台風が発生する仕組みは?シーズンはいつがピークで名前の決め方とは

台風

「台風王国」とも称される日本では、毎年多くの台風が上陸すると共に各地に多くの被害をもたらしています。

また近年では、異常気象の影響もあり台風の勢力も非常に強くなっていると共に、台風の上陸で多くの人が不安を抱えています。

そこで今回は、毎年日本に大きな影響を与え上陸と共に国民の不安となっている「台風」に着目していきたいと思います。

台風発生する仕組みや、台風発生・上陸・接近するシーズンいつが多いのかみていきたいと思います。

また、毎年発生してる台風には“名前”が付けられていますが、その名前の決め方はどのように決められているのかも合わせてみていきましょう。




台風が発生する仕組みって何?

毎年日本列島に上陸し多くの被害をもたらしている「台風」。

近年は異常気象の影響もあり発生する台風は、年々勢力が強くなっています。そこで、台風が発生する“仕組み”についてご紹介していきたいと思います。

「台風」とはそもそも何?

台風が発生する仕組みをご紹介する前に「台風とは」そもそも何なのか?を、簡単にご紹介していきたいと思います。

台風とは熱帯の海上で発生した低気圧のこと

を台風と呼びます。

また、熱帯の海上で発生した“低気圧”のことを「熱帯低気圧」と呼び、その中でも

最大風速(10分間平均)が、およそ「17.2m/s(34ノット/風力8)以上」

のものが「台風」と呼ばれています。

  • ※「ノット」とは、海里/時間(1852m/3600s)
  • ※1ノット=0.514m/s
  • ※台風=34ノット×0.514≒17.2m/秒

 

豆知識!!

台風の進路はなぜ“北”へ向かって移動するの?

その答えは、「地球が自転しているため」です。

台風本体は上空の風に流されながら移動してきます。

しかし、地球の自転運動の影響から台風は「北へ」向かう性質を持っており、日本近辺で発生すると北へ北へと移動してきます。

台風が発生する“仕組み”は何?

では、台風が発生する「仕組み/メカニズム」についてみていきましょう。

まず、台風が発生するには“条件”が必要となってきます。

その台風が発生するための条件とは、

  • 太陽の熱エネルギー
  • 海面温度が26度以上
  • 日本の南海における南北の温度傾度が比較的“小さい”

ことなどが、台風が発生する条件となってきます。

 

そして、ここからが台風が発生する仕組みについてです。

条件にもあった太陽の熱エネルギーによって海上が蒸発していきます。

すると、空気の渦が次第に作られ多くの水蒸気を含んだ空気が“中心”へと流れ込んでいきます。

そして、多くの水蒸気を含んだ空気が中心へ流れ込み出すと、台風の元となる「上昇気流」が作られていきます。

その上昇気流によって“雲”が作られ「積乱雲」へと成長していきます。

また、積乱雲へと成長していくのつれ水蒸気だった気体は次第に“水粒”へと変わっていき、熱を放出するようになります。

そして、放出された熱の影響で周りの空気も暖めてしまい、上昇気流を強めてしまう結果に繋がっていきます。

 

この上昇気流を強めながら発達していくサイクルにより、空気の渦が大きく発達していきます。

上記の正体こそが「熱帯低気圧」の発生であり、この熱帯低気圧が威力を強めることで「台風」となっていきます。

このように、台風が発生するには“仕組み”があり、条件を満たすことによって台風となり日本や世界中に上陸していきます。

台風のシーズンはいつがピーク?

年間で平均26個もの台風が上陸している日本列島。

年によって台風が上陸する回数は違ってきますが、異常気象の影響などもあり年々その勢力や発生回数は強く・多くなってきています。

そこで、台風が日本列島に上陸するシーズンはいつがピークなのかみていきたいと思います。

関西・関東でも台風シーズンのピークが違うのかについても合わせてみていきましょう。

 

過去60年前後の「台風発生/上陸数」のデータを調べてみると、毎年『8月』が台風の発生・上陸・接近が最も多いようです。

そして、8月に次いで「9月→7月→10月」という順で、台風が発生・上陸・接近しています。

また、年間の台風上陸・接近を調べてみると、関東に比べて関西の方が台風の上陸や接近が多いこともデータとして証明されています。

そして、関西・関東の台風上陸・接近回数から、

  • 「関西」=ピークは“8月”、シーズンとしては「7月~9月(多)
  • 「関東」=ピークは“9月”、シーズンとしては「8月~10月(多)

というようなデータとなっています。

しかし、あくまでも統計であるため時期が早まったり遅かったりすることも考えられます。

また、近年は異常気象の影響もあるため、統計通りのシーズンとは限りませんので注意が必要です。

上記のように関西圏・関東圏では台風のシーズンやピークも変わってきますでの、上記の時期が近づく前に防災などの準備を始めていきましょう。

台風の名前の決め方とは?

毎年日本列島を始め世界中で発生し被害をもたらしている「台風」。

年々勢力も強くなってきている台風は、世界中の人々に多くの不安を与えています。

そんな多くの人に影響を与える台風ですが、発生する度に「名前」が付けられていることを皆さんはご存知でしょうか?

毎年、日本列島や世界各国で発生・上陸・接近する台風はどのようにして名前が付けられているのか、台風の「名前の付け方」についてみていきましょう。

台風の“名前の付け方”とは?

台風の名前は2000年(平成12年)より北太平洋・南シナ海で発生する台風には、台風委員会に加盟している国等が提案した名前が使用されるようになっています。

台風の名前は全部で「140個」あり、台風の発生順に名前が付けられています。

例えば、2005年に26個の台風が発生した場合には、1~26までの名前が使われ、翌年2006年は27~名前が付けられていきます。

そのため、毎年世界中で発生する台風は、あらかじめ決められた140個の名前の順番で付けられています。

日本から出された名前や番号は?

全部で140個の名前がある台風ですが、日本からも「10個」の名前が出されています。

そこで、日本から出された10個の“名前”と”番号・意味”をご紹介していきたいと思います。

  1. 番号[5]:名前「Tembin/テンビン」(意味)てんびん座
  2. 番号[19]:名前「Yagi/ヤギ」(意味)やぎ座
  3. 番号[33]:名前「Usagi/ウサギ」(意味)うさぎ座
  4. 番号[47]:名前「Kajiki/カジキ」(意味)かじき座
  5. 番号[61]:名前「Kammuri/カンムリ」(意味)かんむり座
  6. 番号[75]:名前「Kujira/クジラ」(意味)くじら座
  7. 番号[89]:名前「Koguma/コグマ」(意味)コグマ座
  8. 番号[103]:名前「Kompasu/コンパス」(意味)コンパス座
  9. 番号[117]:名前「Tokage/トカゲ」(意味)とかげ座
  10. 番号[131]:名前「Hato/ハト」(意味)はと座

 

このように、日本を始めアメリカ・中国・香港・マカオ・韓国・カンボジアなどの台風委員会加盟国によって、140個の名前が付けられています。

台風の発生は嫌ではありますが、発生してしまった際には台風の「名前」にも注目してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました