山本裕典さんが俳優活動再開へ!来年には舞台出演も

俳優・山本裕典さん(30歳)が、2019年3月に上演される「となりのホールスター」で主演を務めることが20日(木)に明かされました。

発表はされたのは山本裕典さんが代表取締役を務める個人事務所の公式サイトでした。

山本裕典さんは、2017年3月に前の事務所であったエヴァーグリーン・エンタテイメントと契約が終了。

それ以来となる本格的な俳優活動を再開されます。

「となりのホールスター」は東京・新宿のサンモールスタジオで上演されます。

山本裕典さんは昨年の3月に所属事務所であるエヴァーグリーン・エンタテイメントとの契約終了が発表され今年6月に自身が代表取締役を務める個人事務所を設立。

7月に公式サイトを公開した山本裕典さんは、インスタグラムを通してDJとして活動していることを報告されました。

山本裕典さんも自身のインスタグラムにて

「また、お芝居ができる事嬉しいです。

なにより、芝居をしている俺を待ってくれているファンの方々の為にも全力で向き合っていきます」

「是非、ってか必ず劇場に来てください笑笑 待ってます!!」

とファンに向け意気込みを語ると共に劇場への来場に関しても呼びかけました。

人気俳優の活動再開に多くのファンが今後の活動に注目しています。

スポンサーリンク




山本裕典プロフィール

山本裕典(やまもと ゆうすけ)

  • 【生年月日】1988年1月19日
  • 【出身】愛知県
  • 【血液型】A型
  • 【職業】実業家・俳優・タレント
  • 【事務所】ワイツー

【テレビドラマ】

  • 仮面ライダーカブト(2006年)
  • アタシんちの男子(2009年)

【映画】

  • ROOKIES-卒業-(2009年)
  • パラダイス・キス(2011年)

【経歴】

2005年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリとフォトジェニック賞を受賞し芸能界デビューを果たした山本裕典さん。

雑誌「SEVENTEEN」のボーイフレンドモデルとして注目を集めました。

2006年にはテレビ朝日系「仮面ライダーカブト」で俳優デビューを飾り、その後も数々の話題作に出演。

イケメン俳優として人気と注目を集めていました。

中学・高校時代には市原隼人さんのファンだった山本裕典さん。

山本裕典さんにとって市原隼人さんは芸能界に入るきっかけとなる人物です。

また、市原隼人さんの他にも憧れの芸能人としてSMAPが憧れのようです。

「仮面ライダーカブト」では水嶋ヒロさんと共演し兄のように慕っている山本裕典さん。

その他にも世界で活躍される渡辺直美さんは「親友」というほど仲がいいみたいです。

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする