鳥谷敬の嫁は鬱って本当?年俸推移と連続出場記録を持つ男の通算成績

スポーツ

現在では阪神タイガースの顔と言ってもいい選手に成長し活躍続ける鳥谷敬選手。

鳥谷敬選手は入団時から現在まで数々の記録や伝説を残し、連続試合出場記録も持っている選手です。

また、鳥谷敬選手はプロ野球選手の中でも1・2を争うルックスの持ち主であり多くのファンの方がいらっしゃいます。

そこで今回は、阪神タイガースの顔でもある鳥谷敬選手についてみていきたいと思います。

また、鳥谷敬選手のことを調べると出てくるの真相や年俸推移通算成績についてもみていきましょう。

阪神タイガースを長年引っ張っている鳥谷敬選手とは一体どのような選手なのか早速みていきましょう。

 




鳥谷敬 阪神を引っ張る男のプロフィール

まず初めに阪神タイガースの顔としてチームを引っ張る鳥谷敬選手のプロフィールからみていきたいと思います。

 

鳥谷敬(とりたに・たかし)

  • 生年月日:1981年6月26日
  • 出身:東京都東村山市
  • 身長/体重:180cm/79kg、投打:右投左打
  • ポジション:ショート/サード/セカンド
  • ドラフト:2003年自由獲得枠

タイトル

  • 最高出塁率(1回/2011)

表彰

  • ベストナイン(6回/遊撃手部門)
  • ゴールドグラブ賞(5回/遊撃手部門)
  • オールスターゲーム新人賞(1回/2005)など

経歴

  • 聖望学園高等学校
  • 早稲田大学
  • 阪神タイガース(2004~)

 

鳥谷敬選手は東村山ジュニアメッツ・小作台少年野球クラブで野球を始め、中学時代も端穂シニアで野球を続けました。

聖望学園高等学校へ進学した鳥谷敬選手は1年秋からセカンドのレギュラーとして活躍し、3年夏には初の甲子園出場も果たしました。

鳥谷敬選手は高校卒業時にプロ志望届を提出しましたが指名とはならず早稲田大学に進学。

1年春からチームの主力選手として活躍した鳥谷敬選手は、2年春にリーグ史上最速タイ記録となる三冠王を獲得。

リーグ戦4連覇にも貢献した鳥谷敬選手は、遊撃手として5度のベストナインと2度の首位打者に輝きました。

2003年のドラフト会議では自由獲得枠で阪神タイガースに集団した鳥谷敬選手。

 

プロ入り後は1年目から一軍に帯同しスタメンとして活躍を続けた鳥谷敬選手。

2年目からは鳥谷敬選手はショートのレギュラーの座を奪い公式戦146試合にフルイニング出場を果たします。

その後も鳥谷敬選手は連続試合出場記録を伸ばしていき、NPB歴代2位となる1939試合連続出場を記録。

また鳥谷敬選手は、2012年~2016年までNPB歴代4位・ショートとして歴代1位となる667試合連続フルイニング出場も記録しました。

2019年シーズンでプロ16年目を迎える鳥谷選手は、6度のベストナインと5度のゴールデングラブ賞を獲得。

日本プロ野球界を代表するショートとして活躍を続けてきた鳥谷敬選手。

現役引退も覚悟して望んでいる2019年シーズンで、鳥谷敬選手はどのような成績を残し活躍されるのか注目が集まります。

 

鳥谷敬の嫁は鬱って本当⁉︎

次に阪神タイガースのベテラン選手でもありチームを引っ張る鳥谷敬選手の嫁についてみていきたいと思います。

鳥谷敬選手を調べてみると「嫁は鬱⁉︎」というようなキーワードも出てきます。

鳥谷敬選手の嫁は本当に鬱なのか追求していきたいと思います。

 

鳥谷敬選手の嫁は聖望学園高校野球部時代の1つ上の先輩マネージャーであった「裕子さん」だそうです。

野球部のマドンナ的存在であった嫁・裕子さんを鳥谷敬選手は射止め、早稲田大学時代も交際を続けていたと言われています。

その後、阪神タイガースに入団した鳥谷敬選手はプロ2年目の2005年シーズン終了後に嫁・裕子さんと結婚。

入団後から連続試合出場記録を伸ばし続け、阪神タイガースの顔として活躍を続けた鳥谷敬選手。

子供も4人生まれチームの主力選手として活躍する鳥谷敬選手を支え続けた嫁・裕子さん

しかし、ネット上で鳥谷敬選手の嫁は鬱⁉︎といったような噂が流れていました。

本当に鳥谷敬選手の嫁・裕子さんが鬱だったのかという真実は調べても載っていませんでした。

しかし、唯一嫁が鬱状態になってもおかしくない出来事が2007年に起こっていました。

れは、鳥谷敬選手が3人の女性と豪遊し不倫騒動としてフライデーされてしまったことです。

東京遠征中にフライデー写真を撮られてしまったことで嫁・裕子さんは鬱になってしまった可能性は少なくありません。

しかし、現在でもプロ野球選手として活躍し続ける鳥谷敬選手を支えているのは言うまでもなく嫁・裕子さんです。

嫁・裕子さんが鬱になってしまっていたという事実はわからないためなんとも言えませんが、現在も鳥谷敬選手と4人の子供と元気に暮らされていると思います。

 

鳥谷敬 年俸推移は?

阪神タイガースを長年引っ張りプロ野球界を代表するショートとしても人気を誇っている鳥谷敬選手。

入団から現在まで数々の成績や記録をつくり活躍し続ける鳥谷敬選手ですが、年俸はいくらなのか気になったので入団から2019年シーズンまでの年俸推移をみていきたいと思います。

 

◯年俸推移(2004~2019)

  • 2003年(22歳)契約金1億円
  • 2004年(23歳/1年目)年俸:1500万円
  • 2005年(24歳/2年目)年俸:2000万円
  • 2006年(25歳/3年目)年俸:3800万円
  • 2007年(26歳/4年目)年俸:7000万円
  • 2008年(27歳/5年目)年俸:9100万円
  • 2009年(28歳/6年目)年俸:1億3000万円
  • 2010年(29歳/7年目)年俸:1億6000万円
  • 2011年(30歳/8年目)年俸:2億6000万円
  • 2012年(31歳/9年目)年俸:3億円
  • 2013年(32歳/10年目)年俸:2億8000万円
  • 2014年(33歳/11年目)年俸:3億円
  • 2015年(34歳/12年目)年俸:4億円
  • 2016年(35歳/13年目)年俸:4億円
  • 2017年(36歳/14年目)年俸:4億円
  • 2018年(37歳/15年目)年俸:4億円
  • 2019年(38歳/16年目)年俸:4億円

 

以上が、長年阪神タイガースを引っ張ってきた鳥谷敬選手の入団から2019年シーズンまでの年俸推移になります。

プロ6年目から大台の1億円プレーヤーとして活躍されている鳥谷敬選手。

契約満了年となる2019年シーズンで鳥谷敬選手はどのような成績を残すのか注目が集まります。

 

鳥谷敬 連続試合出場記録を持つ男の通算成績は?

最後に連続試合出場記録を持つ阪神タイガース鳥谷敬選手の入団1年目から2018年シーズンまでの成績と通算成績についてみていきたいと思います。

2019年シーズンでプロ16年目を迎える鳥谷敬選手の成績を早速みていきましょう。

 

◯成績(2004~2018)

試合数/打席数/安打数/本塁打数/打点数/四球数/打率」順

2004年(23歳/1年目)

101試合/261打席/59安打/3本塁打/21四球/.251

2005年(24歳/2年目)

146試合/646打席/159安打/9本塁打/53四球/.278

2006年(25歳/3年目)

146試合/609打席/157安打/15本塁打/60四球/.289

2007年(26歳/4年目)

144試合/642打席/154安打/10本塁打/63四球/.273

2008年(27歳/5年目)

144試合/605打席/147安打/13本塁打/68四球/.281

2009年(28歳/6年目)

144試合/617打席/155安打/20本塁打/65四球/.288

2010年(29歳/7年目)

144試合/651打席/173安打/19本塁打/66四球/.301

2011年(30歳/8年目)

144試合/590打席/150安打/5本塁打/78四球/.300

2012年(31歳/9年目)

144試合/624打席/135安打/8本塁打/94四球/.262

2013年(32歳/10年目)

144試合/643打席/150安打/10本塁打/104四球/.282

2014年(33歳/11年目)

144試合/644打席/172安打/8本塁打/87四球/.313

2015年(34歳/12年目)

143試合/646打席/155安打/6本塁打/89四球/.281

2016年(35歳/13年目)

143試合/533打席/106安打/7本塁打/75四球/.236

2017年(36歳/14年目)

143試合/570打席/143安打/4本塁打/77四球/.293

2018年(37歳/15年目)

121試合/261打席/51安打/1本塁打/34四球/.232

 

通算成績(2004~2018)

  • 試合数:2095試合
  • 打席数:8542打席
  • 安打数:2066安打
  • 本塁打数:138本塁打
  • 打点数:818打点
  • 四球数:1034四球
  • 打率:2割8分1厘

 

以上が、阪神タイガース鳥谷敬選手の入団1年目2004年~2018年シーズンまでの成績とプロ15年間の通算成績になります。

2019年シーズンでプロ16年目を迎える鳥谷敬選手ですが、阪神タイガースとの5年契約が満了になるため現役引退も覚悟で望まれています。

しかし、まだ引退と決まったわけではないので今後も鳥谷敬選手の活躍からは目が離せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました