【大相撲】貴乃花親方退職!25日17時から会見

大相撲、元横綱・貴乃花親方が日本相撲協会に退職届を提出したことが、25日(火)にわかりました。

また、25日17時より会見を開き退職の理由を語られるそうです。

貴乃花親方はブログ上で、秋場所で関取3人が勝ち越ししたことを報告した後に、「皆様長らく貴乃花を応援してくださりありがとうございました。厚く御礼申し上げるとともに、弟子たちを今後、末永く応援賜りますように何卒宜しくお願い申し上げます」と言葉を残し、25日の退職届提出となりました。

スポンサーリンク




貴乃花親方プロフィール

  • 【四股名】貴乃花光司
  • 【本名】花田光司(はなだ こうじ)
  • 【生年月日】1972年8月12日(46歳)
  • 【出身】東京都杉並区
  • 【最高位】第65代横綱
  • 【幕内戦歴】701勝217敗201休75場所
  • 【幕内最高優勝】22回
  • 【初土俵】1988年3月場所
  • 【入幕】1990年5月場所
  • 【引退】2003年

【経歴】

1972年8月12日、大関貴ノ花・花田満さん、元女優・藤田憲子さんの次男として産まれた貴乃花親方。

1988年には兄勝さん(元横綱若乃花・現タレント花田虎上)と共に、藤島部屋に入門すると、その年の3月場所で初土俵に立ちました。

四股名は貴花田光司として、同期の力士である曙太郎さん・魁皇博之さんと共に「花の六三組」と呼ばれ活躍をみせました。

1989年11月場所で十両に昇進すると、翌年1990年5月場所で幕内へと昇進しました。

1991年5月場所初日に横綱・千代の富士を寄り切り金星を飾りました。

1992年1月場所で初優勝(14勝1敗)を成し遂げ、その年の11月場所前に女優・宮沢りえさんとの婚約を発表。

しかし、1993年宮沢りえさんとの婚約解消を発表され大きな話題となりました。

1993年1月場所に大関に昇進した貴花田さんは、四股名を貴ノ花に改名しました。

その後も活躍をみせますが、横綱昇進は見送られる一方になってしまいます。

そして、1994年四股名を貴ノ花から貴乃花に改名して臨んだ11月場所で横綱・曙さんを下し横綱昇進を確実としました。

1995年1月場所に第65代横綱として登場し活躍をしていきますが怪我や病気が相次ぎ休場が増えていきました。

しかし、2001年1月場所には14勝1敗で21度目の復活優勝を飾りました。

そして、2003年1月場所8日目限りで引退され、横綱貴乃花の現役生活に幕を下ろしました。

2004年6月には二子山部屋を継承し、貴乃花部屋に変更されました。

その後は、日本相撲協会理事として活動されますが、度重なる問題の末、2018年9月25日に日本相撲協会に退職届を提出されました。

関連記事 → 貴景勝母親は超美人で韓国人説⁉︎父親の職業は保育園経営だった?

関連記事 → 花田景子離婚後の職業は⁉︎娘の学校や年齢は?若い頃と馴れ初め

関連記事 → 藤田紀子浮気相手は輪島だった⁉︎顔面崩壊と貴乃花との現在とは?

関連記事 → 花田優一事務所クビで離婚の危機⁉︎靴職人としては実力無い⁉︎

関連記事 → 花田虎上嫁の現在とは?元嫁美恵子との離婚原因と再婚までの馴れ初め

関連記事 → 元貴乃花親方が離婚!妻・景子さんと夫婦関係を卒業

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする