箱根駅伝予想オーダー城西大学2019!注目選手と歴代成績とは⁉︎

箱根駅伝2019の開催が近づき往路・復路でのレースが待ち遠しい方は多いと思います。

青山学院大学の大会5連覇や2度目の三冠達成に大きな注目が集まっている箱根駅伝2019

しかし、青山学院大学以外の大学も大きな期待がかかり注目が集まっています。

今回は、箱根駅伝2019において期待かかる城西大学について、予想オーダーや注目選手についてみていきたいと思います。

また、城西大学箱根駅伝歴代成績についてもみていきましょう。

関連記事 → 箱根駅伝区間エントリー2019発表!出場校一覧と注目選手とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果復路2019!復路の通過順位・区間賞と総合成績は⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果往路2019!往路の通過順位と区間賞はどの選手が⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー日本大学2019!注目選手とアンパンマンカー

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー帝京大学2019!注目選手と2018結果

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー順天堂大学2019!注目選手と出場校決め方

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー青学2019!注目選手と歴代優勝校連覇校は?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー早稲田大学2019!注目選手と解説ゲストは?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー法政大学2019!注目選手と展望とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー東海・東洋2019!優勝候補の注目選手とは?

スポンサーリンク




箱根駅伝2019記念大会詳細

2019年1月2日(水)・3日(木)の2日間で開催される箱根駅伝2019記念大会の大会詳細についてみていきましょう。

〈正式名称〉

  • 東京箱根間往復大学駅伝競走

〈開催日〉

  • 2019年1月2日(水)往路:8:00スタート
  • 2019年1月3日(木)復路:8:00スタート

箱根駅伝は『hulu』でも配信されるそうなので

この機会に無料トライアルしてみるのもいいかもしれません。

登録すれば30日間無料なのでオススメですよ。

↓↓hulu登録はこちらから↓↓

hulu

〈コースと距離〉

2019年1月2日(水)【往路】

大手町読売新聞本社前~箱根・芦ノ湖

〈1区:21.3km〉大手町読売新聞本社前→鶴見中継所

〈2区:23.1km〉鶴見中継所→戸塚中継所

〈3区:21.4km〉戸塚中継所→平塚中継所

〈4区:20.9km〉平塚中継所→小田原中継所

〈5区:20.8km〉小田原中継所→箱根・芦ノ湖

2019年1月3日(木)【復路】

箱根・芦ノ湖~大手町読売新聞本社前

〈6区:20.8km〉箱根・芦ノ湖→小田原中継所

〈7区:21.3km〉小田原中継所→平塚中継所

〈8区:21.4km〉平塚中継所→戸塚中継所

〈9区:23.1km〉戸塚中継所→鶴見中継所

〈10区:23.0km〉鶴見中継所→大手町読売新聞本社前

〈出場校〉シード校:10予選会通過校:11関東学生連合:1

青山学院大学:11年連続24回目

(過去4年間の成績)15年1位、16年1位、17年1位、18年1位

東洋大学:17年連続77回目

(過去4年間の成績)15年3位、16年2位、17年2位、18年2位

早稲田大学:43年連続88回目

(過去4年間の成績)15年5位、16年4位、17年3位、18年3位

日本体育大学:71年連続71回目

(過去4年間の成績)15年15位、16年7位、17年7位、18年4位

東海大学:6年連続46回目

(過去4年間の成績)15年6位、16年5位、17年10位、18年5位

法政大学:4年連続79回目

(過去4年間の成績)15年不出場、16年19位、17年8位、18年6位

城西大学:2年連続15回目

(過去4年間の成績)15年7位、16年12位、17年不出場、18年7位

拓殖大学:6年連続40回目

(過去4年間の成績)15年16位、16年16位、17年14位、18年8位

帝京大学:12年連続20回目

(過去4年間の成績)15年11位、16年10位、17年11位、18年9位

中央学院大学:17年連続20回目

(過去4年間の成績)15年8位、16年9位、17年6位、18年10位

日本大学:2年ぶり88回目

(過去4年間の成績)15年13位、16年11位、17年19位、18年不出場

駒澤大学:53年連続53回目

(過去4年間の成績)15年2位、16年3位、17年9位、18年12位

順天堂大学:8年連続60回目

(過去4年間の成績)15年12位、16年6位、17年4位、18年11位

神奈川大学:9年連続50回目

(過去4年間の成績)15年17位、16年13位、17年5位、18年13位

國學院大學:3年連続12回目

(過去4年間の成績)15年14位、16年不出場、17年16位、18年14位

明治大学:2年ぶり60回目

(過去4年間の成績)15年4位、16年14位、17年18位、18年不出場

東京国際大学:2年連続3回目

(過去4年間の成績)15年不出場、16年17位、17年不出場、18年17位

大東文化大学:7年連続50回目

(過去4年間の成績)15年10位、16年18位、17年13位、18年16位

中央大学:2年連続92回目

(過去4年間の成績)15年19位、16年15位、17年不出場、18年15位

国士舘大学:3年連続47回目

(過去4年間の成績)15年不出場、16年不出場、17年20位、18年19位

山梨学院大学:33年連続33回目

(過去4年間の成績)15年9位、16年8位、17年17位、18年18位

上武大学:11年連続11回目

(過去4年間の成績)15年18位、16年20位、17年15位、18年20位

関東学生連合:オープン参加

箱根駅伝予想オーダー城西大学2019

前回大会は予選会8位で2年ぶりに箱根駅伝の本戦復帰を果たした城西大学。

予選会8位での出場になりましたが、結果は7位と大躍進を果たしシード権を獲得しました。

順位の変動が大きい大学であるだけにダークホースとして注目も集めています。

2018年の出雲駅伝・全日本大学駅伝共に8位と健闘。

城西大学の中心となるのは荻久保寛也選手です。

出雲駅伝では1区を務め区間3位、全日本大学駅伝では2区で区間賞を獲得するなどチームの柱として活躍。

また、前回大会のメンバーが8人残っていることも、今大会では大きな強みになりそうです。

早速、今大会での結果に大きな期待がかかる城西大学のエントリー選手と各区間の予想オーダーについてみていきたいと思います。

第95回箱根駅伝エントリー選手

  • 大石巧:4年
  • 金子元気:4年
  • 鈴木勝彦:4年
  • 中島公平:4年
  • 峐下拓斗:4年
  • 服部潤哉:4年
  • 荻久保寛也:3年
  • 中原佑仁:3年
  • 西嶋雄伸:3年
  • 宮澤真太:3年
  • 大里凌央:2年
  • 菊池駿弥:2年
  • 雲井崚太:2年
  • 野上亮祐:2年
  • 松尾鴻雅:1年
  • 山本嵐:1年

第95回箱根駅伝:予想オーダー

往路

  • 1区:荻久保寛也〈3年〉
  • 2区:金子元気〈4年〉
  • 3区:中島公平〈4年〉
  • 4区:西嶋雄伸〈3年〉
  • 5区:服部潤哉〈4年〉

復路

  • 6区:峐下拓斗〈4年〉
  • 7区:中原佑仁〈3年〉
  • 8区:大石巧〈4年〉
  • 9区:大里凌央〈2年〉
  • 10区:鈴木勝彦〈4年〉

箱根駅伝2019において1区を務めるのは全日本2区区間賞を獲得した荻久保寛也選手が有力だと思われます。

出雲でも1区を務め安定感のある荻久保寛也選手が、城西大学の勢いをつけてくれると予想します。

2区には関東インカレハーフで3位に入った4年生金子元気選手がエース区間を務めると予想します。

往路5区までは前回大会経験者が残っているので、5区までは前回大会のメンバーとあまり変わらないと予想。

西嶋雄伸選手、中島公平選手、服部潤哉選手が往路後半を務めることが有力だと思われます。

前回大会で5区を務めた服部潤哉選手は、区間7位と安定した走りで山上りを突破しただけに今大会でも注目が集まります。

2日目の復路では、前回大会を経験した大石巧選手を中心に襷をつなぎそうです。

前回大会の経験者は往路の方でのエントリーが予想されるため、往路でどれだけ貯金を作れるかが大きなポイントとなりそうです。

前回大会で予選会8位から7位に輝いた城西大学には大きな注目が集まります。

箱根駅伝2019城西大学注目選手

次に箱根駅伝2019において大きな注目が集まっている城西大学の注目選手についてみていきましょう。

注目選手①

荻久保寛也(おぎくぼ ともや)

  • 【生年月日】1997年12月11日
  • 【出身】埼玉県川口市
  • 【出身校】三郷工
  • 【箱根成績】2018年:10区9位

城西大学のエースとして選手として一躍し、主要区間を務め結果を残してきている荻久保寛也選手。

2018年度の出雲駅伝では1区を務め区間3位の成績を残し、全日本では2区区間賞と城西大学の中心選手として活躍しています。

今大会では往路での出場が有力視され、城西大学の勢いをつけるためにも重要な選手です。

注目選手②

金子元気(かねこ げんき)

  • 【生年月日】1996年6月8日
  • 【出身】埼玉県川越市
  • 【出身校】坂戸西
  • 【箱根成績】2017年:8区(関東学生)、2018年:4区4位

関東インカレハーフで3位に入るなど好走をみせた金子元気選手。

前回大会では4区を務め区間4位と5区服部潤哉選手に勢いをつける走りをみせてくれました。

上尾ハーフでは城西大学記録を樹立するなど好調をキープしている金子元気選手には注目が集まります。

注目選手③

服部潤哉(はっとり じゅんや)

  • 【生年月日】1997年3月27日
  • 【出身】愛知県江南市
  • 【出身校】中京大中京
  • 【箱根成績】2018年:5区7位

キャプテンとして臨む最後の箱根駅伝。

初出場となった前回大会では、5区山上りを務め区間7位と往路6位に貢献しました。

今大会においても5区山上りでの出走が有力であり、区間賞も狙える選手の一人です。

以上が、箱根駅伝2019の注目大学である城西大学の注目選手になります。

出雲駅伝・全日本大学駅伝共に8位に輝き、箱根駅伝2019でも波乱を起こしてくれそうな予感を漂わせています。

注目選手3人を中心にどのような襷リレーをみせてくれるのか注目です。

城西大学歴代成績とは⁉︎

最後に箱根駅伝2019において大きな期待がかかる城西大学の歴代の成績をまとめてみましたのでみていきましょう。

城西大学

監督 櫛部静二(くしべ せいじ)

箱根駅伝最高記録

〈往路〉5時間33分19秒(2018年)

〈復路〉5時間33分06秒(2015年)

〈総合〉11時間08分15秒(2015年)

箱根駅伝過去成績

  • 第80回(2004):19位
  • 第81回(2005):15位
  • 第82回(2006):11位
  • 第83回(2007):11位
  • 第84回(2008):11位
  • 第85回(2009):途中棄権
  • 第86回(2010):6位
  • 第87回(2011):11位
  • 第88回(2012):6位
  • 第89回(2013):途中棄権
  • 第90回(2014):19位
  • 第91回(2015):7位
  • 第92回(2016):12位
  • 第93回(2017):不出場
  • 第94回(2018):7位

箱根駅伝2019での出場で15回目の出場となる城西大学。

歴代最高順位は、2010年・2012年の総合6位が最高となっています。

前回大会で予選会8位から7位に輝いただけに、今大会でも注目・期待が高まります。

関連記事 → 箱根駅伝区間エントリー2019発表!出場校一覧と注目選手とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果復路2019!復路の通過順位・区間賞と総合成績は⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果往路2019!往路の通過順位と区間賞はどの選手が⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー日本大学2019!注目選手とアンパンマンカー

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー帝京大学2019!注目選手と2018結果

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー順天堂大学2019!注目選手と出場校決め方

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー青学2019!注目選手と歴代優勝校連覇校は?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー早稲田大学2019!注目選手と解説ゲストは?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー法政大学2019!注目選手と展望とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー東海・東洋2019!優勝候補の注目選手とは?

AD2



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする