消費税10%に伴う軽減税率の対象商品一覧!外食と持ち帰りで違う?

消費税

2019年10月1日からいよいよ“消費税”が「8%→10%」へと引き上げられます。

また、消費税10%への引き上げに伴い、一部のものに対して導入される“軽減税率”という制度も始まっていきます。

消費税が初めて導入された1989年以来、初めて導入される“軽減税率”とは一体どのような制度でどのような目的があるのでしょうか?

今回は、2019年10月1日から「消費税10%」へと引き上げられるにあたり導入される「軽減税率」に着目していきます。

まだ、多くの人が消費税10%に伴い導入された軽減税率は、どの商品が対象となるのか不安も多いと思います。

そこで、“軽減税率”の対象となる“商品”を一覧にしてご紹介ていきたいと思います。

また、消費税10%の引き上げに伴い導入される軽減税率は、“外食”と“持ち帰り”で違ってくるのかもみていきましょう。




消費税10%に伴う新制度「軽減税率」とは?

いよいよ2019年10月1日より消費税”が「10%」へと引き上げられます。

多くの人が消費税10%への引き上げに伴い、これからの生活にどのような影響が出てくるのか様々な不安を抱えていると思います。

そんな消費税10%への引き上げに伴い新たに導入される制度が「軽減税率」です。

まだ、“軽減税率”と聞いてもあまりピンッとこない方も多いと思います。

ここでは、2019年10月1日から消費税10%への引き上げに伴い導入される新制度「軽減税率」とは一体どのような制度で、どのような目的があるのかご紹介していきます。

軽減税率について簡単にご紹介していきますので、まだ軽減税率のことをよく知らないという方は参考にしてみてください。

「軽減税率」とは

軽減税率とは、消費税を10%に引き上げる際に一部の商品に対する消費税率を低くする制度のことです。

食品/飲料や新聞といった生活必需品の一部が軽減税率の対象商品となり、今までと同じ「消費税8%」となります。

「軽減税率」制度の目的は?

では、なぜ消費税10%への引き上げに伴い“軽減税率”を導入するのでしょうか?

軽減税率をど運輸する目的は、低所得者の税負担を減らすためにこの制度が導入されています。

今回導入される軽減税率の対象の多くは「生活必需品」が主な対象商品です。

消費税は所得関係なく一律で私たちにかかってくる負担です。

そのため、生活必需品などの生活で必要なものの税率を標準税率(10%)に引き上げてしまうと、低所得者の生活が厳しく大きな負担となってしまいます。

そこで、軽減税率が導入され低所得者の税負担を減らすために新制度として導入されています。

消費税10%に伴う軽減税率の対象商品一覧【食品/飲料】

消費税10%への引き上げに伴い新たに導入される「軽減税率」ですが、果たしてどのような商品が軽減税率の対象となってくるのでしょうか?

まず始めに、「食品/飲料」などの“軽減税率”対象商品をご紹介していきたいと思います。

  • 軽減税率“8%”の対象商品は「
  • 標準税率“10%”の対象商品は「

で記載させていただきます。

◇食品/飲料

  • 精   米【8%
  • 野   菜【8%
  • 精   肉【8%
  • 鮮   魚【8%
  • 乳 製 品【8%
  • パ ン 類【8%
  • 菓 子 類【8%
  • ペットフード   10%】人の食用ではないため
  • 家畜用動物【10%】販売時点では人の食用でないため
  • 観賞用の魚【10%】人の食用でないため
  • 食 用 の 氷【8%
  • 保存用の氷【10%】人の食用でないため
  • ドライアイス    10%】人の食用でないため
  • ミネラルウォーター 【8%
  • 水 道 水【10%】飲食料品でないため

◇お酒類

  • ビ ー ル【10%アルコール度数1度以上
  • ワ イ ン【10%】アルコール度数1度以上
  • み り ん【10%】アルコール度数1度以上
  • 料 理 酒【10%】アルコール度数1度以上
  • 日 本 酒【10%】アルコール度数1度以上
  • みりん風調味料【8%
  • ノンアルコールビール【8%
  • 甘   酒 【8%
  • お酒入り菓子【8%】お菓子として分類

◇一体資産(食品+その他の商材がセットのもの)

  • 菓子&玩具【8%】計1万円以下、お菓子の価格が2/3以上
  • 食品含福袋【8%】計1万円以下、食品の価格が2/3以上
  • ビール&枝豆【8%/10%】別売の販売。ビール/10%、枝豆/8%
  • 容器付菓子【10%】計1万円以上、容器の価格が1/3超

 

以上が、軽減税率が対象と“なる・ならない”「食品/飲料」の一覧になります。

全ての商品ではありませんが、上記の「商品/飲料」が主な軽減税率の対象商品になりますのでチェックしてみてください。

消費税10%に伴う軽減税率の対象商品一覧【日用品類】

では次に、「日用品類」などの“軽減税率”対象商品をご紹介していきたいと思います。

  • 軽減税率“8%”の対象商品は「
  • 標準税率“10%”の対象商品は「

で記載させていただきます。

◇新聞/雑誌/書籍

  • スポーツ新聞(定期購読)【8%
  • 日 刊 新 聞(定期購読)   8%
  • 週1回発行新聞【10%】週2回以上の発行が対象となるため
  • 駅/コンビニ購入新聞【10%】定期購読ではないため
  • 電 子 版 新 聞【10%】新聞には該当しないため
  • 雑    誌 【10%】新聞以外のものは全て対象外のため
  • 書    籍 【10%】新聞以外のものは全て対象外のため

◇医薬品類

  • 医 薬 品【10%】医薬品/医薬部外品のため
  • 市 販 薬【10%】医薬品/医薬部外品のため
  • 医薬部外品【10%】医薬品/医薬部外品のため
  • 健 康 食 品【8%
  • 美 容 食 品【8%
  • 栄養ドリンク【10%】医薬品/医薬部外品のため
  • 清涼飲料水【8%

◇その他

  • ネット通販【8%/10%】※食品は対象となる
  • 送   料【10%】※食品(送料込)は対象となる
  • 電   気【10%】公共料金などは対象にはならない
  • ガ   ス【10%】公共料金などは対象にはならない
  • 水   道【10%】公共料金などは対象にはならない
  • インターネット料金【10%】インターネット料金などは対象にはならない
  • 携帯電話代【10%】電話料金などは対象にはならない
  • 自 動 車【10%】対象にはならない

 

以上が、軽減税率が対象と“なる・ならない”「日用品類」の一覧になります。

全ての商品ではありませんが、上記の「日用品類」が主な軽減税率の対象商品になりますのでチェックしてみてください。

消費税10%に伴う軽減税率は“外食”と“持ち帰り”で違う?

2019年10月1日の消費税10%への引き上げに伴い、新たに導入されスタートするのが「軽減税率」制度です。

上記では、軽減税率の対象となる商品の一覧をご紹介してきましたが、商品以外にも消費税はかかってきてしまいます。

その中でも、多くの方が気になっている

外食/店内飲食(イートイン)」と「持ち帰り(テイクアウト)

における、消費税の違いを簡単にご紹介していきたいと思います。

いくつか外食/店内飲食(イートイン)・持ち帰り(テイクアウト)の例もあげていますので、参考にしてみてください。

「外食/店内飲食」「持ち帰り」の◇基本◇

▶︎外食/店内飲食(イートイン)のお店

標準税率「10%

 

▶︎持ち帰り(テイクアウト)のお店

軽減税率「8%

 

▶︎外食/店内飲食&持ち帰りのお店

  • 店内飲食の場合 = 標準税率「10%
  • 持ち帰る場合 = 軽減税率「8%

 

このように、外食/店内飲食(イートイン)の場合と持ち帰り(テイクアウト)の場合では、軽減税率が対象と“なる場合”と“ならない場合”がでてきます。

そのため、消費税10%への引き上げ後は、持ち帰り(テイクアウト)の需要が増えると予想されています。

「外食/店内飲食」「持ち帰り」の◇例◇

では実際に、どのような時に軽減税率が“適用”されるのか、いくつか「例」をあげていきたいと思います。

〈例:1〉ファーストフードでの購入時の場合

  • “店内飲食の場合” = 標準税率「10%」
  • “持ち帰る場合” = 軽減税率「8%」

〈例:2〉映画館の場合

  • “売店で購入しベンチ/座席で食べる” = 軽減税率「8%」
  • “ベンチ/座席でメニューを注文する” = 標準税率「10%」

〈例:3〉出前/宅配とケータリング/出張料理の場合

  • “出前/宅配の場合” = 軽減税率「8%」
  • “ケータリング/出張料理” = 標準税率「10%」

 

上記以外にも軽減税率が対象と“なる・ならない”といった場面は多くあります。

消費税10%への引き上げで不安なことが多いと思いますが、軽減税率の対象となる商品や場所/場面を把握しこれまで通りの生活を送っていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました