ドラフト2019候補明治大学森下暢仁!レポート評価・球団評価

スポーツ

高校時代から日本代表に選出されドラフト2019候補の一人である明治大学・森下暢仁選手。

ドラフト2019においても上位指名が予想されプロでの活躍に期待のかかる選手です。

今回はドラフト2019候補である明治大学・森下暢仁選手についてみていきたいと思います。

レポート評価球団評価をみながら森下暢仁選手がどのような選手なのかみていきましょう。

 




ドラフト2019候補 明治大学森下暢仁

森下暢仁(もりした まさと)

  • 【生年月日】1997年8月25日
  • 【出身】大分県大分市
  • 【身長/体重】180cm/73kg
  • 【投打】右投右打
  • 【ポジション】ピッチャー

【経歴】

  • 大分市立明治北小学校
  • 大分市立大東中学校
  • 大分商業高校
  • 明治大学

大分市立明治北小学校3年生から「明治少年野球クラブ」で軟式野球を始め、森下暢仁選手の野球人生がスタートしました。

大東中学時代は軟式野球部に入部され中学3年生の夏にはピッチャー兼ショートで九州大会に出場。

見事九州大会で優勝を飾り、全国大会にも出場を果たしました。

大分商業に進学した森下暢仁選手は1年夏から控えとしてベンチ入りすると、現ソフトバンク・笠谷俊介選手を擁して16年ぶりとなる大分県大会を優勝。

背番号11をつけ甲子園に出場しましたが、森下暢仁選手の出場はありませんでした。

2年夏の県大会では全3試合に2番・サードで出場すると13打数6安打、打率.462をマーク。

2年生秋の新チームからはエースとしてチームを引っ張り、秋季大会ではベスト4進出を果たしました。

準々決勝の藤蔭戦では、9回13奪三振を奪い力投を披露した森下暢仁選手でしたが、続く明豊戦で0-8で惜しくも敗れてしまいました。

また、大会が終わった後の慶應義塾高校戦との練習試合では最速145km/hをマークし、1安打完封勝利を記録。

しかし、2年生のオフシーズンに両第一肋骨骨折してしまい約2ヶ月に渡り戦線離脱を経験。

森下暢仁選手はその間に体作りを行い体重を増やし更なるレベルアップに励みました。

その結果が実り3年生3月の練習試合では最速148km/hをマークしました。

春の県大会2回戦では7回ノーヒットノーランを達成するなどチームに貢献。

3年夏の県大会では全5試合で先発を務め、42回21奪三振4失点で準優勝。

明豊高校との決勝戦では9回6安打1失点の好投を披露しましたが甲子園出場はなりませんでした。

県大会にはプロ8球団が訪れ最速タイとなる148km/hをマークし決勝でも好投をアピールしました。

森下暢仁選手は甲子園に出場できませんでしたが、U-18に選出されU18W杯チェコ戦で7回12奪三振を奪い完封。

ドラフト上位候補選手としてプロ複数球団から注目されていましたが、志望届は出さず明治大学へ進学。

 

明治大学進学後は1年春のリーグ戦から登板を果たすものの、6月に右ヒジを骨折してしまいます。

1年秋のリーグ戦から復帰し、2年春のリーグ戦から先発2番手の座を掴み防御率2.48を記録し2勝2敗の実績を残した森下暢仁選手。

エース候補に名乗りを上げた森下暢仁選手でしたが、右肩を痛めてしまい2年秋の第1週から戦線離脱。

3年春の開幕戦からエースとして復帰した森下暢仁選手は、1回戦立正大学戦で154km/hをマーク。

主に先発として登板され通算27試合で9勝8敗(4完投0完封)、防御率3.04の成績を残した森下暢仁選手。

プロからも注目を集めドラフト上位指名からも目が離せません。

森下暢仁選手の弟・颯太選手も大分商業でプレーし、大型ショートとしてプロからも注目されています。

兄弟揃ってプロ大注目の選手です。

 

ドラフト2019候補 明治大学森下暢仁レポート評価

次にドラフト2019候補である明治大学・森下暢仁選手のレポート評価をみていきたいと思います。

森下暢仁選手は身長180cm、体重73kgの長身細身の右腕です。

ノーワインドアップから肘を柔らかく使い投げ下ろす最速154km/hのストレートが魅力。

また、常時140km/h台後半のストレート、カット、縦割れカーブ、縦スライダー、チェンジアップを操ります。

角度と伸びのあるストレートを軸に、落差のあるカーブを織り交ぜ打者を翻弄していきます。

器用さと高い運動能力といった素質を併せ持った右腕としてプロからも高い評価をえています。

高校3年生春に最速148km/hをマークし更なる球速アップにも期待がかかります。

低めを意識したピッチングでフィールディングにも定評があります。

大分商業高校時代には、ピッチャー兼サードとして打撃面でもチームに貢献してきました。

現在はピッチャーとして注目が集まっていますが、ショートとしてもプロから位置も置かれていました。

高いポテンシャルの持ち主である明治大学・森下暢仁選手の今後に注目が集まります。

 

ドラフト2019候補 明治大学森下暢仁 球団評価

ドラフト2019候補として注目が集まる明治大学・森下暢仁選手。

現在までにプロスカウト陣からはどのような評価をされているのかみていきましょう。

 

埼玉西武ライオンズ球団評価

「高いポテンシャルを感じる。来年は間違いなくドラフトの目玉」

MLBフィリーズ球団評価

「メジャー級ですね。東洋大の上茶谷・甲斐野・梅津に近づいている。過去の日本人投手にはいないタイプ」

中日ドラゴンズ球団評価

「ボールにスピンがかかり風を切るような音がする。こういう球を投げる選手は最近いない」

読売ジャイアンツ球団評価

「外からのカットボールはプロでも難しい球。カーブもあり楽天・岸投手みたいですね」

 

以上のように現時点での球団評価はかなり高い評価を得ています。

変化球を織り交ぜ緩急を使った投球に高い評価がされています。

プロ入り前からこのような高評価があるだけに、プロ入り後の活躍には注目が集まります。

 

明治大学出身プロ野球選手

最後にドラフト2019候補として注目されている森下暢仁選手が在学する明治大学出身のプロ野球選手をみていきたいと思います。

 

星野仙一(ほしの せんいち)

  • 【生年月日】1947年1月22日
  • 【投打】右投右打
  • 【ポジション】ピッチャー
  • 【ドラフト】1968年ドラフト1位

【経歴】

  • 岡山県立倉敷商業高等学校
  • 明治大学
  • 中日ドラゴンズ (1969~1982)

 

野村祐輔(のむら ゆうすけ)

  • 【生年月日】1989年6月24日
  • 【投打】右投右打
  • 【ポジション】ピッチャー
  • 【ドラフト】2011年ドラフト1位

【経歴】

  • 広陵高等学校
  • 明治大学
  • 広島東洋カープ (2012~)

 

岡大海(おか ひろみ)

  • 【生年月日】1991年7月15日
  • 【投打】右投右打
  • 【ポジション】外野手
  • 【ドラフト】2013年ドラフト3位

【経歴】

  • 岡山県立倉敷商業高等学校
  • 明治大学
  • 北海道日本ハムファイターズ (2014~2018)
  • 千葉ロッテマリーンズ (2018~)

 

坂本誠志郎(さかもと せいしろう)

  • 【生年月日】1993年11月10日
  • 【投打】右投右打
  • 【ポジション】キャッチャー
  • 【ドラフト】2015年ドラフト2位

【経歴】

  • 履正社高等学校
  • 明治大学
  • 阪神タイガース (2016~)

 

上記以外にも明治大学出身のプロ野球選手は多く、プロの舞台で活躍されています。

監督として日本一を達成し多くの感動を与えてくれた星野仙一監督も明治大学出身ですね。

森下暢仁選手も明治大学出身選手として、プロの舞台での活躍に注目・期待がかかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました