選抜高校野球2019注目選手とは?出場32校や秋季公式戦戦力分析

スポーツ

選抜高校野球2019の開幕が刻一刻と近づいてきました。

プロ注目選手を擁する高校が各地区出場し、大きな盛り上がりをみせてくれそうです。

今回は、平成最後となる選抜高校野球2019の大会注目選手に着目してみていきたいと思います。

また、出場32校の秋季公式戦の成績を参考に打率や防御率などの戦力分析も一緒にみていきたいと思います。

平成最後となる選抜高校野球2019

どのような白熱した試合が繰り広げられるのか詳細と共に気になる注目選手をみていきましょう。

 




選抜高校野球2019!32出場校と詳細

まず始めに選抜高校野球2019の詳細と出場32校をみていきたいと思います。

大会日程やチケット情報も載せていますので参考にしていただければ幸いです。

 

◯出場32校

一般選考・明治神宮大会枠

  • 札幌大谷〈北海道〉
  • 札幌第一〈北海道〉
  • 八戸学院光星〈青森〉
  • 盛岡大付〈岩手〉
  • 桐蔭学園〈神奈川〉
  • 春日部共栄〈埼玉〉
  • 山梨学院〈山梨〉
  • 習志野〈千葉〉
  • 横浜〈神奈川〉
  • 国士舘〈東京〉
  • 東邦〈愛知〉
  • 津田学園〈三重〉
  • 星稜〈石川〉
  • 啓新〈福井〉
  • 龍谷大平安〈京都〉
  • 明石商〈兵庫〉
  • 履正社〈大阪〉
  • 智弁和歌山〈和歌山〉
  • 福知山成美〈京都〉
  • 市和歌山〈和歌山〉
  • 広陵〈広島〉
  • 米子東〈鳥取〉
  • 呉〈広島〉
  • 高松商〈香川〉
  • 松山聖陵〈愛媛〉
  • 筑陽学園〈福岡〉
  • 明豊〈大分〉
  • 大分〈大分〉
  • 日章学園〈宮崎〉

21世紀枠

  • 石岡一〈茨城〉
  • 富岡西〈徳島〉
  • 熊本西〈熊本〉

 

◯大会日程

  • 出場32校決定:2019年1月25日(月)
  • 組み合わせ抽選会:2019年3月15日(金)
  • 開会式:2019年3月23日(土)
  • 大会期間:2019年3月23日(土)~4月3日(水)

大会日程詳細

  • 第1日目:2019年3月23日(土)
  • 第2日目:2019年3月24日(日)
  • 第3日目:2019年3月25日(月)
  • 第4日目:2019年3月26日(火)
  • 第5日目:2019年3月27日(水)
  • 第6日目:2019年3月28日(木)
  • 第7日目:2019年3月29日(金)
  • 第8日:2019年3月30日(土)
  • 第9日目:2019年3月31日(日)
  • 第10日目:2019年4月1日(月)
  • 第11日目:2019年4月2日(火)
  • 第12日目:2019年4月3日(水)

 

◯チケット詳細

チケット料金

  • 中央特別自由席:2500円
  • 1・3塁特別自由席大人:2000円
  • 子ども:800円
  • アルプス席一般:800円
  • 学校:400円
  • 外野席:無料

※子どもは4歳~小学6年生が対象

 

以上が、選抜高校野球2019大会における日程・チケット・出場校などの詳細になります。

組み合わせ抽選会は3月15日(金)に行われますのでどのような対戦カードになるのか注目が集まりますね。

またチ大会ケットですが、2019年から各席値上げとなっていますので注意が必要です。

平成最後の選抜高校野球2019はどのような白熱した戦いが観られるのか今から楽しみです。

 

選抜高校野球2019注目選手とは?

選抜高校野球2019に出場が決定した全32校の中から大会注目選手を、投手・野手それぞれピックアップしてみていきたいと思います。

学校名・名前・身長/体重・守備位置をそれぞれ記載させていただきます。

 

注目選手:投手編

◯札幌大谷(北海道)

  • 西原健太(3年)184/90〈投手〉

◯春日部共栄(埼玉)

  • 村田賢一(3年)182/78〈投手〉

◯横浜(神奈川)

  • 及川雅貴(3年)181/66〈投手〉

◯星稜(石川)

  • 奥川恭伸(3年)183/82〈投手〉

◯明石商業(兵庫)

  • 中森俊介(2年)181/79〈投手〉

◯広陵(広島)

  • 河野圭(3年)174/76〈投手〉

◯高松商業(香川)

  • 香川卓摩(3年)165/62〈投手〉

◯筑陽学園(福岡)

  • 西舘昴汰(3年)187/81〈投手〉

 

特に注目!!

北信越地区代表 星稜(石川)

奥川恭伸(おくかわ やすのぶ)

  • 出身:石川県かほく市
  • 身長/体重:183cm/82kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手

最速150km/hのストレートを武器に三振の山を築いていく今大会No.1本格派右腕です。

右肘を柔らかく使い投げ込まれる最速150km/hのストレートが大きな魅力の一つです。

そして常時145km/h前後のストレートと、切れ味鋭いスライダー・フォーク・カーブ・チェンジアップなど変化球も多彩に操ります。

2年夏の甲子園にも出場し自己最速150km/hをマークし、プロのスカウトからも高い評価を得ています。

また、2年生でU18日本代表にも選出され2019年ドラフト会議においても1位指名が予想される大会No.1投手です。

 

注目選手:野手編

◯八戸学院光星(青森)

  • 武岡龍世(3年)178/70〈遊撃手〉

◯桐蔭学園(神奈川)

  • 森敬斗(3年)175/68〈遊撃手〉

◯東邦(愛知)

  • 石川昴弥(3年)185/81〈三塁手兼投手〉

◯龍谷大平安(京都)

  • 奥村真大(2年)178/75〈三塁手〉

◯履正社(大阪)

  • 井上広大(3年)187/92〈右翼手〉

◯智弁和歌山(和歌山)

  • 東妻純平(3年)172/71〈捕手〉

◯日章学園(宮崎)

  • 平野大和(3年)176/76〈三塁手〉

 

特に注目!!

東北地区代表 八戸学院光星(青森)

武岡龍世(たけおか りゅうせい)

  • 出身:徳島県鴨島町
  • 身長/体重:178cm/70kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:遊撃手

走攻守三拍子を兼ね備えた大会No.1野手である武岡龍世選手。

俊足を兼ね備えパンチ力にも定評のある左の好打者です。

2年生春からショートのレギュラー選手として活躍し、秋からはキャプテンとしてチームをまとめています。

50m5秒9の俊足も大きな持ち味となり、相手投手にとっては塁に出したくない選手です。

2年秋の神宮大会ではソロホームランを放ち長打力も大きな魅力の一つです。

プロ注目の好投手が揃っている中で、どのようなバッティングや俊足をみせてくれるのか注目が集まります。

 

選抜高校野球2019出場校!秋季公式戦戦力分析

最後に選抜高校野球2019に出場する全32校の、秋季公式戦の成績を元に戦力分析をしたいと思います。

「打率・防御率・本塁打数・盗塁数」全4項目を上位5チームずつ秋季公式戦の結果を参考にみていきましょう。

※各地区出場校の違いから試合数は異なってきます。

 

打率部門

【第1位】東邦(愛知):打率.386

【第2位】智弁和歌山(和歌山):打率.383

【第3位】明豊(大分):打率.375

【第4位】札幌大谷(北海道):打率.358

【第5位】八戸学院光星(青森):打率.357

 

防御率部門

【第1位】星稜(石川):防御率1.06

【第2位】筑陽学園(福岡):防御率1.39

【第3位】札幌大谷(北海道):防御率1.44

【第4位】明石商業(兵庫):防御率1.47

【第5位】石岡第一(茨城):防御率1.62

 

本塁打部門

【第1位】東邦(愛知):14本

【第2位】履正社(大阪):11本

【第3位】全6校:7本

  • 星稜(石川)明豊(大分)
  • 札幌第一(北海道)
  • 八戸学院光星(青森)
  • 春日部共栄(埼玉)
  • 盛岡大付(岩手)

 

盗塁数部門

【第1位】東邦(愛知):69盗塁

【第2位】盛岡大付(岩手):30盗塁

【第3位】広陵(広島):29盗塁

【第4位】札幌大谷(北海道):24盗塁

【第4位】春日部共栄(埼玉):24盗塁

 

以上が、選抜高校野球2019に出場する全32校の、秋季公式戦の成績「打率・防御率・本塁打数・盗塁数」全4項目の上位5チームまとめになります。

秋季公式戦の成績をまとめてみると、打撃部門に関しては圧倒的な数字で愛知代表・東邦高校が「打率・本塁打数・盗塁数」において1位を獲得しています。

対戦する高校にとっては、打率も高く機動力も使えるとなるとかなり手強い相手になってきそうです。

投手の防御率部門をみると、プロ注目選手である奥川恭伸選手を擁する星稜高校が驚異の防御率を残しています。

また、防御率部門で5位になっている21世紀枠代表・石岡第一高校も波乱をもたらしそうな予感がします。

このように秋季公式戦の成績から、選抜高校野球2019大会の戦力がみえてきます。

しかし、この冬のトレーニングで更なるレベルアップが期待できる全32校。

平成最後の選抜高校野球2019大会で、どのようなパフォーマンスを各高校がみせてくれるのか期待が高まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました