箱根駅伝予想オーダー帝京大学2019!注目選手と2018結果

スポーツ

長い歴史のある箱根駅伝において、育成に定評のある帝京大学

下級生の頃からチームの主力選手として戦ってきた選手が多く、箱根駅伝2019においても注目が集まっています。

前回大会のメンバーが9人も残り過去最高順位である3位以内を目標に箱根駅伝2019に臨む帝京大学の選手たち。

今回は、箱根駅伝2019において台風の目になると予想されている帝京大学の、エントリー選手や各区間の予想オーダーについてみていきたいと思います。

また、注目選手や箱根駅伝2018結果をみながら今大会の予想もしていきましょう。

箱根駅伝2019において帝京大学は新たな歴史を開くことができるのでしょうか⁉︎

 

関連記事 → 箱根駅伝区間エントリー2019発表!出場校一覧と注目選手とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー城西大学2019!注目選手と歴代成績とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果復路2019!復路の通過順位・区間賞と総合成績は⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果往路2019!往路の通過順位と区間賞はどの選手が⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー日本大学2019!注目選手とアンパンマンカー

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー順天堂大学2019!注目選手と出場校決め方

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー青学2019!注目選手と歴代優勝校連覇校は?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー早稲田大学2019!注目選手と解説ゲストは?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー法政大学2019!注目選手と展望とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー東海・東洋2019!優勝候補の注目選手とは?

 




箱根駅伝予想オーダー帝京大学2019

箱根駅伝2019において12年連続出場20回目の出場を果たし最高順位への期待が高まる帝京大学。

1998年第74回大会に箱根駅伝に初出場した帝京大学は、2回の不出場もありましたが今大会で20回目となる出場になりました。

帝京大学の箱根駅伝での最高順位は4位が過去最高順位となっています。

前回大会では総合9位に入りシード権を獲得。

そして、今大会では全体の順位を大きく変動させるかもしれない存在となっている帝京大学。

その理由は、前回大会での出走メンバーが9人・登録メンバーであれば14人が残っているからです。

また、新戦力の加入や選手一人一人の走力向上も考えると過去最高順位や優勝争いにも絡んでくる可能性があります。

2018年の出雲・全日本では歴代最高順位となる5位入賞を果たし、全日本では初のシード権を獲得しています。

また、各区間でも2~9位に入るなど安定した走りも大きな武器となりそうです。

2019年の箱根駅伝では台風の目になりそうな予感を漂わせる帝京大学のエントリー選手・各区間の予想オーダーをみていきたいと思います。

 

第95回箱根駅伝エントリー選手一覧

  • 畔上和弥:4年
  • 竹下凱:4年
  • 浜川駿:4年
  • 横井裕仁:4年
  • 岩佐壱誠:3年
  • 岡智洋:3年
  • 小森稜太:3年
  • 島貫温太:3年
  • 田村丈哉:3年
  • 平田幸四郎:3年
  • 吉野貴大:3年
  • 小野寺悠:2年
  • 谷村龍生:2年
  • 鳥飼悠生:2年
  • 星岳:2年
  • 遠藤大地:1年

 

第95回箱根駅伝:予想オーダー

往路

  • 1区:竹下凱〈4年〉
  • 2区:畔上和弥〈4年〉
  • 3区:岩佐壱誠〈3年〉
  • 4区:遠藤大地〈1年〉
  • 5区:平田幸四郎〈3年〉

復路

  • 6区:横井裕仁〈4年〉
  • 7区:田村丈哉〈3年〉
  • 8区:星岳〈2年〉
  • 9区:小森稜太〈3年〉
  • 10区:島貫温太〈3年〉

 

第95回箱根駅伝において各区間のエントリー選手は、前回大会と同じようなエントリーが予想されます。

前回大会の1区では岩佐壱誠選手が務めましたが、今大会では全日本で1区を務めた竹下凱選手が有力だと思います。

全日本大学駅伝では1区を走り区間2位という安定した走りでチームに勢いをつけました。

これまでの箱根駅伝でも往路での出場が多いこともあり1区は竹下凱選手が予想されます。

2区には前回大会もエース区間を務めた畔上和弥選手のエントリーが濃厚だと思います。

3区には前回1区を務めた岩佐壱誠選手、4区には帝京大学注目のルーキーである遠藤大地選手のエントリーが予想されます。

5区山上りまでにどれだけいい順位で襷を繋げるかが最高順位に入るための大きなポイントになりそうです。

5区には前回大会でも5区を務め区間8位と安定した走りをみせてくれた平田幸四郎選手が有力です。

2日目の復路では、前回大会のエントリー選手と同じメンバーが予想されます。

前回大会では復路に4年生の選手が出走していたこともあり、この穴を今季力をつけ出雲では5区6位に輝いた星岳選手のエントリーが有力だと思います。

前回大会を経験した選手が多くいるということもあり、気持ち的にも余裕を持ち走れると思います。

第95回箱根駅伝の台風の目になると予想される帝京大学の襷リレーには注目が集まります。

 

箱根駅伝2019帝京大学の注目選手とは?

第95回箱根駅伝において台風の目と期待が高まる帝京大学の注目選手についてみていきたいと思います。

 

注目選手①

竹下凱(たけした かい)

  • 【生年月日】1996年9月4日
  • 【出身】静岡県静岡市
  • 【出身校】常葉学園橘
  • 【箱根成績】2017年:1区7位、2018年:4区7位

キャプテンとして臨む最後の箱根駅伝。前回大会では4区を務め区間7位と安定した走りをみせてくれました。

また、2018年の全日本では1区を走り区間2位という成績を残し好調をキープと走力も向上。

今大会においても往路でのエントリーが有力であり、チームを勢いずけるためにも竹下凱選手の走りは大きなポイントになりそうです。

 

注目選手②

佐壱誠(いわさ いっせい)

  • 【生年月日】1998年2月7日
  • 【出身】徳島県那賀町
  • 【出身校】徳島科学技術
  • 【箱根成績】2017年:7区8位、2018年:1区16位

1年生の頃から三大駅伝全てに出場するなど経験豊富な選手です。

今シーズンの全日本選考会では2組1着と安定した走りをみせ、11月には自己新記録も更新しています。

出雲・全日本では3区を務め区間7位と好調をキープしながら箱根に臨みます。

 

注目選手③

小森稜太(こもり りょうた)

  • 【生年月日】1997年8月30日
  • 【出身】三重県いなべ市
  • 【出身校】いなべ総合学園
  • 【箱根成績】2018年:9区10位

前回の箱根駅伝から7ヶ月間ほどレースを離れていた小森稜太選手。

しかし、全日本では5区を走り区間4位と調子をどんどん上げてきています。

今大会でも終盤でのエントリーが有力であり、自分との勝負になる過酷なコースでの好走に注目が集まります。

 

注目選手④

遠藤大地(えんどう だいち)

  • 【生年月日】1999年4月4日
  • 【出身】宮城県南阿蘇村
  • 【出身校】古川工
  • 【箱根成績】不出場

帝京大学注目の大型ルーキーの1人である遠藤大地選手。

全日本選考会では1組1着と結果を残し、5000mでは3度の自己新記録を更新しています。

全日本では4区を務め区間3位と初の箱根駅伝においても区間賞の期待がかかります。

今後の帝京大学を引っ張っていくと思われるルーキー・遠藤大地選手からは目が離せません。

 

以上が、第95回箱根駅伝の台風の目と予想されている帝京大学の注目選手になります。

往路での成績が最高順位への大きな鍵になりそうです。

箱根駅伝最高順位である3位以内を目指す帝京大学の走りには注目です。

 

箱根駅伝帝京大学2018結果は?

最後に帝京大学の2018年箱根駅伝の結果についてみていきましょう。

帝京大学は2018年箱根駅伝で総合9位に入り見事シード権を獲得しました。

2018年箱根駅伝の各区間のエントリー選手と区間結果は以下のようになります。

 

往路:12位〈5時間34分47秒〉

  • 1区:岩佐壱誠〈2年〉区間16位
  • 2区:畔上和弥〈3年〉区間11位
  • 3区:浜川駿〈3年〉区間14位
  • 4区:竹下凱〈3年〉区間7位
  • 5区:平田幸四郎〈2年〉区間8位

 

復路:6位〈5時間38分39秒〉

  • 6区:横井裕仁〈3年〉区間4位
  • 7区:佐藤諒太〈4年〉区間8位
  • 8区:田村丈哉〈2年〉区間11位
  • 9区:小森稜太〈2年〉区間10位
  • 10区:島貫温太〈2年〉区間15位

 

以上が、箱根駅伝2018での各区間エントリー選手と結果になります。

1日目の往路の結果は12位とシード権内も危ない結果となってしまいました。

しかし、2日目の復路では6区横井裕仁選手が区間4位の走りで襷を繋ぎ、復路6位。

総合順位では9位に入りシード権を獲得し、2019年の出場権を掴みました。

 

2018年の結果から考えると、前回大会では往路での成績が悪かったことで総合順位も上位には食い込めなかったことがわかります。

復路では出場校の中で6位の成績を残し、そのメンバーが今大会では4人もいます。

往路においても前回大会のメンバーがそのまま5人残っています。

そのため、2019年の箱根駅伝では過去最高順位を大いに狙える布陣で挑めることになります。

出雲駅伝・全日本大学駅伝の結果も好成績を残しますます期待が高まる帝京大学。

2018年の箱根駅伝での経験が帝京大学の歴史を変えようとしています。

 

関連記事 → 箱根駅伝区間エントリー2019発表!出場校一覧と注目選手とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー城西大学2019!注目選手と歴代成績とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果復路2019!復路の通過順位・区間賞と総合成績は⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果往路2019!往路の通過順位と区間賞はどの選手が⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー日本大学2019!注目選手とアンパンマンカー

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー順天堂大学2019!注目選手と出場校決め方

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー青学2019!注目選手と歴代優勝校連覇校は?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー早稲田大学2019!注目選手と解説ゲストは?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー法政大学2019!注目選手と展望とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー東海・東洋2019!優勝候補の注目選手とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました