選抜高校野球2019野手注目選手!項目別打撃ランキング1位は?

スポーツ

数々の名勝負が繰り広げられ様々な伝説や記録が誕生してきた高校野球。

2019年度も阪神甲子園球場を舞台に新たなドラマが誕生しようとしています。

3月23日(土)から開幕する選抜高校野球2019では、今後のプロ野球界を背負っていくドラフト注目選手が多く出場します。

また、ドラフト注目選手に引けを取らない選手も多く出場する選抜高校野球2019では、新たなドラフトの卵が誕生する場でもあります。

そこで今回は、選抜高校野球2019の出場校の中から「野手」注目選手に着目して関東・関西それぞれの注目選手についてみていきたいと思います。

また、選抜高校野球2019に出場する選手の項目別打撃ランキング1位についてもみていきましょう。

2019年初の全国大会の舞台でどのようなパフォーマンスを披露してくれるのでしょうか⁉︎

早速、選抜高校野球2019野手注目選手についてみていきましょう。

 




選抜高校野球2019 野手注目選手「関東」

2019年3月23日(土)に幕を開ける選抜高校野球2019。

2019年もドラフト注目選手が多く出場し白熱した試合が予想されています。

そこで、選抜高校野球2019に出場する「関東」の野手注目選手についてみていきたいと思います。

また、注目選手と合わせて選抜高校野球2019出場校も一緒に確認していきましょう。

 

選抜高校野球2019出場校

◯北海道:2校

札幌大谷〈北海道・初〉札幌第一〈北海道〉

◯東北:2校

八戸学院光星〈青森〉盛岡大付〈岩手〉

◯関東:5校

桐蔭学園〈神奈川〉春日部共栄〈埼玉〉山梨学院〈山梨〉習志野〈千葉〉横浜〈神奈川〉

◯東京:1校

国士舘〈東京〉

◯東海:2校

東邦〈愛知〉津田学園〈三重〉

◯北信越:2校

星稜〈石川〉啓新〈福井・初〉

◯近畿:6校

龍谷大平安〈京都〉明石商〈兵庫〉履正社〈大阪〉智弁和歌山〈和歌山〉福知山成美〈京都〉市和歌山〈和歌山〉

◯中国:3校

広陵〈広島〉米子東〈鳥取〉呉〈広島〉

◯四国:2校

高松商〈香川〉松山聖陵〈愛媛〉

◯九州:4校

筑陽学園〈福岡・初〉明豊〈大分〉大分〈大分・初〉日章学園〈宮崎・初〉

◯21世紀

石岡一〈茨城・初〉富岡西〈徳島・初〉熊本西〈熊本・初〉

 

 

野手注目選手「関東編」

◯八戸学院光星:武岡龍世(新3年)

  • 身長/体重:178cm/70kg
  • 投打:右左
  • ポジション:ショート

巨人・坂本2世と呼ばれ走攻守3拍子揃ったドラフト注目選手。

明治神宮大会でもバックスクリーンへ飛び込むホームランを放つなど広角に強い打球を弾き返せられる左の好打者です。

 

◯桐蔭学園:森敬斗(新3年)

  • 身長/体重:175cm/68kg
  • 投打:右左
  • ポジション:ショート

秋季関東地区大会1回戦で逆転満塁サヨナラホームランを放ち勝利に貢献。

また、決勝の舞台でも2ラン・3ランと2本のホームランを放ち24年ぶりの関東王者に導いた立役者です。

 

◯山梨学院:野村健太(新3年)

  • 身長/体重:180cm/88kg
  • 投打:右右
  • ポジション:外野手

「山梨のデスパイネ」と称され高校屈指の長距離打者。

高校通算34本塁打を記録している山梨のスラッガーは甲子園の舞台でも大注目の一人です。

 

◯横浜:度合隆輝(新2年)

  • 身長/体重:180cm/76kg
  • 投打:右左
  • ポジション:セカンド

第100回夏の甲子園では、1年生ながらベンチ入りを果たし代打として活躍。

元ヤクルトの度合博文さんを父親に持ち、U-15アジアチャレンジマッチにも出場し優秀選手も獲得した経歴を持つ注目の選手です。

 

◯横浜:内海貴斗(新3年)

  • 身長/体重:182cm/77kg
  • 投打:右左
  • ポジション:ファースト

1年春からベンチ入りを果たしレギュラー争いを繰り広げてきた注目選手。

第100回夏の甲子園では5安打と2本の長打を放つなど持ち前の打撃を披露。

甘い球が来れば120m超えのホームランも打てる、期待の長距離選手です。

 

◯国士舘:鎌田州真(新2年)

  • 身長/体重:182cm/73kg
  • 投打:右左
  • ポジション:ショート

秋季東京都大会では打率.529を記録し、決勝の舞台でも勝負強い打撃で自ら試合を決めた注目選手。

中学3年生の時にはU-15にも選出された経歴もある選手です。

 

◯星稜:内山壮真(新2年)

  • 身長/体重:172cm/72kg
  • 投打:右右
  • ポジション:ショート/キャッチャー

1年生から名門・星稜高校の3番に座る期待の注目選手。

U-15日本代表ではキャッチャーとしてアジア選手権大会優勝に貢献し、本塁打王・ベストナインに選出された実績の持ち主です。

2年秋からは中軸4番打者としてチームを引っ張り、今大会でのホームランにも期待がかかる選手です。

 

◯東邦:石川昴弥(新3年)

  • 身長/体重:185cm/81kg
  • 投打:右右
  • ポジション:サード/ピッチャー

1年春から背番号6をつけ、1年秋からは4番・サードとして活躍

高校通算39本塁打を誇る強肩強打のスラッガーは、投手としても最速144km/hを誇る「二刀流選手」。

今大会でも投打にわたって注目が集まる期待の二刀流選手です。

 

以上が、選抜高校野球2019「関東」の野手注目選手になります。

ドラフト候補にも名前が上がっている選手が多く出場し、東邦高校・石川昴弥選手には投打で注目が集まります。

好投手も多く出場する今大会では、どのようなバッティングや守備を披露してくれるのか注目が集まります。

 

選抜高校野球2019 野手注目選手「関西」

次に選抜高校野球2109「関西」の野手注目選手についてみていきたいと思います。

関西にはどのような好打者が揃っているのか早速みていきましょう。

 

野手注目選手「関西編」

◯龍谷大平安:奥村真大(新2年)

  • 身長/体重:180cm/70kg
  • 投打:右右
  • ポジション:サード

勝負強い打撃が持ち味の名門・龍谷大平安高校の中軸に座る好打者。

兄は現ヤクルトの奥村展征選手と、甲子園一族の注目選手です。

 

◯明石商業:来田涼斗(新2年)

  • 身長/体重:178cm/78kg
  • 投打:右左
  • ポジション:外野手

1年春から明石商業の1番打者として活躍する俊足のリードオフマン。

秋季近畿地区大会では本塁打を放つなど、右左に強い打球を弾き返せす左の好打者です。

 

◯履正社:野口海音(新3年)

  • 身長/体重:171cm/80kg
  • 投打:右右
  • ポジション:キャッチャー

大阪の強豪・履正社高校のキャプテンとしてチームを引っ張る右の長距離砲。

U-15日本代表でもキャプテンを務め、中学通算45本塁打の実績も持つ選手です。

 

◯履正社:井上広大(新3年)

  • 身長/体重:187cm/92kg
  • 投打:右右
  • ポジション:外野手

高校通算23本塁打を放つドラフト注目のスラッガー。

恵まれた体格で、秋季公式戦では3本のホームランを放ち近畿大会ベスト4へ導いた立役者。

今大会No.1スラッガーとして注目が集まっている選手です。

 

◯智弁和歌山:東妻純平(新3年)

  • 身長/体重:172cm/74kg
  • 投打:右右
  • ポジション:キャッチャー

名門・智弁和歌山高校の正捕手として投手陣を支える選手。

二塁送球は平均1秒83というタイムを誇り強肩強打のキャッチャーとして今大会注目を集めています。

兄は2018年ドラフト2位指名でロッテに入団した東妻勇輔選手です。

 

◯智弁和歌山:黒川史陽(新3年)

  • 身長/体重:181cm/78kg
  • 投打:右左
  • ポジション:サード/外野手

1年春からベンチ入りを果たし、昨年春の選抜準々決勝では逆転サヨナラタイムリーも記録した左の強打者。

中学生時代にはNOMOジャパンにも選出され、関西No.1打者として注目された逸材です。

 

◯明豊:野邊優汰(新3年)

  • 身長/体重:173cm/68kg
  • 投打:右左
  • ポジション:ショート/サード

1年秋からショートのレギュラーを掴み、打っては中軸3・4番を務める左の好打者。

プロからも注目を集め、攻守にわたって期待がかかる選手です。

 

以上が、選抜高校野球2019「関西」の野手注目選手になります。

高い身体能力を持った選手が多く、選抜高校野球2019でも多くのビッグプレーやホームラン・ヒットが飛び出しそうな予感を漂わせています。

大会屈指の好打者からは1球1球目が離せそうになりませんね。

 

項目別打撃ランキング1位はどの選手?

最後に選抜高校野球2019に出場する選手の中で、「ホームラン数・盗塁数」が一番多い選手はどの選手なのかみていきたいと思います。

また、ホームラン数・盗塁数の多いTOP3の選手も一緒にみていきましょう。

 

ホームラン数TOP3(通算)

第1位:39本塁打

  • 石川昴弥(東邦高校)

 

第2位:34本塁打

  • 野村健太(山梨学院高校)

 

第3位:23本塁打

  • 井上広大(履正社高校)

 

盗塁数TOP3

第1位:41盗塁

  • 根本翔吾(習志野高校)

 

第2位:32盗塁

  • 黒川渓(春日部共栄高校)

 

第3位:31盗塁

  • 石川昴弥(東邦高校)
  • 熊田任洋(東邦高校)

 

以上が、選抜高校野球2019に出場する選手の中で、「ホームラン数・盗塁数」が一番多い選手とTOP3の選手になります。

上記のランキングをみると打撃に関しては「東邦高校」の選手の名前が多いことがわかります。

機動力・長打と両方兼ね備える東邦高校には注目が集まり、ホームランが何本飛び出すのかも期待がかかります。

選抜高校野球2019では好投手が集まる中で、どのようなバッティングで盛り上げてくれるのか1球1球注目が集まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました