ジャニー喜多川の緊急搬送の理由はくも膜下出血が原因で入院中と判明

芸能

2019年6月18日(火)にジャニーズ事務所社長であるジャニー喜多川さんが、都内の病院に緊急搬送され大きな話題となった騒動。

緊急搬送の詳しい詳細などは公開されていませんでしたが、7月1日(月)に

「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」

が原因で入院していることをジャニーズ事務所が公表されました。

 

ジャニー喜多川さんは6月18日(火)午前11時半頃に、体調を崩され都内の病院に救急搬送され大きな話題となりました。

ジャニー喜多川さんが緊急搬送され入院された後には、週刊誌報道が世間に流れ、ネット上でも数多くの憶測が飛び交う事態となりました。

そのような事態となっていることもあり、ジャニーズ事務所はジャニー喜多川さんの入院の事実を正式に公表。

更に、多くの方が気になっていた病名も「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」と明らかとなりました。

 

7月1日(月)には、ジャニーズ事務所所属の「嵐」がイベントの会見前に報道陣に対応され、

「1日も早く回復してくれることを祈っています」

とコメントを残されました。

嵐のメンバー5人は、ジャニー喜多川さんが緊急搬送された翌日19日(水)に病院に駆けつけられたそうです。

嵐はデビュー20周年記念として行われる「ARASHI EXHIBITION JOURNEY 嵐を旅する展覧会」の会見前に報道陣に対応されました。

松本潤さんが嵐を代表する形で報道陣に口を開き、

「6月18日に弊社の社長であるジャニー喜多川が病院に緊急搬送されました。

報告を受けて僕らは翌日19日に5人でジャニーさんのもとにお見舞いに行きました。

その後も、それぞれ時間がある時に、なるべくジャニーさんの病室に通っているような現状です」

と今の現状を報告されました。

 

そして、1日でも早い回復を祈る気持ちを明らかとした松本潤さんは、

「皆さまには、今は静かに温かく見守って頂ければと思っておりますので、何卒宜しくお願い致します」

とコメントで呼びかけられました。

嵐の5人以外にも、ジャニー喜多川さんを元気付けたいという思いから多くの所属タレントが病室を訪れていることを事務所側が公表されました。

滝沢秀明さん、近藤真彦さん、東山紀之さん、木村拓哉さん、中居正広さんを含め、多くの所属タレントが足を運ばれているようです。

 

また、「治療に専念することを最優先とさせていただきたい」ということも公表されており、病院側や一般の患者さん・近隣住人への迷惑となる行為についても訴えています。

芸能界に激震の走ったジャニー喜多川さんの緊急搬送の原因が明らかとなりましたが、1日でも早い回復を祈りたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました