クイーンズ駅伝2018予選結果!シードとエントリー!過去に失格⁉︎

スポーツ

2018年クイーンズ駅伝!

今年もクイーンズ駅伝の出場権をかけて行う予選会・プリンセス駅伝が開催されました。

序盤から壮絶な展開が繰り広げられた2018年クイーンズ駅伝の予選。

今回は2018年クイーンズ駅伝予選の結果をみていきたいと思います。

また、エントリーチーム・シードチームを確認し、過去に起きた失格の真相に迫っていきたいと思います。

 

関連記事 → クイーンズ駅伝2018結果!エントリー選手一覧と区間賞選手は?

関連記事 → クイーンズ駅伝2018コース・通過予想時間!エントリー選手一覧

関連記事 → 4回プリンセス駅伝ワコールが優勝!クイーンズ駅伝出場チーム出揃う

関連記事 → プリンセス駅伝2018予想!エントリーからみる予選通過チームは⁉︎

関連記事 → クイーンズ駅伝2018予想!エントリーチームからみる優勝予想

 




クイーンズ駅伝2018予選結果

それでは、クイーンズ駅伝2018予選会の結果をみていきたいと思います。

クイーンズ駅伝とは、実業団女子駅伝日本一を決める決定戦のことです。

正式には「全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」という名称です。

2011年からは宮城県で開催されることから「クイーンズ駅伝in宮城」という公式愛称になっています。

その実業団女子駅伝日本一を決めるクイーンズ駅伝の予選会が「プリンセス駅伝」です。

元々、クイーンズ駅伝の予選会は市域別で開催されていました。

しかし、予選会は統一され「プリンセス駅伝in宗像・福津」の愛称で開催されるようになりました。

正式には「全日本実業団対抗女子駅伝競走大会予選会」であり、2018年で4回目の開催となりました。

クイーンズ駅伝では上位8位までにシード権が与えられ予選会は免除となります。

予選会であるプリンセス駅伝では上位14チームが出場権を獲得できます。

シード8チーム・予選会通過14チーム、合計22チームにより実業団女子駅伝日本一が争われます。

2018年第4回プリンセス駅伝には27チームがエントリーし白熱した襷リレーを展開してくれました。

歴代優勝チームも参加した第4回プリンセス駅伝の結果をみていきましょう。

 

〈第4回プリンセス駅伝:結果〉

 

優勝:ワコール

  • 1区:長谷川詩乃選手
  • 2区:谷口真菜選手
  • 3区:一山麻緒選手
  • 4区:清水麗奈選手
  • 5区:坪倉琴美選手
  • 6区:福士加代子選手

 

  1. ワコール(区間賞3区:一山麻緒選手・区間新記録6区:福士加代子選手)
  2. 京セラ
  3. 九電工(区間賞5区:加藤岬選手)
  4. 積水化学(区間賞1区:佐藤早也伽選手)
  5. デンソー
  6. ユニバーサルエンターテインメント
  7. ルートインホテルズ(区間賞4区:P.カルム選手)
  8. 肥後銀行
  9. エディオン
  10. スターツ
  11. ホクレン
  12. 鹿児島銀行
  13. 大塚製薬
  14. シスメックス
  15. キャノンAC九州
  16. ノーリツ
  17. 宮崎銀行
  18. 埼玉医科大学グループ
  19. ユニクロ
  20. しまむら
  21. 岩谷産業
  22. TOTO(繰り上げ)
  23. 小島プレス(繰り上げ)
  24. メモリード
  25. ラフィネグループ(繰り上げ)
  26. 愛知電機(繰り上げ)

棄権:三井住友海上(区間賞2区:田邊美咲選手)

 

クイーンズ駅伝2018出場権をかけた予選会・第4回プリンセス駅伝の結果はこのようになります。

上位14チームがクイーンズ駅伝出場権を獲得しました。

今回の予選会では序盤からアクシデントが起きたり、棄権するチームが出たりと波乱の大会となりました。

白熱したレースを展開した予選会。

日本一を決めるクイーンズ駅伝ではどのようなドラマが待っているのでしょうか。

今から楽しみですね。

 

クイーンズ駅伝2018シードとエントリーチーム

次にクイーンズ駅伝2018にエントリーしている22チームをみていきましょう。

前回大会(2017年)でシード権を獲得したチーム。

第4回プリンセス駅伝を勝ち上がったチームそれぞれ分けてみていきたいと思います。

 

〈クイーンズ駅伝2018:シードチーム〉

 

  • パナソニック:19年連続30回目
  • ダイハツ:11年連続28回目
  • JP日本郵政グループ:4年連続4回目
  • 第一生命グループ:20年連続22回目
  • 天満屋:27年連続27回目
  • ヤマダ電機:10年連続13回目
  • 資生堂:3年連続27回目
  • 豊田自動織機:11年連続12回目

 

上記がクイーンズ駅伝2017でシード権を獲得した「クイーンズ8」のチームになります。

パナソニックの連覇はあるのか⁉︎

それとも他のチームが日本一の称号を手に入れるのか⁉︎

目が離せない大会になりそうです。

 

〈クイーンズ駅伝2018:予選会通過チーム〉

 

  • ワコール:19年連続26回目
  • 京セラ:3年連続28回目
  • 九電工:8年連続27回目
  • 積水化学:10年連続20回目
  • デンソー:15年連続26回目
  • ユニバーサルエンターテインメント:12年連続12回目
  • ルートインホテルズ:3年ぶり2回目
  • 肥後銀行:2年連続4回目
  • エディオン:4年ぶり25回目
  • スターツ:2年連続9回目
  • ホクレン:15年連続25回目
  • 鹿児島銀行:7年ぶり2回目
  • 大塚製薬:4年ぶり6回目
  • シスメックス:2年連続8回目

 

第4回プリンセス駅伝上位14チームが出場権を獲得しました。

実力選手・強豪チームによる予選会は波乱の展開となりました。

しかし、最後はアンカー勝負となりオリンピック代表である福士加代子選手率いるワコールが優勝。

クイーンズ駅伝2018でも日本一を狙えるチームばかりです。

 

クイーンズ駅伝2018!過去の失格とは⁉︎

クイーンズ駅伝と調べると「失格」というキーワードが出てくるのを皆さんは知っていますか?

このクイーンズ駅伝で起きた「失格」についてみていきたいと思います。

この「失格」の悲劇が起きたのはクイーンズ駅伝2016でのことでした。

この大会で失格してしまったチームはクイーンズ駅伝2018でもシード権を獲得している「豊田自動織機」。

出場回数も10回を超えクイーンズ駅伝2015では2位の成績をおさめていました。

豊田自動織機の失格となるアクシデントは1区から2区へのたすきを渡す時に起きてしましました。

その時の1区は福田選手・2区は島田選手でした。

1区福田選手が3位で中継所に入りますが2区島田選手が中継地点にいませんでした。

1区福田選手が探していると2区島田選手が出てきたので無事にたすきを繋ぎました。

その後走行を進めていた豊田自動織機チームでしたがルール違反があったと中継が入りました。

ルール上たすきの受け渡しは中継地点かた進行方向20mの間というルールがあります。

また、中継線の手前からたすきを投げてはいけないというルールもあります。

今回豊田自動織機チームは中継線から20mの間を50cm通り過ぎてしまったことが失格の原因となりました。

1区福田選手は20m手前で足踏みをしながら待っていました。

しかし、2区島田選手をみつけ渡す時に思わず50cm超えてしまい失格となってしまいました。

混乱の中で焦りがあったと思われる2人。

優勝を狙える位置にいただけに悔やまれる「失格」となってしまいました。

クイーンズ駅伝2018にも出場する豊田自動織機チーム。

今年こそは念願の日本一を獲得してほしいですね。

 

関連記事 → クイーンズ駅伝2018結果!エントリー選手一覧と区間賞選手は?

関連記事 → クイーンズ駅伝2018コース・通過予想時間!エントリー選手一覧

関連記事 → 4回プリンセス駅伝ワコールが優勝!クイーンズ駅伝出場チーム出揃う

関連記事 → プリンセス駅伝2018予想!エントリーからみる予選通過チームは⁉︎

関連記事 → クイーンズ駅伝2018予想!エントリーチームからみる優勝予想

コメント

タイトルとURLをコピーしました