箱根駅伝2020優勝予想と出場校は?注目選手と魅惑の新入生とは?

スポーツ

絶対王者と称され箱根駅伝5連覇の偉業達成に注目が集まった青山学院大学を敗って、東海大学が初の総合優勝を果たした箱根駅伝から早一年。

新時代“令和”となって初めて迎える「箱根駅伝2020」が幕を開けようとしています。

これまで数々の伝説や記録が誕生し多くの名ランナーが誕生してきた箱根駅伝も、2020年の開催で“96回目”を迎えます。

これから箱根駅伝本選の切符をかけた予選会も開催されますが、一足先に箱根駅伝2020の“優勝予想”をしていたいと思います。

シード校などの出場校に加えて、箱根駅伝2020での注目選手と期待の新入生もピックアップしながらご紹介していきたいと思います。

学生三大駅伝のトリを飾る箱根駅伝2020では、どのような伝説や記録・ドラマが生まれるのでしょうか⁉︎

関連記事 ▷ 箱根駅伝予選会2020の出場校とエントリー選手は?通過有力校も

関連記事 ▷ 箱根駅伝2020予選会の通過予想!日程や出場資格とテレビ放送は?

関連記事 ▷ 箱根駅伝“歴代優勝校”まとめ!回数/連覇/タイム最速とメンバーは




箱根駅伝2020「優勝予想」

駅伝選手・駅伝ファンにとって待ちに待った駅伝シーズンが到来し、令和初となる「箱根駅伝2020」の開幕が近づいてきました。

前回大会(第95回記念大会)では、青山学院大学の5連覇に注目が集まった中で、東海大学が見事初の総合優勝に輝き、平成最後の箱根駅伝を締めくくりました。

そしてあの激動のレースから早一年。新時代“令和”が幕を開け第96回大会となる箱根駅伝2020が開幕を迎えようとしています。

ここでは、一足先に箱根駅伝2020の“優勝予想”をしていきたいと思います。

前回大会と4年生(卒業生)が抜けた後の戦力を参考にしながら、箱根駅伝2020における優勝候補“3校をピックアップしていきます。

箱根駅伝2020の優勝予想はあくまで”予想”になりますので、楽しんで見ていただけたら幸いです。

優勝予想① 東海大学

箱根駅伝2020の優勝予想大本命は、前回大会の覇者・東海大学です。

前回大会のメンバー(控え含め)があまり変わらないという点や、5区・6区の山区間を務めた選手が残っているのも大きなポイントです。

往路・復路のエース区間である2区・9区の選手が抜けるのは痛い所ですが、総合的にみると戦力も整っている東海大学。

前回大会で不調だった選手や怪我をしていた選手の復活、そして新戦力の加入で東海大学の“2連覇”は濃厚だと思われます。

優勝予想② 東洋大学

箱根駅伝2020の優勝予想2校目は、前回大会3位の東洋大学です。

前回大会から4年生(卒業生)が3人抜ける東洋大学ですが、特にエース区間2区を走った山本修二選手が抜けるのが大きな痛手となる東洋大学。

箱根駅伝2020において注目選手の一人である相澤晃選手が2区を務めることはできるものの、2区で相澤晃選手のカードを切ってしまうと他の重要区間が薄手になるという問題点も出てきます。

そのため、山本修二選手に匹敵するような選手が必要とされる東洋大学は、エースが抜けた穴をどう埋めていくのかが優勝奪還へのポイントとなりそうです。

優勝予想③ 青山学院大学

箱根駅伝2020の優勝予想3校目は、優勝奪還を目指す青山学院大学です。

しかし、絶対的王者としてV奪還を目指す青山学院大学ですが、主力選手が一気に抜けかなり大きな戦力ダウンが考えられます。

そのため、戦力的に分析してみると優勝予想であげた東海大学・東洋大学に比べ、課題が山積みである青山学院大学。

前回大会の1区~3区、6区・7区という箱根駅伝における主要区間の選手が一気に抜けたことは、青山学院大学にとってかなりの痛手となり優勝も厳しくなってしまいます。

しかし、数々の伝説やドラマを創ってきた青山学院大学ですので、主要選手が抜けても絶対王者としての力に期待が高まります。

更に、青山学院大学を絶対王者に育て上げた原晋監督の手腕にも注目が集まりそうです。

箱根駅伝2020の出場校は?

2020年1月2日(木)、3日(金)に開催される「箱根駅伝2020」。

前回大会の上位10校(+関東学生連合)と予選会上位10校による、学生三大駅伝最後の一冠をかけた熱いレースが幕を開こうとしています。

ここでは、箱根駅伝2020の全21チームの出場校をみていきたいと思います。

尚、箱根駅伝2020の予選会は2019年10月26日(土)に開催されますので、結果が分かり次第記載させていただきます。

◇シード校〈10校+OP〉

  • 東海大学[7年連続47回目]
  • 青山学院大学[12年連続25回目]
  • 東洋大学[18年連続78回目]
  • 駒澤大学[54年連続54回目]
  • 帝京大学[13年連続21回目]
  • 法政大学[5年連続80回目]
  • 國學院大学[4年連続13回目]
  • 順天堂大学[9年連続61回目]
  • 拓殖大学[7年連続41回目]
  • 中央学院大学[18年連続21回目]
  • 関東学生連合[オープン参加]

◇予選会通過校〈10校〉

2019年10月26日(土)の予選会終了後に記載させていただきます。

 

箱根駅伝2020の注目選手は⁉︎

箱根駅伝2020の開幕が近づいてきていますが、今大会における各大学の注目選手をピックアップしていきたいと思います。

箱根駅伝2020を観戦予定の方は、注目選手もチェックし声援をおくってみてくださいね。

尚、各大学の注目選手は前回大会の総合順位順に記載させていただきます。

◇シード校~注目選手~

[前回1位]東海大学

▷注目選手:館澤 亨次[4年]

  • 生 年 月 日/1997年5月16日
  • 出身&高校/神奈川県・埼玉栄
  • 身長&体重/173cm63kg
  • 箱 根 成 績/’17 5区13位、’18 8区2位、’19 4区2位

 

[前回2位]青山学院大学

▷注目選手:鈴木 塁人[4年]

  • 生 年 月 日/1997年7月23日
  • 出身&高校/千葉県・流通経大柏
  • 身長&体重/174cm60kg
  • 箱 根 成 績/’18 1区5位、’19 10区2位

 

[前回3位]東洋大学

▷注目選手:相澤 晃[4年]

  • 生 年 月 日/1997年7月18日
  • 出身&高校/福島県・学法石川
  • 身長&体重/178cm62kg
  • 箱 根 成 績/’18 2区3位、’19 4区1位NSR

 

[前回4位]駒澤大学

▷注目選手:山下 一貴[4年]

  • 生 年 月 日/1997年7月29日
  • 出身&高校/長崎県・瓊浦
  • 身長&体重/171cm54kg
  • 箱 根 成 績/’18 2区13位、’19 2区9位

 

[前回5位]帝京大学

▷注目選手:星 岳[3年]

  • 生 年 月 日/1998年9月17日
  • 出身&高校/宮城県・明成
  • 身長&体重/163cm49kg
  • 箱 根 成 績/’19 10区1位

 

[前回6位]法政大学

▷注目選手:青木 涼真[4年]

  • 生 年 月 日/1997年6月16日
  • 出身&高校/埼玉県・春日部
  • 身長&体重/167cm55kg
  • 箱 根 成 績/’17 8区9位、’18 5区1位、’19 5区3位NSR

 

[前回7位]國學院大学

▷注目選手:浦野 雄平[4年]

  • 生 年 月 日/1997年11月1日
  • 出身&高校/富山県・富山商
  • 身長&体重/167cm51kg
  • 箱 根 成 績/’17 6区17位、’18 1区2位、’19 5区1位NSR

 

[前回8位]順天堂大学

▷注目選手:橋本 龍一[4年]

  • 生 年 月 日/1997年5月19日
  • 出身&高校/神奈川県・法政第二
  • 身長&体重/165cm49kg
  • 箱 根 成 績/’17 6区10位、’18 3区7位、’19 3区12位

 

[前回9位]拓殖大学

▷注目選手:赤崎 暁[4年]

  • 生 年 月 日/1998年1月21日
  • 出身&高校/熊本県・開新
  • 身長&体重/168cm48kg
  • 箱 根 成 績/’17 10区12位、’18 3区10位、’19 1区18位

 

[前回10位]中央学院大学

▷注目選手:有馬 圭哉[4年]

  • 生 年 月 日/1998年5月28日
  • 出身&高校/兵庫県・東播磨
  • 身長&体重/171cm52kg
  • 箱 根 成 績/’18 8区10位、’19 4区6位

 

以上が、箱根駅伝2020における出場校・シード校10校の注目選手になります。

各大学の注目選手をピックアップしましたが、上記の選手以外にも実力を兼ね備えた選手が多く在籍しています。

箱根駅伝ではどの選手がどの区間を走るのかも大きな見所になりますので、応援される際には各大学の注目選手がどの区間を走るのかも注目してみてください。

◇予選会通過校~注目選手~

[予選1位]

[予選2位]

[予選3位]

[予選4位]

[予選5位]

[予選6位]

[予選7位]

[予選8位]

[予選9位]

[予選10位]

箱根駅伝2020における予選会通過校の注目選手は、10月26日(土)の予選会終了後に記載させていただきます。

箱根駅伝2020魅惑の“新入生”をピックアップ

ここまで、箱根駅伝2020の優勝予想や出場校・注目選手を見てきましたが、最後に2019年に新戦力として加わった期待の新入生についてご紹介していきたいと思います。

特に、学生三大駅伝に出場しそうな新入生“4名”をピックアップしていきます。

◇岸本 大紀[青山学院大学]

  • 生 年 月 日/2000年10月7日
  • 出身&高校/新潟県・三条
  • 身長&体重/172cm51kg

大学入学後、各記録会で自己記録を更新しながら、どんどん成長を遂げている岸本大紀選手。

関東インカレ2部で13位という成績を残し、安定感は抜群。

既に主力級の活躍・成績を残していることから、学生三大駅伝においてもレギュラーとして出場する可能性は高い選手です。

◇児玉 悠輔[東洋大学]

  • 生 年 月 日/2000年7月27日
  • 出身&高校/宮城県・東北
  • 身長&体重/169cm54kg

高校3年生の時に5000mでインターハイに出場すると日本人6位(全体12位)の成績を残し、国体でも4位という実力の持ち主。

都道府県駅伝においても1区2位という素晴らしい成績を残しており、東洋大学の次期エース候補として注目が集まっている選手です。

◇田澤 廉[駒澤大学]

  • 生 年 月 日/2000年11月11日
  • 出身&高校/青森県・青森山田
  • 身長&体重/180cm62kg

2019年の新入生(日本人)の中で5000m最速記録を持つ田澤廉選手。

高校時代には、高校駅伝・都道府県駅伝で1区4位の成績を残し、アジアジュニアでも銀メダルを獲得した実力の持ち主です。

記録会で調子を上げてきていることもあり、学生三大駅伝では即戦力としての出場にも期待のかかる選手です。

◇井川 龍人[早稲田大学]

  • 生 年 月 日/2000年9月5日
  • 出身&高校/熊本県・九州学院
  • 身長&体重/178cm63kg

高校時代には、高校駅伝1区2位・都道府県駅伝で1区区間賞の実績を残し、高校3年生の時にはインターハイ・国体で日本人選手1位の成績を残している世代No.1の呼び声が高い選手です。

早稲田大学復権の鍵を握っている選手でもあるため、2019-2020シーズンの学生三大駅伝では井川龍人選手の走りには多くの注目が集まりそうです。

 

以上が、箱根駅伝2020や学生三大駅伝で出場が期待される魅惑の新入生の紹介になります。

既にチームの主力選手として期待・注目を集めている選手も多く、2019-2020シーズンの学生三大駅伝では新入生の出場&レースに注目が集まりそうです。

 

関連記事 ▷ 箱根駅伝予選会2020の出場校とエントリー選手は?通過有力校も

関連記事 ▷ 箱根駅伝2020予選会の通過予想!日程や出場資格とテレビ放送は?

関連記事 ▷ 箱根駅伝“歴代優勝校”まとめ!回数/連覇/タイム最速とメンバーは

コメント

タイトルとURLをコピーしました