かぞくいろ映画キャストに有村架純!映画主題歌とロケ地は一体⁉︎

2018年11月!

地方のローカル線を舞台とした「RAILWAYS」シリーズ第3弾である映画「かぞくいろ」が公開されます。

今回の作品では女優・有村架純さんと俳優・國村隼さんのW主演。

有村架純さんはシリーズ初となる女性運転士役を演じます。

今回は映画「かぞくいろ」主演・有村架純さんの経歴をみていきたいと思います。

また、豪華なキャスト陣や主題歌・ロケ地などもみていきたいと思います。

スポンサーリンク




かぞくいろ映画キャストに有村架純

有村架純(ありむら かすみ)

  • 【生年月日】1993年2月13日(25歳)
  • 【出身】兵庫県伊丹市
  • 【身長】160cm
  • 【血液型】B型
  • 【デビュー】2010年
  • 【職業】女優
  • 【ジャンル】テレビドラマ

【表彰】

  • 第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞・新人俳優賞
  • 第58回ブルーリボン賞主演女優賞

【経歴】

有村架純さんは2009年12月、兵庫県立伊丹西高等学校在学中に「FLaMme」のオーディションを受けて合格。

テレビ朝日「ハガネの女」にドラマ初主演を果たすと2011年1月CM初出演となる東京ディズニーシーのCMに出演。

その年の11月には、「ギャルバサラ-戦国時代は圏外です-」にて映画初主演を果たしました。

2013年には出身地である伊丹市より「伊丹大使」に任命。

そして、有村架純さんが大ブレイクしたきっかけとなる連続テレビ小説「あまちゃん」。

小泉今日子さん演じる母親の若い頃を演じたことがブレイクのきっかけになります。

VIPタイムズ社によるアンケートでは「2014年にブレイクすを期待するタレント」女優部門において1位を獲得するなど一気に国民的女優にな理ました。

有村架純さんは声優にも挑戦。

2014年7月に公開されたスタジオジブリ「思い出のマーニー」でダブルヒロインのうちの1人であるマーニー役に抜擢。

10月には、舞台劇「ジャンヌ・ダルク」で初舞台デビュー。

映画「ストロボ・エッジ」では役作りで髪を20cm近くカットし映画に臨みました。

2015年5月には、主演映画となる「映画ビリギャル」に出演し金髪ギャルに挑戦。

6月には地上波ドラマ初主演となる「永遠のぼくらsea aide blue」に出演。

2016年第39回日本アカデミー賞では、優秀主演女優賞・新人俳優賞を受賞。

第58回ブルーリボン賞では「ストロボ・エッジ」「映画 ビリギャル」の演技が評価され主演女優賞を受賞。

民放連続ドラマで初主演を飾りフジテレビの月9ドラマに出演も果たしました。

2016年11月12日に、第67回NHK紅白歌合戦の紅組の司会者に選ばれました。

2017年前期の連続テレビ小説「ひよっこ」のヒロイン役でも活躍をみせました。

2017年11月13日には、第68回NHK紅白歌合戦の紅組司会者に2年連続で抜擢。

その後も様々なところで活躍。

現在ではバラエティー番組などにも引っ張りだこでお茶の間を楽しませてくれています。

かぞくいろ映画キャストまとめ

映画『かぞくいろーRAILWAYS わたしたちの出発ー』予告

次に地方のローカル線を舞台とした鉄道にまつわる人々の人生を描いた「RAILWAYS」シリーズの第3弾。

「かぞくいろ」ではシリーズ初となる「女性運転士」の物語作品。

夫に先立たれるも、再出発のために息子の大好きな鉄道の運転士になろうと奮闘するシングルマザーの姿を描いた豪華キャスト陣をみていきたいと思います。

〈映画「かぞくいろ」キャスト〉

奥薗晶 役:有村架純

  • 【生年月日】1993年2月13日(25歳)
  • 【出身】兵庫県伊丹市

奥薗節夫 役:國村隼

  • 【生年月日】1955年11月16日(62歳)
  • 【出身】大阪府大阪市

佐々木ゆり 役:桜庭ななみ

  • 【生年月日】1992年10月17日(25歳)
  • 【出身】鹿児島県出水市

奥薗駿也 役:歸山竜成

  • 【生年月日】2006年12月1日(11歳)
  • 【出身】埼玉県

相羽雅樹 役:木下ほうか

  • 【生年月日】1964年1月24日(54歳)
  • 【出身】大阪府大東市

楠木幸江 役:筒井真理子

  • 【生年月日】1960年10月13日(58歳)
  • 【出身】山梨県甲府市

水嶋徹 役:板尾創路

  • 【生年月日】1963年7月18日(55歳)
  • 【出身】大阪府富田林市

奥薗修平 役:青木崇高

  • 【生年月日】1980年3月14日(38歳)
  • 【出身】大阪府八尾市

映画「かぞくいろ」のキャスト陣は本当に豪華ですね。

女性運転士を演じる有村架純さんはいったいどのような演技をみせてくれるのか楽しみですね。

かぞくいろ映画ロケ地はどこ?

では次に映画「かぞくいろ」のロケ地についてみていきたいと思います。

映画「かぞくいろ」のロケ地は、鹿児島県阿久根市・出水市を中心に撮影が行われました。

撮影期間は、2018年1月中旬から2018年2月中旬まで行われていたみたいですね。

また一部では、東京都豊島区・神奈川県川崎市・綾瀬市・藤沢市での撮影もあったそうです。

映画の撮影はハードスケジュールで行われ15時間続けて行われていたこともあったみたいです。

ロケ地では多くの目撃情報があったそうで多くの方がSNSにあげていました。

また映画『かぞくいろ』では、鉄道の運転士を目指す物語となっていることから駅でのロケが多くありました。

ロケで使用されたのは八代市と鹿児島県薩摩川内市を結ぶ肥薩おれんじ鉄道。

肥薩おれんじ鉄道は車内がカフェのような造りになっているオシャレな電車で有名です。

また、食堂車両もあり便ごとに趣向の異なるパン屋さん・洋食・ランチセットなどの提供をしています。

映画「かぞくいろ」の影響で足を運ぶ方々が増えること間違いないですね。

かぞくいろ映画主題歌とは⁉︎

最後に映画「かぞくいろ」の主題歌についてみていきましょう。

11月30日(金)公開の映画「かぞくいろ」主題歌には斉藤和義さんの楽曲「カラー」が主題歌として選ばれました。

主題歌である「カラー」は斉藤和義さんが撮影現場である鹿児島を訪れ書いたそうです。

実際に有村架純さんや國村隼さんが劇中で運転する薩摩おれんじ鉄道に乗車しイメージを膨らませたそうです。

完成した曲「カラー」では、列車が線路を走っていく情景が浮かぶようなイントロから始まります。

特に印象的なサビ「走り出す風になる空高く舞い上がれ」という部分では「再出発」を強く感じさせる曲になっていますね。

斉藤和義さんが実際に現場に訪れて書き上げた主題歌「カラー」。

映画「かぞくいろ」の内容も気になりますが、主題歌「カラー」にも注目していきたいですね。

「カラー」を聴きながら情景を思い浮かべるのもいいかもしれませんね。

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする