長嶋茂雄の名言集は凄かった!現役時代の成績と伝説の動画とは⁉︎

スポーツ

「ミスタージャイアンツ」と呼ばれ闘志あふれるプレーで日本プロ野球ファンを熱狂させた長嶋茂雄さん。

長嶋茂雄さんは、昭和を代表する読売ジャイアンツの4番打者として数々の記録を打ち立ててきました。

また、現役時代は王貞治さんと共に「ON砲」と称され巨人V9に大きく貢献した長嶋茂雄さん。

現在長嶋茂雄さんは巨人軍の終身名誉監督として活躍されていますが、近年は体調を崩され公の場に姿を現さない時期もありました。

しかし、長嶋茂雄さんは2019年シーズンの東京ドーム開幕戦では元気な姿でファンに手を振られ球場に戻ってこられました。

再び元気な姿で球場に戻ってきてくれたミスタージャイアンツ・長嶋茂雄さんについてみていきましょう。

長嶋茂雄さんの名言集や、現役時代の成績を振り返っていきたいと思います。

また、長嶋茂雄さんがこれまで残してきた伝説動画についてもみていきましょう。

 




長嶋茂雄の名言集は凄かった!

ミスタージャイアンツと呼ばれ多くのプロ野球ファンを熱狂させた長嶋茂雄さん。

現役時代には数々のタイトルを獲得した長嶋茂雄さんは、無類の勝負強さと闘志溢れるプレーで日本プロ野球界を盛り上げてくれました。

そこで選手・監督として数々の伝説を残されてきた長嶋茂雄さんの「名言集」をプロフィールと一緒にみていきたいと思います。

長嶋茂雄さんがこれまで残された名言集を5つピックアップし、まとめてみましたので早速みていきましょう。

 

長嶋茂雄〈名言集〉

~その1~

スターというのはみんなの期待に応える存在。

でも、スーパースターの条件はその期待を超えること。

 

~その2~

「努力」は人が見てないところでするものだ。

努力を積み重ねると人に見えるほどの結果がでる。

 

~その3~

「努力してます」と練習を売り物にする選手は、

「プロフェッショナル」と言えない。

 

~その4~

スランプなんて気の迷い。

普段やるべきことを精一杯やって

土台さえしっかりしていればスランプなんてありない。

僕はいつも、「俺は絶対打てる」という気持ちで

ボックスに立っていますよ。

 

~その5~

打った時より三振した時にいかに豪快に見せるか。

相手に恐怖心を意識させるかを考えた。

 

 

プロフィール

◆長嶋茂雄(ながしま しげお)

  • 生年月日:1936年2月20日
  • 出身:千葉県佐倉市
  • 身長/体重:178cm76kg
  • 投打:右投右打、ポジション:サード
  • 野球殿堂:1998年

 

〈選手時代〉

  • 千葉県立佐倉第一高等学校
  • 立教大学
  • 読売ジャイアンツ(58~74)

~タイトル~

首位打者(6回)、本塁打王(2回)

打点王(5回)、最多安打(10回)

~表彰~

新人王(58)、ベストナイン(17回)

MVP(5回)、ダイヤモンドグラブ賞(2回)など

 

〈監督・コーチ時代〉

  • 読売ジャイアンツ(72~80、93~01)
  • 日本代表監督(02~04)

~成績~

Aクラス:12回、Bクラス:3回

リーグ優勝:5回、日本一:2回

 

以上が、ミスタージャイアンツ長嶋茂雄さんの「名言集」とプロフィールになります。

長嶋茂雄さんはピックアップした上記の5つの名言集以外にも数多くの名言を残されてきています。

現役引退セレモニーの際にも長嶋茂雄さんは名言を残され、「我が巨人軍は永久に不滅です」の名言は今も尚語り継がれています。

数々の伝説・記録を残されプロ野球ファンに愛されたミスタージャイアンツこと長嶋茂雄さん。

時代が経った今も尚、長嶋茂雄さんが創ってきた伝説や記録は「記憶」として多くのプロ野球ファンの心に残っています。

 

長嶋茂雄 現役時代の成績とは?

現役時代には巨人V9に大きく貢献し、無類の勝負強さで巨人軍の4番に座り活躍してきた長嶋茂雄さん。

長嶋茂雄さんは現・福岡ソフトバンクホークス株式会社取締役会長の王貞治さんと共に「ON砲」と称されチームの勝利に貢献してきました。

そこで、巨人V9に大きく貢献し数々のビッグタイトルを獲得してきた長嶋茂雄さんの現役時代の「成績」を振り返っていきたいと思います。

また、長嶋茂雄さんの成績と一緒に現役時代の年俸もみていきましょう。

 

~成績~

試合数/打席数/安打数/本塁打数/打点数/打率」順で記載

1958年(22歳/プロ1年目)

130試合/550打席/153安打/29本塁打/92打点/.305

1959年(23歳/プロ2年目)

124試合/526打席/150安打/27本塁打/82打点/.334

1960年(24歳/プロ3年目)

126試合/524打席/151安打/16本塁打/64打点/.334

1961年(25歳/プロ4年目)

130試合/543打席/158安打/28本塁打/86打点/.353

1962年(26歳/プロ5年目)

134試合/584打席/151安打/25本塁打/80打点/.288

1963年(27歳/プロ6年目)

134試合/577打席/163安打/37本塁打/112打点/.341

1964年(28歳/プロ7年目)

133試合/566打席/144安打/31本塁打/90打点/.314

1965年(29歳/プロ8年目)

131試合/560打席/151安打/17本塁打/80打点/.300

1966年(30歳/プロ9年目)

128試合/543打席/163安打/26本塁打/105打点/.344

1967年(31歳/プロ10年目)

122試合/515打席/134安打/19本塁打/77打点/.283

1968年(32歳/プロ11年目)

131試合/569打席/157安打/39本塁打/125打点/.318

1969年(33歳/プロ12年目)

126試合/546打席/156安打/32本塁打/115打点/.311

1970年(34歳/プロ13年目)

127試合/525打席/128安打/22本塁打/105打点/.269

1971年(35歳/プロ14年目)

130試合/547打席/155安打/34本塁打/86打点/.320

1972年(36歳/プロ15年目)

125試合/520打席/119安打/27本塁打/92打点/.266

1973年(37歳/プロ16年目)

127試合/530打席/130安打/20本塁打/76打点/.269

1974年(38歳/プロ17年目)

128試合/476打席/108安打/15本塁打/55打点/.244

 

~年俸~

  • 1958年(22歳/プロ1年目)年俸:180万円
  • 1959年(23歳/プロ2年目)年俸:360万円
  • 1960年(24歳/プロ3年目)年俸:720万円
  • 1961年(25歳/プロ4年目)年俸:960万円
  • 1962年(26歳/プロ5年目)年俸:1000万円
  • 1963年(27歳/プロ6年目)年俸:1000万円
  • 1964年(28歳/プロ7年目)年俸:1400万円
  • 1965年(29歳/プロ8年目)年俸:1800万円
  • 1966年(30歳/プロ9年目)年俸:1800万円
  • 1967年(31歳/プロ10年目)年俸:3200万円
  • 1968年(32歳/プロ11年目)年俸:3200万円
  • 1969年(33歳/プロ12年目)年俸:4140万円
  • 1970年(34歳/プロ13年目)年俸:4560万円
  • 1971年(35歳/プロ14年目)年俸:4560万円
  • 1972年(36歳/プロ15年目)年俸:4920万円
  • 1973年(37歳/プロ16年目)年俸:4920万円
  • 1974年(38歳/プロ17年目)年俸:4920万円

 

以上が、数々のビッグタイトルを獲得し巨人V9に大きく貢献した長嶋茂雄さんの現役時代の成績になります。

長嶋茂雄さんは入団一年目からリーグ最高成績を残しタイトルを獲得しています。

また、プロ17年間のうち11年間は打率3割以上を残すなど驚きの成績を残されV9に貢献されました。

やはりミスタージャイアンツ長嶋茂雄さんは、記録にも記憶にも残る選手であることがわかりますね。

 

長嶋茂雄 伝説の動画とは⁉︎

最後に数々のドラマを生み数多くの伝説を創ってきた長嶋茂雄さんの伝説として語り継がれている引退セレモニーの動画をみていきたいと思います。

長嶋茂雄さんの引退セレモニーをまだ観たことがない方は是非チェックしてみてくださいね。

 

【伝説動画~引退セレモニー~】

【巨人軍は】長嶋茂雄引退セレモニー【永久に不滅です】

 

上記が今も尚語り継がれている長嶋茂雄さんの伝説の引退セレモニー動画になります。

引退試合でも通算444号目のホームランを放ち、最後までファンを湧かせた長嶋茂雄さん。

この長嶋茂雄さんの引退セレモニーの伝説動画は、今後も多くのプロ野球ファンに語り継がれていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました