流行語大賞は「そだねー」が年間大賞に輝く!カーリング女子日本代表

その年話題となった新語・流行語を決定する「2018ユーキャン新語・流行語大賞」が、12月3日(月)に発表されました。

年間大賞に輝いたのは、平昌オリンピック女子カーリングで銅メダルを獲得した日本女子チームの掛け声である「そだねー」に決定しました。

「そだねー」の他にトップ10入りしたのは

  • 「eスポーツ」
  • 「(大迫)半端ないって」
  • 「ご飯論法」
  • 「おっさんずラブ」
  • 「奈良判定」
  • 「災害級の暑さ」
  • 「スーパーボランティア」
  • 「ボーッと生きてんじゃねえよ!」
  • 「#MeToo」

以上の9つが選出されました。 

年間大賞に輝いた「そだねー」は、カーリング日本女子「ロコ・ソラーレ北見」のメンバーが試合中に交わした言葉。

北海道独特のイントネーションで注目を集めた女子カーリング日本代表。

「氷上のチェス」とも呼ばれるカーリングは高度な戦略が必要で、試合中にチームで作戦会議を行い、どのストーンを狙いショットするかといった戦術の工程もテレビで中継。

ロコ・ソラーレ北見の本橋麻里選手、鈴木夕湖選手、吉田夕梨花選手、吉田知那美選手、藤沢五月選手らは

  • 「こっちいってみよっか?」
  • 「そだねー」
  • 「ナイスー」

など北海道特有のイントネーションによる口調で作戦会議を行い見事に銅メダルに輝きました。

また、流行語大賞に輝いた「そだねー」の他にも「もぐもぐタイム」も注目を集め日本中を盛り上げてくれました。

選考委員の言語学者・金田一秀穂さんは「そだねー」がイチオシと告白し、

「何より、作られた言葉ではなく自然に生まれた言葉なのでワザとらしさがない。

当たり前の心がこもっていて、北海道アクセントの温かみが出ている。

スポーツ選手の言葉なのに、気合や根性とは遠く誠実でありながらほんのりと優しく穏やか。

今の日本が必要としている清潔感に満ちている」

とコメントを残されました。 

選考委員の方々は次の通りです。

  • 姜尚中〈東京大学名誉教授〉
  • 金田一秀穂〈杏林大学教授〉
  • 辛酸なめ子〈漫画家・コラムニスト〉
  • 俵万智〈歌人〉
  • 室井滋〈女優・エッセイスト〉
  • やくみつる〈漫画家〉
  • 清水均〈「現代用語の基礎知識」編集部長〉

2018年11月7日に発表されたノミネート30語は以下のようになります。

  • あおり運転
  • 悪質タックル
  • eスポーツ
  • (大迫)半端ないって
  • おっさんずラブ
  • GAFA
  • 仮想通貨・ダークウェブ
  • 金足農旋風
  • カメ止め
  • 君たちはどう生きるか
  • 筋肉は裏切らない
  • グレイヘア
  • 計画運休
  • 高プロ(高度プロフェッショナル制度)
  • ご飯論法
  • 災害級の暑さ
  • 時短ハラスメント(ジタハラ)
  • 首相案件
  • 翔タイム
  • スーパーボランティア
  • そだねー
  • U.S.A・ダサかっこいい
  • Tik Tok
  • なおみ節
  • 奈良判定
  • ひょっこりはん
  • ブラックアウト
  • ボーッと生きてんじゃねーよ!
  • #MeToo
  • もぐもぐタイム

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする