藤川球児の日米での年俸推移と成績は?オールスターでの名勝負が凄い

スポーツ

“松坂世代”の一人として現在も阪神タイガースの一員としてチームを支える藤川球児選手。

かつて勝利の方程式と呼ばれた“JFK”の一人としてチームの勝利に貢献してきた藤川球児選手は、球界を代表する守護神として活躍してきました。

“火の玉ストレート”と呼ばれる藤川球児選手のストレートは、ストレートと分かっていても打てない球を投げる投手として注目を集めてきました。

メジャー挑戦後は独立リーグでプレーした藤川球児選手でしたが、2016年シーズンから古巣・阪神タイガースに復帰されチームに欠かせない選手として活躍されています。

そこで今回は、日米で活躍され現在も球界を投手する選手の一人である藤川球児選手に着目していきたいと思います。

日米で活躍されてきた藤川球児選手の「年俸推移成績」はどのよう数字だったのかみていきましょう。

更に、藤川球児選手がオールスターで残した“名勝負”についても振り返っていきましょう。




藤川球児の日米での年俸推移とは?

火の玉ストレート”を武器に数々の記録や伝説を作ってきた阪神タイガースの藤川球児選手

松坂世代の一人として現在もプロの世界で活躍し続ける藤川球児選手は、球界を代表する投手の一人となりました。

メジャーにも挑戦するなど日米で活躍してきた藤川球児選手ですが、プロ入団時からの年俸は一体どのくらい稼いでいるのでしょうか?

プロ1年目となる1999年シーズン~プロ21年目となる2019年シーズンまでの「年俸推移」をまとめてみましたのでみていきたいと思います。

 

▶︎年俸推移[1998~2019]

[球団]阪神タイガース ’99~’12

  • 1998年[18歳]契約金:1億円
  • 1999年[19歳/1年目]年俸:700万円
  • 2000年[20歳/2年目]年俸:700万円
  • 2001年[21歳/3年目]年俸:780万円
  • 2002年[22歳/4年目]年俸:700万円
  • 2003年[23歳/5年目]年俸:1250万円
  • 2004年[24歳/6年目]年俸:1550万円
  • 2005年[25歳/7年目]年俸:2200万円
  • 2006年[26歳/8年目]年俸:8000万円
  • 2007年[27歳/9年目]年俸:1億7000万円
  • 2008年[28歳/10年目]年俸:2億8000万円
  • 2009年[29歳/11年目]年俸:4億円
  • 2010年[30歳/12年目]年俸:4億円
  • 2011年[31歳/13年目]年俸:4億円
  • 2012年[32歳/14年目]年俸:4億円

[球団]シカゴ・カブス ’13~’14

  • 2013年[33歳/15年目]年俸:推定5億1000万円
  • 2014年[34歳/16年目]年俸:推定5億1000万円

[球団]テキサス・レンジャーズ ’15

  • 2015年[35歳/17年目]年俸:推定1億円

[球団]阪神タイガース ’16~’19

  • 2016年[36歳/18年目]年俸:2億円
  • 2017年[37歳/19年目]年俸:2億円
  • 2018年[38歳/20年目]年俸:2億円
  • 2019年[39歳/21年目]年俸:1億4000万円

 

以上が、球界を代表する投手の一人である阪神タイガースの藤川球児選手。

勝利の方程式と呼ばれたJFKの一人としてリリーフ・守護神を務めていた時代には、年俸「4億円」を稼いでいます。

やはり球界を代表する守護神・藤川球児選手の年俸推移は凄い数字ですね。

 

プロフィール

藤川球児(ふじかわ・きゅうじ)

生年月日/1980年7月21日、出身/高知県高知市

身長・体重/185cm89kg、投打/右投左打

ポジション/投手、ドラフト/1998年ドラフト1位

経歴

  • 高知市立高知商業高等学校
  • 阪神タイガース(1999~2012)
  • シカゴ・カブス(2013~2014)
  • テキサス・レンジャーズ(2015)
  • 高知ファイティングドッグス(2015)
  • 阪神タイガース(2016~)

 

藤川球児の日米での成績は⁉︎

松坂世代”の一人でもある藤川球児選手は、リリーフ転向後に驚異的な成長を遂げ球界を代表する投手となりました。

ストレートと分かっていても当たらない“火の玉ストレート”は、藤川球児選手の大きな武器となり多くの強打者を圧倒してきました。

そこで藤川球児選手が一軍で登板したシーズンの「成績」をみていきたいと思います。

最優秀中継ぎ投手・最多セーブ投手など、数々のタイトルを獲得してきた藤川球児選手はどのような数字を残してきているのかみていきましょう。

 

藤川球児選手の成績は、

登板数/投球回数/勝利数/敗戦数/セーブ数/ホールド数/自責点/防御率

の順で記載させていただきます。

 

▶︎成  績[2000・2002~2018]

[球団]阪神タイガース ’99~’12

2000年[20歳/2年目]

19試合/22.2回/0勝/0敗/0S/0H/12失点/4.76

2002年[22歳/4年目]

12試合/68.0回/1勝/5敗/0S/0H/28失点/3.71

2003年[23歳/5年目]

17試合/29.1回/1勝/1敗/0S/0H/11失点/3.38

2004年[24歳/6年目]

26試合/31.0回/2勝/0敗/0S/0H/9失点/2.61

2005年[25歳/7年目]

80試合/92.1回/7勝/1敗/1S/46H/14失点/1.36

  • [タイトル]最優秀中継ぎ投手
  • [表彰]最優秀バッテリー賞(捕手:矢野輝弘)

2006年[26歳/8年目]

63試合/79.1回/5勝/0敗/17S/30H/6失点/0.68

  • [タイトル]最優秀中継ぎ投手

2007年[27歳/9年目]

71試合/83.0回/5勝/5敗/46S/6H/15失点/1.63

  • [タイトル]最多セーブ投手

2008年[28歳/10年目]

63試合/67.2回/8勝/1敗/38S/5H/5失点/0.67

2009年[29歳/11年目]

49試合/57.2回/5勝/3敗/25S/3H/8失点/1.25

2010年[30歳/12年目]

58試合/62.2回/3勝/4敗/28S/5H/15失点/2.01

2011年[31歳/13年目]

56試合/51.0回/3勝/3敗/41S/5H/7失点/1.24

  • [タイトル]最多セーブ投手

2012年[32歳/14年目]

48試合/47.2回/2勝/2敗/24S/2H/7失点/1.32

 

[球団]シカゴ・カブス ’13~’14

2013年[33歳/15年目]

12試合/12.0回/1勝/1敗/2S/1H/7失点/5.25

2014年[34歳/16年目]

15試合/13.0回/0勝/0敗/0S/0H/7失点/4.85

 

[球団]テキサス・レンジャーズ ’15

2015年[35歳/17年目]

2試合/1.2回/0勝/0敗/0S/0H/3失点/16.20

 

[球団]阪神タイガース ’16~’19

2016年[36歳/18年目]

43試合/62.2回/5勝/6敗/3S/10H/32失点/4.60

2017年[37歳/19年目]

52試合/56.2回/3勝/0敗/0S/6H/14失点/2.22

2018年[38歳/20年目]

53試合/54.1回/5勝/3敗/2S/21H/14失点/2.32

 

以上が、藤川球児選手が一軍で登板したシーズンの成績になります。

日本球界だけでなく野球の本場であるメジャーでも活躍した藤川球児選手は、まさに日本を代表する投手の一人となりました。

まだまだチームの中心選手として活躍し続ける藤川球児選手からは、今後も目が離せそうにありません。

藤川球児のオールスターでの名勝負が凄い‼︎

火の玉ストレートを武器に数々の強打者を圧倒してきた阪神タイガースの藤川球児選手。

数々の名勝負を繰り広げてきた藤川球児選手ですが、その中でも「オールスター」で魅せた名勝負は今も尚プロ野球の歴史に刻まれています。

セ・リーグ、パ・リーグを代表する選手達による夢の祭典オールスターでは、毎年多くの名勝負が生まれています。

そんな特別な試合で藤川球児選手はプロ野球の歴史に残る名勝負繰り広げてくれました。

 

その名勝負が生まれたのは、2006年に神宮球場で行われたオールスター第1戦。

マウンドに上がった藤川球児選手は、打席に入ったカブレラ選手(西武)に対し全球ストレート宣言を行い勝負を挑みました。

力と力の勝負を挑んだ藤川球児選手は、見事153km/hのストレートでカブレラ選手を空振り三振に打ち取り球場を湧かせました。

更に、続く小笠原道大選手にもストレート勝負を挑み空振り三振に打ち取り、球界を代表する守護神であることを証明しました。

続く第2戦では、数々の伝説や記録を残してきた清原和博選手と対戦し、全球ストレートで空振り三振に打ち取った藤川球児選手。

力と力の真剣勝負だっただけに、多くの野球ファンが藤川球児選手の全球ストレート勝負に釘付けになりました。

まさに、オールスターを代表する名勝負とですね!

是非、藤川球児選手がオールスターで魅せた全球ストレート勝負をご覧になってくださいね。

藤川 vs カブレラ & 小笠原 720p

 

 

また、藤川球児選手の登板試合が無料でライブ配信・見逃し配信として視聴できる「DAZN」の動画配信サービスもおすすめです。

1ヶ月無料体験」も実施していますので、是非この機会にDAZNの「1ヶ月無料体験」を試してみてくださいね。

⬇︎⬇︎DAZN「1ヶ月無料体験」はこちら⬇︎⬇︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました