原辰徳の就任成績とは?プロ野球00年以降と通算勝利監督は誰⁉︎

スポーツ

伝統ある読売巨人軍に3度目となる監督就任を果たし、2019年シーズンから指揮をとる名将・原辰徳さん。

ここ数年、「優勝」から遠ざかっているチームをどのように再建していくのか大きな注目が集まっています。

過去の監督就任時には、リーグ優勝7回・日本一3回を達成し黄金期を支えてきました。

そこで今回は、2019年シーズンから巨人軍の指揮をとる名将・原辰徳さんの監督就任時の成績についてみていきたいと思います。

また、プロ野球00年以降と通算勝利数の多い監督についてもみていきましょう。

 




原辰徳 若大将の経歴

原辰徳(はら・たつのり)

  • 生年月日/1958/7/22(60歳)
  • 出身/神奈川県相模原市
  • 身長/181cm
  • 体重/88kg
  • 投打/右投右打
  • ポジション/サード・外野手・ファースト
  • ドラフト/1980年ドラフト1位

表彰

  • 新人王/1981
  • MVP/1回:1983
  • ベストナイン/5回:三塁手部門③・外野手部門②
  • ゴールデングラブ賞/2回:三塁手部門
  • 野球殿堂/2018年:エキスパート部門
  • 世界最優秀監督/1回:2009年

タイトル

  • 打点王/1回:1983

経歴

  • 東海大学付属相模高等学
  • 東海大学
  • 読売ジャイアンツ(1981~1995)
  • 読売ジャイアンツ監督(2002~2003、2005~2015、2019~)

 

東海大相模高校時代から「原フィーバー」を巻き起こし、3年連続夏の甲子園出場を果たすなど注目を集めた原辰徳さん。

高校卒業後は東海大学政治経済部経済学科に進学。

1年秋から活躍をみせ、3年時には岡田彰布さんと日米野球の3・4番を務めるなど活躍。

大学4年時の明治神宮野球大会では1試合3ホーマーを放ち「長嶋茂雄の再来」と注目を集めます。

名将・長嶋茂雄さんが惚れ込むほどの逸材であった原辰徳さんは、1980年ドラフト会議で巨人から1位指名を受け入団。

1980年代から1990年代にかけ巨人軍の4番打者として、数々の伝説をつくってきました。

入団1年目から12年連続で20本以上のホームランを記録するなどチームを支えてきました。

1995年に現役生活に終止符を打ち引退。

その後3年間は解説者・評論家として活動された原辰徳さん。

 

しかし、1999年に1軍野手総合コーチとしてプロ野球界に復帰を果たし、2002年からは巨人軍の監督に就任され指揮をとられました。

成績不振により1度辞任されたものの、2006年から再び巨人の監督に就任されました。

2009年にはWBC日本代表の監督を務め世界一に導き世界最優秀監督のタイトルも獲得。

2015年10月に監督辞任を発表され読売ジャイアンツ球団特別顧問として活動。

しかし、チームの不振が続き2019年シーズンから3度目監督就任を発表。

7度のリーグ優勝と3度の日本一に導いている名将が、2019年シーズンから再び伝統の読売巨人軍の指揮をとります。

永遠の若大将・原辰徳さんは2019年シーズンどのような指揮をとり、チームを優勝に導くのか大きな注目が集まります。

 

原辰徳の監督就任成績とは?

2019年シーズンから3度目となる監督復帰が決まった原辰徳さん。

過去2度の3連覇を果たし、7回のリーグ優勝・3回の日本一を達成し巨人の黄金期を築き上げてきました。

伝統ある狂人軍の監督として数々の伝説を残してきた名将・原辰徳さんの監督就任時の成績についてみていきたいと思います。

成績は「就任年(年齢)・順位・勝敗数・ポストシーズン」の順に記載させていただきます。

 

2002年(1年目:44歳)リーグ順位:1位

〈勝利数〉86勝52敗2分〈ポストシーズン〉日本一

 

2003年(2年目:45歳)リーグ順位:3位

〈勝利数〉71勝66敗3分〈ポストシーズン〉ー

 

2006年(3年目:48歳)リーグ順位:4位

〈勝利数〉65勝79敗2分〈ポストシーズン〉ー

 

2007年(4年目:49歳)リーグ順位:1位

〈勝利数〉80勝63敗1分〈ポストシーズン〉CS敗退

 

2008年(5年目:50歳)リーグ順位:1位

〈勝利数〉84勝57敗3分〈ポストシーズン〉日本S敗退

 

2009年(6年目:51歳)リーグ順位:1位

〈勝利数〉89勝46敗9分〈ポストシーズン〉日本一

 

2010年(7年目:52歳)リーグ順位:3位

〈勝利数〉79勝64敗1分〈ポストシーズン〉CS敗退

 

2011年(8年目:53歳)リーグ順位:3位

〈勝利数〉71勝62敗11分〈ポストシーズン〉CS敗退

 

2012年(9年目:54歳)リーグ順位:1位

〈勝利数〉86勝43敗15分〈ポストシーズン〉日本一

 

2013年(10年目:55歳)リーグ順位:1位

〈勝利数〉84勝53敗7分〈ポストシーズン〉日本S敗退

 

2014年(11年目:56歳)リーグ順位:1位

〈勝利数〉82勝61敗1分〈ポストシーズン〉CS敗退

 

2015年(12年目:57歳)リーグ順位:2位

〈勝利数〉75勝67敗1分〈ポストシーズン〉CS敗退

 

監督就任通算成績

  • 監督年数:12年(2002~2003、2006~2015)
  • 試合数:1715試合
  • 勝敗:947勝712敗56分
  • リーグ優勝:7回(Aクラス:11回、Bクラス:1回)
  • 日本一:3回

 

以上が、巨人の黄金期を築いてきた名将・原辰徳さんの監督就任時の成績になります。

セ・リーグ優秀監督賞にも7度選ばれ、2009年にはWBC日本代表の監督として大会2連覇に導きました。

2019年シーズンから再び巨人軍の指揮をとる原辰徳さん。

2019年シーズンからどのような伝説をつくっていくのか注目が集まります。

 

プロ野球00年以降と通算勝利監督は誰⁉︎

最後にプロ野球00年以降と歴代通算勝利数の多い監督について、ぞれぞれトップ10までみていきたいと思います。

 

00年以降最多勝利数監督トップ10

1位:原辰徳(はら・たつのり)

  • 球団:巨人
  • 勝利数:900勝666敗55分

2位:王貞治(おう・さだはる)

  • 球団:巨人・ダイエー・ソフトバンク
  • 勝利数:652勝516敗27分

3位:梨田昌孝(なしだ・まさたか)

  • 球団:近鉄・日ハム・楽天
  • 勝利数:645勝594敗24分

4位:落合博満(おちあい・ひろみつ)

  • 球団:中日
  • 勝利数:629勝491敗30分

5位:岡田彰布(おかだ・あきのぶ)

  • 球団:阪神・オリックス
  • 勝利数:581勝521敗39分

6位:星野仙一(ほしの・せんいち)

  • 球団:中日・阪神・楽天
  • 勝利数:546勝512敗30分

7位:ボビー・バレンタイン

  • 球団:ロッテ
  • 勝利数:493勝450敗23分

8位:秋山幸二(あきやま・こうじ)

  • 球団:ソフトバンク
  • 勝利数:456勝369敗40分

9位:伊東勤(いとう・つとむ)

  • 球団:西武・ロッテ
  • 勝利数:448勝425敗9分

10位:渡辺久信(わたなべ・ひさのぶ)

  • 球団:西武
  • 勝利数:438勝395敗31分

 

歴代通算勝利数監督トップ10

1位:鶴岡一人(つるおか・かずと)

  • 球団:グレートリング・南海
  • 勝利数:1773勝1140敗81分

2位:三原脩(みはら・おさむ)

  • 球団:巨人・西鉄・大洋・近鉄・ヤクルト
  • 勝利数:1687勝1453敗108分

3位:藤本定義(ふじもと・さだよし)

  • 球団:巨人・パシフィック・太陽・金星・大映・阪急・阪神
  • 勝利数:1657勝1450敗93分

4位:水原茂(みずはら・しげる)

  • 球団:巨人・東映・中日
  • 勝利数:1586勝1123敗73分

5位:野村克也(のむら・かつや)

  • 球団:南海・ヤクルト・阪神・楽天
  • 勝利数:1565勝1563敗76分

6位:西本幸雄(にしもと・ゆきお)

  • 球団:大毎・阪急・近鉄
  • 勝利数:1384勝1163敗118分

7位:上田利治(うえだ・としはる)

  • 球団:阪急・オリックス・日本ハム
  • 勝利数:1322勝1136敗116分

8位:王貞治(おう・さだはる)

  • 球団:巨人・ダイエー・ソフトバンク
  • 勝利数:1315勝1118敗74分

9位:別当薫(べっとう・かおる)

  • 球団:毎日・大毎・近鉄・大洋・広島
  • 勝利数:1237勝1156敗104分

10位:星野仙一(ほしの・せんいち)

  • 球団:中日・阪神・楽天
  • 勝利数:1181勝1043敗53分

 

以上が、プロ野球00年以降と歴代通算勝利数の多い監督トップ10になります。

00年以降・歴代通算勝利数共にランクインされている監督もいらっしゃいます。

今後、どのような記録が誕生するのかにも注目が集まりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました