吉田輝星がプロ初先発初勝利!本拠地札幌で見事な4奪三振デビュー

スポーツ

昨年「金足旋風」で甲子園を沸かせた北海道日本ハムファイターズの吉田輝星投手が、12日(水)に本拠地札幌ドームでプロ初先発を果たし見事初勝利を飾りました。

吉田輝星投手は初回1番長野久義選手にライト前にプロ初ヒットを浴びると、2番菊池涼介選手には10球粘られ四球。

しかし、3番バティスタ選手を緩急を使った投球でサードゴロに打ち取りプロ初アウトを奪った吉田輝星投手。

4番鈴木誠也選手はこの回2つ目の四球で歩かせながらも、5番西川龍馬選手からプロ初奪三振を奪い6番磯村嘉孝選手をサードゴロに打ち取り無失点で初回を切りけます。

その裏、2番大田泰示選手がレフトスタンドに飛び込むソロホームランでプロ初先発の吉田輝星投手を援護します。

しかし2回表、2アウトを奪った後に9番田中広輔選手にライト前へ運ばれ、1番長野久義選手にフルカウントからタイムリーを打たれ同点に。

同点に追いつかれた日本ハムでしたが、2回裏に6番渡邊諒選手・7番平沼翔太選手の連打でチャンスを作り9番石川遼選手も出塁し1アウト満塁。

そして1番西川遥輝選手が1-2からファーストへの勝ち越しタイムリー内野安打を放ち逆転に成功。

吉田輝星投手は2回以降リズムを取り戻し5回1失点でプロ初先発のマウンドを降ります。

その後は、広島先発の大瀬良大地選手と日本ハムのリリーフ陣の好投で、両チームとも0がスコアボードに並びます。

そして、1-2で迎えた9回表。

4番鈴木誠也選手がライトへのヒットで出塁し同点のチャンスを迎えるものの、石川直也選手が踏ん張り吉田輝星投手がプロ初勝利を飾りました。

昨年甲子園を沸かせた平成最後の怪物・吉田輝星投手が見事プロ1勝目をあげ新たな伝説がスタートしました。

 

2019年6月12日(水)

広 010 000 000 1

日 110 000 00× 2

  • 勝:吉田輝星
  • 負:大瀬良大地
  • セ:石川直也

本塁打

  • 日:大田泰示 12号

バッテリー

  • 広:大瀬良 – 會澤
  • 日:吉田輝、井口、公文、ロドリゲス、石川直 – 石川亮

 

スターティングメンバー

北海道日本ハムファイターズ

  1. 中 西川遥輝
  2. 右 大田泰示
  3. 左 王柏融
  4. 指 中田翔
  5. 一 清宮幸太郎
  6. 二 渡邊諒
  7. 三 平沼翔太
  8. 遊 石井一成
  9. 捕 石川亮

広島東洋カープ

  1. 中 長野久義
  2. 二 菊池涼介
  3. 一 バティスタ
  4. 右 鈴木誠也
  5. 左 西川龍馬
  6. 指 磯村嘉孝
  7. 三 安部友裕
  8. 捕 會澤翼
  9. 遊 田中広輔

 

プロフィール

吉田輝星(よしだ・こうせい)

[生年月日]2001年1月12日

[出身]秋田県潟上市

[身長/体重]175cm/84kg

[投打]右投右打

[ポジション]ピッチャー

[ドラフト]2018年ドラフト1位

[経歴]

  • 金足農業高等学校
  • 北海道日本ハムファイターズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました