小林誠司巨人正捕手の年俸推移と成績とは⁉︎宮澤智アナとの現在は?

スポーツ

プロ野球界でNo.1との呼ばれる強肩を持ち、歴史ある巨人軍の正捕手として活躍する小林誠司選手。

長年巨人軍の正捕手を務めてきた阿部慎之助選手の後継者として期待されてきました。

しかし、2018年シーズンオフの大型補強で西武から炭谷銀仁朗選手がトレードしてきたことにより正捕手争いが注目されています。

そこで今回は、正捕手争いで注目されている巨人・小林誠司選手の年俸推移や入団からこれまでの成績についてみていきたいと思います。

また、熱愛報道で話題となった宮澤智アナとの現在についてもみていきましょう。

 




小林誠司 巨人正捕手の経歴

小林誠司(こばやし せいじ)

  • 【生年月日】1989年6月7日(29歳)
  • 【出身】大阪府堺市
  • 【身長/体重】178cm/85kg
  • 【投打】右投右打
  • 【ポジション】キャッチャー
  • 【背番号】22

【表彰】

  • ゴールデングラブ賞(1回:2017年)
  • 最優秀バッテリー賞(1回:2017年ー 菅野智之)
  • オールスターゲーム敢闘賞(1回:2017年)

 

小学2年生でソフトボールを始め、中学時代は大阪泉北ボーイズでプレーした小林誠司選手。

名門・広陵高校に入学した頃には投手兼遊撃手としてプレーしていましたが、監督の助言もあり1年冬に捕手転向。

2年秋からはチームの正捕手としてチームを引っ張り、3年夏には広島・野村祐輔選手らと共に甲子園準優勝を果たしました。

高校卒業後は同志社大学に進学し、1年春からリーグ戦に出場し2年秋には大学日本代表に選出されるなど注目を集めます。

また、正捕手として3度のベストナインを獲得しリーグ戦4連覇も達成しています。

卒業後は社会人・日本生命に進み、入社1年目から都市対抗出場を果たし全試合マスクを被った小林誠司選手。

2013年には社会人ベストナインに選出され、社会人No.1捕手としてドラフト会議で大きく注目を集めました。

ドラフト会議では読売ジャイアンツから外れ1位で入団し、長年巨人の正捕手として活躍してきた阿部慎之助選手の後継者として期待されました。

入団1年目は阿部慎之助選手の怪我などもあり先発マスクを被る機会が増え、最終的に63試合に出場しリーグ3連覇にも貢献。

その後は、侍JAPAN日本代表に選出されるなど世界でも活躍し2017年にはゴールデングラブ賞を獲得。2018年には3年連続盗塁阻止率リーグトップとなり、2度にわたるノーヒットノーランを達成。

しかし、2018年オフシーズンの大型補強により日本代表経験もある西武・炭谷銀仁朗選手が巨人に移籍。

その結果、2019年シーズンでは熾烈なし捕手争いが展開されることが予想され開幕前から注目を集めています。

イケメン捕手としても注目を集め、盗塁阻止率やリードなど定評のある小林誠司選手。

2019年シーズンには課題となる打撃を克服し歴史ある巨人軍の正捕手としてリーグ優勝・日本一に闘志を燃やしています。

2019年シーズンも巨人・小林誠司選手からは目が離せません。

 

小林誠司の年俸推移と成績とは?

次に入団1年目から巨人の正捕手として投手陣を支えてきた小林誠司選手の、入団から2019年までの年俸推移と成績についてみていきたいと思います。

 

~年俸推移~

  • 2013年(入団前):契約金推定1億円
  • 2014年(1年目):1,500万円
  • 2015年(2年目):2,500万円
  • 2016年(3年目):2,600万円
  • 2017年(4年目):5,000万円
  • 2018年(5年目):5,400万円
  • 2019年(6年目):6,000万円

 

以上が、入団1年目の2014年から6年目となる2019年までの年俸推移になります。

これまでの小林誠司選手の年俸総額は推定2億3,000万円となっています。

続けて入団から2018年シーズンまでの成績についてみていきたいと思います。

まず始めに打撃成績からみていきましょう。

 

打撃は【試合数/打席数/打率/安打数/本塁打数/打点/三振】の順で記載させていただきます。

~打撃成績~

2014年(1年目)

  • 63試合/110打席/.255/28安打/0本/14打点/26三振

2015年(2年目)

  • 70試合/177打席/.226/40安打/0本/13打点/39三振

2016年(3年目)

  • 129試合/398打席/.204/81安打/1本/35打点/76三振

2017年(4年目)

  • 138試合/378打席/.206/78安打/1本/27打点/64三振

2018年(5年目)

  • 119試合/265打席/.219/58安打/0本/26打点/58三振

 

次に守備成績についてみていきましょう。

守備は【試合数/刺殺数/捕殺数/盗塁刺/阻止率】の順で記載していきます。

 

~守備成績~

2014年(1年目)

  • 58試合/244/21/5/.417

2015年(2年目)

  • 68試合/407/57/14/.438

2016年(3年目)

  • 129試合/969/93/26/.356

2017年(4年目)ー ゴールデングラブ賞

  • 137試合/960/86/19/.380

2018年(5年目)

  • 119試合/659/72/14/.341

 

以上が、入団から2018年シーズンまでの打撃・守備での成績になります。

打撃面での課題が残る小林誠司選手ですが、守備ではゴールデングラブ賞や最優秀バッテリー賞を獲得するなどチームに貢献しています。

2019年シーズンは打撃・守備共にタイトル争いに期待がかかり、リーグ優勝・日本一奪還にも期待が高まります。

小林誠司選手が正捕手の座を獲得すると共に、昨年以上の成績にも注目が集まります。

 

小林誠司 宮澤智アナとの現在は?

最後に小林誠司選手との熱愛報道が流れ話題となった、フジテレビの人気女子アナである宮澤智さんとの現在についてみていきたいと思います。

巨人・小林誠司選手と宮澤智アナウンサーの関係が発覚したのは2015年1月のことでした。

小林誠司選手が運転するポルシェに乗りデートしている様子が撮られたことが熱愛発覚に繋がりました。

また、小林誠司選手の自宅に泊まっていたことも明らかとなり交際は確実だとされていました。

取材に対して「温かく見守っていただけたら」などと小林誠司選手本人も交際を認める発言をされていました。

しかし、その後は2人の交際に関する情報はなく破局したのではないかと囁かれています。

破局理由については様々な憶測が流れて、小林誠司選手がライバル関係である日テレ系列の選手ということもありフジテレビ上層部が圧力をかけているという噂もあるようです。

また、小林誠司選手の成績不振も関係しているのではと言われています。

現在、小林誠司選手と宮澤アナ2人の交際情報が流れていないことから復縁の可能性なども低いと言われています。

今後、2人の熱愛報道にも注目が集まりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました