武豊年収推移と生涯成績は凄かった!フライデー嫁の神対応とは⁉︎

スポーツ

日本を代表する天才ジョッキー・武豊さん。

数々の記録やドラマを残してきた超一流の騎手。

近年では北島三郎オーナーのキタサンブラックやディープインパクトといった名馬に騎乗してきた武豊さん。

世界最高峰の競馬の祭典「凱旋門賞」でも日本馬に騎乗し活躍されてきました。

人気はもちろんですが、実力や実績も世界最高の騎手です。

そんな天才ジョッキー・武豊さんの経歴をみていくと同時に年収の推移や生涯成績についてみていきましょう。

また、フライデーにも何度か話題となった武豊さん。

その時の嫁の神対応についてもみていきたいと思います。

 




武豊 天才ジョッキーの経歴

武豊(たけ ゆたか)

  • 【生年月日】1969年3月15日(49歳)
  • 【出身】京都府京都市伏見区淀
  • 【身長/体重】170cm/50kg
  • 【血液型】O型
  • 【所属】栗東トレーニングセンター
  • 【初免許年】1987年3月1日

武豊さんは1969年に現役騎手・邦彦さんの三男として京都府で生まれました。

しかし、すぐに栗東市に引っ越しすることになり武豊さんは栗東で育ちました。

四男・幸四郎さんもJRAの騎手として活躍されましたが、2017年2月に引退され現在は調教師をされています。

10歳の時に乗馬を始めた武豊さんは、栗東市立金勝小学校・栗東市立栗東中学校を卒業。

1984年にJRA競馬学校に入学しました。

同級生には現在調教師である池江泰寿さんがいます。

1987年にJRA競馬学校を卒業すると栗東の武田作十郎厩舎の所属となり騎手デビュー。

初騎乗は1987年3月1日阪神4Rにアグネスディクターでのデビューとなりました。

3月7日には阪神3Rでダイナビショップに騎乗し初勝利をあげます。

1988年4月8日にはJRA通算100勝を史上最年少(19歳1ヶ月)で達成。

また、菊花賞をスーパークリークでG1初勝利をおさめます。

1989年3月4日には史上最速・最年少(19歳11ヶ月)でのJRA通算200勝を達成します。

その年の11月にも史上最速・最年少(20歳8ヶ月)でのJRA通算300勝を記録。

1990年8月にはJRA通算400勝、1991年7月にはJRA通算500勝を達成した武豊さん。

1991年にはアメリカ・サラトガ競馬場で騎乗すると、初めて海外グレード競走を制しました。

1992年の天皇賞(春)では、メジロマックイーンに騎乗。

史上初となる同競技4連覇を達成し、8月にはJRA通算600勝を達成。

1993年4月17日んは史上最速・最年少(23歳9ヶ月)でJRA通算700勝を記録。

すると、桜花賞・皐月賞・優駿牝馬と春のクラシックで3連覇を達成。

1994年にはJRA通算800勝・900勝を記録。

また9月4日に行フランス・ロンシャン競馬場で行なわれたムーラン・ド・ロンシャン賞に騎乗。

JRA騎手と初となる海外G1を制覇。

1995年にはJRA通算1000勝。

また、この年の6月5日には佐野量子さんと結婚式を京都の教会であげました。

1997年にはJRA重賞通算100勝を成し遂げ、史上2人目となる中央競馬場10場重賞制覇も記録。

2002年2月23日阪神9Rでは通算1万回騎乗を達成し、JRA通算2000勝も達成。

2005年にはJRA通算2500勝を達成。

すると10月23日第66回菊花賞ではディープインパクトに騎乗し中央競馬クラシック三冠を達成。

史上2頭目となる無敗での三冠達成となりました。

2007年7月21日にはJRA歴代最多勝記録である2943勝を更新し2944勝を達成。

11月3日京都1Rで史上初となるJRA通算3000勝を達成した武豊さん。

2010年4月12日に日本騎手クラブ東西役員総会で柴田善臣騎手の後任で会長に選出。

武豊さんは9月に会長に就任されました。

その後も通算成績を伸ばし2011年にはJRA通算3400勝を記録。

しかしこの年にはG1での勝ちがなく23年連続G1勝利記録が途切れてしましました。

2013年5月26日にはキズナに騎乗し、前人未到の日本ダービー5勝目を記録。

2014年2月にはデビューから続いている連続重賞勝利記録を28年に更新。

10月にはJRA通算騎乗数を18,648回とJRA最多騎乗記録を更新。

2015年には史上初となるJRA重賞300勝目を記録しました。

2017年にはキタサンブラックに騎乗し天皇賞(春)を制すると、有馬記念でもキタサンブラックを優勝へ導きました。

また、12月11日には国際競馬統括機関連盟より2017年度ロンジンIFHA国際功労賞を受賞。

2018年1月6日にはデビューから続いている連続重賞勝利記録を32年に更新した武豊さん。

6月24日には宝塚記念でダンビュライトに騎乗すると、この騎乗がJRAG1500回騎乗となりました。

そして9月29日、メイショウカズヒメに騎乗した武豊さんは前人未到のJRA通算4000勝を達成しました。

通算4000勝を達成された武豊さんですが、まだまだ通過点とコメントを残され更に記録を伸ばされています。

今後の天才ジョッキー・武豊さんの騎乗にも注目が集まります。

 

武豊 年収推移と生涯成績

では、皆さんが気になっている武豊さんの年収の推移と生涯成績をみていきたいと思います。

JRA騎手の平均年収は約4000万円。

騎手のレースでの賞金の内訳は、

  • 馬主:80%
  • 調教師:10%
  • 厩務員:5%
  • 騎手:5%

となり、1レースごとに騎手手当2~6万円が付いてきます。

天才ジョッキー・武豊さんは果たしてどのくらいの年収なのかみていきましょう。

 

〈年収推移〉

  • 1987年:(獲得賞金)8億6千万(年収)4300万
  • 1988年:(獲得賞金)16億8千万(年収)8400万
  • 1989年:(獲得賞金)23億1千万(年収)1億1150万
  • 1990年:(獲得賞金)23億5千万(年収)1億1750万
  • 1991年:(獲得賞金)21億4千万(年収)1億700万
  • 1992年:(獲得賞金)21億3千万(年収)1億650万
  • 1993年:(獲得賞金)30億(年収)1億5000万
  • 1994年:(獲得賞金)25億6千万(年収)1億2800万
  • 1995年:(獲得賞金)25億7千万(年収)1億2850万
  • 1996年:(獲得賞金)32億1千万(年収)1億6050万
  • 1997年:(獲得賞金)35億6千万(年収)1億7800万
  • 1998年:(獲得賞金)37億7千万(年収)1億8850万
  • 1999年:(獲得賞金)38億9千万(年収)1億9450万
  • 2000年:(獲得賞金)27億5千万(年収)1億3750万
  • 2001年:(獲得賞金)16億1千万(年収)8050万
  • 2002年:(獲得賞金)27億4千万(年収)1億3700万
  • 2003年:(獲得賞金)38億6千万(年収)1億9300万
  • 2004年:(獲得賞金)39億5千万(年収)1億9750万
  • 2005年:(獲得賞金)44億1千万(年収)2億2050万
  • 2006年:(獲得賞金)43億4千万(年収)2億1700万
  • 2007年:(獲得賞金)32億5千万(年収)1億6250万
  • 2008年:(獲得賞金)24億4千万(年収)1億2200万
  • 2009年:(獲得賞金)27億1千万(年収)1億3550万
  • 2010年:(獲得賞金)15億8千万(年収)7900万
  • 2011年:(獲得賞金)16億(年収)8000万
  • 2012年:(獲得賞金)12億7千万(年収)6350万
  • 2013年:(獲得賞金)23億(年収)1億1500万
  • 2014年:(獲得賞金)19億5千万(年収)9750万
  • 2015年:(獲得賞金)22億(年収)1億1000万
  • 2016年:(獲得賞金)23億3千万(年収)1億1650万
  • 2017年:(獲得賞金)15億4千万(年収)7700万

 

  • 生涯年収:(獲得賞金)808億8千万(年収)40億4300万

 

〈生涯成績〉

1着:4005勝・2着:2968勝・3着:2393勝

G1:75勝・GⅡ:100勝・GⅢ:154勝

 

以上が天才ジョッキー・武豊さんの年収の推移と生涯成績になります。

デビュー1年目から騎手の平均収入を上回り生涯年収は約40億。

言葉が出ないですね。

今後の活躍にも注目する一方で、年収も要チェックですね。

 

武豊フライデー嫁の神対応とは⁉︎

最後に武豊さんが浮気でフライデーされた際の嫁の神対応の真実をみていきたいと思います。

武豊さんがフライデーされたのは夜中の京都の繁華街でキスをしたと報じられました。

そのお相手が競馬番組のキャスターを務めたりしていたタレント・小浦愛さん(26歳)でした。

フライデーが報じられた際、武豊さんは酔っ払っていました。

フランス式の挨拶でお互いが頬を寄せていたとコメントを残しました。

しかし、写真などをみる限りキスはしていなかったそうです。

キスはしていないと言っても浮気だと疑われてもおかしくない行為。

そして嫁としてもいい気はしない行動だと世間では囁かれていました。

武豊さんの嫁は武豊さんと同い年の元タレント・佐野量子さんです。

その佐野量子さんがフライデーの時の対応が「神対応」だったと世間で騒がれました。

その内容とは、浮気でフライデーされた武豊さんが自宅に直撃取材されている時に一緒に対応されました。

また、その後も取材に対応された佐野量子さんは下記のようなコメントを残されています。

「やっぱりちょっとショックだった」

「その写真を見ないでほしいというので、私も「じゃあ、見ないね」ということで、その写真は絶対見ませんと主人と約束し、見ないでもうこれで解決、この話はなしという風にしました」

とコメントをされた嫁・佐野量子さん。

報道陣からも一切逃げたりせず対応した佐野量子さん。

まさに「神対応」にふさわしい行動だったんですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました