伊調馨吉田沙保里との仲とは⁉︎栄監督パワハラ問題の内容に迫る!

人類史上初となるオリンピック4連覇を達成した伊調馨さん。

世界を代表する選手になった伊調馨さんですが、不仲説やパワハラといった様々な問題も話題となっています。

そこで今回は、伊調馨さんの経歴と共に吉田沙保里さんとの関係やパワハラ問題の内容についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク




伊調馨オリンピック4連覇までの足跡

伊調馨(いちょう かおり)

  • 【生年月日】1984年6月13日(34歳)
  • 【出身】青森県八戸市
  • 【競技】レスリング
  • 【所属先】ALSOK

【成績】

  • アテネオリンピック63kg級優勝(2004年)
  • 北京オリンピック63kg級優勝(2008年)
  • ロンドンオリンピック63kg級優勝(2012年)
  • リオデジャネイロオリンピック58kg級優勝(2016年)

【表彰】

  • 紫綬褒章(2004・2008・2012・2016)
  • 国民栄誉賞(2016年)

伊調馨さんは兄・寿行さん、姉・千春さんの影響で青森県の「八戸クラブ」でレスリングを始めました。

愛知県至学館高等学校を卒業後、女子レスリングの強豪である中京女子大学(至学館大学)へ進学した伊調馨さん。

女子レスリング56kg級時代は吉田沙保里さんがライバルだったため苦戦が続きました。

しかし、63kg級に階級をあげてからは無敵となりました。

2004年、アテネオリンピックでは、姉・千春さんと出場。

姉・千春さんは銀メダルで金メダルにあと一歩届きませんでした。

「千春のためにも必ず勝つ」と奮起した伊調馨さんは見事金メダルを獲得しました。

また、青森県県民栄誉賞・八戸市市民栄誉賞も受賞されました。

2008年北京オリンピックでも優勝を飾り2連覇を達成。

姉妹揃って2大会連続メダルに輝きました。

帰国後には青森県県民栄誉賞・八戸市市民栄誉大賞を受賞。

2012年ロンドンオリンピックでも金メダルを獲得すると、日本人女子選手としては初となる3連覇を達成。

2015年の世界選手権では世界大会13度目の優勝を成し遂げました。

2016年リオデジャネイロオリンピックでは4大会連続となる優勝を果たした伊調馨さんは国民栄誉賞を受賞されました。

近代オリンピックでは史上6人目となる4連覇となりました。

2020年東京オリンピックでは5連覇に期待がかかります。

伊調馨吉田沙保里との仲とは⁉︎

女子個人として史上初のオリンピック4連覇を成し遂げた伊調馨さん。

今後のレスリング界を背負っていく伊調馨さんですが、最近では吉田沙保里さんとの仲・不仲説が話題となっています。

吉田沙保里さんといえば「霊長類最強」と言われ世界大会15連覇やオリンピック3連覇を達成された選手です。

その吉田沙保里さんとの不仲説とは一体何なのか、不仲な噂についてみていきたいと思います。

伊調馨さんと吉田沙保里さんとの間に囁かれている3つの原因についてみていきましょう。

原因その1:階級の変更

まず1つ目の原因としてあげられているのが「階級の変更」です。

以前伊調馨さんは吉田沙保里さんと同じ53kg級でした。

しかし、栄監督がどんどん成長していく2人を同じ階級にいるのは勿体無いという助言がありました。

その理由で伊調馨さんは階級を変更。

トップアスリートにとって階級変更はとても難しいことです。

その階級の変更が不仲説の1つ目の原因とされています。

原因その2:国民栄誉賞

2つ目の原因は「国民栄誉賞」がきっかけではないかと囁かれています。

吉田沙保里さんも伊調馨さんと同じくアテネ・北京・ロンドンオリンピックで3連覇を達成しています。

同じ成績を残しているにも関わらず吉田沙保里さんだけが「国民栄誉賞」を受賞。

その後、伊調馨さんはリオデジャネイロオリンピックで4連覇を達成。

このオリンピック4連覇後に「国民栄誉賞」を受賞。

なぜ、吉田沙保里さんと同じタイミングで受賞されなかったのかと物議を醸したことが2つ目の原因とされています。

原因その3:パワハラ問題

3つ目の原因としてあげられているのが「栄監督のパワハラ問題」です。

このパワハラ問題により吉田沙保里さんが栄監督を擁護したことがきっかけとなっています。

また、谷岡郁子元参院議員がSNSでの言葉に吉田沙保里さんがリツイートしたことで不仲説は一段と話題となりました。

吉田沙保里さんがなぜリツイートしたかにも注目が集まっています。

このように3つのことが「不仲説」の原因とされています。

しかしながら写真などでは不仲にはみえないと言った声も多く上がっています。

レスリング界を引っ張っていく2人の今後に注目が集まります。

伊調馨栄監督パワハラの内容とは?

最後に伊調馨さんが告白された「栄監督のパワハラ問題」の内容についてみていきたいと思います。

伊調馨さんが告白したパワハラの内容は日本レスリング協会・栄和人さんによるものでした。

2009年まで師弟関係であった伊調馨さんと栄監督。

パワハラが始まったのは伊調馨さんが栄監督の元を離れたことがきっかけとなりました。

そのパワハラの内容は、栄監督・協会の指示で練習場を使用させないという内容でした。

練習場の使用不可だけでなく、現在の師事である田南部力さんにも及んでいました。

圧力をかけられていたとコメントを残しています。

伊調馨さん本人が告白していることもあり栄監督は非難の声が多く上がっています。

また、栄監督は近年「金メダル獲得」にこだわりすぎており一部からは敬遠されていたそうです。

そして栄監督だけでなく「霊長類最強」と呼ばれている吉田沙保里さんにも矛先が向かってしまいます。

栄監督側と噂されている吉田沙保里さん。

リオデジャネイロオリンピックの現地入りの際にも吉田沙保里さんは栄監督と一緒にビジネスクラスで現地入りされたそうです。

他の選手と別行動をとっていたこともあり3人の人間関係も話題となってしまいました。

パワハラ問題で吉田沙保里さんとの不仲説も話題となってしまいました。

レスリング界を盛り上げてくれた2人なのでとても残念な話題となってしまいました。

すぐには解決できない問題かもしれません。

しかし、2人がまた世界の舞台で活躍されレスリング界を盛り上げていってほしいですね。

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする