箱根駅伝2019東海大学が初の総合優勝!青学のV5阻止し優勝

箱根駅伝2019復路が1月3日(木)に行われ、全23チームが箱根・東京間109.6kmを駆け抜けました。

往路2位の東海大学が往路優勝の東洋大学を逆転し、初の総合優勝に輝きました。

史上3校目となる総合5連覇・2度目の三大学生駅伝三冠を目指した青山学院大学は、往路での結果がひびき達成できませんでした。

往路優勝した東洋大学から1分14秒遅れで復路をスタートした東海大学は、6区山下りで中島怜利選手が区間2位の走りで好走。

首位を走る東洋大学との差を1分08秒まで縮め、7区・阪口竜平選手も区間2位で襷をつなぎました。

平塚中継所では4秒差に追い上げた東海大学。

8区で東海大学3年・小松陽平選手が、首位を走る東洋大学1年・鈴木宗孝選手の後ろにつき並走。

しかし、15km手前で東海大学・小松陽平選手が飛び出し首位に立つと、東洋大学・鈴木宗孝選手はついていくことが出来ませんでした。

更に差を広げ戸塚中継所に飛び込んだ小松陽平選手は、22年ぶりの区間新記録で2位東洋大学と50秒の差をつけ襷をつなぎました。

9区にはキャプテンの湊谷春紀選手が襷を受け取り2位以下に大差をつけて独走。

2位・東洋大学を3分35秒後方に引き離し、最終10区アンカー郡司陽大選手に襷を託しました。

2005年に往路優勝を果たしている東海大学ですが、総合では2004年の2位が最高順位。

地元の声援を力にした東海大学が、箱根駅伝で悲願の初優勝を成し遂げました。

箱根駅伝2019:総合成績

  • 優勝:東海大学 10時間52分09秒 総合新
  • 2位:青山学院大学 10時間55分50秒 総合新
  • 3位:東洋大学 10時間58分03秒
  • 4位:駒澤大学 11時間01分05秒
  • 5位:帝京大学 11時間03分10秒
  • 6位:法政大学 11時間03分57秒
  • 7位:國學院大学 11時間05分32秒
  • 8位:順天堂大学 11時間08分35秒
  • 9位:拓殖大学 11時間09分10秒
  • 10位:中央学院大学 11時間09分23秒
  • 11位:中央大学 11時間10分39秒
  • 12位:早稲田大学 11時間10分39秒
  • 13位:日本体育大学 11時間12分17秒
  • 14位:日本大学 11時間13分25秒
  • 15位:東京国際大学 11時間14分42秒
  • 16位:神奈川大学 11時間15分51秒
  • 17位:明治大学 11時間16分42秒
  • 18位:国士舘大学 11時間16分56秒
  • 19位:大東文化大学 11時間19分48秒
  • 20位:城西大学 11時間19分57秒
  • OP:関東学生連合 11時間21分51秒
  • 21位:山梨学院大学 11時間24分49秒
  • 22位:上武大学 11時間31分14秒

箱根駅伝2019:復路成績

  • 1位:青山学院大学 5時間23分49秒 新記録
  • 2位:東海大学 5時間24分24秒 新記録
  • 3位:帝京大学 5時間29分40秒
  • 4位:駒澤大学 5時間31分06秒
  • 5位:東洋大学 5時間31分32秒
  • 6位:法政大学 5時間32分21秒
  • 7位:早稲田大学 5時間34分33秒
  • 8位:中央大学 5時間35分13秒
  • 9位:日本体育大学 5時間35分44秒
  • 10位:中央学院大学 5時間35分51秒
  • 11位:神奈川大学 5時間36分10秒
  • 12位:國學院大学 5時間36分17秒
  • 13位:順天堂大学 5時間36分30秒
  • 14位:大東文化大学 5時間36分41秒
  • 15位:拓殖大学 5時間37分02秒
  • 16位:東京国際大学 5時間37分27秒
  • OP:関東学生連合 5時間37分34秒
  • 17位:日本大学 5時間37分48秒
  • 18位:城西大学 5時間39分47秒
  • 19位:山梨学院大学 5時間40分33秒
  • 20位:国士舘大学 5時間41分03秒
  • 21位:明治大学 5時間42分28秒
  • 22位:上武大学 5時間48分48秒

箱根駅伝2019:復路区間賞

  • 6区:小野田勇次(青山学院大学)57:57 区間新
  • 7区:林奎介(青山学院大学)1:02:18
  • 8区:小松陽平(東海大学)1:03:49 区間新
  • 9区:吉田圭太(青山学院大学)1:08:50
  • 10区:星岳(帝京大学)1:09:57
AD2



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする