国民栄誉賞の意味と決め方とは?受賞者一覧と辞退したスポーツ選手

芸能

日本においてスポーツや文化面で著しい活躍・功績を残された方に贈られる国民栄誉賞

近年においてもオリンピックで活躍されたスポーツ選手や文化面で素晴らしい功績を残された方々に国民栄誉賞が贈られ注目を集めています。

しかし、国民栄誉賞とはそもそも何なのか疑問に思っている方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、国民栄誉賞とは一体何なのか意味や決め方についてみていきたいと思います。

また、国民栄誉賞創設時からの受賞者一覧と、受賞を辞退したスポーツ選手についてもみていきましょう。

どのような方が国民栄誉賞を受賞されているのでしょうか?

早速、国民栄誉賞についてみていきましょう。

 




国民栄誉賞の意味と決め方とは?

皆さんは「国民栄誉賞」と聞いてどのような賞であり、どのような基準の元で受賞者が決まっているのかご存知でしょうか?

ニュースなどで「◯◯さんが国民栄誉賞を受賞しました」などと報じられ、国民栄誉賞受賞者の方が注目を集めています。

しかしながら、国民栄誉賞とはそもそもどのような意味があり、決め方はどのように決まっているのか疑問に思っている方は多いと思います。

国民栄誉賞とは一体どのような意味があり、どのように決まっているのかみていきたいと思います。

 

~国民栄誉賞とはどういう意味?~

国民栄誉賞とは、1977年(昭和52年)に当時の内閣総理大臣である福田赳夫さんが本塁打世界記録を樹立した王貞治さんを称えるために定められた賞になります。

この国民栄誉賞の表彰には規定があり、

◯国民栄誉賞の目的

◯国民栄誉賞の表彰者

◯国民栄誉賞表彰の対象

◯国民栄誉賞表彰の方法

◯国民栄誉賞表彰の時期

以上が、国民栄誉賞の表彰規定として設けられています。

 

一つ目の「国民栄誉賞の目的」は、

「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」

を目的とされています。

二つ目の「国民栄誉賞の表彰者」は内閣総理大臣が勤めることになり、現在だと安倍晋三内閣総理大臣が表彰者の対象になります。

三つ目の「国民栄誉賞表彰の対象」は、内閣総理大臣が国民栄誉賞表彰の目的に照らし適切と認めるものに対して国籍を問わず行われます。

四つ目の「国民栄誉賞表彰の方法」は、表彰状及び盾を授与し記念品又は金一封を添えることが可能。

五つ目の「国民栄誉賞表彰の時期」は、随時行われ表彰されtます。

このように国民栄誉賞では表彰規定が設けられており、スポーツや文化面で活躍・功績を残された方に贈られる素晴らしい賞になります。

 

~国民栄誉賞の決め方~

国民栄誉賞の決め方は、まず内閣府大臣官房において事務や手続きが行われ国民栄誉賞が行われることが規定されています。

国民栄誉賞表彰規程要領は、

「内閣総理大臣が表彰を行おうとする時には、候補者について民間有識者の意見を聞くものとする」

という規定要領が定められています。

 

以上のことから、国民栄誉賞表彰の候補者は内閣総理大臣が一人だけで決められないということがわかります。

また、国民栄誉賞の表彰では記念品又は金一封を添えることが可能になります。

国民栄誉賞での金一封の金額はわかりませんが、これまでの受賞者の中で賞金の授与はないようです。

国民栄誉賞の記念品は受賞者1人1人授与されるのもは異なっているみたいですね。

以下がこれまでの国民栄誉賞を受賞された方々の記念品になります。

  • なでしこジャパン(サッカー):化粧筆7点セット
  • 吉田沙保里(レスリング):真珠のペンダント
  • 長島秀雄/松井秀喜(野球):黄金のバット など

上記のように国民栄誉賞記念品は受賞者によって異なっていることがわかります。

このように国民栄誉賞とは誰でも受賞できるものではない特別な賞であることがわかります。

国民栄誉賞の決め方も内閣総理大臣だけの一存ではなく民間有識者の意見も聞きながら決められていましたね。

今後はどのような方が国民栄誉賞を受賞されるのか注目が集まります。

 

国民栄誉賞受賞者一覧

次にこれまで国民栄誉賞を受賞された方々を一覧にしてみていきたいと思います。

「受賞者氏名・受賞時年齢・職業・受賞式日」の順で国民栄誉賞受賞者の方をみていきましょう。

 

1.王貞治(おう・さだはる/37歳)

プロ野球選手 – 1977年9月5日受賞

 

2.古賀政男(こが・まさお/73歳)

作曲家 – 1978年8月4日没後受賞

 

3.長谷川一夫(はせがわ・かずお/76歳)

プロ野球選手 – 1977年9月5日没後受賞

 

4.植村直己(うえむら・なおみ/43歳)

冒険家 – 1984年4月19日没後受賞

 

5.山下泰裕(やました・やすひろ/27歳)

柔道家 – 1984年10月9日受賞

 

6.衣笠祥雄(きぬがさ・さちお/40歳)

プロ野球選手 – 1987年6月22日受賞

 

7.美空ひばり(みそら・ひばり/52歳)

歌手 – 1989年7月6日没後受賞

 

8.千代の富士貢(ちよのふじ・みつぐ/34歳)

大相撲力士 – 1989年9月29日受賞

 

9.藤山一郎(ふじやま・いちろう/81歳)

歌手 – 1992年5月28日受賞

 

10.長谷川町子(はせがわ・まちこ/72歳)

漫画家 – 1992年7月28日没後受賞

 

11.服部良一(はっとり・りょういち/85歳)

作曲家 – 1993年2月26日没後受賞

 

12.渥美清(あつみ・きよし/68歳)

俳優 – 1996年9月3日没後受賞

 

13.吉田正(よしだ・ただし/77歳)

作曲家 – 1998年7月7日没後受賞

 

14.黒澤明(くろさわ・あきら/88歳)

映画監督 – 1998年10月1日没後受賞

 

15.高橋尚子(たかはし・なおこ/28歳)

陸上競技選手 – 2000年10月30日受賞

 

16.遠藤実(えんどう・みのる/76歳)

作曲家 – 2009年1月23日没後受賞

 

17.森光子(もり・みつこ/89歳)

女優 – 2009年7月1日受賞

 

18.森繁久彌(もりしげ・ひさや/96歳)

俳優 – 2009年12月22日没後受賞

 

19.2011FIFA女子W杯日本女子代表(団体受賞)

女子サッカーチーム – 2011年8月18日受賞

 

20.吉田沙保里(よしだ・さおり/30歳)

レスリング選手 – 2012年11月7日受賞

 

21.大鵬幸喜(たいほう・こうき/72歳)

大相撲力士 – 2013年2月25日没後受賞

 

22.長嶋茂雄(ながしま・しげお/77歳)

プロ野球選手 – 2013年5月5日受賞

 

23.松井秀喜(まつい・ひでき/38歳)

プロ野球選手 – 2013年5月5日受賞

 

24.伊調馨(いちょうかおり/32歳)

レスリング選手 – 2016年10月20日受賞

 

25.羽生善治(はぶ・よしはる/47歳)

将棋棋士 – 2018年2月13日受賞

 

26.井山裕太(いやま・ゆうた/28歳)

囲碁棋士 – 2018年2月13日受賞

 

27.羽生結弦(はにゅう・ゆづる/23歳)

フィギアスケート選手 – 2018年7月2日受賞

 

以上が、国民栄誉賞受賞者一覧になります。

これまで団体受賞1チームとスポーツ・文化面で活躍・功績を残された26名の方々が国民栄誉賞を受賞されています。

今後の国民栄誉賞受賞者にも大きな注目が集まりそうです。

 

国民栄誉賞 辞退したスポーツ選手

最後に国民栄誉賞を辞退したスポーツ選手をみていきたいと思います。

1977年~2019年現在までで国民栄誉賞を辞退されたスポーツ選手は一体どの選手なのか、早速みていきましょう。

 

福本豊(ふくもと・ゆたか)

国民栄誉賞を辞退したスポーツ選手1人目は、1983年(昭和58年)に世界記録となる通算939盗塁を達成した福本豊さんです。

国民栄誉賞辞退の理由として「受賞したら立ちションもできない」「飲み屋にも行けなくなる」といった辞退の理由が報じられました。

しかし実際は、

「王貞治さんのような野球人になれる自身がなっかった事や広く国民に愛される人物でないといけない」

と解釈したことが国民栄誉賞を辞退する理由となりました。

 

イチロー/鈴木一朗(すずき・いちろう)

国民栄誉賞を辞退したスポーツ選手2人目は、野球の本場メジャーリーグで日本人選手としてMVPなどを獲得し数々の伝説を残したイチロー選手です。

イチロー選手は2001・2004年そして2019年に3度の国民栄誉賞受賞を辞退されています。

2019年に現役生活に幕を降ろされたイチロー選手に3度目の国民栄誉賞を打診しましたが、

「人生の幕を下ろした時にいただけるよう励みます」

と国民栄誉賞受賞を断念されています。

 

以上、2名のスポーツ選手の方が国民栄誉賞を辞退されています。

イチロー選手は3度国民栄誉賞を辞退されており、今後どのような形で受賞されるのかにも注目が集まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました