箱根駅伝予想オーダー東海・東洋2019!優勝候補の注目選手とは?

箱根駅伝2019がいよいよ始まろうとしています。

数々のドラマや記録が生まれる箱根駅伝は、毎年多くの人に夢や感動を与えてくれます。

大会5連覇・2度目の三冠を目指す王者・青山学院大学。

その青山学院大学の覇権を奪回する東海東洋などの優勝候補の各大学。

箱根駅伝2019も目が離せないレースとなると思われます。

そこで今回は、箱根駅伝2019の優勝候補である東海東洋予想オーダーをみていきたいと思います。

また、東海東洋の注目選手も一緒にみていきましょう。

箱根初優勝を目指す東海大学か⁉︎

鉄紺の襷を掲げたV奪還を目指す東洋大学か⁉︎

箱根駅伝2019の概要・出場校と共にみていきたいと思います。

関連記事 → 箱根駅伝区間エントリー2019発表!出場校一覧と注目選手とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー城西大学2019!注目選手と歴代成績とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果復路2019!復路の通過順位・区間賞と総合成績は⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果往路2019!往路の通過順位と区間賞はどの選手が⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー日本大学2019!注目選手とアンパンマンカー

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー帝京大学2019!注目選手と2018結果

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー順天堂大学2019!注目選手と出場校決め方

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー青学2019!注目選手と歴代優勝校連覇校は?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー早稲田大学2019!注目選手と解説ゲストは?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー法政大学2019!注目選手と展望とは⁉︎

スポンサーリンク




箱根駅伝2019 概要

第95回箱根駅伝出場校を含めた概要についてみていきたいと思います。

正式名称 東京箱根間往復大学駅伝競走

出場資格 関東学生陸上競技連盟加盟大学

開催日

  • (往路)2019年1月2日(水)
  • (復路)2019年1月3日(木)

コース・距離

2019年1月2日〈往路:5区間107.5km〉

  • 1区:21.3km 大手町読売新聞本社前→鶴見中継所
  • 2区:23.1km 鶴見中継所→戸塚中継所
  • 3区:21.4km 戸塚中継所→平塚中継所
  • 4区:20.9km 平塚中継所→小田原中継所
  • 5区:20.8km 小田原中継所→箱根・芦ノ湖

2019年1月3日〈復路:5区間109.6km〉

  • 6区:20.8km 箱根・芦ノ湖→小田原中継所
  • 7区:21.3km 小田原中継所→平塚中継所
  • 8区:21.4km 平塚中継所→戸塚中継所
  • 9区:23.1km 戸塚中継所→鶴見中継所
  • 10区:23.0km 鶴見中継所~大手町読売新聞本社前

第95回箱根駅伝出場校

青山学院大学:11年連続24回目

〈前回大会1位・9年連続シード権〉

東洋大学:17年連続77回目

〈前回大会2位・13年連続シード権〉

早稲田大学:43年連続88回目

〈前回大会3位・12年連続シード権〉

日本体育大学:71年連続71回目

〈前回大会4位・3年連続シード権〉

東海大学:6年連続46回目

〈前回大会5位・4年連続シード権〉

法政大学:4年連続79回目

前回大会6位・2年連続シード権〉

城西大学:2年連続15回目

〈前回大会7位・2年ぶりシード権〉

拓殖大学:6年連続40回目

〈前回大会8位・4年ぶりシード権〉

帝京大学:12年連続20回目

〈前回大会9位・2年ぶりシード権〉〉

中央学院大学:17年連続20回目

〈前回大会10位・4年連続シード権〉

日本大学:2年ぶり88回目

〈関東インカレ成績枠〉

駒澤大学:53年連続53回目

〈前回大会12位・予選会1位〉

順天堂大学:8年連続60回目

〈前回大会11位・予選会2位〉

神奈川大学:9年連続50回目

〈前回大会13位・予選会3位〉

國學院大學:3年連続12回目

〈前回大会14位・予選会4位〉

明治大学:2年ぶり60回目

〈予選会5位〉

東京国際大学:2年連続3回目

〈前回大会17位・予選会6位〉

大東文化大学:7年連続50回目

〈前回大会16位・予選会7位〉

中央大学:2年連続92回目

〈前回大会15位・予選会8位〉

国士舘大学:3年連続47回目

〈前回大会19位・予選会9位〉

山梨学院大学:33年連続33回目

〈前回大会18位・予選会10位〉

上武大学:11年連続11回目

〈前回大会20位・予選会11位〉

関東学生連合

〈オープン参加〉

以上が第95回箱根駅伝の概と出場校になります。

往路・復路共に見所があり、各大学の走り・戦略など楽しみはたくさんありますね。

青山学院大学の5連覇・2度目の三冠達成か⁉︎

他校の覇権奪回か⁉︎

数々のドラマが生まれる箱根駅伝から、一瞬たりとも目が離せません。

箱根駅伝予想オーダー東海2019

第95回箱根駅伝大会において優勝候補として名を挙げている東海大学。

出雲駅伝では3連覇を含む4度の優勝。

全日本大学駅伝も優勝経験がありますが、唯一箱根駅伝での優勝のタイトルだけ獲得していません。

しかし、第95回箱根駅伝では役者ぞろいの布陣となり、初優勝の可能性がかなり高いチームです。

早速、第95回箱根駅伝にエントリーされている選手と各区間の予想エントリー選手をみていきたいと思います。

エントリー選手一覧

  • 東優汰:4年
  • 湊谷春紀:4年
  • 湯澤舜:4年
  • 鬼塚翔太:3年
  • 郡司陽大:3年
  • 河野遥伎:3年
  • 小松陽平:3年
  • 阪口竜平:3年
  • 關颯人:3年
  • 館澤亨次:3年
  • 中島怜利:3年
  • 西川雄一朗:3年
  • 松尾淳之介:3年
  • 鈴木雄太:2年
  • 西田壮志:2年
  • 本間敬大:1年

予想オーダー東海大学

往路

  • 1区:西川雄一朗〈3年〉
  • 2区:阪口竜平〈3年〉
  • 3区:鬼塚翔太〈3年〉
  • 4区:關颯人〈3年〉
  • 5区:西田壮志〈2年〉

復路

  • 6区:中島怜利〈3年〉
  • 7区:郡司陽大〈3年〉
  • 8区:館澤亨次〈3年〉
  • 9区:湊谷春紀〈4年〉
  • 10区:湯澤舜〈4年〉

箱根駅伝2019で予想される、1区には出雲・全日本でも1区を務めた西川雄一朗選手が有力と思われます。

2区は前回2区を務め経験もある阪口竜平選手。

そして、3・4区に注目選手である鬼塚翔太選手・關颯人選手の配置が有力だと思います。

この区間で差をつけられるかが大きなポイントになってきそうです。

5区山上りでは前々回5区を務めた館澤亨次選手もいますが、館澤亨次選手は前回8区区間2位の成績を残されているので、今回も終盤に配置されると思われます。

そのため、5区には西田壮志選手が有力ではないかなと思います。

西田壮志選手の体調次第では5区に館澤亨次選手が配置される可能性もありますね。

6区には1年生の時から山下りを務め、前回は区間2位の成績を残した中島怜利選手が務めると思います。

区間賞候補の1人でもある中島怜利選手の後を湊谷春紀選手・湯澤舜選手が終盤を務めるのではないかと予想します。

初の箱根駅伝制覇に向けての戦力は整っている東海大学。

2019年の箱根路ではどのような走りをみせてくれるのか楽しみですね。

箱根駅伝予想オーダー東洋2019

第95回箱根駅伝大会において覇権奪回最有力候補である東洋大学。

前回大会では10年連続3位以内という成績を残しましたが、惜しくも総合2位。

青山学院大学の連覇を阻止することはできませんでした。

しかし、第85回大会から前回大会まで圧倒的な成績を残してきている東洋大学。

出雲・全日本でも安定した成績を残し、選手も安定した走りで成績を残してきています。

第90回大会以来の覇権奪回に期待がかかる東洋大学のエントリー選手と各区間の予想エントリー選手をみていきましょう。

エントリー選手一覧

  • 小笹椋:4年
  • 中村拳梧:4年
  • 山本修二:4年
  • 相澤晃:3年
  • 今西駿介:3年
  • 小室翼:3年
  • 土壁和希:3年
  • 浅井崚雅:2年
  • 大澤駿:2年
  • 大森龍之介:2年
  • 田中龍誠:2年
  • 田上建:2年
  • 西山和弥:2年
  • 野口英希:2年
  • 吉川洋次:2年
  • 鈴木宗孝:1年

予想オーダー東洋大学

往路

  • 1区:西山和弥〈2年〉
  • 2区:相澤晃〈3年〉
  • 3区:山本修二〈4年〉
  • 4区:小笹椋〈4年〉
  • 5区:田中龍誠〈2年〉

復路

  • 6区:今西駿介〈3年〉
  • 7区:土壁和希〈3年〉
  • 8区:吉川洋次〈2年〉
  • 9区:鈴木宗孝〈1年〉
  • 10区:中村拳梧〈4年〉

箱根駅伝2019で予想される各区間選手ですが、1~3区は前回大会と同じオーダーの可能性が高いと思われます。

前回大会で往路優勝を飾っている布陣が有力だと予想します。

また、前回大会でアンカーを務めた区間賞を獲得した小笹椋選手を往路の布陣に配置することでより一層優勝へ近くと思います。

6区に関しては注目選手の一人であり、前回大会も6区を務めた今西駿介選手が有力です。

今西駿介選手は前回大会で首位を明け渡し悔しい結果となってしまいました。

しかし、今年は力を付け区間賞も狙える実力があるため今西駿介選手の走りが復路ではポイントになってきそうです。

終盤には安定感のある吉川洋次選手や調子を上げてきている4年生の中村拳梧選手が配置されると予想します。

前回大会と同じレース展開に持って行くことができれば鉄紺の襷を掲げた東洋大学のV奪還の可能性はかなり高くなると思います。

青山学院大学に引けを取らない選手が集まっていますので、東洋大学の走りには目が離せません。

箱根駅伝2019 優勝候補東海・東洋注目選手とは?

最後に優勝候補である東海大学と東洋大学の注目選手をみていきましょう。

東海大学:注目選手

湊谷春紀(みなとや はるき)

  • 【生年月日】1996年4月25日
  • 【出身】秋田県大仙市
  • 【出身校】秋田工
  • 【箱根駅伝成績】2016年:1区16位、2018年:9区5位

キャプテンとして臨む箱根駅伝ラストイヤー。

前回大会では9区を務め区間5位の成績を残しました。

関東インカレでは7位に入賞するなど調子も良さそうです。

箱根駅伝初優勝に欠かせない選手です。

鬼塚翔太(おにづか しょうた)

  • 【生年月日】1997年9月13日
  • 【出身】長崎県松浦市
  • 【出身校】大牟田
  • 【箱根駅伝成績】2017年:1区2位、2018年:3区3位

10000mはチーム内最速記録を持つ鬼塚翔太選手

秋シーズンは故障のため出雲駅伝には出場できませんでした。

しかし、全日本大学駅伝で復活を果たすと5区を務め区間2位の走りをみせました。

箱根駅伝でも区間賞候補の一人です。

關颯人(せき はやと)

  • 【生年月日】1997年4月11日
  • 【出身】長野県茅野市
  • 【出身校】佐久長聖
  • 【箱根駅伝成績】2017年:2区13位

1年生の時に花の2区を務め箱根デビューを飾った關颯人選手。

しかし、前回大会は故障の影響で出場できませんでした。

しかし、2018年シーズンは調子も上がり出雲・全日本と安定の成績を残しています。

往路優勝には關颯人選手の走りが鍵になってきそうです。

館澤亨次(たてざわ りょうじ)

  • 【生年月日】1997年5月16日
  • 【出身】神奈川県横浜市
  • 【出身校】埼玉栄
  • 【箱根駅伝成績】2017年:5区13位、2018年:8区2位

日本選手権1500mで2連覇を達成したスピードランナーの一人です。

安定した走り・成績を残している館澤亨次選手は、全日本大学駅伝では3年連続区間賞を獲得しています。

前回大会の箱根駅伝では8区区間2位と実力をみせ、今回大会では区間賞候補の一人として注目されています。

復路終盤でのポイントになる選手です。

東洋大学:注目選手

山本修二(やまもと しゅうじ)

  • 【生年月日】1996年8月17日
  • 【出身】広島県呉市
  • 【出身校】遊学館
  • 【箱根駅伝成績】2016年:8区9位、2017年:2区11位、2018年:3区1位

東洋大学エースの山本修二選手。

2018年出雲駅伝3区・全日本3区を務め区間3位。

前回の箱根駅伝では3区区間賞という成績を残しています。

2019年箱根駅伝でも3区が予想される山本修二選手。

山本修二選手の走りが往路優勝へのポイントになりそうです。

相澤晃(あいざわ あきら)

  • 【生年月日】1997年7月18日
  • 【出身】福島県須賀川市
  • 【出身校】学法石川
  • 【箱根駅伝成績】2018年:2区3位

2017年の全日本大学駅伝では1区区間賞を獲得。

2018年出雲駅伝でも1区を務め区間2位と成績も安定しています。

2019年箱根駅伝でも1区~3区に配置されると予想されます。

安定感・スピードのある走りでどれだけ後続を引き離せるのか注目です。

今西駿介(いまにし しゅんすけ)

  • 【生年月日】1997年8月29日
  • 【出身】宮崎県高原町
  • 【出身校】小林
  • 【箱根駅伝成績】2018年:6区5位

アジアクロカンにおいて銅メダルを獲得し、世界大学クロカンにも出場した実力の持ち主です。

前回大会は6区を務めましたが、中盤で首位を譲る形になり悔しい箱根となりました。

今年は力も付け区間賞候補の一人となり目が離せません。

吉川洋次(よしかわ ひろつぐ)

  • 【生年月日】1998年6月9日
  • 【出身】栃木県那須塩原市
  • 【出身校】那須拓陽
  • 【箱根駅伝成績】2018年:4区2位

1年生の時に大学三大駅伝全てに出場し安定感のある走りが持ち味の選手です。

前回大会では4区を務め、1年生ながら区間2位の成績を残しました。

2年生となり更なる走りが期待される注目選手の一人です。

以上が、箱根駅伝2019優勝候補である東海大学・東洋大学の注目選手になります。

上記の選手の走りが箱根初優勝・V奪還のためにポイントとなってくる選手です。

平成最後となる箱根駅伝ではどのようなドラマが展開されるのか注目が集まります。

関連記事 → 箱根駅伝区間エントリー2019発表!出場校一覧と注目選手とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー城西大学2019!注目選手と歴代成績とは⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果復路2019!復路の通過順位・区間賞と総合成績は⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝結果往路2019!往路の通過順位と区間賞はどの選手が⁉︎

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー日本大学2019!注目選手とアンパンマンカー

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー帝京大学2019!注目選手と2018結果

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー順天堂大学2019!注目選手と出場校決め方

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー青学2019!注目選手と歴代優勝校連覇校は?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー早稲田大学2019!注目選手と解説ゲストは?

関連記事 → 箱根駅伝予想オーダー法政大学2019!注目選手と展望とは⁉︎

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする