堂安律プレースタイル年俸の凄さに迫る!経歴プロフィールとは⁉︎

新生日本代表となったサッカー界。

日本サッカー界のホープとして注目を集めているのが堂安律選手です。

現在は海外でプレーをしている堂安律選手は海外でもとても注目されている選手の1人です。

そんな天才的とも呼ばれている堂安律選手の経歴をみていきプレースタイルや年俸についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク




堂安律経歴とプロフィール

堂安律(どうあん りつ)

  • 【生年月日】1998年6月16日(20歳)
  • 【出身】兵庫県尼崎市
  • 【身長/体重】172cm/70kg
  • 【利き足】左足
  • 【ポジション】MF
  • 【在籍チーム】FCフローニンゲン

【経歴】

  • (ユース)浦風FC→西宮少年SS→ガンバ大阪Jr.ユース→ガンバ大阪ユース
  • (クラブ)ガンバ大阪→FCフローニンゲン

小学生時代は西宮SSに所属し、中学進学と同時にガンバ大阪と名古屋グランパスエイトからオファーを受けました。

堂安律選手はガンバ大阪へ入団を決め2012年には史上初となるU-15年代全国三冠を達成しました。

その後2015年にトップチーム2種登録されると開幕からトップチームに帯同。

5月27日にはクラブ史上2番目となる若さ(16歳344日)で公式戦デビューを果たしました。

2015年11月24日には2016年シーズンからトップチーム昇格が内定。

2016年3月20日にはガンバ大阪U-23J3第2節で公式戦初得点を記録。

7月にはオランダリーグの名門・PSVアイントホーフェンから正式なオファーを受けた堂安律選手。

しかし、宇佐美貴史選手や長谷川健太監督のアドバイスを受け残留を決意。

12月1日にはアジア年間最優秀ユース選手賞を受賞するなど活躍をみせました。

2017年6月23日にオランダ1部FCフローニンゲンに翌年6月末まで期限付きでの移籍が発表されました。

ホームゲームで一部観客投票によって選出されるマン・オブ・ザ・マッチにも選出。

2018年4月23日なフローニンゲンは完全移籍での獲得を発表しました。

4月29日第33節では今季9得点目を決めた堂安律選手はサポーターが選ぶMVPにも選出されました。

2018年8月30日には日本代表に初招集。

9月11日のコスタリカ戦でA代表初出場を果たし、10月16日のウルグアイ戦でA代表初得点を記録。

「日本のメッシ」と評される堂安律選手の今後の活躍に注目が集まります。

堂安律プレースタイルとは⁉︎

次に「日本のメッシ」と称されている堂安律選手のプレースタイルをみていきたいと思います。

新生日本代表でのポジションや役割一緒にみていきましょう。

〈日本代表ポジションと役割〉

本田圭佑選手の代表引退により左利きのストライカーを必要としている新生日本代表。

そこで有力候補とされているのが堂安律選手です。

右サイドのポジションでは左利きは非常に重要となってきます。

左足でボールを持てることで縦パスを受けたり中央突破がしやすくなるからです。

ドリブルでは相手の足から遠いとこるでボールが持てるためドリブルでのカットインなど攻撃手段が増えてきます。

バルセロナのリオネル・メッシ選手も左利きで右サイドに配置しています。

本田圭佑選手の引退により左利きの右サイドは重要視されるポジションです。

大迫勇也選手・南野拓実選手・中島翔哉選手と次世代日本代表を背負っていく堂安律選手。

その中でも堂安律選手のポジションは攻撃面ではとても重要になってきます。

コンバートの可能性もありますが、どのポジションにおいても左利きドリブラーは必要です

堂安律選手のポジションがハマればプレーの幅も広がりより攻撃的なサッカーが展開されてくると思います。

堂安律プレースタイル〈ドリブル編〉

堂安律選手のドリブルは重心が低いので、ターンが鋭くリズムも早いのが特徴として出ています。

また、スピードに乗りながら走る方向を変えたりできることも堂安律選手の武器になります。

ドリブルにおいては、ボールの持つ足を切り替えるダブルタッチ。

インサイドで前方に進むふりをしてアウトサイドで横に交わすマシューズフェイントが多く使われています。

堂安律選手は相手を背負った状態においてもボールをキープしドリブル突破ができるため日本代表にとってはとても重要な選手になります。

堂安律プレースタイル〈シュート編〉

堂安律選手は左利きのため左足でのシュートが多いです。

ボールへの力の伝え方が上手いため、それほど力を入れなくても強烈なシュートがうてます。

また、スピードに乗りながらのシュートが抜群に上手いのも注目されるポイントです。

高い得点力を生み出す理由として、ドリブルからシュートまでの動作が自然なため相手は反応が遅れたりします。

また、相手を見ながらキックフェイントを入れ相手にとって読めない方法を選択しています。

右サイドからカットインドリブルをしてカーブをかけてのシュートも多いですね。

状況に応じてシュートを選択する堂安律選手のシュートセンスは抜群です。

堂安律プレースタイル〈パス編〉

堂安律選手はキックが上手くカーブのかかりも良いためセンタリングなどがパスの武器ではないでしょうか。

あまりセンタリングなどは蹴ったりしませんが、ボールの質が良いため意識次第ではかなりの武器になってくると思います。

これからの試合でセンタリングのパスの精度をさらに高めて行くことで相手のとっては脅威になってくると思います。

シュート・ドリブル・パスと全て持ち合わせることで相手にとっては展開が読みにくくなってきます。

パスコースが空いたりスペースが空いたりとプレーの幅も広がってきます。

堂安律選手の全てのプレーに注目が集まりますね。

堂安律年俸は凄かった⁉︎

最後に堂安律選手の年俸についてみていきたいと思います。

堂安律選手の年俸の推移は以下のようになります。

  • 2016年ガンバ大阪:380万円
  • 2017年ガンバ大阪:600万円
  • 2018年FCフローニンゲン:4000万円

2016年高校3年の時に飛び級でガンバ大阪U-18からトップチーム昇格を果たした堂安律選手。

しかし、リーグ戦出場は年間3試合。

翌シーズンからはガンバ大阪U-23で活躍をみせ21試合に出場し10得点という成績を残します。

オランダリーグ「PSVアイントフォーヘン」からオファーを受けるものの残留を決意。

2017年には年俸も600万円に上がりシーズン序盤から活躍をみせます。

5月に行われた「U-20ワールドカップ」で活躍した堂安律選手は海外スカウトから注目を浴びました。

堂安律選手は2017年6月23日にオランダ1部FCフローニンゲンに翌年6月末まで期限付きでの移籍を発表。

年俸は7倍となる4000万円なりました。

ヨーロッパでは日本とは違い税金後の金額になるため、日本だと8000万円の計算になってきます。

2017年~2018年シーズンの堂安律選手の活躍からみると来シーズンの年俸は更に上がることが予想されます。

新生日本代表若手のホープ・堂安律選手の活躍から目が離せません。

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする