ドラフト会議2018指名予想と結果!根尾昴吉田輝星の結果は⁉︎

2018年10月25日!

プロ野球選手を目指す球児にとって運命の抽選日が2018年も開催されました。

第100回夏の甲子園ではプロを目指す多くの高校球児が活躍しました。

夏の甲子園で日本中を騒がせた球児は一体どこの球団に指名され交渉権を獲得するのか⁉︎

ドラフト会議2018年の指名予想選手をみながら、結果をみていきましょう。

スポンサーリンク




ドラフト会議2018指名予想選手

ドラフト会議2018の指名予想選手をみていきたいと思います。

また、最後に各球団が1位指名にあげている選手もみていきましょう。

【高校生:投手】

吉田輝星(よしだ こうせい)

  • 【出身校】金足農業高等学校
  • 【投打】右投右打【身長/体重】176m/81kg

【評価】

最速152km/hを誇る高校生No.1右腕。

質の高いストレートを武器に三振を奪えます。

牽制・フィールディングも高評価。

引地秀一郎(ひきじ しゅういちろう)

  • 【出身校】倉敷商業高等学校
  • 【投打】右投右打【身長/体重】186cm/82kg

【評価】

恵まれた体格を持ち最速151km/hを誇る怪物球児候補右腕。

柿木蓮(かきぎ れん)

  • 【出身校】大阪桐蔭高等学校
  • 【投打】右投右打【身長/体重】181cm/85kg

【評価】

最速151km/hを誇る本格派右腕。

第100回夏の甲子園では優勝投手に輝き変化球・制球力など総合力No.1。

渡邊勇太郎(わたなべ ゆうたろう)

  • 【出身校】浦和学院高等学校
  • 【投打】右投右打【身長/体重】188cm/78kg

【評価】

柔らかいフォームから最速149km/hを投げる長身右腕。

大谷2世とも呼ばれています。

市川悠太(いちかわ ゆうた)

  • 【出身校】明徳義塾高等学校
  • 【投打】右投右打【身長/体重】183cm/74kg

【評価】

スリークオーターから投げるブレーキの効いたスライダーが武器。

スタミナ・制球にも定評があります。

【高校生:内野手】

根尾昴(ねお あきら)

  • 【出身校】大阪桐蔭高等学校
  • 【投打】右投左打【身長/体重】177cm/78kg

【評価】

高い身体能力を兼ね備え2018年ドラフトの目玉。

投手としても最速150km/hを誇り、野手としても走攻守三拍子揃い長打も打てるドラフトNo.1。

小園海斗(こぞの かいと)

  • 【出身校】報徳学園高等学校
  • 【投打】右投左打【身長/体重】178cm/74kg

【評価】

U18にも選出され甲子園でも大活躍。

軽快なフットワークでショートとしては高校生1・2位を争う実力の持ち主。

野村祐希(のむら ゆうき)

  • 【出身校】花咲徳栄高等学校
  • 【投打】右投右打【身長/体重】185cm/90kg

【評価】

高校通算58本塁打を誇る高校生No.1スラッガー。

太田椋(おおた りょう)

  • 【出身校】天理高等学校
  • 【投打】右投右打【身長/体重】181cm/75kg

【評価】

センス抜群で身体能力も高い選手。

天理高校では主軸として活躍し、守備・打撃ともに定評があります。

【高校生:外野手】

藤原恭大(ふじわら きょうた)

  • 【出身校】大阪桐蔭高等学校
  • 【投打】左投左打【身長/体重】181cm/78kg

【評価】

強肩・俊足を兼ね備え長打力も魅力のある高校No.1の呼び声の高い選手。

万波中正(まんなみ ちゅうせい)

  • 【出身校】横浜高等学校
  • 【投打】右投右打【身長/体重】190cm/92kg

【評価】

恵まれた体格から放たれる規格外の打球飛距離。

潜在能力としては群を抜いています。

【大学生:投手】

梅津晃大(うめつ こうだい)

  • 【出身校】東洋大学
  • 【投打】右投右打【身長/体重】190cm/92kg

【評価】

最速153km/hを誇る大型右腕。

バランス・柔軟性も兼ね備え即戦力投手。

甲斐野央(かいの ひろし)

  • 【出身校】東洋大学【投打】右投右打【身長/体重】187cm/76kg

【評価】

高い奪三振力を兼ね備え最159km/hの剛速球を誇る大学No.1右腕。

フォークボールにもキレがあります。

上茶谷大河(かみちゃたに たいが)

  • 【出身校】東洋大学
  • 【投打】右投右打【身長/体重】180cm/75 kg

【評価】

最速151km/hを投げ東洋大学3本柱の1人。

大学4年春には1試合20奪三振も記録しています。

松本航(まつもと わたる)

  • 【出身校】日本体育大学
  • 【投打】右投右打【身長/体重】176cm/85kg

【評価】

精度の高い最速155km/hの直球と変化球を操る即戦力右腕。

東妻勇輔(あづま ゆうすけ)

  • 【出身校】日本体育大学
  • 【投打】右投右打【身長/体重】170cm/70kg

【評価】

トップクラスとなる最速155km/hのストレートを武器に2種類のスライダーを兼ね備えた右腕。

精度・スタミナにも定評があります。

【大学生:内野手】

頓宮裕真(とんぐう ゆうま)

  • 【出身校】亜細亜大学
  • 【投打】右投右打【身長/体重】182cm/98kg

【評価】

強肩強打を兼ね備え2018年はホームランを量産するバッター。

低めの変化球にもしっかり対応し逆方向にも打てるバッター。

中山翔太(なかやま しょうた)

  • 【出身校】法政大学
  • 【投打】右投右打【身長/体重】186cm/95kg

【評価】

豪快なスイングが魅力の右の長距離打者。

スイングスピードは群を抜いています。

【大学生:外野手】

辰巳涼介(たつみ りょうすけ)

  • 【出身校】立命館大学
  • 【投打】右投左打【身長/体重】180cm/70kg

【評価】

走攻守三拍子を兼ね備えレーザービームで進塁を阻止する強肩の持ち主。

巧みなバットコントロールでリーグ戦でも100安打を達成。

向山基生(むこやま もとき)

  • 【出身校】法政大学
  • 【投打】右投右打【身長/体重】185cm/80kg

【評価】

2018年春のリーグ戦では打率.354と活躍をみせる巧打者。

安定した守備力も定評があります。

【社会人:投手】

生田目翼(なばため つばさ)

  • 【所属】日本通運
  • 【投打】右投右打【身長/体重】176cm/84kg

【評価】

最速155km/hの球威のある直球と多彩な変化球が武器。

齋藤友貴哉(さいとう ゆきや)

  • 【所属】Honda
  • 【投打】右投左打【身長/体重】184cm/91kg

【評価】

肩・肘を柔らかく使い投げられる最速153km/hのストレート。

2種類のスライダーも定評があります。

【社会人:野手】

法兼駿(のりかね しゅん)

  • 【所属】パナソニック
  • 【投打】右投左打【身長/体重】174cm/80kg

【評価】

安定感のある守備に加えてパンチ力も秘めている選手。

笹川晃平(ささがわ こうへい)

  • 【所属】東京ガス
  • 【投打】右投右打【身長/体重】182cm/86kg

【評価】

会人屈指の長距離打者。

打撃はもちろんですが、守備・走塁も一級品。

皆川仁(みながわ じん)

  • 【所属】日本生命
  • 【投打】右投左打【身長/体重】177cm/81kg

【評価】

日本生命の4番を務め高いミート力を兼ね備えた選手。

立正大学時代には首位打者にも輝いています。

【ドラフト会議2018:各球団1位指名選手】

〈セ・リーグ〉

  • 広島:小園海斗【内】(報徳学園)
  • ヤクルト:根尾昴【内/投】(大阪桐蔭)
  • 巨人:根尾昴【内/投】(大阪桐蔭)
  • 横浜DeNA:根尾昴【内/投】(大阪桐蔭)
  • 中日:根尾昴【内/投】(大阪桐蔭)
  • 阪神:根尾昴【内/投】(大阪桐蔭)

〈パ・リーグ〉

  • 西武:吉田輝星【投】(金足農業)
  • ソフトバンク:小園海斗【内】(報徳学園)
  • 日本ハム:根尾昴【内/投】(大阪桐蔭)
  • オリックス:小園海斗【内】(報徳学園)
  • ロッテ:藤原恭大【外】(大阪桐蔭)
  • 楽天:根尾昴【内/投】(大阪桐蔭)

ドラフト会議2018結果セ・リーグ

ドラフト会議2018セ・リーグの結果をみていきましょう。

〈広島東洋カープ〉

  • 1位:小園海斗【内】(報徳学園高)
  • 2位:島内颯太郎【投】(九州共立大学)
  • 3位:林晃汰【内】(智弁和歌山高)
  • 4位:中神拓都【投】(市岐阜商高)
  • 5位:田中法彦【投】(菰野高)
  • 6位:正隨優弥【外】(亜細亜大学)
  • 7位:羽月隆太郎【内】(神村学園)
  • 育成1位:大盛穂【外】(静岡産業大学)

〈東京ヤクルトスワローズ〉

  • 1位:清水昇【投】(國學院大學)
  • 2位:中山翔太【内】(法政大学)
  • 3位:市川悠太【投】(明徳義塾高)
  • 4位:浜田太貴【外】(明豊高)
  • 5位:坂本光士郎【投】(新日鐡住金広畑)
  • 6位:鈴木裕太【投】(日本文理高)
  • 7位:久保拓眞【投】(九州共立大学)
  • 8位:吉田大成【内】(明治安田生命)
  • 育成1位:内山太嗣【捕】(栃木ゴールデンブレーブス)
  • 育成2位:松本友【内】(福井ミラクルエレファンツ)

〈読売ジャイアンツ〉

  • 1位:高橋優貴【投】(八戸学院大学)
  • 2位:増田陸【内】(明秀学園日立高)
  • 3位:直江大輔【投】(松商学園高)
  • 4位:横川凱【投】(大阪桐蔭高)
  • 5位:松井義弥【内】(折尾愛真高)
  • 6位:戸郷翔征【投】(聖心ウルスラ学園高)
  • 育成1位:山下航汰【外】(高崎健康福祉大学高崎高)
  • 育成2位:平井快青【投】(岐阜第一高)
  • 育成3位:沼田翔平【投】(旭川大学高)
  • 育成4位:黒田響生【内】(敦賀気比高)

〈横浜DeNAベイスターズ〉

  • 1位:上茶谷大河【投】(東洋大学)
  • 2位:伊藤裕季也【内】(立正大学)
  • 3位:大貫晋一【投】(新日鐵住金鹿島)
  • 4位:勝又温史【投】(日大鶴ヶ丘高)
  • 5位:益子京右【捕】(青藍泰斗高)
  • 6位:知野直人【内】(新潟アルビレックスBC)
  • 育成1位:宮城滝太【投】(滋賀学園高)

〈中日ドラゴンズ〉

  • 1位:根尾昂【内】(大阪桐蔭高)
  • 2位:梅津晃大【投】(東洋大学)
  • 3位:勝野昌慶【投】(三菱重工名古屋)
  • 4位:石橋康太【捕】(関東第一高)
  • 5位:垣越建伸【投】(山梨学院高)
  • 6位:滝野要【外】(大阪商業大学)

〈阪神タイガース〉

  • 1位:近本光司【外】(大阪ガス)
  • 2位:小幡竜平【内】(延岡学園高)
  • 3位:木浪聖也【内】(ホンダ)
  • 4位:齋藤友貴哉【投】(ホンダ)
  • 5位:川原陸【投】(創成館高)
  • 6位:湯浅京己【投】(富山GRNサンダーバーズ)
  • 育成1位:片山雄哉【捕】(福井ミラクルエレファンツ)

ドラフト会議2018結果パ・リーグ

ドラフト会議2018パ・リーグの結果をみていきましょう。

〈埼玉西武ライオンズ〉

  • 1位:松本航【投】(日本体育大学
  • 2位:渡邊勇太郎【投】(浦和学院高)
  • 3位:山野辺翔【内】(三菱自動車岡崎)
  • 4位:栗津凱士【投】(東日本国際)
  • 5位:牧野翔矢【捕】(遊学館高)
  • 6位:森脇亮介【投】(セガサミー)
  • 7位:佐藤龍世【内】(富士大学)
  • 育成1位:東野葵【投】(日本経済大学)
  • 育成2位:大窪士夢【投】(北海高)
  • 育成3位:中熊大智【捕】(徳山大学)

〈福岡ソフトバンクホークス〉

  • 1位:甲斐野央【投】(東洋大学)
  • 2位:杉山一樹【投】(三重重工広島)
  • 3位:野村大樹【内】(早稲田実業)
  • 4位:板東湧梧【投】(JR東日本)
  • 5位:水谷瞬【外】(石見智翠館高)
  • 6位:泉圭輔【投】(金沢星稜大学)
  • 7位:奥村政稔【投】(三菱日立パワーシステムズ)
  • 育成1位:渡邉陸(捕】(神村学園高)
  • 育成2位:岡本直也【投】(東京農業大学北海道オホーツク)
  • 育成3位:重田倫明【投】(国士舘大学)
  • 育成4位:中村宜聖【外】(西日本短期大学附属高)

〈北海道日本ハムファイターズ〉

  • 1位:吉田輝星【投】(金足農業高)
  • 2位:野村佑希【内】(花咲徳栄高)
  • 3位:生田目翼【投】(日本通運)
  • 4位:万波中正【外】(横浜高)
  • 5位:柿木蓮【投】(大阪桐蔭高)
  • 6位:田宮裕涼【捕】(成田高)
  • 7位:福田俊【投】(星槎道都大学)
  • 育成1位:海老原一佳【外】(富山GRNサンダーバーズ)

〈オリックス・バファローズ〉

  • 1位:太田椋【内】(天理)
  • 2位:頓宮裕真【捕】(亜細亜大学)
  • 3位:荒西祐大【投】(ホンダ熊本)
  • 4位:冨山凌雅【投】(トヨタ自動車)
  • 5位:宜保翔【内】(未来沖縄)
  • 6位:左沢優【投】(JX-ENEOS)
  • 7位:中川圭太【内】(東洋大学)
  • 育成1位:漆腹大晟【投】(新潟医療福祉大学)

〈千葉ロッテマリーンズ〉

  • 1位:藤原恭大【外】(大阪桐蔭高)
  • 2位:東妻勇輔【投】(日本体育大学)
  • 3位:小島和哉【投】(早稲田大学)
  • 4位:山口航輝【投】(明桜高)
  • 5位:中村稔弥【投】(亜細亜大学)
  • 6位:古谷拓郎【投】(習志野高)
  • 7位:松田進【内】(ホンダ)
  • 8位:土居豪人【投】(松山星稜高)
  • 育成1位:鎌田光津希【投】(徳島インディゴソックス)

〈東北楽天ゴールデンイーグルス〉

  • 1位:辰巳涼介【内】(立命館大学)
  • 2位:太田光【捕】(大阪商業大学)
  • 3位:引地秀一郎【投】(倉敷商業高)
  • 4位:弓削隼人【投】(SUBARU)
  • 5位:佐藤智輝【投】(山形中央高)
  • 6位:渡邊佳明【内】(明治大学)
  • 7位:小郷裕哉【外】(立正大学)
  • 8位:鈴木翔天【投】(富士大学)
  • 育成1位:清宮虎多朗【投】(八千代松陰高)
  • 育成2位:則本佳樹【投】(山岸ロジスターズ)

ドラフト会議2018!根尾昴・吉田輝星は⁉︎

最後にドラフト会議2018目玉選手である根尾昴選手・吉田輝星選手についてみていきましょう。

第100回夏の甲子園を沸かせた2人の交渉権獲得球団は⁉︎

根尾昴 内野兼投手(大阪桐蔭高等学校)

  • 【投打】右投左打【身長/体重】177cm/78kg

交渉権獲得球団:中日ドラゴンズ

ドラフト会議2018において4球団からの指名があり中日ドラゴンズが交渉権を獲得しました。

現在中日ドラゴンズには京田選手がいる中でレギュラーを獲得できるのかにも注目が集まります。

1巡目指名球団:中日・ヤクルト・巨人・日本ハム

吉田輝星 投手(金足農業高等学校)

  • 【投打】右投右打【身長/体重】176m/81kg

交渉権獲得球団:北海道日本ハムファイターズ

ドラフト会議2018では外れ1位で日本ハムから単独指名を受けました。

その年のスーパースターを獲得している日本ハム。

大谷翔平選手や清宮幸太郎選手のように今後も注目が集まります。

甲子園を沸かせた根尾昴選手と吉田輝星選手。

プロ野球選手の第一歩を迎えた今後の2人には注目が集まります。

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする