道端アンジェリカは感癬(かんせん)という皮膚病?治療薬や同業者も

芸能

人気ファッションモデルの一人として注目を集め、バラエティ番組などでも活躍を続ける“道端三姉妹”の三女・道端アンジェリカさん。

美しいルックスとスタイルを兼ね備えた持ち主でもある道端アンジェリカさんは、女性の憧れる存在でもあります。

しかし、人気ファッションモデルとして活躍されている道端アンジェリカさんですが、乾癬(かんせん)という皮膚病に冒されていることを告白されました。

そこで今回は、道端アンジェリカさんが患っている乾癬という皮膚病がどのような病なのかみていきたいと思います。

また、乾癬を治すための治療薬や同業者(芸能人)で同じ病を抱えている方々はいるのかも合わせてみていきましょう。




道端アンジェリカのプロフィール紹介

道端アンジェリカ(みちばた あんじぇりか)

 

この投稿をInstagramで見る

 

広告撮影ちゅ🖤🖤🖤🖤🖤

道端アンジェリカさん(@angelica_michibata)がシェアした投稿 –

  • [生年月日]1985年12月5日
  • [出身]福井県
  • [血液型/身長]O型/175cm
  • [スリーサイズ]86-60-88
  • [職業]ファッションモデル
  • [事務所]ワイエムエヌ

[経歴]

スペイン/イタリアにルーツを持つアルゼンチン人の父親と日本人の母親の三女として生まれた道端アンジェリカさん。

道端三姉妹と言われ、姉のカレンさん・ジェシカさんと同じファッションモデルとして活躍されています。

また、2005年~13年には雑誌「Scawaii!」の専属モデルとして活躍し、バラエティ番組などにも出演するなど幅広いジャンルで活躍。

そして、2017年12月25日に韓国人の一般男性と結婚を発表され、翌年2018年7月14日に第一子となる男の子を出産され一児の母親として活躍されています。

 

「道端三姉妹」プロフィール

道端カレン(みちばた かれん)

 

この投稿をInstagramで見る

 

KERASTASE × eponge @kerastase_official

karen michibataさん(@karenmichibata)がシェアした投稿 –

  • [生年月日]1979年6月26日
  • [出身]福井県
  • [身長]173cm
  • [スリーサイズ]82-60-87
  • [職業]ファッションモデル
  • [事務所]TENCARAT(テンカラット)
  • [道端アンジェリカとの関係]姉

 

道端ジェシカ(みちばた じぇしか)

 

この投稿をInstagramで見る

 

I can’t take this cuteness🙈💕🐕

Jessica Michibataさん(@jessicamichibata)がシェアした投稿 –

  • [生年月日]1984年10月21日
  • [出身]福井県
  • [血液型/身長]O型/173cm
  • [スリーサイズ]85-59-90
  • [職業]ファッションモデル
  • [事務所]REVIVE
  • [道端アンジェリカとの関係]姉

道端アンジェリカは乾癬(かんせん)という皮膚病?

”道端三姉妹”の三女として姉のエリカさん・ジェシカさんと共にファッションモデル界を引っ張っている道端アンジェリカさん。

誰もが羨むスタイル・美貌の持ち主である道端アンジェリカさん。

しかし、自身のインスタグラムにおいて「スーパーフードを食べているのに肌が汚い」という中傷的なコメントが…。

道端アンジェリカさんは、ネット上の心ない声に対して「乾癬(かんせん)」という皮膚病に患っていることを告白されました。

完全に完治していない道端アンジェリカさんは、テレビ出演時などはメイクで隠しながら出演していることも明かされました。

 

自身が乾癬であることを公表した理由について

同じ皮膚の病気で悩む人たちに一緒に頑張って付き合っていこうと言いたくて

と理由も公表されていました。

では、実際に道端アンジェリカさんや多くの方々が患っている皮膚の病気である「乾癬」とは、どのような病気なのかみていきたいと思います。

◇乾癬(かんせん)とは?

乾癬とは、皮膚が赤くなり盛り上がってしまった表面に銀白色の皮膚垢が付着してしまいます。

そしてその一部がポロポロと剥がれ落ちてくる病気です。

この病気は周囲の人へ感染するような病気ではありません。

◇乾癬の症状のタイプ

乾癬は症状によってタイプが異なってきます。

  • 尋常性乾癬
  • 関節症性乾癬
  • 乾癬性紅皮症
  • 膿疱性乾癬
  • 滴状乾癬

というように5つに分類され、最も多いとされているのが“尋常性乾癬”となっています。

◇乾癬が起こる仕組み

人間の皮膚は常に新陳代謝を繰り返しています。

通常の皮膚であれば皮膚細胞が生まれ変わるまでに「約1ヶ月」程度かかります。

しかし症状にもよりますが、感染は新陳代謝のスピードが通常の「3~10倍」とかなり早くなってしまいます。

そのため、新しい皮膚が定着前の前の皮膚を押し出してしまうため、ポロポロと皮膚が剥がれ落ちてるしまいます。

道端アンジェリカが抱える乾癬の“治療薬”は?

世界で約1億2500万人・国内で約43万人が患っていると推定されている乾癬。

では、この世界的にも患者数の多い乾癬の「治療薬」はあるのかみていきましょう。

◇乾癬の治療

乾癬の治療は、通常の3~10倍ある新陳代謝のスピードを遅くすることであり、乾癬が表面に現れない状態を維持することが目的となります。

◇乾癬の治療薬

その1:オテズラ錠 [10mg/20mg/30mg]

アメリカ・ヨーロッパなどの世界37カ国で承認されている乾癬の治療薬になります。

 

その2:コムクロ シャンプー0.05%

アメリカで頭部尋常性乾癬の治療薬として承認されて以降、世界62の国や地域で販売されている治療薬になります。

 

このように、乾癬を治すために様々な治療薬が発売されています。

世界中で多くの方々が患ってい苦しんでいる病気ですので、今後も乾癬の治療薬の改良や新商品には注目が集まりそうです。

道端アンジェリカと同じ乾癬の同業者(芸能人)とは?

日本国内だけでなく世界中で多く方々が患っている皮膚の病気である“乾癬(かんせん)”。

日本国内ではあまり認知されていない病気のようですが、世界では多くの方々がこの乾癬に苦しんでいます。

道端アンジェリカさんは自身のインスタグラムを通して乾癬を患っていることを公表されました。

そこで、道端アンジェリカさんと同じように乾癬を患ってる同業者(芸能人)がいるのか調べてみましたのでみていきましょう。

 

◇ヒャダイン(ミュージシャン/音楽プロデューサー)

テレビでも活躍中のミュージシャン/音楽プロデューサーのヒャダインさんも、乾癬に苦しめられていた同業者(芸能人)です。

ヒャダインさんは乾癬に関する本を読み、症状を出さないために必要なことを実施されていたそうです。

肉を控えることも症状を出さないための方法として書かれており、肉好きのヒャダインさんは食べられない苦悩についても語られていました。

 

◇春一番(お笑い芸人)

アントニオ猪木さんのモノマネでお馴染みの春一番さんも乾癬を患っていた同業者(芸能人)です。

春一番さんは症状を抑える免疫抑制剤の副作用で、腎不全を患っています。

そして3度の手術も経験され奇跡的な回復をされた春一番さんですが、2014年7月3日に肝硬変でこの世を去られました。

 

このように、道端アンジェリカさんと同業者(芸能人)の方々も乾癬で苦しみ様々な経験をされています。

今ご紹介した同業者(芸能人)の方々は日本の方ですが、海外のセレブや有名人の方も乾癬で苦しんでいる方は多いようです。

日本ではまだあまり認知されていない“乾癬”ですが、世界中で多くの方がこの病気と闘われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました