明石商業高校野球部の甲子園2019ベンチメンバー&過去の成績は?

スポーツ

高校野球界において全国有数の激戦区と呼ばれる兵庫県下で、近年驚異的な力を付け全国的な強豪校となった明石商業高校野球部

甲子園常連校と呼ばれる報徳学園・東洋大姫路・神戸国際など、名だたる兵庫県下の強豪校が集う中で“3季連続”甲子園の切符を手にしています。

平成最後の甲子園大会となった春のセンバツ2019では、全国の強豪校を敗りベスト4進出を果たすなど力を見せつけた明石商業高校野球部

そして、激戦が続いた兵庫県大会を見事勝ち抜き夏の甲子園2019への出場を決めました。

そこで今回は、全国的な強豪校となり“2年連続2回目”の夏の甲子園に出場する明石商業高校野球部についてみていきたいと思います。

夏の甲子園2019における明石商業高校野球部のベンチ入りメンバーや注目選手をみていきましょう。

更に、これまでの春・夏甲子園での成績についても振り返りながら、優勝候補の一角として注目を集める明石商業高校野球部に迫っていきたいと思います。

2年連続で激戦区・兵庫県代表として甲子園の舞台に立つ明石商業高校野球部は、どのような快進撃をみせてくれるのでしょうか⁉︎




明石商業高校&野球部の~足跡~

夏の甲子園2019において“2年連続2回目”の出場となった兵庫県代表・明石商業高校野球部

近年、全国的な強豪校へと成長を遂げ甲子園常連校に成りつつある明石商業高校野球部は、今大会において優勝候補の一角として注目を集めています。

そこで、夏の甲子園2019に出場する明石商業高校野球部の学校紹介と野球部の足跡についてみていきたいと思います。

 

明石市立明石商業高等学校(通称:明商)

[所在地]兵庫県明石市魚住町長坂寺1250番地

[創立]1953年4月1日

[国公私立]公立学校/男女共学

[配置者]明石市

[学科]商業科/国際会計科

[校訓]自立・親和・感謝

 

明石商業高校は、

  • “進学・公務員・難関企業”を目指す「キャリアアップコース」
  • “就職・専門学校進学”などを目指す「トータルマネジメントコース」
  • “スポーツなどを通じて地域貢献できる人材の育成”を目指す「スポーツ科学コース

と、商業科には3つのコースがありそれぞれの目標のためにコースを選べる高校です。

更に、2009年4月からグローバル化する社会の技術進歩・情報化に対応し、会計/英語の専門性を高めるための「国際会計学科」も新設しています。

 

野球部~足跡~

[創部]1953年

[監督]狭間善徳

[部員数]111人

[甲子園出場歴]春/2回・夏/2回

[主な卒業生]松本航(現 埼玉西武ライオンズ)

[夏の甲子園2019/予選結果]

  • 2回戦   4-0 vs 三田学園
  • 3回戦     9-0 vs 和田山
  • 4回戦   7-1 vs 洲本
  • 5回戦 11-1 vs 柏原
  • 準々決勝 7-4 vs 姫路南
  • 準決勝    8-4 vs 高砂
  • 決勝       4-1 vs 神戸国際大付

 

以上が、夏の甲子園2019において2年連続2回目の出場となった、兵庫代表・明石商業高校の学校紹介と野球部の足跡になります。

春のセンバツ2019ではベスト4進出を果たし、優勝した愛知・東邦高校とも接戦を繰り広げてきた明石商業高校野球部。

投手陣・打撃陣共に強力である明石商業高校野球部ですが、特にプロ注目のエース・中森俊介選手と来田涼斗選手の2年生コンビには期待が高まっています。

3季連続で甲子園の舞台に立つ明石商業高校野球部は、悲願の甲子園初優勝を果たすのか初戦から多くの注目が集まっています。

明石商業高校野球部の甲子園2019ベンチメンバー

高校野球界でにおいて激戦区と呼ばれる兵庫県下で見事“2年連続2回目”の夏の甲子園への切符を手にし、3季連続での出場を果たした兵庫代表・明石商業高校野球部。

激戦・大逆転など波乱続きの予選会を見事勝ち上がり甲子園の切符を手にした明石商業高校野球部ですが、夏の甲子園2019でのベンチ入りメンバーはどのようなメンバーなのでしょうか?

夏の甲子園2019で優勝候補の一角として注目を集める明石商業高校野球部の「ベンチ入りメンバー&注目選手」をみていきたいと思います。

 

夏の甲子園2019【ベンチ入りメンバー

背番号/選手名/学年/出身中学

  • [1]中森俊介(2年):兵庫県篠山篠山東中
  • [2]水上 桂(3年):兵庫県宝塚宝塚第一中
  • [3]宮崎涼介(3年):兵庫県神戸湊川中
  • [4]清水 良(3年):兵庫県神戸太田中
  • [5]重宮 涼(3年):兵庫県明石大久保中
  • [6]河野光輝(3年):兵庫県明石衣川中
  • [7]窪田康太(3年):兵庫県尼崎立花中
  • [8]来田涼斗(2年):兵庫県神戸長坂中
  • [9]安藤 碧(3年):兵庫県神戸井吹台中
  • [10]杉戸理斗(3年):兵庫県宝塚長尾中
  • [11]溝尾海陸(3年):兵庫県たつの御津中
  • [12]宮口大輝(3年):兵庫県宝塚宝塚中
  • [13]岡田 光(3年):兵庫県三木別所中
  • [14]百々亜佐斗(3年):兵庫県宝塚宝梅中
  • [15]横山虎太郎(3年):兵庫県洲本青雲中
  • [16]宮下匡雅(3年):兵庫県姫路朝日中
  • [17]井上隼斗(2年):大阪府堺鳳中
  • [18]福井雄太(2年):兵庫県加古川中部中

 

明石商業高校【注目選手

▶︎中森俊介[2年]

1年春からベンチ入りを果たし、甲子園の舞台でも圧巻の投球を披露しているプロ注目の本格派右腕・中森俊介選手。

最速145km/hを誇るストレートを武器に、スライダー・カーブ・チェンジアップでも空振りが取れる今大会注目の投手です。

2018夏・2019春と甲子園のマウンドを経験してきた中森俊介選手が、令和最初の甲子園大会でどのようなピッチングを披露してくれるのか注目が集まっています。

 

▶︎来田涼斗[2年]

“走攻守”三拍子が揃った脅威の1番バッターである来田涼斗選手。

春のセンバツ2019では、先頭打者ホームラン&サヨナラホームランを放つなど、豪快なバッティングでチームの勝利に貢献。

守っても俊足を活かした広い守備範囲が持ち味の来田涼斗選手。

夏の甲子園2019では、どのようなバッティング&守備を披露してくれるのか多くの注目が集まっています。

 

以上が、夏の甲子園2019における明石商業高校野球部のベンチ入りメンバー&注目選手になります。

投手陣・打撃陣・守備面と全てが揃う明石商業高校野球部は、まさに夏の甲子園2019での優勝候補です。

兵庫県大会でも魅せた粘り強い野球で、“甲子園初制覇”の期待も高まっています。

明石商業高校野球部の甲子園での過去成績まとめ

3季連続で甲子園の切符を手にし、2年連続2回目の出場となった夏の甲子園2019においても優勝候補の一角として注目を集める明石商業高校野球部。

まだ、甲子園出場回数は多くはない明石商業高校野球部ですが、春のセンバツ2019ではベスト4進出と驚異の成長を遂げています。

そこで、近年全国的な強豪校として注目を集める明石商業高校野球部の、春/夏甲子園での成績を振り返っていきたいと思います。

甲子園に出場した年代順に、明石商業高校野球部の成績をみていきましょう。

 

明石商業高校野球部~甲子園 全成績~

▶︎第88回[]平成28年

  • 1回戦   3-2 対 日南学園◯
  • 2回戦     3-0 対 東邦◯
  • 準々決    1-2 対 龍谷大平安●

▶︎第100回[]平成30年

  • 1回戦   8-9 対 八戸学院光星●

▶︎第91回[]平成31年

  • 1回戦   7-1 対 国士舘◯
  • 2回戦   13-4 対 大分◯
  • 準々決    4-3 対 智弁和歌山◯
  • 準決勝  2-4 対 東邦●

 

以上が、明石商業高校野球部の甲子園での成績になります。

近年、力を付け全国的な強豪校として注目を集めている明石商業高校野球部。

夏の甲子園2019においても優勝候補の一角として注目を集め“優勝”への期待も高まっています。

明石商業高校野球部は“甲子園常連校”として、今後も大きな注目が集まりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました