箱根駅伝2020のコース&距離と予想通過時間!過酷な高低差は⁉︎

スポーツ

第96回大会となる「箱根駅伝2020」が、2020年1月2日(木)&3日(金)の2日間に渡って開催されます。

東京・大手町ー箱根・芦ノ湖間の総距離217.1kmで繰り広げられる学生三大駅伝“最高峰”の大会となる箱根駅伝は、毎年多くのドラマや記録が誕生し多くの人に夢や感動を与えています。

ここでは、学生三大駅伝の最高峰である箱根駅伝2020における“コース”や“距離”について詳しく説明していきたいと思います。

箱根駅伝2020コース距離から、各区間の“予想通過時間”や“高低差”なども合わせてご紹介していきます。

実際に箱根駅伝2020を現地で応援される予定の方は、予想通過時間など参考にしてみてくださいね。

箱根駅伝2020の“関連記事”も下記に記載していますので、是非チェックしてみてください。

関連記事 ▷ 箱根駅伝出場校2020一覧!各大学の監督紹介&偏差値ランキング

関連記事 ▷ 箱根駅伝2020優勝予想と出場校は?注目選手と魅惑の新入生とは?

関連記事 ▷ 箱根駅伝“歴代優勝校”まとめ!回数/連覇/タイム最速とメンバーは

関連記事 ▷ 國學院大学駅伝部の監督&メンバー紹介!三大駅伝2019選手と結果

関連記事 ▷ 箱根駅伝2020予選会の通過予想!日程や出場資格とテレビ放送は?




箱根駅伝2020のコース&距離をチェック!

お正月の風物詩である“箱根駅伝”の季節が近づいてきました。

ここでは、第96回大会を迎える箱根駅伝2020の「コース」と「距離」についてご紹介していきたいと思います。

各区間のコースの“特徴”も合わせてご紹介していますので、現地で応援される方はもちろんテレビ中継で観戦される方も参考にしてみてくださいね。

◇往 路/2019年1月2日(木)

第1区/21.3km

大手町・読売新聞本社前 ▷ 鶴見中継所

第2区/23.1km

鶴見中継所 ▷ 戸塚中継所

第3区/21.4km

戸塚中継所 ▷ 平塚中継所

第4区/20.9km

平塚中継所 ▷ 小田原中継所

第5区/20.8km

小田原中継所 ▷ 箱根・芦ノ湖

 

“往路”総距離『107.5km

◇復 路/2019年1月3日(金)

第6区/20.8km

箱根・芦ノ湖▷小田原中継所

第7区/21.3km

小田原中継所▷平塚中継所

第8区/21.4km

平塚中継所▷戸塚中継所

第9区/23.1km

戸塚中継所▷鶴見中継所

第10区/23.0km

鶴見中継所▷大手町

 

“復路”総距離『109.6km

コース&距離/詳細・特徴

第1区

大手町読売新聞本社[0km地点]

  • 増上寺山門前[3.7km地点]
  • 八ツ山橋[7.8km地点]
  • 蒲田[15.3km地点]
  • 六郷橋[18.0km地点]

鶴見中継所[21.4km地点]

 

〜特徴〜

チーム1のスピードランナーが集う1区は、箱根駅伝のレース展開を大きく左右する大切な区間です。

各大学同士の駆け引きで、どこでの大学が一番先に仕掛けるのかなど大きな見所となっています。

どこの大学が花の2区に一番で襷を繋ぐのか見所満載です。

 

第2区

鶴見中継所[0km地点]

  • 生麦駅前[3.0km地点]
  • 横浜駅前[8.3km地点]
  • 保土ヶ谷駅前[11.7km地点]
  • 権田橋[19.3km地点]

戸塚中継所[23.2km地点]

 

~特徴~

各大学のエースランナーが集う箱根駅伝の見所である“花の2区”。

エースランナーによるごぼう抜きも奥見られる2区は、距離が長くレース終盤には高低差のあるアプダウンが選手を待ち受けています。

各大学のエースランナーが集うだけあり、し烈な上位争いがみられる区間でもあります。

 

第3区

戸塚中継所[0km地点]

  • 原宿交差点[2.0km地点]
  • 遊行寺坂[5.4km地点]
  • 浜須賀[12.0km地点]
  • 茅ヶ崎[14.5km地点]
  • 湘南大橋[17.9km地点]

平塚中継所[21.5km地点]

 

~特徴~

天候が荒れてしまうと強烈な向かい風が選手たちを襲う3区。

往路優勝に向けたレース展開にも大きな差を生み、選手にとっては過酷なコースとなっています。

しかし、11km過ぎの134号線では正面に富士山・左側に相模湾と、箱根駅伝の中でNo.1の絶景ポイントとなっています。

 

第4区

平塚中継所[0km地点]

  • 大磯駅口[1.4km地点]
  • 二宮駅前[7.2km地点]
  • 二宮[9.1km地点]
  • 国府津駅前[11.8km地点]
  • 酒匂橋[15.4km地点]
  • 旧・小田原中継所[18.5km地点]

小田原中継所[21.3km地点]

 

~特徴~

2017年から距離が延長された4区は、アップダウンの多い区間となります。

アップダウンが多く高低差もある区間のため、先頭・後続のランナーと差が開いたり・縮まったりする区間となってきます。

1日目・往路の中ではもっとも重要な区間となっています。

 

第5区

小田原中継所[0km地点]

  • 箱根湯本[2.7km地点]
  • 函嶺洞門バイパス[3.7km地点]
  • 大平台[7.0km地点]
  • 宮ノ下[9.0km地点]
  • 小涌園前[11.7km地点]
  • 恵明学園前[12.9km地点]
  • 足之湯[15.7km地点]
  • 元箱根[19.0km地点]

箱根・芦ノ湖[20.8km地点]

 

~特徴~

箱根駅伝最大の難所であり最大の見所である“山上り5区”。

国道1号線の標高874mを一気に駆け上がり、最高地点から往路のゴールである箱根神社大鳥居へと下っていく超過酷なコースです。

2日目・復路におけるスタート順や時間差が決まる区間のため、後続の大学とどれだけ差をつけられるのかも大きな見所になります。

 

第6区

箱根・芦ノ湖[0km地点]

  • 元箱根[2.1km地点]
  • 国道1号線最高地点[4.6km地点]
  • 足之湯[5.1km地点]
  • 恵明学園前[7.9km地点]
  • 小涌園前[9.1km地点]
  • 宮ノ下[11.7km地点]
  • 大平台[13.8km地点]
  • 嶺洞門バイパス[17.1km地点]
  • 箱根湯本[17.8km地点]

小田原中継所[20.8km地点]

 

~特徴~

2日目の初陣を飾る山下り6区。

5区山登りとは全く逆で一気に下っていく第6区は、選手の位置どりも大きなポイントとなってきます。

更に、冬の朝の冷え込みは選手の走りを苦しめるだけでなく、ペース配分も乱してしまうため波乱が起こることもある区間です。

山下りから平坦コースになったときの切り替えも重要となってきます。

 

第7区

小田原中継所[0km地点]

  • 小田原本町[2.5km地点]
  • 酒匂橋[5.5km地点]
  • 国府津駅前[9.1km地点]
  • 二宮[11.8km地点]
  • 二宮駅前[13.8km地点]
  • 大磯駅口[19.5km地点]

平塚中継所[21.3km地点]

 

~特徴~

気温の変化が難しく体調管理が大変な7区。

時間が経つにつれ気温が上昇するため、失速などのアクシデントに見舞われ順位の入れ替わりも多くみられる区間となっています。

往路4区と同じく距離の延長に伴い、復路でも重要な区間となります。

 

第8区

平塚中継所[0km]

  • 湘南大橋[3.5km]
  • 茅ヶ崎[6.9km]
  • 浜須賀[9.5km]
  • 藤沢・遊行寺坂[15.9km]
  • 影取[18.4km]
  • 原宿交差点[19.4km]

戸塚中継所[21.5km]

 

~特徴~

気温の上昇・強い追い風が選手たちのペースを崩す過酷な8区。

如何に自分のペースを崩さず走れるかが重要となる区間ですが、繰上げスタートの大学も増えてくる区間となっています。

優勝争い・シード権争いをしている大学にとっては、大きな山場となる区間です。

 

第9区

戸塚中継所[0km地点]

  • 不動坂交差点[3.9km地点]
  • 権田橋[7.9km地点]
  • 保土ヶ谷駅前[11.4km地点]
  • 横浜駅前[14.7km地点]
  • 生麦駅前[20.1km地点]

鶴見中継所[23.2km地点]

 

~特徴~

優勝争い・シード権争いといった各大学のし烈なレースが展開される9区。

大逆転劇が展開される区間でもあり、毎年多くのドラマが誕生する区間となっています。

先頭・後続との時間差なども気になる区間のため、精神的にもキツい区間となっています。

 

第10区

鶴見中継所[0km地点]

  • 六郷橋[3.3km地点]
  • 蒲田[6.0km地点]
  • 田町[16.6km地点]
  • 御成門[18.1km地点]
  • 馬場先門[20.3km地点]
  • 日本橋[22.0km地点]

大手町読売新聞本社前[23.1km地点]

 

~特徴~

往路・復路とチームの仲間が繋いできた“襷”と“想い”を胸にゴールである大手町を目指す最終区間10区。

優勝争いはもちろん、来年度のシード権争いも最後の最後まで見逃せなません。

 

以上が、箱根駅伝2020における「コース」と「距離」、そして各区間の“特徴”紹介になります。

各区間ごとにそれぞれ“特徴”があり見所満載となていますので、2020年お正月はテレビ・現地で箱根駅伝2020を応援しましょう!

箱根駅伝2020の往路&復路の“予想通過時間”は⁉︎

新時代“令和”となって初の箱根駅伝“王者”が決まる第96回大会となる箱根駅伝2020。

ここでは、箱根駅伝2020の「往路・復路」各区間の“予想通過時間”をご紹介していきたいと思います。

現地で応援される予定の方は予想通過時間を参考にしてみてください。

往路/1区 ▷ 予想通過時間

[区間記録]1時間01分06秒

  • 東海大学:佐藤悠基
  • 2007年/第83回大会
予想通過時間距離通過場所
8:000km大手町・読売新聞東京本社前
8:123.6km増上寺山門前付近
8:237km品川駅付近
8:3010km東大井歩道橋付近
8:4515km蒲田付近
8:5418km六郷橋付近
9:0521.3km鶴見中継所

往路/2区 ▷ 予想通過時間

[区間記録]1時間06分04秒

  • 山梨学院大学:メクボ・ジョブ・モグス
  • 2009年/第85回大会
予想通過時間距離通過場所
9:050km鶴見中継所
9:143.2km生麦駅交差点付近
9:205.3km入江橋交差点付近
9:308.5km横浜駅付近
9:4012.3km保土ヶ谷橋付近
10:0019km不動坂交差点付近
10:1323.1km戸塚中継所

往路/3区 ▷ 予想通過時間

[区間記録]1時間01分26秒

  • 青山学院大学:森田歩希
  • 2007年/第83回大会
予想通過時間距離通過場所
10:130km戸塚中継所
10:202km原宿交差点付近
10:358km藤沢警察署付近
10:5012km浜須賀遊歩道歩道橋付近
10:5815km茅ヶ崎公園野球場付近
11:1519km平塚駅南口付近
11:2021.4km平塚中継所

往路/4区 ▷ 予想通過時間

[区間記録]1時間00分54秒

  • 東洋大学:相澤晃
  • 2019年/第95回大会
予想通過時間距離通過場所
11:200km平塚中継所
11:241.5km大磯駅前歩道橋付近
11:304km切通橋交差点付近
11:407km二宮駅歩道橋付近
11:5512km国府津駅付近
12:0515.5km酒匂橋付近
12:1520.9km小田原中継所

往路/5区 ▷ 予想通過時間

[区間記録]1時間10分54秒

  • 國學院大学:浦野雄平
  • 2019年/第95回大会
予想通過時間距離通過場所
12:150km小田原中継所
12:304.7km湯本歩道橋付近
12:5010km大平台駅付近
13:0012km宮ノ下交差点
13:1015km小涌園前付近
13:2518.5km国道1号線最高地点
13:40
20.8km箱根・芦ノ湖

復路/6区 ▷ 予想通過時間

[区間記録]57分57秒

  • 青山学院大学:小野田勇次
  • 2019年/第95回大会
予想通過時間距離通過場所
8:000km箱根・芦ノ湖
8:155km国道1号線最高地点
8:258km恵明学園付近
8:3010km小涌谷踏切付近
8:4515km常盤橋付近
8:5018km箱根湯本駅付近
9:0020.8km小田原中継所

復路/7区 ▷ 予想通過時間

[区間記録]1時間02分32秒

  • 青山学院大学:林奎介
  • 2018年/第94回大会
予想通過時間距離通過場所
9:000km小田原中継所
9:103km本町歩道橋付近
9:206km酒匂橋付近
9:309km国府津駅前付近
9:4013km吾妻橋
9:5519km大磯町役場交差点付近
10:0521.3km平塚中継所

復路/8区 ▷ 予想通過時間

[区間記録]1時間03分50秒

  • 東海大学:小松陽平
  • 2019年/第95回大会
予想通過時間距離通過場所
10:050km平塚中継所
10:102.5km平塚駅南口交差点付近
10:205km柳橋歩道橋付近
10:359.5km浜須賀歩道橋付近
10:5014.5km東海道線陸橋付近
11:0017km東俣野橋歩道橋付近
11:1321.4km戸塚中継所

復路/9区 ▷ 予想通過時間

[区間記録]1時間08分01秒

  • 中央学院大学:篠藤淳
  • 2008年/第84回大会
予想通過時間距離通過場所
11:130km戸塚中継所
12:254km不動坂交差点付近
11:4511.5km保土ヶ谷橋交差点付近
11:5514km根岸線ガード戸部駅付近
12:0719km入江橋交差点付近
12:1020km生麦駅入口付近
12:2123.1km鶴見中継所

復路/10区 ▷ 予想通過時間

[区間記録]1時間08分59秒

  • 順天堂大学:松瀬元太
  • 2007年/第83回大会
予想通過時間距離通過場所
12:210km鶴見中継所
12:303km六郷橋上県境看板付近
12:407km蒲田付近
12:5612km鮫洲駅付近
13:0514.5km品川駅付近
13:2320km日比谷公会堂正門前付近
13:3523.0km大手町・読売新聞東京本社ゴール

 

以上が、箱根駅伝2020の「往路・復路」各区間ごとの予想通過時間になります。

あくまでもこれまでの大会の通過時間を参考にした“予想”となりますので、当日応援にいかれる方は余裕を持って現地に足を運んでくださいね。

箱根駅伝2020各区間の過酷な「高低差」は⁉︎

総距離217.1kmを母校の想いを胸に駆け抜ける“箱根駅伝”。

ここでは、箱根駅伝2020各区間の「高低差」をみていきたいと思います。

1区~10区の各区間ではどれくらいの高低差があるのでしょうか⁉︎

早速、各区間の高低差をみていきましょう。

◇往 路/107.5km[大手町→箱根・芦ノ湖]

▽第1区/21.4km

大手町・読売新聞東京本社前 ~ 鶴見中継所

 

大手町読売新聞本社/0km[標高:1.3m]

  • ↕︎高低差:+1.6

増上寺山門前/3.7km[標高:2.9m]

  • ↕︎高低差:+4.1

八ツ山橋/7.8km[標高:7.2m]

  • ↕︎高低差:-4.2

蒲田/15.3km[標高:3.0m]

  • ↕︎高低差:-0.2

六郷橋/18.0km[標高:2.8m]

  • ↕︎高低差:-1.3

鶴見中継所/21.4km[標高:1.5m]

 

▽第2区/23.2km

鶴見中継所 ~ 戸塚中継所

 

鶴見中継所/0km[標高:1.5m]

  • ↕︎高低差:+1.4

生麦駅前/3.0km[標高:2.9m]

  • ↕︎高低差:+1.2

横浜駅前/8.3km[標高:4.1m]

  • ↕︎高低差:+36.5

保土ヶ谷駅前/11.7km[標高:40.6m]

  • ↕︎高低差:+14.1

権田橋/19.3km[標高:54.7m]

  • ↕︎高低差:-2.9

戸塚中継所/23.2km[標高:51.8m]

 

▽第3区/21.5km

戸塚中継所 ~ 平塚中継所

 

戸塚中継所/0km[標高:51.8m]

  • ↕︎高低差:+3.7

原宿交差点/2.0km[標高:55.5m]

  • ↕︎高低差:-47.7

遊行寺坂/5.4km[標高:7.8m]

  • ↕︎高低差:-2.4

浜須賀/12.0km[標高:5.4m]

  • ↕︎高低差:+0.5

茅ヶ崎/14.5km[標高:5.9m]

  • ↕︎高低差:-1.2

湘南大橋/17.9km[標高:4.7m]

  • ↕︎高低差:-1.9

平塚中継所/21.5km[標高:2.8m]

 

▽第4区/21.3km

平塚中継所 ~ 小田原中継所

 

平塚中継所/0km[標高:2.8m]

  • ↕︎高低差:+36.6

大磯駅口/1.4km[標高:39.4m]

  • ↕︎高低差:+21.6

二宮駅前/7.2km[標高:61.0m]

  • ↕︎高低差:-41.3

二宮/9.1km[標高:19.7m]

  • ↕︎高低差:+30.1

国府津駅前/11.8km[標高:49.8m]

  • ↕︎高低差:-43.2

酒匂橋/15.4km[標高:6.6m]

  • ↕︎高低差:+3.1

旧・小田原中継所/18.5km[標高:9.7m]

  • ↕︎高低差:+106.1

小田原中継所/21.3km[標高:115.8m]

 

▽第5区/20.8km

小田原中継所 ~ 箱根・芦ノ湖

 

小田原中継所/0km[標高:115.8m]

  • ↕︎高低差:-19.8

箱根湯本/2.7km[標高:96.0m]

  • ↕︎高低差:±0

函嶺洞門バイパス/3.7km[標高:96.0m]

  • ↕︎高低差:+245.7

大平台/7.0km[標高:341.7m]

  • ↕︎高低差:+83.8

宮ノ下/9.0km[標高:425.5m]

  • ↕︎高低差:+115.5

小涌園前/11.7km[標高:541.0m]

  • ↕︎高低差:±0

恵明学園前/12.9km[標高:541.0m]

  • ↕︎高低差:+306.5

足之湯/15.7km[標高:847.5m]

  • ↕︎高低差:-119.6

元箱根/19.0km[標高:727.9m]

  • ↕︎高低差:±0

箱根・芦ノ湖/20.8km[標高:727.9m]

◇復 路/109.6km[箱根・芦ノ湖→大手町]

▽第6区/20.8km

箱根・芦ノ湖 ~ 小田原中継所

 

箱根・芦ノ湖/0km[標高:727.9m]

  • ↕︎高低差:-0.1

元箱根/2.1km[標高:727.8m]

  • ↕︎高低差:+119.7

国道1号線最高地点/4.6km[標高:847.5m]

  • ↕︎高低差:±0

足之湯/5.1km[標高:847.5m]

  • ↕︎高低差:-304.5

恵明学園前/7.9km[標高:543.0m]

  • ↕︎高低差:-2.0

小涌園前/9.1km[標高:541.0m]

  • ↕︎高低差:-115.1

宮ノ下/11.7km[標高:425.9m]

  • ↕︎高低差:-83.6

大平台/13.8km[標高:342.3m]

  • ↕︎高低差:-246.3

函嶺洞門バイパス/17.1km[標高:96.0m]

  • ↕︎高低差:±0

箱根湯本17.8km[標高:96.0m]

  • ↕︎高低差:+19.3

小田原中継所/20.8km[標高:115.3m]

 

▽第7区/21.3km

小田原中継所 ~ 平塚中継所

 

小田原中継所/0km[標高:115.3m]

  • ↕︎高低差:-105.7

小田原本町/2.5km[標高:9.6m]

  • ↕︎高低差:-4.8

酒匂橋/5.5km[標高:4.8m]

  • ↕︎高低差:+48.5

国府津駅前/9.1km[標高:53.3m]

  • ↕︎高低差:-33.6

二宮/11.8km[標高:19.7m]

  • ↕︎高低差:+41.3

二宮駅前/13.8km[標高:61.0m]

  • ↕︎高低差:-22.5

大磯駅口/19.5km[標高:38.5m]

  • ↕︎高低差:-37.2

平塚中継所/21.3km[標高:1.3m]

 

▽第8区/21.5km

平塚中継所 ~ 戸塚中継所

 

平塚中継所/0km[標高:1.3m]

  • ↕︎高低差:+3.4

湘南大橋/3.5km[標高:4.7m]

  • ↕︎高低差:+1.2

茅ヶ崎/6.9km[標高:5.9m]

  • ↕︎高低差:-0.5

浜須賀/9.5km[標高:5.4m]

  • ↕︎高低差:+2.7

藤沢・遊行寺坂/15.9km[標高:8.1m]

  • ↕︎高低差:+3.5

影取/18.4km[標高:11.6m]

  • ↕︎高低差:-8.8

原宿交差点/19.4km[標高:2.8m]

  • ↕︎高低差:+49.5

戸塚中継所/21.5km[標高:52.3m]

 

▽第9区/23.1km

戸塚中継所 ~ 鶴見中継所

 

戸塚中継所/0km[標高:52.3m]

  • ↕︎高低差:-24.4

不動坂交差点/3.9km[標高:27.9m]

  • ↕︎高低差:+31.0

権田橋/7.9km[標高:58.9m]

  • ↕︎高低差:-18.5

保土ヶ谷駅前/11.4km[標高:40.4m]

  • ↕︎高低差:-36.3

横浜駅前/14.7km[標高:4.1m]

  • ↕︎高低差:-1.2

生麦駅前/20.1km[標高:2.9m]

  • ↕︎高低差:-1.3

鶴見中継所/23.2km[標高:1.6m]

 

▽第10区/23.1km

鶴見中継所 ~ 大手町読売新聞本社前

 

鶴見中継所/0km[標高:1.6m]

  • ↕︎高低差:+2.4

六郷橋/3.3km[標高:3.0m]

  • ↕︎高低差:-0.1

蒲田/6.0km[標高:2.9m]

  • ↕︎高低差:-0.4

田町/16.6km[標高:2.5m]

  • ↕︎高低差:+2.1

御成門/18.1km[標高:4.6m]

  • ↕︎高低差:-1.9

馬場先門/20.3km[標高:2.7m]

  • ↕︎高低差:+1.2

日本橋/22.0km[標高:3.9m]

  • ↕︎高低差:-2.6

大手町読売新聞本社前/23.1km[標高:1.3m]

 

以上が、箱根駅伝2020における1区~10区の各区間の「高低差」になります。

100m以上のアップダウンがある区間もあるため、ペース配分を間違えてしまうと大きく順位を入れ替えてしまうことになる箱根駅伝。

テレビ中継だとわかりにくいかもしれませんが、箱根駅伝出場校の選手はこのような過酷なコースを駆け抜けています

箱根駅伝2020の中継をご覧になる際には、高低差などにも注目することでより一層箱根駅伝を楽しめると思いますので参考にしてみてくださいね。

 

関連記事 ▷ 箱根駅伝出場校2020一覧!各大学の監督紹介&偏差値ランキング

関連記事 ▷ 箱根駅伝2020優勝予想と出場校は?注目選手と魅惑の新入生とは?

関連記事 ▷ 箱根駅伝“歴代優勝校”まとめ!回数/連覇/タイム最速とメンバーは

関連記事 ▷ 國學院大学駅伝部の監督&メンバー紹介!三大駅伝2019選手と結果

関連記事 ▷ 箱根駅伝2020予選会の通過予想!日程や出場資格とテレビ放送は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました