下北沢成徳高校バレーボール部の紹介&成績は?有名な出身選手は誰?

スポーツ

女子高校バレーの“強豪校”として知られ、春高バレーの常連校として毎年多くの注目を集める「下北沢成徳高校バレーボール部」。

荒木絵里香さん、木村沙織さんなど多くのオリンピック選手を輩出してきた下北沢成徳高校バレーボール部は、将来の“日の丸”を背負う選手が多く在籍しています。

そこで今回は、女子高校バレーの強豪校として知られる“下北沢成徳高校バレーボール部”に着目していきたいと思います。

下北沢成徳高校の概要&学校紹介や、バレーボール部の紹介&過去5年間の春高バレー成績をみていきたいと思います。

また、多くの日本代表選手やオリンピック選手を輩出してきた下北沢成徳高校バレーボール部の“出身選手”も一緒にみていきましょう。

“ワールドカップバレー”や“オリンピック”の開幕前に、女子高校バレーの強豪校である“下北沢成徳高校バレーボール部”に迫っていきましょう。




下北沢成徳高校の概要&学校紹介

女子高校バレーの強豪校として毎年注目を集める東京都世田谷区にある“下北沢成徳高校バレーボール部”。

数多くの日本代表選手やオリンピック選手を輩出するなど、将来のバレーボール界を引っ張る選手が多く在籍しています。

そんなバレーボール部の強豪校として有名な下北沢成徳高校は、どのような学校なのでしょうか?

~概要&学校紹介~

下北沢成徳高等学校

  • [国公私立]私立高等学校(女子校)
  • [設立]1927年(昭和2年)
  • [創立者]武中武二
  • [校訓]『にこやかに働け』
  • [課程]全日制課程
  • [学科]普通科
  • [コース]特進コース/進学コース/国際コース
  • [所在地]東京都世田谷区代田6-12-39
  • [アクセス]井の頭線・小田急線「下北沢駅」徒歩4分

「広く社会で活躍する女性を育てる」という建学精神の元、生徒一人ひとりが自身の持っている力を限りなく伸ばせる環境づくりに取り組んでいる下北沢成徳高校。

特進/進学/国際の3つのコースが用意され、それぞれの目的に応じた学習環境が整っています。

また下北沢成徳高校は、国際社会を舞台に活躍できる人材の育成に力を入れており、海外3カ国の姉妹校との相互交流やオーストラリアでのファームステイなども実施。

 

部活動では、バレーボール部が春高バレーの常連校として知られていますが、その他にも

  • 運動部(空手道部/硬式テニス部/ダンスドリル部/ダンス部 など)
  • 文化部(JRC部/華道部/演劇部/筝曲部/料理部 など)

合わせて20以上のクラブ・同好会が活動・活躍されています。

~校歌~

作詞:武中武二(創立者)

作曲:黒沢隆朝(当時の音楽講師)

1.

若く 強く 清きわれら

高き理想を 胸に秘めて

ゆるがぬ大地 静かに進まん

いざ友よ 進め のぞみの花を

もろ手にかかげ 正しく進まん

 

2.

愛と 誠に 燃ゆる心。

やみを貫く 朝日のごと

光となりて 世界を照らさん

いざ友よ 進め のぞみの花を

もろ手にかかげ 正しく進まん

 

以上が、女子高校バレーの強豪校として知られる下北沢成徳高校の概要&学校紹介になります。

生徒一人ひとりが自身の持っている力を限りなく伸ばせる環境づくりに取り組み、国際社会でも活躍できる人事育成に力を注いでいる下北沢成徳高校。

バレーボール部以外にも多くのクラブ・同好会が活動し、勉学においても大学進学の実績を出すなど“文武両立”の学校としても多くの注目を集めています。

下北沢成徳高校バレーボール部の紹介&成績は?

女子高校バレーの強豪校として知られ、数多くの全国優勝を成し遂げてきた下北沢成徳高校バレーボール部。

ここでは、“春高バレー”や“インターハイ”などの全国舞台で活躍し続ける下北沢成徳高校バレーボール部の紹介や、春高バレー過去5年の“成績”についてみていきたいと思います。

下北沢成徳高校バレーボール部

下北沢成徳高校バレーボール部は、全国屈指の強豪校として知られ高校バレー界の名門校です。

荒木絵里香さん、大山加奈さん、木村沙織さんなど日本代表としてオリンピックに出場する選手を輩出してきました。

更に、“春高・インターハイ・国体”の舞台で全国優勝を成し遂げるなど実績も十分。

2002年には、上記の3選手を擁し“高校三冠”を達成するなど、数多くの全国タイトルを獲得している下北沢成徳高校バレーボール部。

これまで、下北沢成徳高校バレーボール部が獲得してきた全国タイトルは「計13回」となっています。

また、下北沢成徳高校バレーボール部を卒業した選手の多くは「Vリーグ」に所属するなど、日本バレーボール界のトップで活躍しています。

春高バレー過去5年の「成績」

年 / 回優勝校準優勝校ベスト4ベスト4
2015年/67回金蘭会(大阪①)大阪国際滝井(大阪②)東九州龍谷(大分)柏井(千葉)
2016年/68回下北沢成徳(東京③)八王子実践(東京①)金蘭会(大阪①)文京学院大女子(東京②)
2017年/69回下北沢成徳(東京①)就実(岡山)鹿児島女子(鹿児島)金蘭会(大阪①)
2018年/70回金蘭会(大阪①)東九州龍谷(大分)下北沢成徳(東京①)誠英(山口)
2019年/71回金蘭会(大阪①)東九州龍谷(大分)下北沢成徳(東京①)八王子実践(東京②)

このように、女子高校バレーの強豪校として知られる下北沢成徳高校バレーボール部は、過去5年の春高でも優勝“2回”、ベスト4“2回”という実績を残しています。

“高校三冠”を成し遂げた実績もあるだけに、今後も下北沢成徳高校バレーボール部からは目が離せません。

下北沢成徳高校バレーボール部の出身選手は誰?

数多くの全国タイトルを獲得し全国屈指のバレー強豪校として知られる下北沢成徳高校バレーボール部。

ここまで、下北沢成徳高校バレーボール部の紹介や成績についてみていきましたが、最後に下北沢成徳高校バレーボール部出身の選手をみていきたいと思います。

ここでは、下北沢成徳高校バレーボール部を卒業され「バレーボール選手」になった方をピックアップしていきます。

現在、女子日本代表“火の鳥NIPPON”のメンバーとして活躍している選手もいますので、ワールドカップバレー・オリンピック開幕前にチェックしていきましょう。

下北沢成徳高校バレーボール部「出身選手」

▶︎落合真理(おちあい・まり)

  • 球 歴:日立ベルフィーユ/久光製薬スプリングス
  • 代 表 歴:’98/’01/’06
  • 国際大会:世界選手権(‘06)

▶︎横山雅美(よこやま・まさみ)

  • 球 歴:デンソー/日立リヴァーレ/イトゥサチ・バクー
  • 代 表 歴:’09~’11
  • 国際大会:ー

▶︎榛澤舞子(はんざわ・まいこ)

  • 球  歴:パイオニア/久光製薬/上尾メディックス
  • 代 表 歴:ー
  • 国際大会:ー

▶︎和久山志恵里(わくやま・しえり)

  • 球  歴:イトーヨーカドー/武富士バンブー
  • 代 表 歴:ー
  • 国際大会:ー

▶︎大山加奈(おおやま・かな)

  • 球  歴:東レ・アローズ
  • 代 表 歴:’02~’09
  • 国際大会:オリンピック(’04),世界選手権(’02),W杯(’03,’07)

▶︎荒木絵里香(あらき・えりか)

  • 球  歴:東レ・アローズ/ベルガモ/東レ・アローズ/上尾メディックス/トヨタ車体クインシーズ
  • 代 表 歴:’04~’12,’16~
  • 国際大会:オリンピック(’08,’12,’16),世界選手権(’06,’10,’18),W杯(’07,’11)

▶︎細川麻美(ほそかわ・まみ)

  • 球  歴:パイオニアレッドウィングス/上尾メディックス
  • 代 表 歴:ー
  • 国際大会:ー

▶︎木村沙織(きむら・さおり)

  • 球  歴:東レ・アローズ/ワクフバンク・テュルクテレコム/ガラタサライ・ダイキン/東レ・アローズ
  • 代 表 歴:’03~’16
  • 国際大会:オリンピック(’04.’08,’12),世界選手権(’06.’10,’14),W杯(’03,’07,’11,’15)

▶︎横山友美佳(よこやま・ゆみか)

  • 球  歴:ー
  • 代 表 歴:’04
  • 国際大会:ー

▶︎佐藤美耶(さとう・みや)

  • 球  歴:東レ・アローズ
  • 代 表 歴:ー
  • 国際大会:ー

▶︎井上奈々朱(いのうえ・ななみ)

  • 球  歴:デンソー・エアリービーズ/四国Eighty8Queen/デンソー・エアリービーズ/日立リヴァーレ/東レ・アローズ
  • 代 表 歴:’08.’12
  • 国際大会:ー

▶︎富永こよみ(とみなが・こよみ)

  • 球  歴:パイオニアレッドウィングス/上尾メディックス,埼玉上尾メディックス/ラルディーニ・フィロットラーノ
  • 代 表 歴:’09,’10,’17
  • 国際大会:ワールドグランドチャンピオンズカップ(’09)

▶︎服部梨花(はっとり・りか)

  • 球  歴:パイオニアレッドウィングス
  • 代 表 歴:ー
  • 国際大会:ー

▶︎田村翔子(たむら・しょうこ)

  • 球  歴:パイオニアレッドウィングス
  • 代 表 歴:ー
  • 国際大会:ー

▶︎木村美里(きむら・みさと)

  • 球  歴:東レ・アローズ
  • 代 表 歴:ー
  • 国際大会:ー

▶︎大竹里歩(おおたけ・りほ)

  • 球  歴:デンソー・エアリービーズ
  • 代 表 歴:’12
  • 国際大会:W杯(’15)

▶︎小笹奈津子(こざさ・なつこ)

  • 球  歴:上尾メディックス
  • 代 表 歴:ー
  • 国際大会:ー

▶︎黒後愛(くろご・あい)

  • 球  歴:東レ・アローズ
  • 代 表 歴:’17~
  • 国際大会:世界選手権(’18)

▶︎山口珠李(やまぐち・しゅり)

  • 球  歴:上尾メディックス,埼玉上尾メディックス
  • 代 表 歴:ー
  • 国際大会:ー

▶︎堀江美志(ほりえ・みゆき)

  • 球  歴:上尾メディックス,埼玉上尾メディックス
  • 代 表 歴:ー
  • 国際大会:ー

 

以上が、下北沢成徳高校バレーボール部出身の選手(バレーボール部のみ)になります。

オリンピック・世界選手権・W杯と日本代表メンバーとして出場している選手も多い下北沢成徳高校バレーボール部の卒業生。

現在、女子日本代表“火の鳥NIPPON”のメンバーとして活躍している選手もいますので、今後も目が離せませんね。

 

 

最後に!!!

下北沢成徳高校バレーボール部の卒業生が所属するが“Vリーグ”の試合を観るなら、「DAZN(ダゾーン)」の動画配信サービスがおすすめです!

ライブ配信”はもちろん“見逃し配信”としてもご覧いただけるDAZNの動画配信サービスは、パソコンやスマホがあればいつでもどこでも視聴可能です。

また、DAZNの動画配信サービスでは、「1ヶ月無料体験」も実施しているためお試ししながらDAZNのサービスを楽しめちゃいます。

1ヶ月無料体験の登録方法も記載しておきますので、是非チェックしてみてください。

関連記事 ▶︎ DAZNの視聴方法をパソコンとスマホ別に紹介!無料で見逃し配信も

 

⬇︎DAZN「1ヶ月無料体験」登録はこちら⬇︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました