藤浪晋太郎の年俸推移と成績とは?イップスの原因は黒田と畠山?

スポーツ

「浪速のダルビッシュ」と称され高校時代には、甲子園春夏連覇を達成した現阪神タイガースの藤浪晋太郎選手。

大阪の強豪・大阪桐蔭高校を卒業後は、入団から3年連続で二桁勝利をあげるなど阪神のエースとして活躍してきました。

しかし、近年は制球力に課題を残しイップスでは?とも囁かれています。

そこで今回は、浪速のダルビッシュと称された藤浪晋太郎選手について年俸推移と成績についてみていきたいと思います。

また、近年不調の要因とされているイップス原因についてもみていきましょう。

 




藤浪晋太郎 プロフィール

藤浪晋太郎(ふじなみ しんたろう)

  • 【生年月日】1994年4月12日
  • 【出身】大阪府堺市
  • 【身長/体重】197cm/101kg
  • 【投打】右投右打
  • 【ポジション】ピッチャー
  • 【ドラフト】2012年ドラフト1位
  • 【タイトル】最多奪三振(1回:2015)

【受賞】

  • 新人特別賞(2013)
  • オールスターゲームMVP(1回:2015)
  • U-18男子年間最優秀選手(2012)など

【経歴】

  • 大阪桐蔭高等学校
  • 阪神タイガース(2013~)

 

藤浪晋太郎選手は小学1年生から「竹城台少年野球部」で野球を始め、中学では「大阪泉北ボーイズ」でプレー。

中学時代には最速142km/hをマークし、3年生の時にはAA世界野球選手権大会日本代表にも選出された経歴を持ちます。

強豪・大阪桐蔭高校に進学した藤浪晋太郎選手は、1年夏からベンチ入りを果たし2年春からチームのエースとして注目を集めていきました。

現西武ライオンズ・森友哉選手とバッテリーを組み史上7校目となる春夏連覇を達成しました。

「浪速のダルビッシュ」とも称された藤浪慎太郎選手は、「高校三冠」を達成し「U-18男子年間最優秀選手」にも選出。

2012年ドラフト会議では、4球団競合の末に阪神タイガースが交渉権を獲得し背番号19で契約合意に至りました。

 

プロ1年目開幕3戦目にはプロ初登板・初先発を果たし、高卒新人史上最速の登板を記録。

8月には10勝目を記録し、セ・リーグ高卒新人では1967年に江夏豊さん以来46年ぶりとなる偉業を達成しました。

シーズン終了後には、セ・リーグ連盟特別賞として「新人特別賞」を受賞。

2014年にも二桁勝利をあげ、松坂大輔選手以来14年ぶりとなる2年連続での二桁勝利を記録。

2015年シーズン開幕前には、GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 の日本代表にも選出。

8月には3年連続二桁勝利をあげ、史上9人目・松坂大輔選手以来14年ぶりの記録を残しました。

2016年シーズンはオフシーズンの右肩炎症の影響もありシーズン全体を通して不振が続き、4年連続二桁勝利は達成できませんでした。

2017年は序盤から制球難に苦しみレギュラーシーズンに2度の登録抹消を経験。

レギュラーシーズンではわずか3勝しかあげられず苦しいシーズンとなった藤浪晋太郎選手。

2018年シーズンも制球難に苦しみ一軍昇格・降格を繰り返す日々が続きました。

しかし、6月27日の対DeNA戦では満塁本塁打を記録し、その後も勝星を上げていった藤浪晋太郎選手。

レギュラーシーズンでは5勝をあげ通算勝利数50勝を記録しました。

2019年開幕前には制球難克服のためフォーム改造に取り組むも結果が残せず、無期限の二軍調整が決まった藤浪晋太郎選手。

しかし、甲子園春夏連覇・プロ入団から3年連続二桁勝利という実績を持つ藤浪晋太郎選手。

シーズンも始まる前なのでチームの主力選手として復活してきてくれることを待ち続けたいと思います。

藤浪晋太郎選手がどのような復活を果たしてくれるのか注目が集まります。

 

藤浪晋太郎 年俸推移と成績とは⁉︎

高校時代には甲子園春夏連覇を達成し「浪速のダルビッシュ」と称され、数々の伝説や記録を残してきた藤浪晋太郎選手。

プロ入団後にも3年連続二桁勝利をあげるなどチームの柱として活躍してきました。

そこで、阪神・藤浪晋太郎選手のプロ1年目2013年から2019年までの年俸推移と2018年シーズンまでの成績についてみていきたいと思います。

 

◯年俸推移(2013年~2019年)

  • 2012年(18歳) 契約金:1億円
  • 2013年(1年目:19歳) 年俸:1500万円
  • 2014年(2年目:20歳) 年俸:4500万円
  • 2015年(3年目:21歳) 年俸:8500万円
  • 2016年(4年目:22歳) 年俸:1億7000万円
  • 2017年(5年目:23歳) 年俸:1億6000万円
  • 2018年(6年目:24歳) 年俸:1億2000万円
  • 2019年(7年目:25歳) 年俸:8400万円

 

◯成績(2013年~2018年)

試合数・投球回数・勝利数・敗戦数・防御率・自責点」順

2013年(1年目:19歳)

24試合/137.2回/10勝/6敗/2.75/42点

2014年(2年目:20歳)

25試合/163.0回/11勝/8敗/3.53/64点

2015年(3年目:21歳)

28試合/199.0回/14勝/7敗/2.40/53点

2016年(4年目:22歳)

26試合/169.0回/7勝/11敗/3.25/61点

2017年(5年目:23歳)

11試合/59.0回/3勝/5敗/4.12/27点

2018年(6年目:24歳)

13試合/71.0回/5勝/3敗/5.32/42点

 

以上が、プロ1年目2013年から2019年までの年俸推移と2018年シーズンまでの成績になります。

制球難になってからは思うような成績が残せていない藤浪晋太郎選手

プロ7年目を迎える2019年シーズンでは、どのように復活し活躍してくれるのか注目が集まります。

浪速のダルビッシュ復活へ期待が高まります。

 

藤浪晋太郎イップスの原因は黒田と畠山?

最後に近年制球難で成績不振が続きイップスとも噂されている藤浪晋太郎選手。

持ち前の豪速球が発揮できず、デットボールやフォアボールに苦しみ二軍での調整が多くなってきました。

そこで入団から3年連続で二桁勝利をあげていた藤浪晋太郎選手が何故イップスを疑われるようになってしまったのか、その原因についてみていきたいと思います。

 

藤浪晋太郎選手本人はイップスと認めてはいませんが、現在の制球難になった原因としては2度の危険球が原因ではないかと言われています。

一つ目の原因として上げられているのが、2015年の対広島カープ戦でピッチャー黒田博樹投手に投じた2球続けての危険球が原因とされています。

藤浪晋太郎選手は黒田博樹投手の頭部付近に2球続けて危険球を投げてしまい、両チーム乱闘寸前となってしまいました。

 

二つ目の原因としては、2017年の対ヤクルト戦で畠山和洋選手の左肩付近へのデッドボールが原因だと言われています。

このデッドボールで両軍入り乱れる乱闘が発生し、バレンティン選手と矢野燿大コーチが退場処分を受け警告試合となりました。

 

以上、2つの原因が藤浪晋太郎選手がイップスを疑われるようになった原因だと噂されています。

また、藤浪晋太郎選手は真面目な性格であることも現在の制球難から抜け出せない要因とも言われています。

ここ数年制球難でイップスと疑われ思うような成績が残せていない藤浪晋太郎選手。

イップス克服には時間がかかるため、少しずつ本来のフォームを取り戻し復活してほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました