帰省ラッシュ年末年始ピーク予想!高速道路・新幹線・飛行機混雑予測

2018年も終わりに近づき年末年始を迎えようとしています。

年末年始には多くの方が故郷に帰省されたり、海外や国内へ旅行される方もいらっしゃるので交通機関が気になる方が多いと思います。

年末年始帰省ラッシュピークはなるべく避けたいと多くの方が思っていらっしゃると思います。

そこで今回は、年末年始帰省ラッシュピーク予想をしていきたいと思います。

高速道路新幹線飛行機と混雑が予想される交通機関についてみていきたいと思います。

年末年始に帰省を考えられている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク




帰省ラッシュ年末年始ピーク予想!高速道路混雑予測

まず始めに、高速道路の混雑予測についてみていきましょう。

全国の高速道路の中でも最も多く混雑される区間を中心にみていきたいと思います。

年末年始の休みは一般的に官公庁と同じ「12月30日~1月3日」が年末年始の休みとされています。

しかし、2018年は12月29日が「土曜日」のため曜日的に考えると、

12月29日(土)~1月3日(木)

の休みの方が多いと思われます。

また、2019年1月4日(金)を休みにして、9連休の年末年始の休暇をとる方もいらしゃると思います。

今年の年末年始の休みは最大で9日間とれる計算になりますので、高速道路混雑予想2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)で混雑予測してみました。

2018年12月29日(土)

〈下り〉

混雑状況

  • 5km~15km

2018年12月30日(日)

〈下り〉

混雑状況

  • 関越自動車道 所沢IC~東松山IC付近:約20km
  • 東名高速道路 横浜青葉~秦野中井IC付近:約25km

2018年12月31日(月)

〈下り〉

混雑状況

  • 東名高速道路 所沢IC~東松山IC付近:約20km

〈上り〉

混雑状況

  • 東名高速道路 秦野中井IC~横浜町田IC付近:約25km

2019年1月1日(火)

〈上り〉

混雑状況

  • 東名高速道路 御殿場IC~大井松田IC付近:約30km
  • 大井松田IC~横浜町田IC付近:約20km
  • 中央自動車道 大月IC~八王子JCT付近:約20km

2019年1月2日(水)

〈上り〉

混雑状況

  • 東北自動車道 栃木IC~久喜IC付近:約35km
  • 関越自動車道 本庄児玉IC~鶴ヶ島IC付近:約35km
  • 中央自動車道 八王子IC~高井戸IC:約25km
  • 東名高速道路 御殿場IC~横浜町田IC付近:約40km

〈下り〉

混雑状況

  • 5km~15km

2019年1月3日(木)

〈上り〉

混雑状況

  • 東北自動車道 佐野藤岡IC~加須IC付近:約20km

2019年1月4日(金)

〈上り〉

混雑状況

  • 東名高速道路 大井松田IC~横浜町田IC付近:約30km

2019年1月5日(土)

〈上り〉

混雑状況

  • 関越自動車道 花園IC~鶴ヶ島IC付近:約20km
  • 東名高速道路 秦野中井IC~横浜町田IC付近:約25km

2019年1月6日(日)

〈上り〉

混雑状況

  • 関越自動車道 花園IC~鶴ヶ島IC付近20km

帰省ラッシュ「下り」のピーク

2018年12月29日(土)~2018年12月30日(日)

帰省ラッシュ「上り」のピーク

2019年1月2日(水)~2019年1月3日(木)

帰省ラッシュピーク回避日

下り:2018年12月28日(金)

上り:2019年1月4日(金)~2019年1月6日(日)

以上が、高速道路における帰省ラッシュのピーク予想になります。

車で帰省を考えられている方は、混雑が見込まれますので安全運転で気をつけて帰省してくださいね。

早朝での移動がお勧めとなっています。

帰省ラッシュ年末年始ピーク予想!新幹線混雑予測

次に新幹線の帰省ラッシュのピーク予想をみていきたいと思います。

新幹線での帰省ラッシュのピークを「下り」と「上り」でみていきましょう。

新幹線「下り」ピーク

2018年12月29日(金)

2018年12月30日(土)

以上の2日間が最もピークが予想されます。

特に混雑が予想される区間は

  • 「東京発→新青森着」:東北新幹線
  • 「東京発→博多着」東海道・山陽新幹線

が特に混雑し乗車率100%近くになってきそうです。

12月29日(土)は普通車・グリーン車ともに終日ほぼ満席の状態です。

12月30日(日)は、東京発の列車に関しては、17時以降には普通車も空きが少しでてきそうです。

両日ともに午前中~お昼過ぎの時間帯は混雑しそうですが、列車を選べば予約もまだ間に合うと思います。

新幹線「上り」ピーク

2019年1月3日(水)

上りのピークは1月3日(水)が最も混雑すると予想され、下りの時よりも状況は厳しくなりそうです。

最も混雑する予想される区間は

  • 「新青森発→東京着」:東北新幹線
  • 「博多発→東京着」:東海道・山陽新幹線

以上の2区間が最も混雑する区間になっています。

12月中旬時点で、東海道・山陽新幹線はグリーン車も含めて終日満席の状態です。

東北新幹線に関しては、始発列車のみ空席ある状態ですが、それ以外の時間帯に関しては満席の状態となっています。

東北新幹線もかなりの混雑が予想されていますが、山陽新幹線の博多発~新大阪の区間は特に混雑が激しくなているため、2日(火)・4日(金)も昼の時間帯は満席状態となっています。

東京への上り線はどの方面からも、グリーン車含めて3日間ともほぼ満席状態です。

自由席もかなりの混雑が予想されますので時間に余裕を持って乗車されることをお勧めします。

JR各社ピーク時の混雑状況まとめ

ピーク時:比較的余裕あり

  • JR北海道
  • JR東日本:北陸・上越新幹線
  • JR九州

ピーク時:激しく混雑

  • JR東日本:東北・秋田新幹線
  • JR東海
  • JR西日本(※博多-新大阪間)

例年では12月半ば頃に、臨時列車の運行発表があることもあります。

JR各社のホームページなどでチェックできますので、こまめにチェックしてみて下さいね。

帰省ラッシュ年末年始ピーク予想!飛行機混雑予測

最後に飛行機の年末年始帰省ラッシュのピーク予想になります。

年末年始の航空チケットは、8月下旬より各航空会社で発売開始となっています。

各航空会社にとって年末年始のシーズンは稼ぎどきであり、「ハイシーズン」の時期になります。

故郷へ帰省する為

国内・外へ旅行する為

以上、2つの理由などにより飛行機を利用する方が増え、混雑するシーズンとなってきます。

ハイシーズンの期間は、一般的には「年末の仕事納めである30日前後~年明け三が日前後」が最も混雑する期間となっています。

近年の予約状況では、国内線の座席数を減らし、国際線の座席数を増やしているそうです。

国内線よりも国際線をより強化していることもあり、提供されている座席数の8割以上は予約で埋まっているのが現状です。

国際線での予約ではアジア・オセアニア地域の予約が非常に高くなっているそうです。

国内線は座席数は減ってはいますが、予約数は年々増えている傾向にあり、予約数は6割程になります。

毎年、12月25日~1月3日の国内線では東京発着の九州や沖縄といった関西方面の便が提供されている座席数に対して100%を超えるチケット販売となっています。

年末年始の時期は他の時期に比べて、チケット料金も高めの価格となっています。

年末年始の帰省には、日程や時間帯などをずらしたりしながら、チケットなども早めに予約されることをお勧めします。

AD2



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする