神社参拝方法まとめ!鈴のタイミングやお賽銭の金額・服装や時間は

神社での正しい参拝方法を皆さんはご存知でしょうか?

1年の始まりに多くの方が参拝する「初詣」やご自身の祈願の際に神社に参拝されることはあると思います。

何気無く参拝されている神社には参拝方法時間帯・服装といったマナーがあります。

今回は、意外と知られていない神社の参拝方法についてみていきたいと思います。

参拝方法の流れや鈴を鳴らすタイミング・お賽銭の金額服装や時間帯など、意味なども含めてみていきましょう。

スポンサーリンク




神社 参拝方法の流れとは

まず始めに神社での参拝方法についてみていきたいと思います。

①鳥居を通る前の「一礼」

神社に入るときは、鳥居や門の前で一礼してから中に入ります。

鳥居や門というのは、私たちの世界と神様の世界を分けていると言い伝えられています。

そのため、神様の世界に「お邪魔します」という挨拶をしてから中に入っていきます。

また、帰るときも同様に鳥居を出たところで社殿の方向へ一礼をします。

神様に「お邪魔しました」という意味の挨拶です。

②参道は真ん中を避けて歩く

参道の真ん中は、神様の通り道になります。

そのため参道の真ん中ではなく参道の端を歩きまましょう。

参道の真ん中をを横切って通らなければいけない場合には、軽く頭を下げてから通りましょう。

お参りをした後も、参道の真ん中は避けて帰ります。

③手水舎で「手と口」を清める

手水舎(ちょうずや)は、神様の領域に入る際に体についた穢(けが)れを落とす場所。

本来は、川や海で禊(みそぎ)という儀式を行わなくてはいけません。

しかし、神社に入る度に毎回行うのは大変なため簡易的に体を清めるために手水舎で手と口を清めます。

手水舎の流れ

⑴手水舎の前で軽く一礼。

⑵右手で柄杓(ひしゃく)をとり、左手を清める。

⑶左手に柄杓を持ち替えて、右手を清める。

⑷右手に柄杓を持ち替え、左手に水を受けて口をすすぐ。

⑸左手をもう一度清める。

⑹両手で柄杓を持ち、水をすくう部分をあげながら、持ち手の部分も清める。

⑺手水舎をでる際に、軽く一礼。

水はすくう際に多めにすくい、途中ですくい直さなようにします。

また、柄杓に直接口をつけないように注意しましょう。

④二礼二拍手一

お参りをする場所は「拝殿(はいでん)といい、この拝殿の前で参拝を行います。

⑴拝殿の前に着いたら、45度の礼を行う。

⑵お賽銭をそっといれます。

⑶鈴を鳴らす。

⑷2回90度の礼を行う。

⑸手を合わせる際に、右手を少し下げ2回拍手。

⑹お願い事を伝える。

⑺1回90度の礼。

⑻45度の礼の後に、拝殿を離れる。

鈴を鳴らす意味は、お参りに来たことを神様に知らせるために鳴らすと言い伝えられています。

鈴の音は、悪い気を祓い、お参りにきた人を清める役割があると言われています。

「45度の礼」「90度の礼」と2種類の例があります。

この礼は、古代に書かれた「古事記」や「日本書紀」などの歴史書などにも書かれています。

「深く頭を下げることが神様に敬意を示す方法」と書かれ古くから言い伝えられています。

そして拍手は、「柏手(かしわで)」と言い手を打つことが神様への敬意を示す方法と「魏志倭人伝」の歴史書にも記載されています。

以上が神社参拝方法の流れになります。

この後、鈴のタイミングや意味・お賽銭の金額・服装や時間帯など詳しくみていきましょう。

神社 参拝方法鈴のタイミングはいつ?

まずお参りの際に鳴らす鈴のタイミングについて、鳴らす意味と合わせてみていきましょう。

参拝をする際、なぜ鈴を鳴らすのかご存知でしょうか?

鈴を鳴らす意味には2つの意味があります。

一つ目は「祓い清める」という意味があります。

鈴の奏でる清らかな音色には、昔から魔除けの力があると言われています。

神事の際には、悪霊を祓う道具として古くから鈴が使われてきました。

神社においては、鈴をご神前に吊るしたり、神事で巫女さんが神楽舞の時に振る神楽鈴などでも使われています。

拝殿に祀られている鈴を参拝の時に鳴らすことは、悪霊を祓う力があると言われています。

また、参拝に来た人達を祓い清め神様を深く敬いつつしむような気持ちにさせると考えられているそうです。

二つ目は、「神様をお呼びする」という意味があるそうです。

鈴を鳴らす事により、神様をお招きすることができると言い伝えられています。

賽銭箱の真上に祀られた鈴の音色には自分を祓い清めるという意味と共に、神様に「お参りに来ましたと」いう事を知らせることができるとも言われてます。

誰かに会った時には、挨拶をしてから用件を話すのと同じで、神社で神様の前に来た際には、まず鈴を鳴らして挨拶をする事が大切です。

神社で参拝する際に鈴を鳴らすことは、参拝者の悪霊を祓い清めた状態にし、神様と繋がるために大切なことなので、参拝の際にはしっかり挨拶をしましょう。

鈴を鳴らすタイミングについては、上記でも説明しましたがお賽銭を入れた後に鳴らすようにしましょう。

鈴を鳴らしている時には「祓いたまえ」「清めたまえ」と心の中で唱えながら鳴らしましょう。

神社 参拝方法お賽銭の金額は?

次に神社へ参拝で悩むことといえばお賽銭の金額だと思います

神社での参拝の際にはどのくらいの金額を入れればいいのか、お賽銭の意味と一緒にみていきましょう。

お賽銭の「賽」には「神から福を受けたことを感謝して祭る」という意味があります。

そのため、お賽銭を入れるということは「前回お願いした事が叶った御礼」という意味であり、今回のお参りのお願いに対するものではありません。

願いが叶った時や今生活できていることに対して「ありがとうございました」と神様に感謝の気持ちを伝えるためにお賽銭を入れます。

また、その他にもお賽銭を入れることには理由があり、お賽銭が入るときの音は、厄を払う効果があるとも言われています。

多くの方が気になっている、お賽銭の金額には大きな決まりはありません。

神様に感謝する気持ちで自分なりの金額を決めてお参りする事が一番大切です。

しかし、1000円や5000円といった高額なお賽銭を入れられる方もいらっしゃいます。

お賽銭でお札を使われる場合には、白い封筒に入れ「住所」「名前」を書き新札を入れるといいとされています。

縁起が良いとされている金額

  • 5円:神様にご縁がありますように
  • 10円(5円玉2枚):重ね重ねご縁がありますように
  • 25円(5円玉5枚):二重にご縁がありますように
  • 35円(5円玉7枚):再三ご縁がありますように
  • 50円(5円玉10枚):五重のご縁がありますように
  • 115円(5円玉23枚):良いご縁がありますように

上記のように縁起がいいとされている語呂合わせもあります。

10円硬貨を入れられる方は多いと思いますが、10円玉は「遠縁」縁が遠ざかるという意味もあるので避けたほうが良いいかもしれませんね。

神社 参拝方法服装と時間帯とは

最後に神社参拝時の服装と時間帯についてみていきましょう。

服装

参拝とは神様の前にご挨拶に行く行為のため、少なくとも人と会って恥ずかしくない格好でいきましょう。

七五三や厄払いでなどで神社へお参りに行く場合には、基本的に男女共にスーツなどの服装ならば問題はありません

しかし、日常的にスーツのような格好で参拝するわけにもいきません。

私服で行く場合は神様に失礼がないようにしなければいけません。

女性の場合は露出が多い服を着たり、部屋着のような格好では神様に失礼になってしまいます。

初詣や普段の参拝時は過激な服装でなければ大丈夫ですが、行事で神社へ参拝する際にはマナーがあるため注意が必要です。

参拝は友達の家に遊びに行くわけではないのでジャージなどのラフすぎる服装はやめた方がいいと思います。

また、スニーカー・サンダル・長すぎるブーツなども神社への参拝には向いていないみたいです。

そして、初詣など参拝される時期は寒く、コートや帽子・マフラーなどを着用していきます。

神社では鳥居をくぐるところから神様がみているそうです。

寒いのはわかりますが、お参りの時にはマフラーや帽子などは脱いでお参りしましょう。

神社へ参拝に行く際には、「神様に会い挨拶をする」ということを考えたうえで服装をしっかり選んで参拝されることをお勧めします。

参拝時間

神社に参拝に行くのに最もお勧めな時間は「朝」です。

朝でも一番いい時間というのが、「神社が開く時間」と言われています。

理由は、神社が開いてすぐの時間帯は参拝客も少なく、とても静かで落ち着いて参拝できます。

参拝する方が多いと、どうしても周りが気になり参拝に集中できません。

なので、心を落ち着かせて集中して参拝されるなら朝から午前中をお勧めします。

しかし、用事などで午前中の参拝は厳しいという方もいらっしゃいます。

そのような場合には、正午から16時くらいまでの参拝がいいとされています。

午前中に比べて参拝客も増え混雑している時間帯です。

しかし、16時以降から日没までの時間帯は避けた方がいいと言われいます。

夕方に近づくにつれて「陰の気」が満ちてしまい「邪気」が増えると言われています。

一説によると、

  • 「朝に神を呼び込む」
  • 「夕方には神が帰ってしまう」

とも言われています。

できるだけ16時から日没までの夕方の時間帯は参拝しない方がいいですね。

神社が開く時間帯から午前中に参拝する事が一番いい時間ですね。

参考にしていただけると幸いです。

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする