吉田沙保里選手が引退表明!霊長類最強の女が33年間の現役生活に幕

レスリング女子でオリンピック3連覇や世界大会16連覇など数々の偉業を成し遂げてきた吉田沙保里選手(36歳)が、1月8日(火)に現役引退を表明。

「霊長類最強の女」とも呼ばれレスリング女子を引っ張ってきた吉田沙保里選手が、33年間のレスラー生活に幕をおろしました。

レスリング女子55kg級において、2004年アテネ五輪から2012年ロンドン五輪まで3連覇を果たした吉田沙保里選手。

また、世界選手権では13連覇を成し遂げ、世界大会では16連覇という大偉業を成し遂げ「霊長類最強の女」と呼ばれるようになりました。

2012年には、国民栄誉賞を受賞するなど世界を代表する選手となった吉田沙保里選手。

4連覇が期待された2016年リオ五輪では、決勝で惜しくも敗れてしまい銀メダルとなった吉田沙保里選手。

世界大会の連覇が止まると共に、戦列を離れ今後の進退を保留にしていました。

その間はタレント活動と日本女子代表コーチとして次世代の育成に力を注いでいた吉田沙保里選手。

吉田沙保里選手自身もレスリングを続け、2020年の東京五輪まで現役を続ける考えもありました。

しかし、2020年東京五輪の代表選考会でもあった全日本選手権を欠場。

元恩師でコーチの栄和人さんのパワハラ問題も起き吉田沙保里選手の現役続行への気持ちは難しくなっていきまっした。

関係者の話によると吉田沙保里選手は、

「東京五輪は魅力。出場し皆さんに恩返ししたい」

という気持ちはあるものの、一度落ちてしまった気持ちを高ぶらせるには時間がかかるとコメントを残しています。

吉田沙保里選手は自身のインスタグラムに、これまで数々の大会で獲得してきたメダルの写真を添えてコメントを残されました。

『いつも吉田沙保里を応援していただきありがとうございます。

この度、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました。

ここまで長い間、現役選手として頑張ってこれたのも沢山の方々の応援とサポートのおかげです。

みなさん、本当にありがとうございました』

と感謝の意を報告し、後日改めて引退会見を行う意向を示されました。

日本のレスリング界だけでなく、世界のレスリング界も引っ張ってきた偉大なレジェンド・吉田沙保里選手が遂に現役生活にピリオドを打たれました。

スポンサーリンク




吉田沙保里プロフィール

吉田沙保里(よしだ さおり)

  • 【生年月日】1982年10月5日(36歳)
  • 【出身】三重県津市
  • 【身長】157cm
  • 【競技】レスリング
AD2



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする