レコード大賞を大予想2019!歴代受賞者&新人賞とノミネート基準

芸能

年末の一大音楽イベントの一つである「レコード大賞」。

その年に活躍されたアーティストが集い、歌やパフォーマンスを披露してくれるレコード大賞は、紅白歌合戦と並び歴史のある音楽の祭典です。

昨年2018年のレコード大賞も“乃木坂46”の連覇で盛り上がりをみせ、大賞発表時には涙を流すシーンもあり感動的なフィナーレを迎えたレコード大賞。

そこで今回は、レコード大賞2019で“大賞”を獲得しそうなアーティストを大予想していきたいと思います。

更に、レコード大賞2019の開催前に歴代受賞者新人賞も一気に振り返り、ノミネート基準などもチェックしていきたいと思います。

2019年を彩り活躍されたアーティストが集うレコード大賞2019では、どのようなドラマが生まれるのでしょうか!

関連記事 ▶︎ レコード大賞歴代司会者は⁉︎1回から第35回までを振り返る

関連記事 ▶︎ レコード大賞歴代司会者は⁉︎36回から第59回と歴代新人賞は?

関連記事 ▶︎ レコード大賞2018受賞者発表!予想新人賞・大賞は一体誰が?

関連記事 ▶︎ レコード大賞観覧募集2018!観覧当選方法と結果は?歴代三冠王⁉︎




レコード大賞を大予想!2019年はどのアーティスト⁉︎

紅白歌合戦と並び年末の音楽イベントの一つである「日本レコード大賞」。

毎年、どのアーティストがレコード大賞を獲得するのか注目が集まる中、近年ではレコード大賞ならではのパフォーマンスにも注目が集まっています。

ここでは、レコード大賞2018を振り返ると共に、2019年度の出演者予想と「日本レコード大賞」を受賞されそうな方々をピックアップしていきたいと思います。

まず始めに昨年2018年の優秀作品賞から振り返っていきましょう。

  • 欅坂46[アンビバレント]
  • 三山ひろし[いごっそ魂]
  • TWICE[Wake Me Up]
  • SEKAI NO OWARI[サザンカ]
  • 氷川きよし[勝負の花道]
  • 乃木坂46[シンクロニシティ]
  • AKB48[Teacher Teacher]
  • 三浦大知[Be Myself]
  • 西野カナ[Story]
  • DA PUMP[U.S.A.]

以上が、2018年度の優秀作品賞となり、栄えある「日本レコード大賞」に輝いたのは

乃木坂46:シンクロニシティ

が2年連続で大賞を受賞されました。

 

では、新時代“令和”となって最初にレコード大賞を獲得するアーティストは誰なのでしょうか⁉︎

レコード大賞2019の出演者を予想しながら、“大賞”を受賞しそうなアーティストをピックアップしてみましたので早速みていきましょう。

あくまでも、予想になりますので楽しんでみていただければ幸いです。

予想① 乃木坂46

乃木坂46 『Sing Out!』

2年連続日本レコード大賞に輝いた乃木坂46は、レコード大賞2019においても大本命のアーティストです。

2019年度も「Sing Out!」や「夜明けまで強がらなくてもいい」などをリリースし、テレビ番組などにおいても多方面で活躍してきた乃木坂46。

レコード大賞2019では、3年連続となる大賞獲得に大きな期待と注目が集まっています。

予想② 欅坂46

欅坂46 『黒い羊』

昨年2018年は「アンビバレント」で優秀作品賞を授賞されましたが、またしても乃木坂46に一歩及ばなかった欅坂46。

しかし、2019年も様々なテレビ番組などに出演しれ活躍している欅坂46ですので、新時代“令和”になって初のレコード大賞で世代交代を予感させています。

予想③ WANIMA

WANIMA「GONG」OFFICIAL MUSIC VIDEO

若い世代を中心に圧倒的な支持を得ているWANIMA。

昨年も「シグナル」や「ともに」などをリリースし大ヒットを記録しました。

そして2019年には劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」の主題歌やCM曲を務めるなど、大躍進の一年となっていることもあり大賞の可能性も大いに期待されています。

予想④ 米津玄師

米津玄師 MV「馬と鹿」Uma to Shika

昨年は「Lemon」「LOSER」などが大ヒットし、楽曲ランキングにおいても常に上位を独占してきた米津玄師さん。

2019年もアニメーション映画「海獣の子供」の主題歌や日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」の主題歌を務めるなど大活躍されています。

普段はテレビ出演のない米津玄師さんですので、レコード大賞出演となれば大大大注目です。

予想⑤ あいみょん

あいみょん – ハルノヒ【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

昨年「マリーゴールド」「今夜このまま」が大ヒットを記録し、楽曲ランキングでは上位を独占してきたあいみょんさん。

2019年も新曲をリリースすると、火曜ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」や映画「クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~」の主題歌に抜擢。

2月には初の武道館公演を開催し、10月からは自身最大規模のホール・アリーナツアーも予定しているあいみょんさんだけに、大賞受賞の可能性も大いに期待できます。

予想⑥ Official髭男dism

Official髭男dism – 宿命[Official Video]

月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の主題歌を務め注目を集めたOfficial髭男dism。

2019年は映画「コンフィデンスマンJP」の主題歌を務めると共に、夏の甲子園「熱闘甲子園」のテーマソングを務めました。

リリースした曲は上位にランクインするなど、レコード大賞での大賞受賞も期待が高まっています。

 

レコード大賞2019の出演者を予想しながら大賞受賞者を予想してみましたが、どのアーティストが大賞を受賞してもおかしくないですね。

新時代“令和”となって初めてのレコード大賞2019では、どのアーティストが大賞を受賞するのか多くの注目が集まります。

レコード大賞“歴代受賞者”まとめ

紅白歌合戦と並び長い歴史のある“レコード大賞”ですが、これまでどのアーティストが「日本レコード大賞」を受賞されてきたのか振り返っていきたいと思います。

1959年の第1回~昨年2018年の第60回までのレコード大賞歴代受賞者をみていきましょう。

日本レコード大賞とは

日本レコード大賞は1959年に創設された音楽賞であり、社団法人日本作曲家協会と日本レコード大賞制定委員会が主催している歴史ある音楽番組です。

レコード大賞における主な賞は

「優秀作品賞」「最優秀歌唱賞」「最優秀新人賞」「新人賞」「作詩賞」「作曲賞」「編曲賞」「特別賞」「日本作曲家協会選奨」「最優秀アルバム賞」「特別映画音楽賞」

など全18部門が設けれらています。

そしてこの18部門の中で特にいい賞である「日本レコード大賞」は、3つが基準が軸となり授賞者が発表されます。

以下が、日本レコード大賞の審査基準になります。

  1. 作曲/編集/作詩を通じて芸術性・独創性・企画性が顕著な作品
  2. 優れた歌唱によって活かされた作品
  3. 大衆の強い支持を得た上、その年を強く反映又は代表したと認められた作品

以上3つの審査基準に該当している作品が「日本レコード大賞」として授賞されます。

レコード大賞-歴代受賞者-(’59~’18)

第1回(1959)

  • 『黒い花びら』水原弘

第2回(1960)

  • 『誰よりも君を愛す』松尾和子/和田弘とマヒナスターズ

第3回(1961)

  • 『君恋し』フランク永井

第4回(1962)

  • 『いつでも夢を』橋幸夫/吉永小百合

第5回(1963)

  • 『こんにちは赤ちゃん』梓みちよ

第6回(1964)

  • 『愛と死をみつめて』青山和子

第7回(1965)

  • 『柔』美空ひばり

第8回(1966)

  • 『霧氷』橋幸夫

第9回(1967)

  • 『ブルー・シャトウ』ジャッキー吉川とブルー・コメッツ

第10回(1968)

  • 『天使の誘惑』黛ジュン

第11回(1969)

  • 『いいじゃないの幸せならば』佐良直美

第12回(1970)

  • 『今日でお別れ』菅原洋一

第13回(1971)

  • 『また逢う日まで』尾崎紀世彦

第14回(1972)

  • 『喝采』ちあきなおみ

第15回(1973)

  • 『夜空』五木ひろし

第16回(1974)

  • 『襟裳岬』森進一

第17回(1975)

  • 『シクラメンのかほり』布施明

第18回(1976)

  • 『北の宿から』都はるみ

第19回(1977)

  • 『勝手にしやがれ』沢田研二

第20回(1978)

  • 『UFO』ピンク・レディー

第21回(1979)

  • 『魅せられて』ジュディ・オング

第22回(1980)

  • 『雨の慕情』八代亜紀

第23回(1981)

  • 『ルビーの指環』寺尾聰

第24回(1982)

  • 『北酒場』細川たかし

第25回(1983)

  • 『矢切の渡し』細川たかし

第26回(1984)

  • 『長良川艶歌』五木ひろし

第27回(1985)

  • 『ミ・アモーレ』中森明菜

第28回(1986)

  • 『DESIRE』中森明菜

第29回(1987)

  • 『愚か者』近藤真彦

第30回(1988)

  • 『パラダイス銀河』光GENJI

第31回(1989)

  • 『淋しい熱帯魚』Wink

第32回(1990)

  • 『恋唄綴り』堀内孝雄/『おどるポンポコリン』B.B.クィーンズ

第33回(1991)

  • 『北の大地』北島三郎/『愛は勝つ』KAN

第34回(1992)

  • 『白い海峡』大月みやこ/『君がいるだけで』米米CLUB

第35回(1993)

  • 『無言坂』香西かおり

第36回(1994)

  • 『innocent world』Mr.Children

第37回(1995)

  • 『Overnight Sensation~時代はあなたに委ねてる~』trf

第38回(1996)

  • 『Don’t wanna cry』安室奈美恵

第39回(1997)

  • 『CAN YOU CELEBRATE?』安室奈美恵

第40回(1998)

  • 『wanna Be A Dreammaker』globe

第41回(1999)

  • 『Winter, again』GLAY

第42回(2000)

  • 『TSUNAMI』サザンオールスターズ

第43回(2001)

  • 『Dearest』浜崎あゆみ

第44回(2002)

  • 『Voyage』浜崎あゆみ

第45回(2003)

  • 『No way to say』浜崎あゆみ

第46回(2004)

  • 『Sign』Mr.Children

第47回(2005)

  • 『Butterfly』倖田來未

第48回(2006)

  • 『一剣』氷川きよし

第49回(2007)

  • 『蕾』コブクロ

第50回(2008)

  • 『Ti Amo』EXILE

第51回(2009)

  • 『Someday』EXILE

第52回(2010)

  • 『I Wish For You』EXILE

第53回(2011)

  • 『フライングゲット』AKB48

第54回(2012)

  • 『真夏のSounds good !』AKB48

第55回(2013)

  • 『EXILEPRIDE~こんな世界を愛するため~』EXILE

第56回(2014)

  • 『R.Y.U.S.E.I.』三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

第57回(2015)

  • 『Unfair World』三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

第58回(2016)

  • 『あなたの好きなところ』西野カナ

第59回(2017)

  • 『インフルエンサー』乃木坂46

第60回(2018)

  • 『シンクロニシティ』乃木坂46

以上が、レコード大賞歴代受賞者になります。

数多くのアーティストの方々が受賞され、毎年多くの注目を集めるレコード大賞。

2019年のレコード大賞では、どのアーティストが大賞に輝くのか多くの注目が集まっています。

レコード大賞“歴代新人賞”まとめ

毎年、レコード大賞では大賞受賞者に多くの注目が集まりますが、レコード大賞と並んで注目を集めているのが「新人賞」です。

将来性を認められたアーティストに贈られる賞ということもあり、毎年多くの注目を集めています。

そこで、1962年の第4回から始まったレコード大賞における「歴代新人賞」を振り返っていきたいと思います。

尚、レコード大賞歴代新人賞の記載に関しては、アーティスト名のみ記載せていただきます。

新人賞とは

対象年度内に於いてデビューし、大衆に支持され将来性を認められたアーティストに贈られる賞。

その新人賞の中でも、最も優秀と認められたアーティストには「最優秀新人賞」が贈られます。

レコード大賞-歴代新人賞-(’62~’18)

  • 第4回(1962):『北島三郎・倍賞千恵子』
  • 第5回(1963):『舟木一夫・三沢あけみ』
  • 第6回(1964):『西郷輝彦・都はるみ』
  • 第7回(1965):『バーブ佐竹・田代美代子』
  • 第8回(1966):『荒木一郎・加藤登紀子』
  • 第9回(1967):『永井秀和・佐良直美』
  • 第10回(1968):『矢吹健・久美かおり・ピンキーとキラーズ』
  • 第11回(1969):『ピーター』
  • 第12回(1970):『にしきのあきら』
  • 第13回(1971):『小柳ルミ子』
  • 第14回(1972):『麻丘めぐみ』
  • 第15回(1973):『桜田淳子』
  • 第16回(1974):『麻生よう子』
  • 第17回(1975):『細川たかし』
  • 第18回(1976):『内藤やす子』
  • 第19回(1977):『清水健太郎』
  • 第20回(1978):『渡辺真知子』
  • 第21回(1979):『桑江知子』
  • 第22回(1980):『田原俊彦』
  • 第23回(1981):『近藤真彦』
  • 第24回(1982):『シブがき隊』
  • 第25回(1983):『THE GOOD-BYE』
  • 第26回(1984):『岡田有希子』
  • 第27回(1985):『中山美穂』
  • 第28回(1986):『少年隊』
  • 第29回(1987):『立花理佐』
  • 第30回(1988):『男闘呼組』
  • 第31回(1989):『マルシア』
  • 第32回(1990):『ヤン・スギョン・晴山さおり・たま・忍者』
  • 第33回(1991):『唐木淳・Mi‐Ke』
  • 第34回(1992):『永井みゆき・小野正利』
  • 第35回(1993):『山根康広』
  • 第36回(1994):『西尾夕紀』
  • 第37回(1995):『美山純子』
  • 第38回(1996):『Puffy』
  • 第39回(1997):『知念里奈』
  • 第40回(1998):『モーニング娘。』
  • 第41回(1999):『八反安未果』
  • 第42回(2000):『氷川きよし』
  • 第43回(2001):『w-inds.』
  • 第44回(2002):『中島美嘉』
  • 第45回(2003):『一青窈』
  • 第46回(2004):『大塚愛』
  • 第47回(2005):『AAA』
  • 第48回(2006):『絢香』
  • 第49回(2007):『℃-ute』
  • 第50回(2008):『ジェロ』
  • 第51回(2009):『BIGBANG』
  • 第52回(2010):『スマイレージ』
  • 第53回(2011):『Fairies』
  • 第54回(2012):『家入レオ』
  • 第55回(2013):『新里宏太』
  • 第56回(2014):『西内まりや』
  • 第57回(2015):『こぶしファクトリー』
  • 第58回(2016):『iKON』
  • 第59回(2017):『つばきファクトリー』
  • 第60回(2018):『辰巳ゆうと』

以上が、レコード大賞歴代新人賞を受賞した方々です。

令和時代最初のレコード大賞新人賞に輝くのは果たしてどのアーティストなのでしょうか⁉︎

レコード大賞のノミネート基準とは?

紅白歌合戦と並び年末の音楽番組として毎年注目を集めてきたレコード大賞ですが、皆さんは各賞のノミネート基準/審査基準をご存知でしょうか?

どのようにレコード大賞の各賞は決められているのか疑問に思われている方もいると思いますので、各賞のノミネート基準/審査基準を簡単にご紹介していきたいと思います。

◇日本レコード大賞

  • 作曲/編集/作詩を通じて芸術性・独創性・企画性が顕著な作品
  • 優れた歌唱によって活かされた作品
  • 大衆の強い支持を得た上、その年を強く反映又は代表したと認められた作品
  • 「優秀作品賞」に選ばれた作品が審査対象となる

◇最優秀新人賞

「新人賞」に選ばれた作品の中で、最も優秀と認められたアーティストに贈られる

◇最優秀アルバム賞

「優秀アルバム賞」に選ばれた作品の中で、最も芸術性・独創性に優れ、その年を代表したアルバムに贈られる

◇最優秀歌唱賞

優れた歌唱で、その楽曲を最も的確に表現し高めた歌手に贈られる

◇日本作曲家協会奨励賞

対象となる年度を含めて活躍し、魅力的な歌唱・存在感で大衆の支持を集め、将来を期待されるアーティストに贈られる

◇作曲賞/作詞賞/編集賞

作曲賞/作詞賞/編集賞の分野において、特に独創的且つ優れていると認められた作品の“作者”に贈られる

◇新人賞

対象の年度内において初めて顕著な活動を行い、大衆から指示されると共に将来性を認められたアーティストに贈られる

◇優秀作品賞

大衆の強い支持を得ると共に、芸術性・独創性・企画性に優れその年を反映したと認められた作品に贈られる

◇優秀アルバム賞

芸術性・創造性に優れ、その年度を代表したアルバムに贈られる

◇企画賞

独創的な企画意図をもって制作された作品であると共に、顕著な成果・音楽文化の発展に貢献をした作品に贈られる

◇功労賞

長年にわたって音楽活動を続け、音楽界に多大なる貢献をされた人に贈られる

◇特別賞

社会的に世の中を賑わせるような話題となって注目された人や作品などに贈られる

 

このように、レコード大賞の各賞にはノミネート基準/審査基準があり、毎年ノミネート作品が選ばれています。

 

関連記事 ▶︎ レコード大賞歴代司会者は⁉︎1回から第35回までを振り返る

関連記事 ▶︎ レコード大賞歴代司会者は⁉︎36回から第59回と歴代新人賞は?

関連記事 ▶︎ レコード大賞2018受賞者発表!予想新人賞・大賞は一体誰が?

関連記事 ▶︎ レコード大賞観覧募集2018!観覧当選方法と結果は?歴代三冠王⁉︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました