奥川恭伸投手ドラフトレポート!高校四天王と新たな武器ギアチェンジ

スポーツ

2019年のドラフト会議において大注目されているのが星稜高校・奥川恭伸投手です。

昨年の第100回夏の甲子園大会では、2年生ながら150km/hをマークし本格派右腕としてプロからも高い評価を得ています。

今回は2019年のドラフトの目玉である奥川恭伸投手の2018年秋・甲子園の成績と一緒にドラフトレポートをみていきたいと思います。

また、奥川恭伸投手を含めた高校生投手「四天王」と呼ばれる3選手と新たな武器ギアチェンジについてもみていきましょう。

 




奥川恭伸投手のドラフトレポート

まず始めに、2019年ドラフト1位指名候補である星稜高校・奥川恭伸投手のプロフィールと2018年秋・甲子園の成績を含めたドラフトレポートをみていきましょう。

高校生投手四天王の一人である奥川恭伸投手は一体どのような選手なのでしょうか⁉︎

 

プロフィール

奥川恭伸(おくがわ やすのぶ)

  • 生年月日:2001年4月16日
  • 出身:石川県かほく市
  • 身長/体重:183cm/82kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:ピッチャー

経歴

  • 〈小学校〉かほく市立宇ノ気小学校
  • 〈中学校〉かほく市立宇ノ気中学校
  • 〈高校〉星稜高等学校

宇ノ気小学校3年から野球を始め、宇ノ気中学校3年生の夏には全国優勝を果たしています。

名門・星稜高校に進学した奥川恭伸投手は、1年春の北信越大会からベンチ入り。

高校2年春の選抜には背番号11で出場しベスト8に貢献。

夏の石川県予選では10度目となる県大会制覇を果たし、第100回となる夏の甲子園に出場しました。

開幕試合となった星稜高校。

OB松井秀喜さんが見守る中で奥川恭伸投手は、最速150km/hをマークしプロのスカウトからも高評価を得ました。

秋季大会を勝ち上がり神宮大会に出場した奥川恭伸投手は、この大会でもプロのスカウトの目を惹く最高のピッチングを披露。

先発で投げた2試合では共に二桁奪三振を奪う快投を披露してくれました。

2年生ながら選出されたU-18での経験も奥川恭伸投手にとっては大きな経験となっていました。

2019年ドラフト会議では、高校生投手「四天王」の一人としてどの球団が交渉権を獲得するのか注目が集まります。

 

選手としての特徴

身長183cm・体重82kgと恵まれた体格から投げ込まれる最速150km/hのストレートが大きな武器。

主に先発を務め常時140km/hから145km/h前後のストレートを投げ込み、9回を完投できるスタミナも兼ね備えています。

変化球はスライダー、フォーク、カーブ、チェンジアップを操り、ストレートで押し変化球で三振を奪うケースが多いです。

高校2年生で最速150km/hをマークしたことで一気に2019年ドラフト1位候補として注目を集めています。

 

試合成績

◯甲子園

2018年(春)

  • 投球回数:16回
  • 被安打:13
  • 奪三振:11
  • 四死球:8
  • 自責点:3

2018年(夏)

  • 投球回数:12回
  • 被安打:11
  • 奪三振:11
  • 四死球:1
  • 自責点:5

 

◯国際大会

  • 投球回数:2回
  • 被安打:1
  • 奪三振:5
  • 四死球:0
  • 自責点:0

 

◯2018年秋季大会

〈石川県大会〉

準々決(対 金沢高校)

  • 投球回数:9回
  • 被安打8
  • 奪三振:10
  • 四死球:1
  • 自責点:4

決勝 (対 遊学館)

  • 投球回数:3回
  • 被安打:3
  • 奪三振:5
  • 四死球:1
  • 自責点:0

 

〈北信越地区大会〉

1回戦 (対 関根学園)

  • 投球回数:4回
  • 被安打:3
  • 奪三振:2
  • 四死球:0
  • 自責点:0

準々決(対 松本第一)

  • 投球回数: 5回
  • 被安打:1
  • 奪三振:13
  • 四死球:0
  • 自責点:0

準決勝(対 東海諏訪)

  • 投球回数:9回
  • 被安打:5
  • 奪三振:9
  • 四死球:1
  • 自責点:0

決勝 (対 啓新)

  • 投球回数:15回
  • 被安打:9回
  • 三振:17
  • 四死球:0
  • 自責点:2

 

〈明治神宮大会〉

2回戦 (対 広陵)

  • 投球回数:7回
  • 被安打:3
  • 奪三振:11
  • 四死球:0
  • 自責点:0

準決勝(対 高松商業)

  • 投球回数:7回
  • 被安打:4
  • 奪三振:12
  • 四死球:2
  • 自責点:1

決勝 (対 札幌大谷)

  • 投球回数:1.1回
  • 被安打:0
  • 奪三振:3
  • 四死球:0
  • 自責点:0

 

プロスカウト評価

阪神タイガース評価

フォーム・球の軌道もブレないし、下半身をうまく使って投げている

千葉ロッテマリーンズ評価

どこの球団に行ったとしても、球団を代表する選手になれる

オリックス・バファローズ評価

ピンチの時でもギアチェンジして三振の取れる投手

東北楽天ゴールデンイーグルス評価

日本を代表する投手になることも想像できる

 

以上が、2019年ドラフトの目玉となる星稜高校・奥川恭伸投手のドラフトレポートになります。

選手としての特徴や試合結果・プロスカウトの評価をみてきましたが、どの項目をみてもやはり2019年のドラフト会議ではNo.1選手だと予想できます。

明治神宮大会後からの冬トレーニングで更なる球速アップや変化球に磨きがかかり、最高のパフォーマンスを披露してくれそうです。

2019年ドラフト会議からは1秒たりとも目が離せそうにありませんね。

 

奥川恭伸投手と高校四天王

次に星稜高校・奥川恭伸投手と同様に高校生投手「四天王」と呼ばれている、3投手のプロフィールなどをみていきたいと思います。

 

四天王① 及川雅貴(およかわ まさき)

  • 高校:横浜高校
  • 生年月日:2001年4月18日
  • 出身:千葉県匝瑳市
  • 身長/体重:183cm/74kg

中学3年で最速138km/hのストレートを投げ「スーパー中学生」として注目をされていました。

また、中学3年生の時にはU-15日本代表に選出され第3回WBSC準優勝に貢献。

名門・横浜高校に進学した及川雅貴投手は最速152km/hを誇る本格派左腕へと成長。

2019年春の選抜にも出場が決まり注目が集まっています。

 

四天王② 佐々木朗希(ささき ろうき)

  • 高校:大船渡高校
  • 生年月日:2001年11月3日
  • 出身:岩手県大船渡市
  • 身長/体重:189cm/81kg

中学時代に最速141km/hをマークし、強豪校から誘いがあったものの地元の大船渡高校へ進学した佐々木朗希投手。

甲子園出場経験はありませんが、現在最速157km/hを誇り大谷翔平選手のポテンシャルを秘めた超大型右腕です。

 

四天王③ 西純矢(にし じゅんや)

  • 高校:創志学園
  • 生年月日:2001年9月13日
  • 出身:広島県廿日市市
  • 身長/体重:184cm/79kg

中学3年生の時にNOMO JAPAN代表にされアメリカ遠征を経験。

2018年夏の甲子園では創成館高校から16奪三振を奪う快投おみせ、三振を奪った後の雄叫びでも注目を集めました。

最速150km/hを誇りメンタルの改善で更なる飛躍が期待できる投手です。

 

以上、3投手が奥川恭伸投手と並んで高校生投手「四天王」と呼ばれているドラフト注目選手になります。

3投手もかなりの実績があり2019年ドラフト会議では1位指名候補として注目が集まります。

また、2019年春の選抜には星稜・奥川恭伸投手と横浜・及川雅貴投手が出場しますので、春の選抜でも注目と期待が高まります。

 

奥川恭伸投手新たな武器ギアチェンジ

最後にドラフト注目選手である奥川恭伸投手の新たな武器「ギアチェンジ」についてみていきたいと思います。

2018年秋に開催された明治神宮大会で準優勝で幕を閉じた星稜高校・奥川恭伸投手。

高校生投手「四天王」の一人として注目を集めている奥川恭伸投手ですが、彼の大きな武器は最速150km/hのストレートです。

150km/hのストレートを軸に変化球を操り三振を奪うスタイルの奥川恭伸投手でしたが、明治神宮大会ではスタイルが代わり新たな武器を手にしていました。

あるセ・リーグの球団スカウトも奥川恭伸投手の変化に「大きな成長です」とコメントを残しています。

球団スカウトまでが太鼓判を押す奥川恭伸投手の新たな武器が「ギアチェンジ」です。

奥川恭伸投手自身も三段階のギアチェンジを使いこなせるようになってきたと自身でうなずくほど自身がついてきたようです。

 

奥川恭伸投手のギアチェンジとは、相手をみながらストレートの球速を変え

  • 130km/h台中盤
  • 140km/h台前半
  • 140km/h台後半

と3つのギアを変えながら投球の幅を広げる武器のことです。

 

この武器を手にしたのは夏の甲子園後に2年生ながら選出されたU-18アジア選手権でのことでした。

2018年ドラフト会議で1位指名を受け北海道日本ハムファイターズに指名された吉田輝星選手と交流したことがきっかけとなりました。

吉田輝星選手から「直球の中で緩急を使うこと」を学んだ奥川恭伸投手は明治神宮大会ですぐに実践。

そのギアチェンジの習得もあり明治神宮大会では、夏の甲子園以上の評価をえる結果となりました。

ドラフト会議まで1年を切りましたが、この冬のトレーニングで更なる進化を遂げていると思われる奥川恭伸投手。

ドラフトまでの地方大会や甲子園での活躍に期待と注目が集まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました