは⁉︎

次に「往路」のコース・距離をみていき、地図から高低差を検証していきます。

 

〈1月3日:復路〉

【第6区】

  • 総距離:20.8km〈箱根・芦ノ湖~小田原中継所〉

箱根・芦ノ湖(0km)標高:727.9m

元箱根(2.1km)標高:727.8m

国道1号線最高地点(4.6km)標高:847.5m

足之湯(5.1km)標高:847.5m

恵明学園前(7.9km)標高:543.0m

小涌園前(9.1km)標高:541.0m

宮ノ下(11.7km)標高:425.9m

大平台(13.8km)標高:342.3m

函嶺洞門バイパス(17.1km)標高:96.0m

箱根湯本(17.8km)標高:96.0m

小田原中継所(20.8km)標高:115.3m

 

(特徴)

5区の上りコースとは全く逆の一気の下りコースとなっている第6区。

急な下り坂が続くこの区間では位置どりもポイントになります。

朝の冷え込みなども考えながら走らないといけないためペース配分も重要なポイントです。

高低差では足之湯までの上りと下りきったところでの平坦コースでの切り替えが重要になりそうです。

 

【第7区】

  • 総距離:21.3km〈小田原中継所~平塚中継所

小田原中継所(0km)標高:115.3m

小田原本町(2.5km)標高:9.6m

酒匂橋(5.5km)標高:4.8m

国府津駅前(9.1km)標高:53.3m

二宮(11.8km)標高:19.7m

二宮駅前(13.8km)標高:61.0m

大磯駅口(19.5km)標高:38.5m

平塚中継所(21.3km)標高:1.3m

 

(特徴)

気温の変化も激しくスタート時は気温が低いが、時間が経つにつれ気温が上昇する区間。

体調管理が難しい区間でもあり失速などもアクシデントも出てくる区間。

高低差では最初の下りからのアップダウンが特徴。

4区と同じく距離が延長となったため復路での重要な区間となりました。

 

【第8区】

  • 総距離:21.5km〈平塚中継所~戸塚中継所〉

平塚中継所(0km)標高:1.3m

湘南大橋(3.5km)標高:4.7m

茅ヶ崎(6.9km)標高:5.9m

浜須賀(9.5km)標高:5.4m

藤沢・遊行寺坂(15.9km)標高:8.1m

影取(18.4km)標高:11.6m

原宿交差点(19.4km)標高:2.8m

戸塚中継所(21.5km)標高:52.3m

 

(特徴)

強い追い風が選手たちのペースを崩す第8区間。

気温も上がってくる時間帯であるためペース配分も大きなポイントです。

繰り上げスタートになってしまう可能性が出てくる区間でもあり目が離せません。

高低差では他の区間に比べるとアップダウンも少ない区間。

重要なポイントとしては最後の上り坂が特徴的で優勝争い・シード権争いには一つポイントとなりそうです。

 

【第9区】

  • 総距離:23.1km〈戸塚中継所~鶴見中継所〉

戸塚中継所(0km)標高:52.3m

不動坂交差点(3.9km)標高:27.9m

権田橋(7.9km)標高:58.9m

保土ヶ谷駅前(11.4km)標高:40.4m

横浜駅前(14.7km)標高:4.1m

生麦駅前(20.1km)標高:2.9m

鶴見中継所(23.2km)標高:1.6m

 

(特徴)

毎年多くのドラマが起こる9区。

優勝争い・シード権争いといった選手たちの熱いレースが展開される区間。

大逆転劇が展開されるポイントにもなり目が離せない区間となります。

高低差では最初のアップダウンと中盤の下りが順位の変動を生むポイントになりそうです。

 

【第10区】

  • 総距離:23.1km〈鶴見中継所~大手町読売新聞本社前〉

鶴見中継所(0km)標高:1.6m

六郷橋(3.3km)標高:3.0m

蒲田(6.0km)標高:2.9m

田町(16.6km)標高:2.5m

御成門(18.1km)標高:4.6m

馬場先門(20.3km)標高:2.7m

日本橋(22.0km)標高:3.9m

大手町読売新聞本社前(23.1km)標高:1.3m

 

(特徴)

チームの仲間が繋いだ襷・思いを胸にゴールを目指す最終区10区。

優勝争い・シード権争いは毎年目が離せません。

高低差でみると全体的に平坦なコースとなります。

2019年第95回箱根駅伝ではどのようなドラマが生まれるのか楽しみですね。

現地に足を運ばれる方はコース・距離・高低差を参考に応援していただければ幸いです。

 

箱根駅伝 往路復路優勝回数

最後に箱根駅伝「往路・復路」の優勝回数が多い大学トップ3をみていきたいと思います。

 

〈往路優勝回数トップ3〉

【第1位】15回:中央大学

【第2位】13回:早稲田大学・日本大学

【第3位】10回:日本体育大学

 

〈復路優勝回数トップ3〉

【第1位】16回:早稲田大学

【第2位】14回:中央大学

【第3位】13回:日本大学

 

上記が往路・復路の優勝回数トップ3の大学になります。

早稲田大学・中央大学は圧倒的な優勝回数を誇っていますね。

青山学院大学・東洋大学もこれから優勝に絡んできそうなので目が離せませんね。

 

関連記事 → 箱根駅伝区間エントリー2019発表!出場校一覧と注目選手とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー城西大学2019!注目選手と歴代成績とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果復路2019!復路の通過順位・区間賞と総合成績は⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果往路2019!往路の通過順位と区間賞はどの選手が⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー日本大学2019!注目選手とアンパンマンカー

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー帝京大学2019!注目選手と2018結果

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー順天堂大学2019!注目選手と出場校決め方

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー青学2019!注目選手と歴代優勝校連覇校は?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー早稲田大学2019!注目選手と解説ゲストは?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー法政大学2019!注目選手と展望とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー東海・東洋2019!優勝候補の注目選手とは?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダーと予想順位2019!注目選手はこの選手!

関連記事 → 箱根駅伝エントリー選手発表2019!コース通過時間と注目選手一覧

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝予想中央大学!エントリー予想と出場校偏差値

関連記事 → 箱根駅伝2019結果!出場校・コース距離は?予選会の結果まで

関連記事 → 箱根駅伝通過予想時間往路2019!通過コース・ポイントとは?

関連記事 → 箱根駅伝通過予想時間復路2019!通過コース・ポイントとは?

関連記事 → 箱根駅伝2019予想優勝候補は拓殖大学!注目選手・コース高低差

関連記事 → 箱根駅伝結果!歴代往路・復路・総合優勝校は?区間賞選手一覧

関連記事 → 箱根駅伝2019出場校優勝予想は駒澤大学!気になる注目選手は?

関連記事 → 箱根駅伝2019出場校優勝予想は日本体育大学!注目選手は誰?

関連記事 → 箱根駅伝出場校2019!予選会結果個人記録とは⁉︎歴代記録も

関連記事 → 箱根駅伝予想2019!シード校と予選会通過校からみる優勝校は?

関連記事 → 箱根駅伝予選会2018結果!出場校一覧と予選会2018通過校!

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝校予想注目選手は⁉︎優勝は青学か?東洋大か?

関連記事 → 箱根駅伝予想2019!優勝予想神奈川大学の注目選手は誰だ

関連記事 → 箱根駅伝コースや距離2019!コースや距離からみる応援場所

関連記事 → 箱根駅伝予選会2019通過校予想!ルールとテレビ放送の詳細まで

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝校予想は早稲田大学!コース紹介と出場校一覧

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝校予想は東海大学!ライバル出場校も

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝校予想は東洋大学!ライバル出場校も

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝校予想は青山学院大学!ライバル出場校も!

関連記事 → 箱根駅伝出場校2019シード校!コースからみる予想通過時間は⁉︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました