星野ロミの漫画無料はウイルスの可能性!運営サイトで100億稼ぐ?

芸能

皆さんは「登録不要」「完全無料」の漫画サイトとして話題・注目を集めた「漫画村」をご存知ですか?

2016年に開設された「漫画村」は口コミ等の影響もあり、2017年頃から無料で簡単に読める漫画サイトとして人気を集めていきました。

そんな月間利用者数・約1億人を集める人気サイト・漫画村を運営していたのが「星野ロミ」という人物です。

社会問題までに発展した星野ロミさんが運営する「漫画村」。

しかし、人気漫画無料サイト「漫画村」は、悪質な違法海賊版サイトとして漫画家・出版社に多大なる被害を与えることに…。

そこで今回は、違法漫画無料サイト「漫画村」を運営し、騒動を引き起こしている星野ロミさんに着目していきたいと思います。

ウイルス”の可能性もあると言われている、違法漫画無料サイト「漫画村」とはどのようなサイトなのかもみていきましょう。

更に、漫画無料サイトだけでなく雑誌や動画も無料提供していたと言われている、星野ロミさんの驚きの稼ぎ金についてもみていきたいと思います。

関連記事 → 京都アニメーションが誇るアニメランキングTOP5と人気キャラは?




星野ロミが違法漫画無料サイト運営で逮捕!

漫画無料サイトとして急速に利用者数を増やし、社会問題にまで発展した星野ロミさんが運営する「漫画村」。

口コミなどの影響もあり、星野ロミさんが運営する漫画無料サイト「漫画村」は、月間利用者数・約1億人との分析も…。

しかし、国会会議において星野ロミさんの運営する「漫画村」は、違法海賊版サイトとして指摘されることになります。

そして、違法海賊版サイトを運営し漫画家や出版社に多大な被害を与えた星野ロミさんは、フィリピンで逮捕される結果に…。

そこで、“星野ロミさん”や“漫画村”を知らない方もいらっしゃると思いますので、“時系列形式”で星野ロミさんが運営してきた漫画村を「開設時~逮捕まで」をみていきたいと思います。

 

星野ロミ&漫画村 [開設時~逮捕まで]

▶︎2016年

「登録不要」「完全無料」の漫画サイトとしてネット上に開設された“漫画村”。

掲載内容→漫画・雑誌・写真集・小説など

▶︎2017年

→口コミなどの影響で1億人近くの月間利用者数を獲得し始め、社会問題へと発展…。

→複数の漫画出版社が著作権侵害のため、漫画村運営者を刑事告訴。

▶︎2018年2月

→衆院予算委員会において丸山穂高議員が、「漫画村」の著作権に関する違法性を指摘。

→日本漫画家協会が「漫画村」の海賊版サイトについての見解を報告。

→漫画家交流団体であるマンガジャパンが、「漫画村」の利用者にアクセスしないよう呼びかけを実施。

▶︎2018年3月

「漫画村」の運営者は“無料で漫画家さんが広告してくれた”とコメントを発表し、有料プランを実施。

▶︎2018年4月

→政府が「ネット上の海賊版サイトに対する緊急対策案」を発表。

→漫画村を含めた3つの悪質性サイトをブロッキングするよう、インターネット側に要請。

漫画村/MioMio/Anitubeの3サイト

→広告配信システムを開発した株式会社ジーニーが、悪質性のある3つのサイト(※)への広告配信停止を発表。(同日午後3時過ぎにアクセス不可)

▶︎2018年5月

福岡県警が漫画村の運営者を著作権法違反容疑で捜査開始。

▶︎2018年11月

漫画村の運営者として名前が上がっていた東京都新宿区の男性が、アメリカ企業の有料配信サービスを利用する契約をしていることが判明。

刑事告訴・損害賠償請求を求める民事訴訟へ。

▶︎2019年7月

→7月9日(火)にフィリピン入国管理局によって、漫画村の元運営者・星野ロミさんがマニラで発見され拘束。

→星野ロミ容疑者は、三重国籍(日本/イスラエル/ドイツ)とも囁かれており、現在日本への引き渡しは調整中。

 

以上が、星野ロミさんが運営してきた漫画村の「開設時~逮捕」までの経歴になります。

2016年から星野ロミさんによって開設された漫画無料サイトである漫画村。

昨年2018年までに“7万冊以上”の漫画を無断掲載し、被害総額は3200億円にも及んでいるそうです。

このように星野ロミさんが運営していた「漫画村」のような違法海賊版サイトは、今も尚ネット上には多く存在しているのが現状です。

残念ながら簡単には無くならないのが現状となっている違法海賊版サイト。

完全無料」などのキャッチコピーが使われたサイトは違法海賊版サイトやウイルスが発生する可能性も十分に考えられます。

無料で読みたい気持ちはあると思いますが、安易に無料サイトをクリックしないよう注意が必要です。

 

星野ロミの漫画無料はウイルスの可能性‼︎

漫画無料サイト「漫画村」を運営し、著作権法違反で身柄が拘束された星野ロミさん。

人気漫画を無断で掲載し、漫画家や出版社に多大な被害を与えるなど社会問題となりました。

しかし、フィリピンで拘束され身柄を確保された漫画村の元運営者・星野ロミさんですが、「漫画村復活!!」などと言う驚きの声も上がっています。

 

その実態について調べたところ、漫画村そっくりの機能を備えた「星のロミ」「漫画村.club」という後継者サイトが登場し話題を集めていました。

サイトの構成は星野ロミさんが運営していた漫画村とほぼ同じ構成のようですが、「漫画村.club」のサイトには危ない感じの広告が掲載されているようです。

星野ロミさんが元々運営していた「漫画村」では、ウイルス感染などの報告は上がっていませんでしたが、決して安全なサイトである保証はありません。

また、多くのユーザーが「危険性が高いので利用しない方がいい」と指摘もしています。

危ない広告が掲載“されている”“されていない”に関わらず、漫画村の後継者として話題を集めている類似サイトには注意を促す声が多く上がっています。

ウイルスが発生する可能性も十分考えられるので、漫画村の類似サイトへのアクセスには注意してください。

 

星野ロミは違法な運営サイトで100億稼ぐ⁉︎

漫画無料サイト「漫画村」の運営者として話題を集めている星野ロミさん。

人気の漫画を無断で掲載し3200億円にも及ぶ被害総額を出した星野ロミさんですが、漫画村の他にも数多くのサイトを運営していたようです。

以下が、星野ロミさんが運営されていたとされている運営サイトになります。

  • 漫画村
  • dlbooks
  • しぃアンテナ
  • 無料映画シアター
  • エロタレスト
  • tokyotube
  • anitube
  • smv.t o など

と、いくつものサイトを運営されていたようです。

違法アダルトサイトなども運営していたとされる星野ロミさんは、「100億円」近い儲けがあったとも言われています。

漫画だけでなく“動画”も違法にアップするなど、星野ロミさんは様々な違法海賊版サイトに携わってきた人物である可能性も高いようです。

関連記事 → 京都アニメーションが誇るアニメランキングTOP5と人気キャラは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました