【訃報】女優・樹木希林さん75歳という若さで死去

数々の映画やCMなどに出演されコメディからシリアスまで幅広いジャンルで活躍されてきた女優・樹木希林(きき きりん)さんが、15日午前2時45分に都内の自宅で75歳という若さで、静かに息を引き取られました。

5年前に全身がんであることを発表した樹木希林さんは、先月8月13日には左大腿骨を骨折し入院され手術も受けられていました。

最後は家族に看取られながら女優生活に幕を閉じられました。

スポンサーリンク




樹木希林プロフィール

  • 本名:内田啓子(うちだ けいこ)
  • 生年月日:1943年1月15日
  • 没年月日:2018年9月15日(75歳)
  • 出身地:東京都千代田区
  • 血液型:A型
  • 職業:女優
  • 活動期間:1961~2018年

歌手・内田裕也と夫婦であり続けた45年間

今から45年前の1973年10月、女優・樹木希林さんと歌手・内田裕也さんが超スピード婚で夫婦になられました。

しかし、幸せも束の間、1年半後には別居することになりますが、2人は別れることなく最後まで「夫婦」であり続けました。

夫婦であり続けた45年間には様々な出来事が起き、世間を大きく騒がせた夫婦となりました。

2016年7月に放送された「黒柳徹子だけが知っているTHEテレビ伝説60年史」には2人揃ってテレビ出演をすると、番組の終盤には「お互いに言っておきたいことは?」と質問されると「すみませんでしたね。というのと、ありがとうございますという感じですね」と樹木希林さんが発言されると、内田裕也さんは「まあ体には気をつけてこの樹木希林(K・K)ペースを崩さないで生きてほしい」と、これからも女優・樹木希林として頑張ってほしいというメッセージを語られました。

また、樹木希林さんは朝日新聞で掲載されたインタビューの中で、内田裕也さんとの結婚生活について「大変な思いもしたけれど、ああいう人と関わったというのは、偶然じゃないという気がしてきた」と語り、死後は内田家の墓に入ると明かし「あの世では同居?そうね。でも骨だから。しゃべることはないから。ムカッとはしないでしょう」と樹木節を披露されました。

夫である歌手・内田裕也さんも名言を残されており「俺も彼女も普通の人とは結婚できない。その2人が出会えたことを神様に感謝したい」と女優・樹木希林さんとの結婚にあたり、内田裕也さんが語った名言です。

40年以上もの間、別居していながらも女優・樹木希林さんと歌手・内田裕也さん夫婦の絆は最後の最後まで繋がっていたんですね。

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする