藤井七段、最年少新人王獲得!31年ぶりの記録更新という快挙!

将棋界の最年少プロ棋士・藤井聡太七段(16歳)が17日、最年少新人王を獲得しました。

10月17日(水)、大阪市内の関西将棋会館で新人王決勝3番勝負の第2局がが開催。

プロ棋士養成機関・奨励会に所属する出口若武三段(23歳)を105手で破り見事優勝!

藤井聡太七段の優勝は、2月に行われた朝日杯将棋オープン戦以来2回目となりました。

藤井聡太七段は現在、16歳2ヶ月。

森内俊之九段(48歳)が持っていた17歳0ヶ月の新人最年少記録を31年ぶりに更新する快挙となりました。

新人王戦は若手を対象とした一般棋戦であり、藤井聡太七段の参戦は今期が最後でした。

過去には羽生善治竜王(48歳)も優勝をしているトップ棋士への登竜門です。

第1局で快勝した藤井聡太七段は、序盤からお互い早い指し手で進行。

中盤で時間を使い戦局を見極めた藤井七段は、終盤に向けリードを広げました。

藤井聡太七段は対局後に

「これを機にますます頑張りたいと思います」

と新人王に輝いたことについてコメントを残しました。

昨年の新人王戦でベスト4に入った藤井聡太七段は驚異的なスピードで、デビュー2年目で七段まで昇格。

「順位戦C級1組昇級で五段」

「朝日杯将棋オープン戦優勝で六段」

「竜王戦ランキング戦で七段」

と実質的なデビュー2年目での記録を出しています。

また新人王戦の参加資格は「26歳以下」「六段以下」が対象となり最後の参加となった藤井七段。

藤井聡太七段はわずか2年で若手棋戦卒業となりました。

今後も藤井聡太七段の昇段や最年少記録は生まれるのか楽しみですね。

藤井聡太七段から目が離せません。

〈今期の成績〉28局23勝5敗、勝率.821

〈通算成績〉111局94勝17敗、勝率.847

スポンサーリンク




藤井聡太七段プロフィール

藤井聡太(ふじい そうた)

  • 【生年月日】2002年7月19日(16歳)
  • 【出身】愛知県瀬戸市
  • 【プロ入り】2016年10月1日(14歳)
  • 【師匠】杉本昌隆七段
  • 【段位】七段
  • 【戦績】一般棋士戦優勝:1回

【記録】

  • 最多連勝:29連勝

〈最年少記録〉

  • 四段昇段(プロ入り):14歳2ヶ月
  • 初勝利:14歳5ヶ月
  • 通算50勝:15歳4ヶ月
  • 一般棋士戦優勝:15歳6ヶ月
  • 全棋士参加棋戦優勝:15歳6ヶ月
  • 六段昇段:15歳6ヶ月
  • 七段昇段:15歳9ヶ月
  • 通算100局:16歳0ヶ月

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする