SASUKE2018大晦日出場者一覧!コース紹介と井岡一翔⁉︎

スポーツバラエティ番組の一つであり熱狂的ファンを有する「SASUKE」。

第36回大会となる「SASUKE2018」が大晦日の夜に放送が決まりました。

また、今大会はクシング井岡一翔選手の世界タイトルマッチと合わせての放送となり注目が集まっています。

今回はSASUKE2018大晦日スペシャルの詳細や出場者一覧をみていきたいと思います。

また、世界タイトルマッチを行う井岡一翔選手についてもみていきましょう。

スポンサーリンク




SASUKE2018大晦日詳細

1997年9月から放送され始め、2018年大晦日の放送で36回目を迎える「SASUKE(サスケ)」。

SASUKEは最高視聴率は26%を記録する大人気番組の一つです。

年に2回放送されることもありましたが、近年は視聴率が低くなってしまい2012年からは年1回の放送となりました。

一部のマニアからは根強い人気がある「SASUKE」。

海外では特に注目を集め世界165の国と地域で放送されるほど世界的に人気です。

そんな「SASUKE」が2018年大晦日の夜に放送が決まりました。

平成最後となる「SASUKE」はボクシング井岡一翔選手の世界タイトルマッチとあわせての放送となります。

番組史上初となる大晦日での放送で完全制覇を達成する出場者の方は現れるのか注目が集まります。

SASUKE2018年大晦日詳細

「平成最後の大晦日スペシャル!SASUKE2018年&ボクシング井岡一翔世界タイトルマッチ」

【日程】2018年12月31日(月)

【時間】18時~23時55分(TBS系)

SASUKE2018大晦日出場者一覧

第36回目を迎えるSASUKE2018の出場者一覧をみていきたいと思います。

  1. 長谷川まもる[フラッグパフォーマー]
  2. 松井奏凪人[相撲中学生]
  3. 鳥澤克秀[ウエイトリフティング元日本代表]
  4. 佐久間光太[川崎市立南河原小 3年担任]
  5. 松木智洋[花屋さん]
  6. 植森翔[LINE営業担当]
  7. 金子俊輔[郵便局主任]
  8. 鎌田順次[バス運転士]
  9. 星和文[花火職人]
  10. 湊想[漁師]
  11. パフォーマーKAZUMA[大道芸パフォーマー]
  12. 黒田雄太[ゴーゴーダンサー]
  13. 木村育史[サウナ支配人]
  14. 野川大介[菓子製造業 大福職人]
  15. 吉田祥麻[化粧品研究員]
  16. 村田嵐[プロサーファー]
  17. 長田太地[京大SASUKEサークル]
  18. 滝口由太[道の港まるたけ 三代目]
  19. 如澤厚[酪農家]
  20. 菅原義弘[専業農家]
  21. 松本礼[スラックライン]
  22. 安藤雪乃[保健体育教師]
  23. 下條雄太郎[ボートレーサー]
  24. 小林透尉[醤油屋さん]
  25. 益子秀一[ニトリ]
  26. 荒川晴菜[プロテニスプレーヤー]
  27. 鈴木那智[RIZAP創業メンバー]
  28. 山本丈太郎[競歩高校生]
  29. 櫻井雄紀[タクシー運転手]
  30. 高木飛鳥[警察官]
  31. 大山未希[ビーチバレー選手]
  32. 堺悠一朗[味の素 営業]
  33. 木内翼[国際弁護士]
  34. 服部優希[引っ越し屋さん]
  35. 白石真教[歯科医院院長]
  36. 西野未姫[元AKB48]
  37. 三好章善[歯科技工士]
  38. 鈴木光一[ゴルフインストラクター]
  39. 太田隆司[小学校教頭]
  40. 秋山紘樹[マグロ解体職人]
  41. Mr.シャチホコ[ものまねタレント]
  42. 石橋太朗[「週刊プレイボーイ」編集部]
  43. 本間隆史[バンダイSASUKE部 部長]
  44. 勢能丈[少年院法務教官]
  45. 宗秀明[海士]
  46. 石田たくみ[お笑いコンビ カミナリ]
  47. 佐藤健太郎[「魔法少女サイト」漫画家]
  48. 権藤優樹[陸上自衛官]
  49. 髙橋直樹[海上保安官]
  50. 星野海成[航空自衛官]
  51. KAREN[CYBERJAPAN DANCERS]
  52. 岩本照[ジャニーズJr. 「Snow Man」]
  53. 砂川信哉[東大王メンバー]
  54. 河野泰佑[プロSHOWROOMER]
  55. 萱野稔人[津田塾大学 学部長]
  56. 前田瑞貴[「黒虎」特別支援学級職員]
  57. 伊佐嘉矩[「黒虎」十種競技選手]
  58. キム・ジングク[陸上・元韓国代表]
  59. 金原研司[男子チアリーディング]
  60. 松田大介[松田水道経営]
  61. 石倉ノア[モデル「テラスハウス」出演]
  62. ぺえ[おネエタレント]
  63. 荒木直之[カーデザイナー]
  64. MAXIMA[プロダブルダッチプレイヤー]
  65. 吉澤周造[元プロバスケットボール選手]
  66. 喜矢武豊[ゴールデンボンバー ギター]
  67. 渡部修斗[プロ総合格闘家]
  68. 青木悠介[俳優]
  69. 近藤宏紀[体操元日本代表]
  70. 森本公人[陸上十種競技日本代表候補]
  71. 日置将士[キタガワ電気 店長]
  72. 渡部涼[消防本部 特別救助隊]
  73. 多田竜也[山形県庁職員]
  74. 國友卓槙[人力車 車夫]
  75. 宇賀神翔悟[足場職人]
  76. 森渉[アスリート俳優]
  77. 大嶋あやの[KUNOICHI代表]
  78. ステファニー・ノーピンガー[NINJA WARRIOR オーストリア代表]
  79. コウ / TWINS[双子YouTubeクリエイター]
  80. 塚田僚一[A.B.C-Z]
  81. 山本進悟[SASUKE唯一の皆勤賞]
  82. 鈴木祐輔[厚木中学校 体育教師]
  83. 中川貴晴[ソサイチ日本代表]
  84. 長島哲太[MotoGP プロライダー]
  85. 竹田敏浩[SASUKEオールスターズ]
  86. ト部弘嵩[K-1スーパー・フェザー級元世界王者]
  87. 田中健司[フィンスイミング世界2位]
  88. YOH[新日本プロレス]
  89. ベン・トイヤー[NINJA WARRIOR オーストラリア代表]
  90. グエン・ドアン・トー[SASUKE ベトナム代表]
  91. 山本聖途[棒高跳日本代表 アジア大会金メダル]
  92. 又地諒[配管工元ファイナリスト]
  93. 山本桂太朗[栄光ゼミナール講師]
  94. 長崎峻侑[トランポリンパフォーマー 元ファイナリスト]
  95. 漆原裕治[靴のハルタ営業 完全制覇2回]
  96. 佐藤惇[パルクール指導員]
  97. ドリュー・ドレッシェル[NINJA WARRIOR アメリカ代表]
  98. 樽美酒研二[ゴールデンボンバー]
  99. 川口朋広[クライミングシューズメーカー取締役]
  100. 森本裕介[完全制覇のサスケくん]

以上が第36回SASUKE2018に出場される100名です。

平成最後のSASUKEで完全制覇を達成する出場者の方は出るのか⁉︎

大晦日はSASUKE2018から目が離せません。

SASUKE2018大晦日コース紹介

第36回SASUKE2018のコースをみていきたいところですが、まだ詳しいコース発表はされていません。

そこで前回大会である第35回SASUKEのコースをご紹介します。

Final Stage History Profile Mock

ファーストステージ

⑴クワッドステップス

幅90㎝の斜めの足場を飛び移りながら進んでいくエリア。

⑵ローリングヒル

足場がローラーになっている丘で踏み間違えると次のエリアに辿り着けないエリア。

⑶タイファイター

足場のないゴンドラに張り付き、2度の衝撃に耐えて進んでいくエリア。

手足の力が必要となり支えきれずに落水し脱落者が多いエリアでもあります。

⑷フィッシュボーン

くるくる回っているバーの間を渡っていくエリア。

足場は直径30㎝と踏み間違えると一巻の終わりです。

SASUKE2018年の新エリアでもあります。

⑸ドラゴングライダー【新エリア】

トランポリンでバーに捕まり、うねりながら降っていくエリア。

難易度がかなり高く、トランポリンからバーに捕まるのも中々厳しいです。

⑹タックル

12mの距離を240㎏、300㎏、320㎏、合計860㎏の重さをひたすら押していくエリア。

⑺そり立つ壁

SASUKEといえば「そり立つ壁」です。高さ4.5mの壁を登りきりセカンドステージへ。

セカンドステージ

⑴リングスライダー

左右に張られたロープを掴んだリングで滑り進んでいくエリア。

途中にクリップがありリングを浮かさないと先には進めません。

⑵サーモンラダー(上り下り)

鉄の棒を掴み、上りと下りをフックにバーを引っ掛けながら進んでいくエリア。

下りは衝撃が強く、落水の危険度も上がります。

⑶スパイダーウォーク

両手両足を使い向かい合った壁を手足だけで張り付き進んでいくエリア。

手と足の力加減がクリアする鍵になります。

⑷スパイダードロップ

スパイダーウォークと繋がっているスパイダーウォーク。

スパイダーウォークから1.8m真下に降りていきます。

⑸バックストリーム

逆流しているプールを泳いで渡るエリア。

スパイダーウォーク・ドロップの後なので手足の力は限界寸前です。

⑹リバースコンベアーコンベアーを逆走していくエリア。

四つん這いの格好での逆走なので体にはかなりの負担がかかります。

⑺ウォールリフティング

30Kg、40Kg、50Kgの壁を持ち上げ進んでいくエリア。

体力を奪われている中での壁上げはかなりの負担です。

サードステージ

⑴フライングバー

フライングバーを掴み1.5m間隔を飛び移っていくエリア。

助走で体を振りすぎても落水の可能性があります。

⑵サイドワインダー改

4本のポールにしがみつきながら飛び移っていくエリア。

飛び移った瞬間に下に下がるところもあるので気が抜けません。

⑶プラネットブリッジ

新エリアとなったプラネットブリッジ。

6つの並んだボールと動く壁の間を両手両足を使い横移動していくエリア。

足場の板はわずか20cmで、自動で連続開閉していきます。

⑷ウルトラクレイジークリフハンガー

わずか3cmの突起物に指だけを引っ掛け進んでいくエリア。

⑸バーティカルリミット

手を逆手に突起を掴んで進んでいくエリア。

突起は1cmですが段差は30cmとかなり辛いエリアとなります。

⑹パイプスライダー

2本のパイプの間を握ったパイプごと前に進んでいくエリア。

島に飛び移るところが一番の最大の難関です。

ファイナルステージ

制限時間45秒とい時間内に高さ25mを上っていくファイナルステージ。

  • スパイダークライム(8m)
  • サーモンラダー15段(7m)
  • 綱のぼり(10m)

を時間内に上っていきます。

綱のぼりまでにどれだけ早く上れるかが完全制覇への鍵になっていきます。

第36回SASUKE2018で完全制覇はみられるのでしょうか!

SASUKE2018大晦日に井岡一翔⁉︎

最後にSASUKE2018と合わせて放送されるボクシング井岡一翔選手についてみていきましょう。

世界タイトルマッチ戦ではどの選手と戦うのかもチェックしていきましょう。

プロフィール

井岡一翔(いおか かずと)

  • 【生年月日】1989年3月24日(29歳)
  • 【出身】大阪府堺市
  • 【身長】168cm
  • 【職業】プロボクサー
  • 【階級】スーパーフライ級
  • 【戦績】24戦23勝1敗(KO勝ち:13回)

アマボクシングの名門である東京農業大学に進学。

北京オリンピック代表を目指していましたが、代表選考決勝で敗れてしまった井岡一翔選手。

プロ転向のため2年で大学を中退すると、デビューから6連勝無敗のまま日本ライトフライ級チャンピオンに登りつめました。

世界挑戦のために日本ライトフライ級王座を返上した井岡一翔選手は、国内史上最速記録となる7戦目で世界王座奪取。

平成生まれの選手として初めての世界王者となりました。

また、2012年には日本人最速となる11戦目での二階級制覇を達成します。

2015年には世界最速となる三階級制覇を達成。

一度引退をした井岡一翔選手でしたが引退7ヶ月後に現役復帰を果たしました。

そして、2018年12月31日に日本人初の4階級制覇を目指しリングに立ちます。

SASUKE2018ダブル世界戦詳細

【日時】2018年12月31日(月) 17:00開始

WBO世界Sフライ級王座決定12回戦

同級1位:ドニー・ニエテス選手

      VS

3階級制覇王者同級3位:井岡一翔選手

3階級制覇王者の井岡一翔選手が日本人では初となる4階級制覇に挑戦します。

1年半ぶりに復帰した9月の試合で強敵アローヨ選手を判定で下しWBCシルバータイトルを獲得。

井岡一翔選手にとっては大きなチャンスが訪れました。

対戦相手となるのは元3階級制覇王者のドニー・ニエテス選手。

夢の4階級制覇に向け大きな期待が膨らむ一戦で井岡一翔選手はどのようなパフォーマンスをみせてくれるのか注目してです。

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする