工藤公康監督の現役時代の年俸推移と成績とは?無料で見逃し配信も

スポーツ

監督就任4年でチームを2度の日本一に導くなど、プロ野球界の絶対王者・福岡ソフトバンクホークスの指揮をとる工藤公康監督

圧倒的な強さと選手層を誇る絶対的王者をまとめ上げる工藤公康監督は、球界を代表する監督の一人でもあります。

現役時代には西武・ダイエー・巨人の3球団で日本一を達成するなど、“優勝請負人”と呼ばれ「14度のリーグ優勝&11度の日本一」を経験してこられました。

年齢を感じさせない工藤公康監督のピッチングは、多くのプロ野球ファンを魅了してきました。

そこで今回は、福岡ソフトバンクホークスの指揮をとる工藤公康監督の現役時代に着目していきたいと思います。

工藤公康監督の現役時代の「年俸推移」や「成績」を、渡り歩いた各球団ごとにまとめてみました。

“優勝請負人”と呼ばれた工藤公康監督の現役時代を振り返っていきましょう。

また、工藤公康監督が采配をとる試合を無料で見逃し配信できる方法についてもご紹介していきたいと思います。

 




工藤公康監督の現役時代の年俸推移とは?

“優勝請負人”と呼ばれ14度のリーグ優勝&11度の日本一を経験してきた、現・福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督

西武・ダイエー・巨人の3球団で日本一を経験するなど、プロ野球界を代表する名選手の一人です。

渡り歩いた各球団ではエースとして活躍されてきた工藤公康監督は、2016年に“野球殿堂”も受賞されています。

そんなプロ野球界を代表する名投手であった工藤公康監督の、現役時代の「年俸推移」についてみていきたいと思います。

 

▶︎年俸推移[1982~2011]

所属:西武ライオンズ[1982~1994]

  • 1981年[18歳]契約金:6000万円
  • 1982年[19歳/1年目]年俸:480万円
  • 1983年[20歳/2年目]年俸:600万円
  • 1984年[21歳/3年目]年俸:680万円
  • 1985年[22歳/4年目]年俸:560万円
  • 1986年[23歳/5年目]年俸:1520万円
  • 1987年[24歳/6年目]年俸:2900万円
  • 1988年[25歳/7年目]年俸:5300万円
  • 1989年[26歳/8年目]年俸:5500万円
  • 1990年[27歳/9年目]年俸:4600万円
  • 1991年[28歳/10年目]年俸:5600万円
  • 1992年[29歳/11年目]年俸:8500万円
  • 1993年[30歳/12年目]年俸:9500万円
  • 1994年[31歳/13年目]年俸:1億6000万円

所属:福岡ダイエーホークス[1995~1999]

  • 1995年[32歳/14年目]年俸:1億6000万円
  • 1996年[33歳/15年目]年俸:1億6000万円
  • 1997年[34歳/16年目]年俸:1億4500万円
  • 1998年[35歳/17年目]年俸:1億6000万円
  • 1999年[36歳/18年目]年俸:1億5000万円

所属:読売ジャイアンツ[2000~2006]

  • 2000年[37歳/19年目]年俸:1億5000万円+契約金7500万円
  • 2001年[38歳/20年目]年俸:3億円
  • 2002年[39歳/21年目]年俸:2億4000万円
  • 2003年[40歳/22年目]年俸:3億円
  • 2004年[41歳/23年目]年俸:2億8000万円
  • 2005年[42歳/24年目]年俸:2億9000万円
  • 2006年[43歳/25年目]年俸:2億9000万円

所属:横浜ベイスターズ[2007~2009]

  • 2007年[44歳/26年目]年俸:9000万円
  • 2008年[45歳/27年目]年俸:1億1000万円
  • 2009年[46歳/28年目]年俸:5000万円

所属:埼玉西武ライオンズ[2010]

  • 2010年[47歳/29年目]年俸:3000万円
  • 2011年[48歳/浪人]現役引退を表明

 

以上が、現役時代の工藤公康監督の「年俸推移」になります。

タイトルやベストナイン・ゴールデングラブ賞を受賞された翌年には、グッと年俸も上がっています。

“優勝請負人”と呼ばれ活躍されてきた工藤公康監督の「年俸推移」は、やはり凄かったですね。

 

プロフィール

工藤公康(くどう・きみやす)

[生年月日]1963年5月5日

[出身]愛知県豊明市

[身長/体重]175cm/85kg

[投打]左投左打

[ポジション]ピッチャー

[ドラフト]1981年ドラフト6位

[経歴/選手歴]

  • 名古屋電気高等学校
  • 西武ライオンズ(1982~1994)
  • 福岡ダイエーホークス(1995~1999)
  • 読売ジャイアンツ(2000~2006)
  • 横浜ベイスターズ(2007~2009)
  • 埼玉西武ライオンズ(2010)

[経歴/監督歴]

  • 福岡ソフトバンクホークス(2015~)

 

工藤公康監督の現役時代の成績は天晴れ‼︎

現役時代にはチームのエースとして、数々のタイトルや賞を獲得してきた工藤公康監督。

セ・パ両リーグで活躍されてきた左腕・工藤公康監督は、球界を代表する選手の一人として今も尚語り継がれています。

そんな球界を代表するエースであった工藤公康監督の、現役時代の「成績」を振り返っていきたいと思います。

工藤公康監督は、プロ29年間でどのような成績を残されてきたのでしょうか⁉︎

 

登板数/投球回数/勝利数/敗戦数/防御率/奪三振数

の順番で、工藤公康監督の成績をチェックしていきましょう。

 

▶︎成  績[1982~2011]

所属:西武ライオンズ[1982~1994]

1982年[19歳/1年目]

27試合/28.1回/1勝/1敗/3.41/29奪三振

1983年[20歳/2年目]

23試合/33.1回/2勝/0敗/3.24/24奪三振

1984年[21歳/3年目]

9試合/12.1回/0勝/1敗/2.92/8奪三振

1985年[22歳/4年目]

34試合/137.0回/8勝/3敗/2.76/104奪三振

  • [タイトル]最優秀防御率

1986年[23歳/5年目]

22試合/145.1回/11勝/5敗/3.22/138奪三振

  • [受賞]日本シリーズMVP

1987年[24歳/6年目]

27試合/223.2回/15勝/4敗/2.41/175奪三振

  • [タイトル]最優秀防御率&最高勝率
  • [受賞]ベストナイン&日本シリーズMVP

1988年[25歳/7年目]

24試合/159.0回/10勝/10敗/3.79/94奪三振

1989年[26歳/8年目]

33試合/118.0回/4勝/8敗/4.96/94奪三振

1990年[27歳/9年目]

13試合/85.2回/9勝/2敗/3.36/89奪三振

1991年[28歳/10年目]

25試合/175.1回/16勝/3敗/2.82/151奪三振

  • [タイトル]最高勝率

1992年[29歳/11年目]

25試合/150.2回/11勝/5敗/3.52/133奪三振

1993年[30歳/12年目]

24試合/170.0回/15勝/3敗/2.06/130奪三振

  • [タイトル]最優秀防御率&最高勝率
  • [受賞]最優秀選手&ベストナイン

1994年[31歳/13年目]

24試合/130.2回/11勝/7敗/3.44/124奪三振

  • [受賞]ゴールデングラブ賞

 

所属:福岡ダイエーホークス[1995~1999]

1995年[32歳/14年目]

22試合/163.0回/12勝/5敗/3.64/138奪三振

  • [受賞]ゴールデングラブ賞

1996年[33歳/15年目]

29試合/202.2回/8勝/15敗/3.51/178奪三振

  • [タイトル]最多奪三振

1997年[34歳/16年目]

27試合/161.1回/11勝/6敗/3.35/146奪三振

1998年[35歳/17年目]

15試合/93.2回/7勝/4敗/3.07/65奪三振

1999年[36歳/18年目]

26試合/196.1回/11勝/7敗/2.38/196奪三振

  • [タイトル]最優秀防御率&最多奪三振
  • [受賞]最優秀選手

 

所属:読売ジャイアンツ[2000~2006]

2000年[37歳/19年目]

21試合/136.0回/12勝/5敗/3.11/148奪三振

  • [タイトル]最高勝率
  • [受賞]ベストナイン&ゴールデングラブ賞

2001年[38歳/20年目]

5試合/21.1回/1勝/3敗/8.44/8奪三振

2002年[39歳/21年目]

24試合/170.1回/9勝/8敗/2.91/151奪三振

2003年[40歳/22年目]

18試合/117.0回/7勝/6敗/4.23/115奪三振

2004年[41歳/23年目]

23試合/138.2回/10勝/7敗/4.67/128奪三振

2005年[42歳/24年目]

24試合/136.0回/11勝/9敗/4.70/130奪三振

2006年[43歳/25年目]

13試合/70.0回/3勝/2敗/4.50/52奪三振

 

所属:横浜ベイスターズ[2007~2009]

2007年[44歳/26年目]

19試合/103.2回/7勝/6敗/3.91/73奪三振

2008年[45歳/27年目]

3試合/13.2回/0勝/2敗/5.27/7奪三振

2009年[46歳/28年目]

46試合/37.1回/2勝/3敗/5.51/24奪三振

 

所属:埼玉西武ライオンズ[2010]

2010年[47歳/29年目]

10試合/6.0回/02勝/1敗/10.50/7奪三振

 

以上が、現役時代の工藤公康監督の「成績」になります。

最優秀防御率・最多奪三振・最高勝率などのタイトルを獲得し、投手では史上唯一のセ・パ両リーグでゴールデングラブ賞を受賞されています。

このように、西武ライオンズに入団してからホークス→巨人→横浜→西武と渡り歩き、数々の成績を残されてきている工藤公康監督。

野球殿堂も受賞されるなど、まさにプロ野球界のレジェンド投手の一人です。

 

工藤公康監督の采配試合が“無料”で見逃し配信⁉︎

現役時代には“優勝請負人”と称され複数球団を渡り歩き、数々のタイトルや記録を残してきた現・福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督。

監督就任後には2年連続の日本一に導くなど、球界最強を誇るチームをまとめ上げ采配をふるっています。

そんな、工藤公康監督が指揮を取る福岡ソフトバンクホークスの主催試合が、無料でライブ配信・見逃し配信として視聴できる方法があります。

その方法が、「DAZN」の動画配信サービスです。

 

DAZNでは、プロ野球「セ・パ」10球団の主催試合をスマホやパソコンで、ライブ配信・見逃し配信として楽しめるサービスです。

▶︎セ・リーグ4球団

▶︎パ・リーグ6球団

の主催試合が、自分の好きな時に観られる「DAZN」では、プロ野球以外のスポーツも楽しめちゃいます。

 

更にDAZNでは、「1ヶ月無料体験」も実施中ですので、1ヶ月無料で様々なスポーツの視聴がお試しいただけます。

プロ野球のペナントレースも後半に入り、優勝争い・3年連続日本一に向け熱い試合が繰り広げられています。

是非この機会にDAZNの「1ヶ月無料体験」で、プロ野球を始めとする様々なスポーツを視聴してみませんか⁉︎

DAZNの「1ヶ月無料体験」を試してみたい方は、以下の広告をクリックしてDAZNの動画配信サービスを満喫してみてくださいね!

 

⬇︎⬇︎DAZN「1ヶ月無料体験」はこちら⬇︎⬇︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました