私たちには重要なプロテイン

今や現代人にとって必要不可欠となってるサプリメント。その中でも多くの人に知られ今ではコンビニや薬局にも置いてあるプロテインではないでしょうか?たんぱく質を補うための食品になり人それぞれのライフスタイルや食生活に合わせてプロテインを選ぶことで自分に足りていない、たんぱく質という栄養素を補うことができます。たんぱく質を肉や魚などで摂取する場合、脂肪などの余分な栄養素まで多く摂取することになってしまいますが、プロテインの利点として必要な栄養素だけを手軽に摂れ身体づくりをしていく上で素早く身体に栄養素を届けられる点です。これからトレーニングを始めようと思っている人や、普段の生活でたんぱく質が不足してるという人は是非プロテインを摂取しましょう。プロテインは皆さんの生活に大きな変化を与えてくれますよ。

スポンサーリンク




プロテインとは

プロテインの語源は古代ギリシャの言葉で「プロテイオス」という言葉が語源であり、その意味は「もっとも重要なもの・第一のもの」という意味。身体づくりのとってたんぱく質はとても重要でなくてはならない栄養素なのです。人の身体は水とたんぱく質でできているようなものであり、筋肉はもちろん、内臓、血液、骨、髪の毛、爪、皮膚と全てたんぱく質でできているため、たんぱく質が不足してしまうことによって様々な部分が不調になってしまう。そうならないためにもプロテインでしっかりとしたたんぱく質を摂取する必要があるのです。

たんぱく質の1日の必要量

たんぱく質を1日にどのくらいの量を摂取すればいいのか疑問に思っている人は多いと思います。日頃から運動などをせず生活している人のたんぱく質の摂取量は「体重1kgあたり1g」すなわち自分の体重分が必要になります。しかし、筋肉をつけたい人や、競技のパフォーマンス向上を目指してトレーニングをやっている人は1日に体重1kgあたり1gでは少し物足りないため、最低でも体重の2倍は摂取する必要があります。「体重1kgあたり2g」体重60kgの人であれば1日120gのたんぱく質が必要になってきます。1日に120gのたんぱく質を摂取するにはどうしたらいいのかご説明していきます。

たんぱく質を必要摂取量確保するためには

1日にたんぱく質を体重の倍摂取するためには食事だけでは非常に大変である。体重60kgの人のたんぱく質摂取量は1日120g。肉や魚100gから摂取できるたんぱく質量はおよそ20g前後なので、スーパーに売っている100gのお肉で例えるとおよそ6枚食べなければ1日の摂取量120gを取ることができないのです。そこで体脂肪をなるべく増やさず食事で摂取できないたんぱく質を摂取するためにプロテインを摂取することが一番手っ取り早くお金もかからずにたんぱく質を摂取できるのです。

プロテインの摂取タイミング

プロテインはどのタイミングで摂取したらいいのか不安になり、トレーニングをしない日に飲むと太ってしまい、トレーニング後しか摂取しない人が多いと思います。また、たんぱく質は一度に体内に摂取できる量(20g前後)が決まっているためその日の食事で足りない分だけプロテインで摂取するのがオススメです。オススメの摂取タイミングをご説明していきます。

トレーニング後 筋肉が一番発達しやすいタイミングはトレーニング後30分以内「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間に摂取することで素早く筋肉に栄養を与えてくれ筋肉の修復や成長に繋がります。トレーニング直後には吸収の早いホエイプロテインがオススメです。

就寝前 就寝中はホルモンの分泌が多いことや栄養補給ができない時間でもあるためプロテインの摂取がオススメのタイミングです。しかし就寝して朝起きるまで時間が長いため摂取するプロテインはゆっくり吸収してくれるカゼインプロテインがオススメである。

間食 食事と食事の合間にプロテインを摂取するのもいい。空腹になると筋肉を分解しエネルギーに変えてしまうためこまめにプロテインなどを補給して筋分解を防ぐためにも完食のタイミングはオススメです。ダイエットなど体重を減らしたい人もご飯の量を調節しプロテインで空腹を抑えながらたんぱく質をしっかり確保するのがオススメなので是非試してみてください。

まとめ

プロテインは自分のライフスタイルに合わせて摂取することができるのでトレーニング後の素早い栄養補給やダイエット中の栄養補給など自分の目的にあった摂取方法ができるのでトレーニングをする人はもちろんですが、トレーニングをやらない人もプロテインをこれからの生活の中で活用してみてはいかがでしょうか。たんぱく質「プロテイン」はもっとも重要なものなのです。

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする