本庶佑さんがノーベル医学生理学賞受賞

京都大学特別教授・本庶佑さん(76歳)が、日本人として2年ぶりとなる「ノーベル賞医学生理学賞」を受賞されました。

本庶佑さんは、免疫を制御するたんぱく質を発見され、がん治療薬「オプジーボ」の開発につなげたとして、ノーベル医学生理学賞を受賞されました。

本庶佑さんは、がん細胞をいかにして撃退できるかというメカニズムを開発され、がん治療に新しい道を切り開かれました。

日本のノーベル賞受賞者は今回の本庶佑さんで26人目となりました。

ノーベル医学生理学賞を受賞されたのは、本庶佑さんで5人目となりました。

本庶佑さん以外の受賞者は、

「アメリカマサチューセッツ工科大学教授・利根川進さん(87年)」

「京都大学教授・山中伸弥さん(2012年)」

「北里大特別栄誉教授・大村智さん(2015年)」

「東京工業大栄誉教授・大隅良典さん(2016年)」

の4名になります。

また今回、本庶佑さんと共同受賞となったのが、アメリカ・テキサス大学のジェームズ・アリソン教授です。

ジェームズ・アリソン教授は、人の免疫細胞をめぐってT細胞やがん細胞の研究に専念されていました。

1995年には、T細胞の活動を抑える抑制性受容体であるCTLA-4を発見するなど活躍をされている教授になります。

本庶佑さん・ジェームズ・アリソン教授の今後の活躍にも注目が集まります。

スポンサーリンク




本庶佑プロフィール

本庶佑(ほんじょ たすく)

  • 【生年月日】1942年1月27日(76歳)
  • 【出身】京都府京都市
  • 【出身校】京都大学
  • 【受賞歴】ロベルト・コッホ賞

【経歴】

1942年京都府京都市に生まれた本庶佑さん。

医師である父の都合で山口県宇部市で育つことになりました。

山口県立宇部高等学校卒業後、京都大学医学部医学科に入学されました。

1966年に京都大学医学部医学科を卒業すると、1967年京都大学大学院の医学研究科生理系専攻に進学。

1971年には、京都大学大学院の医学研究科を修了し、1975年に京都大学より「医学博士号」を取得されました。

1979年には、大阪大学の医学部教授に就任。

1982年からは京都大学医学部の教授も併任すると、1984年から京都大学医学部が本職となりました。

1995年から、京都大学大学院医学研究科教授が本職になると、研究科長・学部長などを務められました。

2005年には特任教授、2006年には客員教授を務められました。

2017年5月1日からは、京都大学高等研究院で特別教授を務められ、2018年ノーベル医学生理学賞を受賞されました。

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする