山本由伸の高校時代は有名?プロ入り後の年俸や登板試合を無料視聴?

スポーツ

日本プロ野球界の新たなエース候補として注目を集めているオリックス・バファローズの山本由伸選手。

2016年にドラフト4位指名を受け入団した山本由伸選手は、プロ入団後に才能が開花しチームを背負う投手へと成長を遂げています。

山本由伸選手が投げる「ストレート」と「高速カットボール」がヤバすぎると、ネット上でも大きな話題となっています。

そこで今回は、オリックス・バファローズを引っ張る新たなエース候補である山本由伸選手に着目していきたいと思います。

山本由伸選手の知られざる高校時代や、プロ入り後の年俸・成績についてもみていきましょう。

また、山本由伸選手の登板試合が無料で視聴できる方法もご紹介していきたいと思いますので、是非最後まで読んでみてください。

 




山本由伸の高校時代とは?

日本プロ野球界において将来が期待されているオリックス・バファローズの山本由伸選手。

プロ3年目を迎えた2019年シーズンは、山岡泰輔選手と共に二枚看板としてチームを引っ張っている山本由伸選手。

プロ入団後に才能が開花し日本代表に選出されるほどの逸材へと進化を遂げた山本由伸選手ですが、高校時代はどのような選手だったのか皆さんはご存知でしょうか?

現在、もの凄い球を投げるとネット上でも話題となっている山本由伸選手の高校時代に着目してプロフィールと共にみていきたいと思います。

 

現在、オリックス・バファローズの二枚看板として活躍している山本由伸選手選手。

小学1年生から地元・備前市立伊部の「伊部パワフルズ」で野球を始め、山本由伸選手選手の野球人生がスタートしました。

備前中学校時代に進学した山本由伸選手は、「東岡山ボーイズ」に所属し中学3年の時に二塁手兼投手で全国大会に出場。

中学時代から全国大会出場の実績を持っていた山本由伸選手は、中学卒業後に宮崎県の「都城高等学校」に進学しました。

野球の強豪校として知られ「春の選抜1回」「夏の選手権8回」出場の実績を持つ都城高等学校に進学した山本由伸選手。

入学した当時は「野手」としてプレーしていた山本由伸選手ですが、高校1年の秋からピッチャーに転向し順調に才能が開花していったそうです。

2年生になると147km/h…151km/hと、どんどん球速を上げていった山本由伸選手。

そして高校2年の秋季宮崎大会では、宮崎海洋高校戦で5回参考記録ながら「完全試合」を達成。

甲子園も期待された山本由伸選手擁する都城高等学校でしたが、3年間を通じて甲子園出場の夢は叶いませんでした。

 

以下は、高校時代の山本由伸選手が登板した宮崎県予選の成績になります。

2015年(秋):高校2年

2回戦/宮崎海洋戦(先発)

→ 5回0安打9奪三振0四死球0失点[5回完全試合(参考)]

3回戦/延岡学園戦(先発)

→ 9回5安打12奪三振3四死球3失点

準々決/富  島戦(先発)

→ 8回9安打12奪三振1四死球3失点

2016年(夏):高校3年

2回戦/延岡学園戦(先発)

→ 7.2回3安打11奪三振0四死球1失点

3回戦/宮崎商業戦(先発)

→ 7回8安打10奪三振3四死球2失点

 

このように、高校時代からピッチャーとしての素質が十分にあった山本由伸選手。

秋季大会・夏の甲子園予選では毎試合二桁奪三振を記録するなど、ピッチャーとしての実績を十分兼ね備えた選手であることがわかります。

そして、ピッチャーが豊作と言われた2016年のドラフト会議で4位指名を受けプロの道に足を運んだ山本由伸選手。

ピッチャー豊作と言われた年に入団した山本由伸選手は、当時のドラフト組の中でも最も活躍し注目を集める選手となっています。

今後、日本プロ野球界の中でも将来が期待されているオリックス・バファローズの山本由伸選手からは目が離せそうにありません。

 

プロフィール

山本由伸(やまもと・よしのぶ)

  • [生年月日]1998年8月17日
  • [出身]岡山県備前市
  • [身長/体重]178cm/80kg
  • [投打]右投右打
  • [ポジション]ピッチャー
  • [ドラフト]2006年ドラフト4位
  • [所属球団]オリックス・バファローズ

 

山本由伸のプロ入り後の年俸や成績は?

プロ入団後に凄まじい成長を遂げ、日の丸を背負って戦う逸材となったオリックス・バファローズの山本由伸選手。

高校時代から注目を集めていた山本由伸選手でしたが、プロ入り後に更なる進化を遂げ今やチームのエースとして活躍しています。

そんな山本由伸選手ですが、プロ入団時から2019年シーズンまでの「年俸」や「成績」はどのような数字なのかみていきたいと思います。

 

◯年俸[2017~2019]

  • 2016年[18歳]契約金:4000万円
  • 2017年[19歳/1年目]年俸:500万円
  • 2018年[20歳/2年目]年俸:800万円
  • 2019年[21歳/3年目]年俸:4000万円

 

◯成績[2017~2018]

登板数/投球回数/勝利数/敗戦数/セーブ/ホールド/防御率/自責数」順

2017年[19歳/1年目]

5試合/23.2回/1勝/1敗/0セーブ/0ホールド/5.32/14点

2018年[20歳/2年目]

54試合/53.0回/4勝/2敗/1セーブ/32ホールド/2.89/17点

 

以上が、山本由伸選手の入団1年目~入団3年目となる2019年シーズンまでの「年俸」と、2018年シーズンまでの「成績」になります。

2018年シーズンから登板数が増え、150km/hを超えるストレートと140km/h後半の高速カットボールで三振の山を築いていった山本由伸選手。

日本代表に選出されるなど更なる飛躍に期待がかかる山本由伸選手の今後の年俸&成績には注目が集まります。

 

ヤバいと話題になっている山本由伸選手のピッチングも是非チェックしてみてくださいね。

↓↓山本由伸選手「投球練習」↓↓

大谷翔平が絶賛した山本由伸の投球練習/オリックスバファローズ_2018.05.25【baseball fun club.】

山本由伸選手山本由伸の登板試合を無料で視聴できる?

最後にオリックス・バファローズ山本由伸選手の登板試合が無料で視聴できる方法をご紹介いたします。

山本由伸選手の登板試合やプロ野球各試合をライブ配信や見逃し配信で観ることができる視聴方法は「DAZN」の動画配信サービスです。

「DAZN」では山本由伸選手の登板試合が「ライブ配信」として視聴できると共に、試合を見逃した場合には「見逃し配信」として視聴が可能です。

また、山本由伸選手の試合以外にも、2019年のプロ野球やメジャーリーグの公式戦も視聴できる夢のような動画配信サービスとなっています。

 

2019年のプロ野球では、セ・リーグ「4球団」パ・リーグ「6球団」合計10球団の主催試合がライブ配信や見逃し配信として視聴できちゃいます。

以下が、「DAZN」で2019年シーズンの主催試合が視聴できる球団になります。

セ・リーグ

  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 中日ドラゴンズ
  • 阪神タイガース

パ・リーグ

  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス

このように、プロ野球10球団の主催試合が、「ライブ配信」「見逃し配信」として視聴できる夢のようななサービスである「DAZN」の動画配信サービス。

 

更に、プロ野球だけでなく大谷翔平選手や前田健太選手らが活躍するメジャーリーグの試合もライブ配信や見逃し配信で視聴できます。

「DAZN」では「1ヶ月無料体験」も実施しているため、どういうサービスか不安がある方は1ヶ月間無料でDAZNのサービスをお試しいただくこともできちゃいます。

またDAZNでは、プロ野球やメジャー以外にも

欧州サッカー・Jリーグ・テニス・ボクシング・F1

など、日本人選手が活躍する様々なスポーツがライブ配信・見逃し配信で視聴可能となっています。

山本由伸選手の登板試合や他球団の試合など楽しみたいという方は、DAZN「1ヶ月無料体験」に登録して毎日スポーツを満喫してみてはいかがでしょうか⁉︎

DAZNの視聴方法&1ヶ月無料体験の登録方法も以下に記載していますので、DAZNを試してみたいと思われている方はチェックしてみてくださいね。

関連記事 → DAZNの視聴方法をパソコンとスマホ別に紹介!無料で見逃し配信も

 

⬇︎⬇︎DAZN「1ヶ月無料体験」はこちら⬇︎⬇︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました