箱根駅伝2019優勝校予想は早稲田大学!コース紹介と出場校一覧

第95回箱根駅伝記念大会!

2019年は記念大会として東京~箱根間で白熱したレースが繰り広げられる箱根駅伝。

今年はどのようなドラマが生まれ、記念すべき大会でどこの大学が優勝するか楽しみですね。

そこで優勝予想大学として早稲田大学にスポットを当てて、早稲田大学の箱根駅伝での歴史をみていくと同時に、2019年第95回箱根駅伝出場校と東京から箱根・芦ノ湖までのコース紹介も一緒にしていきたいと思います。

関連記事 → 箱根駅伝区間エントリー2019発表!出場校一覧と注目選手とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー城西大学2019!注目選手と歴代成績とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果復路2019!復路の通過順位・区間賞と総合成績は⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果往路2019!往路の通過順位と区間賞はどの選手が⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー日本大学2019!注目選手とアンパンマンカー

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー帝京大学2019!注目選手と2018結果

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー順天堂大学2019!注目選手と出場校決め方

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー青学2019!注目選手と歴代優勝校連覇校は?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー早稲田大学2019!注目選手と解説ゲストは?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー法政大学2019!注目選手と展望とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー東海・東洋2019!優勝候補の注目選手とは?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダーと予想順位2019!注目選手はこの選手!

関連記事 → 箱根駅伝エントリー選手発表2019!コース通過時間と注目選手一覧

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝予想中央大学!エントリー予想と出場校偏差値

関連記事 → 箱根駅伝2019結果!出場校・コース距離は?予選会の結果まで

関連記事 → 箱根駅伝2019予想優勝候補は拓殖大学!注目選手・コース高低差

関連記事 → 箱根駅伝結果!歴代往路・復路・総合優勝校は?区間賞選手一覧

関連記事 → 箱根駅伝2019出場校優勝予想は駒澤大学!気になる注目選手は?

関連記事 → 箱根駅伝2019出場校優勝予想は日本体育大学!注目選手は誰?

関連記事 → 箱根駅伝通過予想時間往路2019!通過コース・ポイントとは?

関連記事 → 箱根駅伝通過予想時間復路2019!通過コース・ポイントとは?

関連記事 → 箱根駅伝出場校2019!予選会結果個人記録とは⁉︎歴代記録も

関連記事 → 箱根駅伝予想2019!シード校と予選会通過校からみる優勝校は?

関連記事 → 箱根駅伝予選会2018結果!出場校一覧と予選会2018通過校!

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝校予想注目選手は⁉︎優勝は青学か?東洋大か?

関連記事 → 箱根駅伝予想2019!優勝予想神奈川大学の注目選手は誰だ

関連記事 → 箱根駅伝コースや距離2019!コースや距離からみる応援場所

関連記事 → 箱根駅伝予選会2019通過校予想!ルールとテレビ放送の詳細まで

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝校予想は東海大学!ライバル出場校も

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝校予想は東洋大学!ライバル出場校も

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝校予想は青山学院大学!ライバル出場校も!

関連記事 → 箱根駅伝コース距離!地図から検証往路復路高低差と優勝回数とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝出場校2019シード校!コースからみる予想通過時間は⁉︎

スポンサーリンク




箱根駅伝2019!優勝予想「早稲田大学」の歴史とは

2019年第95回箱根駅伝優勝予想大学である早稲田大学陸上部の歴史と箱根駅伝での歴史もみていきたいと思います。

早稲田大学は、1914年4月に創部されました。

1919年に行われた第1回関東学生陸上競技対校選手権大会では見事優勝に輝きます。

早稲田大学は関東インカレで通算18回の優勝を誇り、日本インカレの男子総合優勝は10回ととても素晴らしい成績を残しています。

早稲田大学は、マラソンで10勝をあげた瀬古利彦さんや円盤投げ・ハンマー投げで15回日本記録を更新した沖田芳夫さんなど数多くの選手を輩出しています。

箱根駅伝では1920年第1回大会から第87回の箱根駅伝の内80回出場し、総合優勝も13回という素晴らしい成績を残している早稲田大学。

第1回箱根駅伝には、三浦弥平さん・河野一郎さん・麻生武治さんらが出場し活躍をみせ、第二次世界大戦後には中村清さんが指導を行い日本大学や中央大学と激しい優勝争いをみせてくれました。

1976年には、瀬古利彦さんが入学。

福岡国際マラソンで優勝するなど経験を積み箱根駅伝にも出場しましたが、優勝することはできませんでした。

しかし、瀬古利彦さんが卒業してからの1984年・1985年と2年連続の優勝を成し遂げました。

1993年にも優勝を達成しましたが、その後は優勝から遠ざかり中々「優勝」という二文字を手にすることはできませんでしたが、2010年に箱根駅伝を制し、出雲駅伝・全日本大学駅伝と大学駅伝3校目となる男子学生三大駅伝三冠の快挙を成し遂げました。

全日本大学駅伝では1992~1995年の4連覇達成と2010年の合計5勝の成績を残し、出雲駅伝では1996年と2010年の2勝となり、男子学生三大駅伝の優勝回数は合計20勝で素晴らしい記録を持っています。

箱根駅伝では、2011年第87回大会から優勝をしていないため2019年第95回記念大会では是非とも素晴らしい成績を残してもらいたいですね。

《箱根駅伝での早稲田大学の成績》

  • 【出場回数】87回
  • 【連続出場】42回
  • 【初出場】第1回
  • 【シード回数】45回
  • 【総合最高順位】優勝
  • 【優勝回数】(往路)13回(復路)16回(総合)13回

第95回箱根駅伝:早稲田大学エントリー選手 決定

  • 小澤直人(4年):草津東高校
  • 清水歓太(4年):中央中等高校
  • 永山博基(4年):鹿児島実業高校
  • 伊澤優人(3年):東海大浦安高校
  • 大木皓太(3年):成田高校
  • 太田智樹(3年):浜松日体高校
  • 新迫志希(3年):世羅高校
  • 真柄光佑(3年):西武学園文理高校
  • 宍倉健浩(2年):早稲田実業高校
  • 渕田拓臣(2年):京都桂高校
  • 吉田匠(2年):洛南高校
  • 太田直希(1年):浜松日体高校
  • 千明龍之佑(1年):東農大二高校
  • 中谷雄飛(1年):佐久長聖高校
  • 半澤黎斗(1年):学法石川高校
  • 向井悠介(1年):小豆島中央高校

第95回箱根駅伝:注目選手

中谷雄飛(なかや ゆうひ)

  • 【生年月日】1999年6月11日
  • 【出身】長野県下諏訪町
  • 【出身校】佐久長聖高校
  • 【身長/体重】169cm/57kg
  • 【学年】1年生

早稲田大学待望の大型ルーキーである中谷雄飛選手。

昨年の全国高校駅伝において1区を務め区間賞を獲得したスーパールーキー。

出雲駅伝では3区を務め5人抜きを記録し区間4位。

続く全日本でも3区を務めた中谷雄飛選手は、7人抜きを記録し堂々たる走りをみせてくれました。

第95回箱根駅伝においても期待がかかるルーキー・中谷雄飛選手。

世界をも見据えている大型ルーキー・中谷雄飛選手の箱根路でのレースには注目です。

清水歓太(しみず かんた)

  • 【生年月日】1996年5月3日
  • 【出身】群馬県吉井町
  • 【出身校】中央中等高校
  • 【身長/体重】168cm/52kg
  • 【学年】4年生

前回大会である第94回大会は9区を務め区間賞を獲得した清水歓太選手。

2018年はキャプテンとしてチームを引っ張りながら箱根の頂点を目指しています。

今シーズンの出雲や全日本では本来の調子が出ませんでしたが、11月に開催された上尾ハーフマラソンでは好走。

箱根駅伝に向けて順調に調整をしてきている清水歓太選手にも注目が集まります。

箱根駅伝2019!第95回箱根駅伝出場校一覧

2019年第95回箱根駅伝記念大会に出場が決まっている12校を紹介していきます。

また、これまでの出場回数ベスト10も一緒にみていきましょう。

【第95回箱根駅伝出場校一覧】

  • 青山学院大学(11年連続24回目の出場・9年連続シード)
  • 東洋大学(17年連続77回目の出場・13年連続シード)
  • 早稲田大学(43年連続88回目の出場・12年連続シード)
  • 日本体育大学(71年連続71回目の出場・3年連続シード)
  • 東海大学(6年連続46回目の出場・4年連続シード)
  • 法政大学(4年連続79回目の出場・2年連続シード)
  • 城西大学(2年連続15回目の出場・3年ぶりシード)
  • 拓殖大学(6年連続40回目の出場・4年ぶりシード)
  • 帝京大学(12年連続20回目の出場・2年ぶりシード)
  • 中央学院大学(17年連続20回目の出場・4年連続シード)
  • 日本大学(2年ぶり88回目の出場・関東インカレ成績枠)
  • 関東学生連合(オープン参加)

上記がすでに出場が決まっている12校となります。

残り11校は10月に行われる予選会に参加し上位11校が本選である第95回箱根駅伝の切符を手にします。

予選会から勝ち上がり優勝する大学は出てくるのでしょうか。

2019年箱根駅伝も目が離せませんね。

《箱根駅伝出場回数トップ10》

  • 第1位:中央大学(91回)
  • 第2位:早稲田大学(87回)
  • 第2位:日本大学(87回)
  • 第4位:法政大学(78回)
  • 第5位:東洋大学(76回)
  • 第6位:日本体育大学(70回)
  • 第7位:東京農業大学(69回)
  • 第8位:専修大学(68回)
  • 第9位:筑波大学(62回)
  • 第10位:明治大学(59回)
  • 第10位:順天堂大学(59回)

出場回数トップ10の大学は上記の通りです。

箱根駅伝の本選に出場することはとても厳しい中で、このような出場回数を残し活躍しています。

今後も箱根駅伝も楽しみです。

箱根駅伝2019!コース紹介からみる各区間の特徴

最後に箱根駅伝のコースについてみていきたいと思います。

各区間でコースの特徴なども変わるため、各区間のコースを知っておくことで実際にみる際に役に立てると思うので一緒にみていきましょう。

【12日:往路】

  • 1区:21.4km(大手町読売新聞本社前~鶴見中継所)

レースの展開を大きく左右する重要な区間です。

この区間ではチーム屈指のスピードランナーが、慎重に駆け引きをしながら花の2区へと襷を繋いで行きます。

勝負所は、平坦な直線コースが終わる17km過ぎの6郷橋には注目です。

  • 2区:23.2km(鶴見中継所~戸塚中継所)

各大学のエースが揃う花の2区。

この区間は距離が長く、13km過ぎからは権太坂が待ち受け、残り3kmにもアップダウンの道が立ちはだかり体力・精神力全てが必要な区間であり、たとえ各大学のエースであっても厳しいコースです。

また、この2区ではごぼう抜きがみられるのも有名な区間なので目が離せませんね。

  • 3区:21.5km(戸塚中継所~平塚中継所)

花の2区から襷を受け取った後の重要な3区の区間は、前半約9kmの緩やかな下り坂を下って行くコースであり、11km過ぎの134号線に出ると正面に富士山が現れ、左側には相模湾と箱根駅伝で一番の絶景ポイントになります。

しかし、天候などが悪くなると強烈な向かい風が選手を襲い行く手を防いでしまうポイントでもあります。

  • 4区:21.3km(平塚中継所~小田原中継所)

平地区間では1番距離の短い区間の4区ですが、この区間あたりから先頭との差が開いたりする区間になるため、己との闘いが試される区間になります。

5区に出来るだけいい位置で襷を繋ぐためにはとても重要となる4区の走りも見逃せません。

  • 5区:20.8km(小田原中継所~箱根・芦ノ湖

箱根駅伝最大の難所である5区山上り。

国道1号線標高約874mを一気に駆け上がり、16.2kmの最高地点を過ぎると今度は一気に往路のゴールである箱根神社大鳥居に向かって一気に下っていくコース。

2日目復路でのスタートする時間差が決まるため、上りから下りへの切り返しも重要になってきます。

2019年も山の神が誕生するのか目が離せませんね。

【13日:復路】

  • 6区:20.8km(箱根・芦ノ湖~小田原中継所)

5区の上りとは違い、スタートから4km上ってからは一気の下りになる6区の区間。

この区間は急な坂を下って行くため位置取りなどがポイントとなってきます。

また、朝は冷え込みがあったり、足への負担も大きくなるため、ペース配分も重要な区間となります。

  • 7区:21.3km(小田原中継所~平塚中継所)

変化するアップダウンが続き、走りにくい区間の7区。

スタート時は気温が低いが太陽が上ってくるにつれ気温が上がるため、体調調節が難しい区間でもあります。

ここの区間での失速は避けたいですね。

  • 8区:21.5km(平塚中継所~戸塚中継所)

強い追い風により選手たちのペースを崩しやすく体力も奪われてしまう8区の区間。

追い風だけでなく気温も上がってくるため慎重なペース配分が重要な場所です。

繰り上げスタートなってしまう可能性もあるため目が離せません。

  • 9区:23.2km(戸塚中継所~鶴見中継所)

毎年幾つものドラマが生まれる9区。優勝争いやシード権争い、繰り上げスタートにならないよう必死に襷を繋ぐ選手たちがこの区間では多くみられます。

大逆転劇を毎年みせてくれる区間なので絶対目を離してはいけません。

  • 10区:23.1km(鶴見中継所~大手町読売新聞本社前)

仲間が繋いでくれた襷を胸に、仲間の待っているゴールへラストランをする最終区間10区。

多くの歓声が送られる中で中央通り・日本橋を抜けゴールへと走る選手たちですが、思わぬハプニングや大逆転なども時には起きる最終区は、全チームがゴールテープを切るまで目が離せません。

シード権争いにも注目が集まりますね。

10人の選手が襷を繋ぎ、チームのため・仲間のために色々な思いを背負いながら走り抜ける箱根駅伝。

2019年の箱根駅伝まで、カウントダウンは始まっています。

関連記事 → 箱根駅伝区間エントリー2019発表!出場校一覧と注目選手とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー城西大学2019!注目選手と歴代成績とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果復路2019!復路の通過順位・区間賞と総合成績は⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果往路2019!往路の通過順位と区間賞はどの選手が⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー日本大学2019!注目選手とアンパンマンカー

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー帝京大学2019!注目選手と2018結果

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー順天堂大学2019!注目選手と出場校決め方

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー青学2019!注目選手と歴代優勝校連覇校は?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー早稲田大学2019!注目選手と解説ゲストは?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー法政大学2019!注目選手と展望とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー東海・東洋2019!優勝候補の注目選手とは?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダーと予想順位2019!注目選手はこの選手!

関連記事 → 箱根駅伝エントリー選手発表2019!コース通過時間と注目選手一覧

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝予想中央大学!エントリー予想と出場校偏差値

関連記事 → 箱根駅伝2019結果!出場校・コース距離は?予選会の結果まで

関連記事 → 箱根駅伝通過予想時間往路2019!通過コース・ポイントとは?

関連記事 → 箱根駅伝通過予想時間復路2019!通過コース・ポイントとは?

関連記事 → 箱根駅伝2019予想優勝候補は拓殖大学!注目選手・コース高低差

関連記事 → 箱根駅伝結果!歴代往路・復路・総合優勝校は?区間賞選手一覧

関連記事 → 箱根駅伝2019出場校優勝予想は駒澤大学!気になる注目選手は?

関連記事 → 箱根駅伝出場校2019!予選会結果個人記録とは⁉︎歴代記録も

関連記事 → 箱根駅伝予想2019!シード校と予選会通過校からみる優勝校は?

関連記事 → 箱根駅伝予選会2018結果!出場校一覧と予選会2018通過校!

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝校予想注目選手は⁉︎優勝は青学か?東洋大か?

関連記事 → 箱根駅伝予想2019!優勝予想神奈川大学の注目選手は誰だ

関連記事 → 箱根駅伝コースや距離2019!コースや距離からみる応援場所

関連記事 → 箱根駅伝予選会2019通過校予想!ルールとテレビ放送の詳細まで

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝校予想は東海大学!ライバル出場校も

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝校予想は東洋大学!ライバル出場校も

関連記事 → 箱根駅伝2019優勝校予想は青山学院大学!ライバル出場校も!

関連記事 → 箱根駅伝コース距離!地図から検証往路復路高低差と優勝回数とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝出場校2019シード校!コースからみる予想通過時間は⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝2019出場校優勝予想は日本体育大学!注目選手は誰?

AD2



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする