渡哲也の若い頃は吉永小百合が恋人だった⁉︎嫁と闘う闘病生活の今

芸能

昭和を代表するスター俳優として、「西部警察」などのヒット作品に出演し人気を誇ってきた俳優の渡哲也さん。

数々の映画やドラマに出演された渡哲也さんは、多くの賞を受賞され大御所俳優として活躍されてきました。

しかし現在は、闘病生活の日々を過ごされと共に自宅で治療を続けられている渡哲也さん。

そこで今回は、昭和を代表する大御所俳優の1人である渡哲也さんについてみていきたいと思います。

若い頃渡哲也さんを知らない方も多いと思いますので、若い頃渡哲也さんについてみていき、女優・吉永小百合さんと恋人関係の噂についても迫っていきましょう。

また、と共に闘っている闘病生活の現在についてもみていきたいと思います。

 




渡哲也の若い頃とは?

昭和を代表するスター俳優として数々の映画やドラマに出演されてきた渡哲也さん。

しかし、多くの方が数々のヒット作品に出演され活躍されてきた俳優・渡哲也さんの若い頃を知らないという方がほとんどだと思います。

そこで大御所俳優である渡哲也さんの若い頃について振り返っていき、若い頃の活躍をみていきましょう。

 

厳しい父親の元で育ち、高校時代はタバコで先生に怒られたり喧嘩をして停学になったりと不良時代の経歴を持つ俳優・渡哲也さん。

渡哲也さんが俳優の道に進むキッカケとなった出来事は大学時代の時のことでした。

渡哲也さんの弟・渡瀬恒彦さんと友人が浅丘ルリ子さんの主演100本記念映画となった「ミスターX」の相手役オーディションに履歴書を送ったことがきっかけとなりました。

渡哲也さんは俳優になる気はなかったそうですが、日活撮影所を訪問した際にまさかのスカウトを受けた渡哲也さん。

就職を希望されていた渡哲也さんですが、日本航空整備士社員の採用試験が不合格だったこともあり1964年に日活へ入社されました。

渡哲也さんは学生時代、俳優・石原裕次郎さんに憧れていたこともあり「石原裕次郎の弟分」として売り出された渡哲也さん。

すると、日活入社の翌年となる1965年に映画「暴れ騎士道」で主演デビューを飾った渡哲也さんは、見事「エランドール賞新人賞」を獲得。

日活は渡哲也さんを宍戸錠さんや高橋英樹さんのようなスターへと成長させるため猛プッシュを続けていきました。

渡哲也さんは、デビューから約6年間で50本以上の映画作品に出演し人気と注目を集めていきました。

日活のアクションスターとしてデビューした年から

「青春の裁き」「泣かせるぜ」「赤い谷間の決斗」

など続けて映画作品に出演された渡哲也さん。

1966年に出演した映画「東京流れ者」では、渡哲也さん自ら主題歌「東京流れ者」を歌われ注目を集めました。

 

日活のアクションスターに登りつめた渡哲也さんでしたが、ロマンスポルノに路線を変更したこともあり1971年に日活を退社…。

多くの映画会社から声のかかった渡哲也さんでしたが、石原裕次郎さんへの思いもあり「石原プロモーション」へ入社を決意。

石原プロモーション入社後も、

「さらば掟(71)」「忍法かげろう斬り(72)」「ゴキブリ刑事/野良犬(73)」

といった映画やテレビドラマにも出演され活躍された渡哲也さん。

また、渡哲也さんは1965年に歌手デビューも果たしており、1973年にリリースされた「くちなしの花」は大ヒット曲となりました。

1974年には「第25回紅白歌合戦」にも初出場を果たしています。

その後も数々の作品に出演された渡哲也さんでしたが、「石原プロモーション」の会社再建と経営安定のために映画出演を一時撤退しテレビドラマに専念された渡哲也さん。

その中でも、渡哲也さんの代表作品となった「西部警察」シリーズは、5年間も放送される大ヒット作品となりました。

また、渡哲也さんは「石原プロモーション」再建に貢献したこともあり副社長として「石原プロモーション」を支えていきました。

そして1987年に石原裕次郎さんが亡くなると、石原プロモーション2代目社長に就任された渡哲也さん。

その後も渡哲也さんは、俳優として映画やテレビドラマに出演され活躍され、社長業も並行して活動を続けてこられました。

 

しかし、様々な活動を続けてこられた渡哲也さんは、

「左胸膜癒着症」「急性肝機能不全症」「直腸がん」「急性心筋梗塞」

といった病気を発症され、入退院や手術などを繰り返されてもきました。

アクションスターとして数々の大ヒット作品に出演され人気を集めてきた渡哲也さん。

現在は体調を崩され闘病生活を送られていますが、元気な姿でまた公の場に戻って活躍してほしいですね。

渡哲也の若い頃は吉永小百合が恋人だった⁉︎

数々の映画やドラマに出演され、多くの有名俳優さんや女優さんと共演をしてこられた渡哲也さん。

渡哲也さんは、昭和を代表するスター俳優の1人として活躍されてきました。

そんな渡哲也さんは若い頃、女優・吉永小百合さんと家族が公認する恋人関係にありました。

昭和を代表する渡哲也さんと吉永小百合さん2人の恋人関係は、超スクープとして取り上げられました。

 

渡哲也さんと吉永小百合さんの馴れ初めとなったのは、1966年の映画「愛と死の記録」での共演でした。

元々は浜田光男さんが主役を務める予定でしたが、ケガをされてしまい渡哲也さんが代役を務めることになりました。

「愛と死の記録」が放送された当時は、渡哲也さんが25歳でデビューから2年目、吉永小百合さんは21歳でデビューから6年目を迎えた時に共演されました。

不動の人気があった吉永小百合さんと、まだ駆け出しの渡哲也さんは、共演していくごとに恋に落ちていったそうです。

そして、「恋と死の記録」「青春の海」と共演を重ね「嵐の勇者たち」で共演した頃には真剣に結婚も考えていた渡哲也さんと吉永小百合さん。

家族公認の仲となっていたこともあり、頻繁に吉永小百合さんの家を出入りする様子が見かけられていたそうです。

 

しかし、渡哲也さんと吉永小百合さんは結婚に至らなかったのか…。

それは、渡哲也さんと吉永小百合さんの家族の意見が合わなかったことが原因とされています。

結婚したら吉永小百合さんの芸能界引退を強く望んでいた渡哲也さんと、芸能界引退が結婚条件なら結婚は反対した吉永小百合さんの家族。

吉永小百合さんの父親は「交際はいいが結婚はダメ」と語り、母親も「結婚したら相手を許さない」と結婚に難色を示されたようです。

そのような出来事もあり、出会ってから約3年で渡哲也さんと吉永小百合さんの恋に終止符が打たれました。

 

若い頃は結婚を考えている相手との離別となった、昭和を代表する大スターの渡哲也さんと吉永小百合さん。

しかし時が経ち、渡哲也さんが74歳、吉永小百合さんが71歳の時に「宝酒造 松竹梅「天」」のCMで共演された2人。

16年ぶりの共演となった渡哲也さんと吉永小百合さんでしたが、時間が経っても2人の共演は絵になり素敵な関係であることが伝わってきます。

渡哲也さんの体調が良くなれば吉永小百合さんとの共演も約束されているそうです。

渡哲也が嫁と闘う闘病生活の今

多くの映画やドラマに出演されてきた昭和を代表するスター俳優・渡哲也さんですが、近年はテレビで見かけることが少なくなってしまいました。

テレビで見かけるのが少なくなってしまった渡哲也さんに、多くのファンからは悲しみや心配の声が届けられています。

そんな渡哲也さんは現在、嫁や息子に支えられ闘病生活の日々を送られています。

2015年6月に胸の痛みを訴え病院で検査をされた渡哲也さんは「急性心筋梗塞」と診断され手術と入院生活を送られていました。

一時はかなり危険な状態だったという渡哲也さん。

現在は回復され自宅で嫁や息子に支えられリハビリを続けられているそうですが、中々良い状態に回復せずベットから起き上がるのがやっとの状態のようです。

 

自宅では在宅酸素を取り入れ長期で治療を続けられている渡哲也さん。

また、1991年には大腸がんを患い人工肛門(ストーマ)をつけている事を渡哲也さん自身の口から発表され大きな話題にもなりました。

数々の病気を患い闘病生活を送っている俳優・渡哲也さん。

現在も嫁や息子に支えられながら俳優として復帰するために自宅で治療を続けられている渡哲也さん。

一刻も早く体調が回復され、また元気な姿でテレビの前に戻ってきてくれる事を願い待ちたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました