ドラフト2019候補予想高校生佐々木朗希!評価・球団評価とは⁉︎

スポーツ

究極の素材型右腕としてメジャーリーガー・大谷翔平選手「2世」との呼び声の高い大船渡高校・佐々木朗希選手。

将来はメジャーリーガーとして活躍していける逸材の1人としてドラフト2019候補に名前が上がっています。

ピッチャーとしてまだ完全でないだけに今後の将来が楽しみな佐々木朗希選手。

今回は、ドラフト2019において1位指名候補予想される超大型高校生佐々木朗希選手の経歴・評価球団評価などをみていきたいと思います。

 

関連記事 → ドラフト2019候補予想高校生奥川恭伸!評価・球団評価が凄い!

関連記事 → ドラフト2019候補高校生注目選手及川雅貴!評価と球団評価が凄い

関連記事 → ドラフト2019候補高校生注目選手西純矢!評価・球団評価が凄い

関連記事 → ドラフト2019候補社会人注目JX-ENEOS小林遼!経歴と評価

関連記事 → ドラフト2019候補大学生創価大学杉山晃基!評価・球団評価とは?




ドラフト2019候補予想高校生 佐々木朗希

佐々木朗希(ささき ろうき)

  • 生年月日】2001年11月3日
  • 【出身】岩手県陸前高田市
  • 【身長/体重】189cm/81kg
  • 【投打】右投右打
  • 【ポジション】ピッチャー

【経歴】

  • 陸前高田市立高田小学校
  • 大船渡市立猪川小学校
  • 大船渡市立第一中学校
  • 岩手県立大船渡高校

佐々木朗希選手は陸前高田市立高田小学校3年生の頃から野球を始め、野球人生がスタートしました。

しかし、佐々木朗希選手が9歳の時に東日本大震災が起こり、佐々木朗希選手も自宅が流されてしまう被害にあってしまいました。

被害の影響もあったことから、これまで住んでいた陸前高田市から大船渡市に移り住み野球を続けた佐々木朗希選手。

大船渡市立第一中学校に進学した佐々木朗希選手は、軟式野球部に入部し野球を続けました。

中学生の時点で最速141km/hをマークし全国の強豪校から注目を集めた佐々木朗希選手。

中学3年の夏には、オール気仙としてKB東北大会に出場し準優勝を飾りました。

高校進学の際には全国の強豪から誘いを受けた佐々木朗希選手ですが中学時代の野球が楽しく

「その仲間と一緒に甲子園に行きたい」

という思いから地元である岩手県立大船渡高校に進学を決めた佐々木朗希選手。

 

岩手県立大船渡高校は1984年にセンバツに出場しベスト4に入った実績のある高校です。

しかし、近年は県大会1・2回戦で敗退することが多い高校であり県大会においても中々決勝進出とはなっていません。

佐々木朗希選手は、高校1年生の夏から公式戦に出場しリリーフとして短いイニングで起用されました。

初戦となる夏の岩手県2回戦・盛岡北高戦に3番手として登板した佐々木朗希選手は、1回1/3イニングを3奪三振・無失点でデビューを飾りました。

また、佐々木朗希選手は投じたストレート全14球のうち自己最速となる147km/hもマークしました。

1年生秋の県大会では登板機会はなくシーズンを終えた佐々木朗希選手。

しかし、秋から冬にかけて成長痛に悩まされた佐々木朗希選手は、腰に痛みがあり立っていても痛いレベルでした。

野球の練習も思うようにできず、1日5回の食事と軽いストレッチや体幹トレーニングだけしか出来なかった佐々木朗希選手。

辛い冬を経験した佐々木朗希選手でしたが、2年生春の岩手県大会1回戦で公式戦初先発を任された佐々木朗希選手。

佐々木朗希選手は公式戦初先発のマウンドで最速153km/hを計測し2対3で完投をおさめました。

また、打者としても全打席出塁とチームに貢献した佐々木朗希選手。

 

更に2年生夏の県初戦となる盛岡三戦で、4安打11奪三振2失点で完投勝利を記録した佐々木朗希選手。

この試合で自己最速となる154km/hをマークし、視察に訪れていたプロのスカウトから高い評価を受けました。

また、秋には高校2年生史上最速タイに並ぶ157km/hをマークし2019年のドラフト候補として注目を集めています。

佐々木朗希選手擁する大船渡高校は県大会3回戦が現在の最高成績で甲子園出場は果たしていません。

メジャーで活躍されている大谷翔平選手「2世」との呼び声も高い佐々木朗希選手。

高校最後の年となる佐佐木朗希選手が2019年どのようなプレーをみせてくれるのか楽しみですね。

 

ドラフト2019候補予想 佐々木朗希 評価

次にドラフト2019候補である大船渡高校・佐々木朗希選手の評価や特徴をみていきたいと思います。

佐々木朗希選手は、身長189cm体重81kgと恵まれた体格を誇る最速157km/hの本格派右腕です。

メジャーリーガー・大谷翔平選手「2世」とも呼ばれ、野手としても素晴らしい技術を持った選手です

セットポジションから投げ下ろされる角度のある最速157km/hのストレートが佐々木朗希選手の魅力でもあり武器になります。

また、常時145km/hから150km/h台のストレートを軸にスライダー、フォーク、チェンジアップを操り打者を翻弄していく佐々木朗希選手。

力感の少ない投球フォームで150km/h台を連発する佐々木朗希選手は、中学生の時点ですでに140km/h台をマークする逸材です。

高校1年生の夏に147km/h、高校2年生の春に153km/h、同年夏に154km/hを叩き出し高校2年生史上最速タイに並ぶ157km/hもマークしています。

ピッチャーだけでなく野手としても50m走5秒9の脚力で1番センターをこなすなど、野手としての潜在能力も高い佐々木朗希選手。

高校最後の年となる2019年に、大谷翔平選手に続く160km/hをマークするのか注目が集まります。

 

ドラフト2019候補予想 佐々木朗希 球団評価

最後に2019年のドラフト会議において複数球団から1位指名が予想される大船渡高校・佐々木朗希選手。

現段階でプロのスカウトからはどのような評価をされているのかみていきたいと思います。

 

MLBフィリーズスカウト評価

「大谷翔平選手に匹敵する。メジャーで活躍できるポテンシャルは十分に持っている」

阪神タイガーススカウト評価

「将来は160キロを。もっともっと良くなる素質を兼ね備えている」

広島東洋カープスカウト評価

「同じ時期の大谷翔平選手より速い」

楽天ゴールデンイーグルススカウト評価

「まだ体ができていないのにこの球。伸びしろがある選手」

 

以上が、現段階でのプロからのスカウト評価になります。

どの球団スカウト陣も高評価をしています。

大谷翔平選手と比較してみているだけに、将来かなりの期待がかかっている佐々木朗希選手。

プロだけでなくメジャーのスカウト陣からも高い評価をもらっている佐々木朗希選手が、2019年のドラフト会議でどの球団に指名されるのか注目が集まります。

また、佐々木朗希選手がどのような進路を選択していくのかにも大きな注目が集まりそうです。

 

関連記事 → ドラフト2019候補予想高校生奥川恭伸!評価・球団評価が凄い!

関連記事 → ドラフト2019候補高校生注目選手及川雅貴!評価と球団評価が凄い

関連記事 → ドラフト2019候補高校生注目選手西純矢!評価・球団評価が凄い

関連記事 → ドラフト2019候補社会人注目JX-ENEOS小林遼!経歴と評価

関連記事 → ドラフト2019候補大学生創価大学杉山晃基!評価・球団評価とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました